topimage

2018-02

水分補給 - 2018.02.03 Sat

東京に2度目の雪が降りましたが、前回ほど降り積もりもせず良かったです。
2月は、如月。まだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」・・・などの異名があるそうです。

20170108-P1270144-2.jpg


暮れからインフルエンザの患者さんんが、引っ切り無し。
予防接種をしていても罹患する人がいると、今年は監督官庁の読みが間違えたのか!?~と。
また、家族が多いとA型にもB型にも罹ってしまう人がいると
健康管理はどうなっているのか?~と思う今日この頃です。

20170108-P1270162.jpg

■インフルエンザになる人と、ならない人の違いとは?
免疫力の差は言うまでもなく、気管の奥の「線毛細胞」が問題!!
 
①線毛細胞とは?
気管や気管支の内腔を走査電子顕微鏡で見ると、海底のイソギンチャクのように、
細く長い突起を水にそよがせている細胞があちこちに見えてきます。
この髪の毛のような突起が「線毛」で、
線毛をふさふさと生やした細胞のことを「線毛細胞」と言います。
一個の線毛細胞のあたまには200~250本の線毛が伸びだしているといいます。

気道の線毛細胞は分泌細胞と共に気管や気管支の内腔面を被っており、
線毛は分泌細胞が分泌した粘液の層の中に埋まっています。
線毛は肺の方から、咽頭へ向かって波打っているので、
気管の内腔面を被う粘液は、この線毛の運動にのって、のどまで押し出されています。
こうして気管や気管支から肺に吸い込まれた塵は、
粘液にトラップされ、線毛の力で排出されていきます。

②インフルエンザや風邪に感染する人とは?
インフルや風邪、感染症に感染しやすい人は、線毛の動きが弱い為、
ウイルスなどの異物をキャッチできません。
逆に、風邪をひかない人達の線毛細胞は元気でよく動きます。
 
③線毛細胞の働きを良くするには?
「水」です!水分を摂取するだけです。
水を飲むだけで、線毛細胞は元気に働くようになります。
水分不足だと、粘液量が減少し、異物をキャッチし排出する事ができなくなってしまうのです。

P1270225.jpg

思い起こせば、6年前もこの時期だったかもしれない。
インフルエンザの患者さんや風邪で声の出ない患者さんに投薬後・・・なんとなく~!?

はい~!!この大寒の時期は、流石の私も耐えられませんで・・・喉の風邪を引いていて
私は、口呼吸ではないですが、やはり水分の摂り方が足りなかったようで
喉にポリープが出来、耳鼻咽喉科に受診。
薬と吸入で良くならなかったら・・・手術~と、脅かされました。

自己治癒力が弱くなっている・・・と痛切に感じています。

喉のケアーが必要不可欠。それには・・・水分補給。

患者さんには『手洗い、うがい、部屋の加湿、20分ごとの水分補給』をアドバイスに
インフルエンザの患者さんに立ち向かっています。

今日は、節分。明日は立春。春は・・・もうすぐですね!?

 ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン





レジェンド - 2018.01.27 Sat

東京に雪の降ったある日の事です。
仕事は、ヘルプに任せて・・・料理教室を2件ハシゴ。

20180122-P1320166-2.jpg


滅多にない事ですが、運わるく~というか運よく~というか、重なってしまいました。
時間的には問題がないのですが、11時と2時に食事を摂る・・・という前代未聞の事柄に!!


まず、10時半からは、伊勢丹の『キッチンステージ』で、
「アロマフレスカの原田シェフ」のレクチャーを聞きながら、美味しいイタリアンを・・・

伊勢丹開店と同時に店の前に着くと、席取りの為のテープが張られていて、
自ずと好きなテーブルに着くようなシステムになっていた。
3番目に並んだので、心配ないのですが・・・3人後の6番目のご婦人が
「寒い中1番目に並んで待っていたのに、なんでこのテープの中に並ばなければいけないのか!?」と
係にクレームを・・・。
寒い中は、みんな同じではないか・・・と思い、すぐ後ろの人と目が合い同感の表情を示す。
美味しい料理を頂く前に、こんな気分は御免です~ね。

20180122-IMG_7562.jpg

カウンター席でシェフの真ん前の席だったので
2年前にバロセロナの『ラサルテ』というレストランに予約したら
案内された特別室に、原田シェフの本があったことを告げてみた。

IMG_5609.jpg

1988年に六本木【ヂーノ】の佐竹シェフのところでアルバイトをはじめ、そのまま5年間、
イタリアンの基礎を学ぶ。「素材に対して最短距離で調理する」という佐竹シェフの考えに従って
研鑽を重ね、4年後、28歳で独立して【アロマフレスカ】をオープンして、今年で20周年になるそうです。

彩り野菜のピューラーサラダ、からすみバーニャカウダーソース
コッパのピアディーナ


ピーラー(皮むき器)を上手に使うには
皮をむく野菜などに斜めに刃を当てて、まっすぐ下に垂直におろすようにすると
刃の原理で、また使えるようになるそうです。

20180122-IMG_7569.jpg

アロマフレスカ風ミネストローネ

キャベツ、人参、カブ、サツマイモ(皮つき)、ブロッコリー、セロリなど

20180122-IMG_7564.jpg

パルミジャーノのクロカンテ(チーズの御煎餅風)の作り方は、面白かった。

ミネストローネ

これが・・・アロマフレスカ風ミネストローネ!?
作り置きOKだそうで・・・時間があったらやってみたい。

20180122-IMG_7575.jpg

紅ずわい蟹とフレッシュトマトのスパゲッティーニ

20180122-IMG_7576.jpg

フレッシュトマトソースは、フレッシュトマトを使うか!?缶詰がいいのか!?質問が出た。
我が家で作り置くには、缶詰でもOKだろう。

スパゲッティーニアロ
20180122-IMG_7578.jpg

原田シェフは、『アロマフレスカ風ミートソース』は、牛肉の切り落としで作れるそうで・・・
動画の紹介があったので、載せておこう。



デザートは、吉本牛乳のビアンコマンジャーレ

20180122-IMG_7583.jpg

終了後、副都心線で、田園調布に移動。

何を私は求めて行動しているのか!?自分でも不思議に思いますが・・・・

相対的に高齢者に当たる人物が結果を出し続け、
その存在が若手のモチベーションの牽引力となっていることが客観的に肯定されている場合は
老害には当てはまらず、むしろ「レジェンド」等と呼ばれ賞賛を得ることが多い・・・そうです。

人生100歳時代。

こんな研鑽を摘んでいる私のこれからは・・・『バラ色』となるでしょうか!?

 ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (17)
フラワーアレンジメント (68)
至福の時 (53)
monalisa亭(医食同源) (84)
Monalisa's Selection(外食) (6)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (1)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (8)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (7)
七十二候 (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。