topimage

2017-07

十薬会(山寺) - 2017.06.23 Fri

学生時代の研究室仲間10人の会、名付けて「十薬会」(ドクダミの事を、ジュウヤクとも言います)
古希記念『山形旅行』2日目は、「山寺」です。

山寺は、正しくは宝珠山立石寺。西暦860年に天台宗の僧 慈覚大師丹仁によって開基された東北の霊場

根本中堂は、重要文化財。本尊は、薬師如来。不滅の法灯を持するんです。

P1280897.jpg

山門前の境内には、芭蕉の句碑、5月17には山寺山王祭りが行われ神輿が圧巻・・・という日枝神社

『閑さや岩にしみ入る蝉の声』・・・と元禄2年(1689)、奥の細道を辿り、今の7月13日に山寺を訪れた
松尾芭蕉と随伴した河合曾良の像が建っています。

P1280908.jpg P1280909.jpg

立石寺山門から奥之院まで1015段.。所要時間は往復で60~90分・・・と言われ、2名は、しり込みして
山門付近で買い物三昧。あとの6名は、「70歳、これが最後。折角、山寺に来たのだから」と果敢に挑戦です。

P1280914.jpg

『姥堂』の本尊は、奪衣婆の石像。
ここから下は地獄、ここから上が極楽浄土という浄土口で、
傍の石清水で心を清め、新しい着物に着替えて極楽に登り、古い衣服は堂内の奪衣婆に奉納する所
これは、一つ一つの石段を登ることによって、欲望や汚れを消滅させ、明るく正しい人間になろうというもの

姥堂の脇の大きな岩は、『笠岩とも笠投石』ともいい、慈覚大師が雨宿りをしたところだそうです。

P1280913.jpg

お山の自然にそって作られた参道は、昔から修行者の道。一番狭い所は、約14cmの『四寸道』
開山・慈覚大師の足跡を踏んで、我々の先祖も子孫も登るところから、親子道とも子孫道とも言われる。

P1280918.jpg

芭蕉の句「閑さや岩にしみ入る 蝉の声」をしたためた短冊を納めて、芭蕉が山寺を訪ねてから62年後
山形県村山市の俳人壷中(こちゅう)らが1751年に石の塚『せみ塚』を建てた。

P1280925.jpg

『弥陀洞』は、長い歳月の雨風が直立した岩を削り、阿弥陀如来の姿を作り出したもの。

P1280928.jpg

1丈6尺(約4.8m)の姿から丈六の阿弥陀とも言い、
仏のお姿にみることが出来る人には、幸福が訪れるという。

P1280929.jpg

岩壁には刻まれた岩塔婆や後生車や卒塔婆がたてられています。
「死後の魂は山寺に還る」 というこの地方独特の庶民信仰だそうです。

P1280930.jpg

『仁王門』は、嘉永元年(1848)に再建されたけやき材の優美な門

P1280931.jpg

左右に安置された仁王尊像は、運慶の弟子たちの作といわれ、邪心を持つ人は登ってはいけない~と
睨みつけています。

P1280938.jpg P1280937.jpg

『山内支院』 江戸時代までは、12の塔中支院があり、多くの僧が修行に励んでいます。

P1280941.jpg

『開山堂』は、立石寺を開いた慈覚大師のお堂で、大師の木造の尊像が安置されており、
朝夕、食飯と香を供えているそうです。

P1280946.jpg

開山堂の向かって左、岩の上の赤い小さな堂は、写経を治める納経堂で、山内で一番古い建物。
その真下に、貞観6年(864)歿の慈覚大師が眠る入定窟があります。

P1280947.jpg

開山堂の頭上の建物は、『五大堂』は、開山30年後に建立され、五大明王を祀って天下泰平を祈る道場。

P1280960.jpg

断崖に突き出すように、お堂が立ち山寺を一望できます。

P1280949.jpg

まるで空中に浮かんでいるような感覚を味わえ、下界を見渡すと門前町が遥か遠く小さく見えます。

P1280950.jpg

五月なのに、真夏のような陽気で、藤の花も綺麗に咲いていました。

P1280962.jpg

戦国の混乱時代に、山形の地を愛し、民を愛し、出羽国に平和と安定をもたらし、現在の山形の基礎を築いた
最上義光公と家臣ら十名の位牌が収められている『最上義光公御御霊屋』

P1280971.jpg

奥之院に向かう途中にある『撫で仏 おびんずるさま』(ボケ封じ)
像を撫でると病気が治り、病気にならない・・・と老若男女、多くの人々から愛されている長寿を授ける仏様

P1280972.jpg

この地方では人が死ぬと、その遺骨の一部、歯骨(はこつ)を取っておいて一周忌前に山寺の『奥の院』へ
納骨して供養してもらう風習があるそうです。亡くなった人の骨を納める、死者を弔う信仰の寺でもあります。
階段の前にある、ひときわ大きな金灯篭には、 龍や小づち、サンゴなどが細かく彫られていています。

P1280974.jpg

奥之院まで1015段の石段を一段一段昇ることによって煩悩が消滅され幸福になれる・・・と言われます。

P1280977.jpg

我々の足で、奥之院まで約1時間。帰りは滑らない様に気を付け、所々に咲く草花を愛でながら下ります。

P1280944.jpg

お昼は、友人が予約していた『対面石』というお店で、『生麩のずんだ餅』と『だしそば』をいただきました。

DSC_0652.jpg

スーパーでも『だし』という漬物は、手に入りますが、一度作ってみたいと・・・友人に作り方を伺いました。
『だし』は、夏野菜を刻んで、ねばりをもった……冷蔵庫に特に何もないときにサッとできる手軽な家庭料理

【材料】は、キュウリ、ナス、ミョウガ、シソ、オクラ、モロヘイ、納豆昆布など
  野菜をさいの目に切って(茄子は水に浸けあく抜きして)納豆昆布も混ぜ、
  麺つゆで味付けをしてよーく混ぜたら完成です。
  冷蔵庫に一晩寝かせ、味をなじませるのが王道・・・だそうです。

『だし』は、ホカホカ御飯にのせて食べたり、冷ややっこのトッピングに~と
作り置きが出来そうです。

4時の新幹線まで時間があるので、『道の駅 サンピュア』で山形ならではのお土産をどっさり買って
お天気にも恵まれ、銀山温泉で沢山のパワーを受け、山寺で足腰を鍛え
まずまずの古希旅行・・・となりました。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

山寺奥の院までの上り下り2030段がんばりましたね
でも、上からの眺望はさすが。

東北新幹線ができて、東北へも短時間で行くことができ、
1泊でも充実した旅でしたね。

出汁し蕎麦、おいしそう。気温が上がって食欲がない時でも
これなら食べられそうです。

ikさん、今晩は~

???2030段・・・・と思ったけど、往復確かに2030段。
行きはよいよい帰りは恐い~!!で
膝には、帰り道が堪えます。

古希・・・というこの時に登らなかったら、もう次の機会はない~と
思いますが、何処にも慎重に構える人っているもんですね。

「ダシ」作ってみようと材料を買ってきました。
友人は、納豆昆布を入れるとイイ・・・って言ってました。

本当に、充実した1泊旅行。
凄く得をした・・・と満足のいく旅でした。

診療の眩しいいい季節の山形旅行でしたね。
銀山、山寺と懐かしいです。
フランスパンみたいに長い六田の麩も懐かしいです!

それにしても古希で山寺を登るとは健脚ですね。
今夏、我が家もこどもたちと山寺に登る計画ですが、
足腰に自信が持てないワタシは、こどもたちだけで行かせようかとこっそり思ってました(笑)

大卒後も続く会、いいですね〜

riomanさん、今晩は~

> フランスパンみたいに長い六田の麩も懐かしいです!
 ご存知でしたか!?
   グルテンフリーどころかオールグルテン
   六田麩懐石料理『清居』のメニューは、なかなかお洒落でしたよ。
  
> それにしても古希で山寺を登るとは健脚ですね。
> 今夏、我が家もこどもたちと山寺に登る計画ですが、
> 足腰に自信が持てないワタシは、こどもたちだけで行かせようかとこっそり思ってました(笑)
   あらあら~、riomanさんはまだまだお若いですのに~
   大丈夫ですよ。
   一気に登る訳ではないし、ジグザグ道ですもの
   登り切った爽快感を味わわねば・・・!!
   俳句!?姫1号さんの宿題ですか?
   木曜日のTVで、プレバト』の俳句・夏井いつき先生の毒舌査定が面白いですね。
   
> 大卒後も続く会、いいですね〜
   ハイ、来年は「小笠原伯爵亭」にお連れしようかと・・・思っています。
   日曜日のランチなので、結婚式と重ならない様に祈っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/885-f45c4cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忙中閑あり «  | BLOG TOP |  » 十薬会(銀山温泉)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (10)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。