topimage

2017-10

芸術に触れる(ミラノ・スカラ座) - 2009.09.22 Tue

秋です。秋って言うと、皆さんは何をイメージしますか?
食欲の秋? 芸術の秋? スポーツの秋?

オペラを始めて観たのは、1993年 メトロポリタンオペラ日本公演 「愛の妙薬」です。
今は亡き、大好きな King of Hi-C ルチアーノ・パヴァロッテイがネモリーナ役での出演でした。

年に一度は、オペラ鑑賞をして、80,90歳になっても「素敵な おばあさん」でいましょう・・・と
音大出の友人と約束をして、1999年 ハンガリー国立歌劇場「こうもり」
2001年フェニーチェ歌劇場 ディミトラ・テオドッシュウの「椿姫」、
2002年「ドン・ジョヴァンニ」、ハンガリー国立歌劇場 アグネス・バルツアの「カルメン」
2003年ミラノ・スカラ座「マクベス」、エヴァ・マルトン「トスカ」、グルベローヴァの「ノルマ」
2004年 スロヴァキア国立劇場 M・グレギーナの「椿姫」 、ポーランドOp.「フィガロの結婚」「魔笛
2005年 レニングラード国立歌劇場「ファウスト」、プラハ国立劇場 M・グレギーナ「アイーダ」
2006年 フィレンツェ歌劇場 B・フリットリ「トゥーランドット」、 「アイーダ」、
2007年 カサロヴアの「バラの騎士」、ベルリン国立歌劇場 W・マイヤー「トリスタンとイゾルデ」、
2008年 「オテッロ」に行き 、2009年は、ミラノ・スカラ座「ドン・カルロ」の予定でした。

「ドン・カルロ」は設定が大規模で充実した出演者を多数必要とし、採算上、上演機会も少ないので
是非、鑑賞したいと思っていましたが、ミラノ・スカラ座の余りにも高額なチケット。
今回は見送り~~~を決め込んでました。 
しかし、バルバラ・フリットリの声は聴きたくて、 自分でも歌った事のある
ヴェルディ「レクイエム」の チケットだけは取り寄せました。

やっぱりオペラは、高額だったのでチケットがさばけなかったようです。
公演の2ヶ月前の7月にプレミア・エコノミー席の募集があったのです。
東京文化会館の3階センター席です。前から3列目の25番 プレミア・エコノミー価格で、
期せずして、予定通り、ミラノ・スカラ座のオペラ鑑賞も出来ました。

♡♥♡♥♡ VERDI REQUIEM ♥♡♥♡♥

ヴェルレク
ヴェルデイ「レクイエム」は、2009年NHK音楽祭の【オーケストラが奏でる故郷の名曲】の一環で
9月10日(木) NHKホールにて、ダニエル・バレンボイム指揮で演奏されました。
演奏に先立ち、音楽評論家の奥田佳道氏より15分のレクチャーがありました。
ヴェルレクのオケの配置は、本拠地でも、オペラのフォーメーションと同じなのが伝統だそうです。
第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンが向き合い、 左奥にコントラバス、
右端にテインパニなどのパーカスになり、 また、105名のコーラスも ソプラノの後ろにアルト、
アルトの後ろにテノール、 テノールの後ろにバスと並ぶ事によって、
「サンクトウス」の二重フーガが存分に味わえる・・・というのです。

ヴェルレクは、ヴェルデイの自分の曲の集大成として作り、
1874年5月にヴェルデイの望みで サンマルコ教会で初演されたそうですが、
ドラマチックで荘厳なこの曲は、カトリックのミサ曲としては 如何なものか、
レクイエムと呼んでいいのか・・・と疑問視されたそうです。

イ単調で、単純な響きから荘厳な「グレゴリオ聖歌」を目指した勝利の姿がある・・と言う評価です。

ヴェルレクは、「永遠の安息を与えたまえ」と「主よ、あわれみたまえ」Requiem et Kyrie
「怒りの日」Dies irae、「主イエスよ」Domine Jesu、「聖なるかな」Sanctus、
「神の子羊」Agnus Dei 、「永遠の光を」Lux aeterna、「われを許し給え」Libera me・・・で構成。
veru

「怒りの日」Dies irae は、映画やテレビのクライマックスや怖いシーンによく使われています。
「われを許し給え」は、ダイアナ元英皇太子妃の国民葬で演奏されたのは1997年。
丁度、私は1999年のコンサートに向けて練習していた時でしたので、国民葬は印象深いシーンです
ヴェルレク

10年前とは言え、2年かけて練習して、またカラヤンのヴェルレクで耳慣れしているので、
この日のバレンボエムの指揮は、少し悠長な感じがしました。
メゾのソリスト エカテリーナ・グバノワは、代役ではありながら、問題なく歌い上げ、
また、注目のバルバラ・フリットリは、素晴らしい歌唱力で、しかも暗譜だったのは、感動です。

♡♥♡♥♡ Don Carlo ♥♡♥♡♥

kalro
kalro
さて、プレミア・エコノミーで, get した「ドン・カルロ」は、
スペインの王室を舞台にした権力構想と人間関係の織りなす緊張感 漂うオペラですが、
誰が、主役なのか解からない程の重鎮のソリストが、次々に現れ、フィリッポ二世のルネ・パーペ
宗教裁判長のアナトーリ・コチェルガへの拍手が多く、安心して聴く事ができました。
ドン・カルロ

スカラ座の舞台は、舞台装置がほとんどなく、シンプルなものだったのが印象的です。
特に、フィリッポ王が心を許せる腹心の部下 ポーザが宗教裁判所に暗殺された死体の前で
「誰がこの男を私に返してくれるのか」の嘆きの歌は、
ヴェルレクで聴き覚えのあるフレーズ 「涙の日」Lacrimosa のバスのアリアの転用で、
思わず一緒に歌ってしまいました。
ドン・カルロ

この日、皆さんの一番の感動、2回目の休憩時の後の、3幕目の前に会場が騒がしくなりました。
3階のセンターにいた我々には、何故か皆さんの視線を浴びているような錯覚が起きました。
2階のセンター席に、陛下と皇后さま、イタリア大統領がお見えになっていたからです。
ドン・カルロ

9月17日、ミラノ・スカラ座2009年日本講演が、ダニエレ・ガッテイ指揮「ドン・カルロ」で閉幕。
カーテンコールでは、「スカラ座のみなさん、また会いましょう!」の看板と共に、
イタリア国旗を模した、赤、緑、白の3色の紙テープ、風船が振り落とされ、賑やかなフィナーレでした
ドン・カルロ

ロビーで、お待ちして、陛下、皇后さまのお写真を・・・緊張していたんですね。
設定を間違えてます。 全然良くない画像ですが、思い出の「ドン・カルロ」となりました。
陛下
皇后

ということで、2003年の「マクベス」以来、6年ぶりの心待ちにしていた日本公演のミラノ・スカラ座に
9月10日のヴェルディ「レクイエム」、17日の「ドン・カルロ」と贅沢な【芸術の秋】となりました。

余談ですが、隣席の方も、プレミア・エコノミー席で、「アイーダ」も鑑賞したそうですが、
前々日の武道館での「イル・ディーヴォ」のコンサートは、最高だった・・・との事です。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

そりゃ、食欲の秋でしょう・・・

ごめんなさい

hotterさん、ごめんなさい。
  書きかけで、出かけてしまいました。
  勿論、食欲の秋ですよね。
  
  一番過ごしやすいこの時期に、
  食べ過ぎに注意しましょう。

芸術の秋を堪能

芸術の秋を堪能を堪能されましたね。
私もhotterさん同様、食欲の秋です i-237

初めてのオペラは、何年前でしたかサイトウ記念コンサートで初めてオペラの公演があった時です。
貴重なチケットを徹夜で購入して見たのですが、サイトウ記念コンサートは普通のコンサートの方が良かったように思いました。
ドレスも持ち、ミラノに行ったらぜひオペラを!と思っていましたが、改修工事の為スカラ座で見ることができなかったので断念したり、未だにオペラの素晴らしさに触れていません。
少しはバランスのとれた秋にしたいですね i-229

ステキ☆

これが楽しみにされてた『自分へのご褒美』ですね~
すっごい羨ましいですぅ♪

生で演奏を聴く、観るっていうのはこの上ない贅沢ですね。
オットとこどもたちがお留守番できる年頃になる数年後に
観劇しまくろうって画策してます。
一体、いつになるんでしょうかね(笑)。

オペラの素晴らしさは・・・

mammyさんも、
   【食欲の秋】ですか。
   私は、スポーツが苦手ですなんですよ。
   ウォーキング位が精々で、汗をかくとしたら、サウナでジッとして・・・位です。
   
   オペラの魅力は、やはり臨場感でしょうね。
   ソリスト達の息遣いまで感じられる距離で鑑賞できると最高ですが、
   なかなか、それは難しいです。
   私の悪い癖で、暗くなると目を閉じてしまい、そのままコックリコックリ・・・
   高いチケット代を払って~~と、思う時もシバシバです。
   友人が、DVDを貸してくれるので、最近は、出来るだけ予習するようにしています。
   やはり、知っている曲は、あらすじは、理解度も違いますよね。

   ミラノ・スカラ座の二つの画像を使って、「二つの画像のスライドショー」試してみましたが、
   編集の画面では出来ていたのに、UPしたら失敗してしまいました。
   でも、すこし希望が出来てきましたので、めげずに頑張ってみますね。
   もうちょっと、待っててくださいな。
   
   

思いは通じる

riomanさん
  3人の幼児のお世話では、なかなか先の事でしょうが、
  ご理解のあるご主人と、かわいいお子様たちが、
  頑張っているお母様に、きっとご褒美に
  そんな機会を与えてくれる事でしょう。
  テレビやDVDで、今のうちに予備知識を溜めこんでおくといいですよ。
  「思いは通じる」です。
  

かくありたいですね。

相変わらず、多趣味でいらっしゃる!私もクラシックが好きで(見た目に反して・・・)たまに行きますが
オペラはまだデビューしてないですね。いつかは鑑賞してみたくなりました。
流石はマダム!私もかくありたいと思います。

私も皇室とはちょいと由縁があり、天皇・皇后両陛下にはお目にかかっていますが、両陛下はやはり
オーラがありますね。
徳の高い方は共通した清らかなオーラがにじみ出ているのが分ります。
きっと感じられたのではないかと思います。

オペラデビューの時は手ほどき願います。

芸術の秋...

りこぴんさんもですが...ご姉妹そろって‘芸術の秋’を堪能されたようですね。
私はもっぱら‘食欲の秋’で体重増加がとどまることを知りません。

オペラはちょっと興味があるんですけどね...なかなか機会に恵まれません。

それにしても...楽譜を見て‘ヘ音’がすぐに読めない自分にショックを受けました。
リード楽器は無理としても‥ウン十年振りに鍵盤に向かってみようかと思いましたが...無理みたい(笑)

私は欲張りなので、食欲の秋、芸術の秋と選びますね。
私はオケが好きで、学生の頃は学生券を安く先生から譲ってもらっては友達と聴きに行きました。演奏会の感動を共感しながら、お茶を飲んだりと・・・。
今は息子や母と行くことが多いので、曲目を選んで行きますね。
その後はやっぱりお茶に行きます。食いしん坊なのかな。

オペラよく見てられますねえ。私も好きですが、かないません。
オペラ鑑賞をして、80,90歳になっても「素敵な おばあさん」でいましょう・・・と →ブラボー。
私の場合は80歳になってもスキーをして元気なおじいさんでいましょうかな。退職した時、スキー仲間に約束しましたが、どうなりますか。 Y・k

かたじけなさに・・・

のぶぱぱさん
   一芸に秀でなくって、あれもこれも・・・の人生で、すんません。
   「クラシック好き」でしたか、本当に見かけによらないですね。v-421
   オペラデビューは、まだですか。なにか見たい演目は?
   
   皇室に由縁があるんですか?初耳ですねェ。恐れ多いです~~~。
   「徳の高い人の清らかなオーラ」・・・確かに、お傍に近寄りがたい、
                          かたじけなさに、頭下がる
   そんな思いでしょうかね。

スポーツの秋は・・・どうも

パンくんママさん
   食欲も芸術も、満載の秋模様ですが、
   スポーツが、まるっきりダメなmonalisaです。
   水泳、スキー、ゴルフ、テニス・・・一応さわり程度で終わってますわ。
   りこぴんさんは、昔からテニスをしたり、水泳をしたり
   最近は、ジムで鍛えているようですね。
> それにしても...楽譜を見て‘ヘ音’がすぐに読めない自分にショックを受けました。
   へ音が、すぐ読めない・・・と言われ、へ音って、なんだっけ・・・と、
   こんなmonalisaです。コーラスでの、音取りは、半音下がって・・とか
   半音上・・とかの感覚で、体に覚えさせて・・・
   だから、絶対音階って、あったらいいな~~と思います。
   カラオケで、monalisaに、マイク持たせたら離さないですよ。v-407
   もう、美空ひばりになりきっちゃいます。

食欲も芸術もよ!

私と同じく欲張りさんがいてよかったv-237
私も食欲の秋と芸術の秋 両方共、選びたいと思っていました。

私のオペラデビューは30代半ばです。
劇団四季を率いる浅利がスカラ座で、演出した蝶々夫人をテレビで見て感動v-10
その時の蝶々さんを演じた 今は亡き林康子のファンになりました。
その彼女が、東京文化会館で演じることを知り 発売初日に、当時のプレイガイドに並び
前から7番目位の高額チケットを2枚ゲットし、幼稚園児の娘を連れて、大袈裟に正装してv-77
デビューしたのですが、娘はずうっとおネンネで、
おまけに、お目当ての林康子が、声帯炎のため一幕だけでドクターストップになり
急きょ 代役に変わり、損をした気分でした。

しばらく、縁のなかったオペラを50代になり ウイーンのオペラ座で鑑賞v-272
ホフマン物語でしたが、素晴らしいこと 素晴らしいことv-237  ブラボーでした。

それから、日本で、メトロポリタンオペラ、ベルリンフィルなどの一流のオペラに大枚をはたいております。
今年は スカラ座のドン・カルロを観て、
10月に二期会の蝶々さんを観ることになっています。 二期会も結構 レベル高いよ!

 
実は・・・イル・ディーボーも観てきましたよ。 
日帰りだったので アンコールは聞けませんでした。 アンコールが一番いいのにね~ 

いい音楽と美味しい食べ物で、幸せです。
あ~あ~やっと出来たみたい。

次のmonalisaのブログ 楽しみにしてま~すv-266

同じですよ。

zawazawaさん
  私も、両方です。
  オケも良いですね。
  お気に入りの作曲家って、いますか?
  お気に入りの指揮者って、いますか?
  
  12月に小沢征爾指揮、ブラームス「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」を聴きに行きます。
  オペラは、自分へのご褒美ですが、ブラームスは主人と一緒に行こうと思ってます。
  そのうちに、息子夫婦、娘夫婦、孫たちとも・・・・一緒にコンサート。
  『夢』です。

オペラは楽しむものですよね。

Y・Kさん
  「ブラボー」有難うございます。
  コンサートでは、standing ovation とか、「ブラヴォー」の掛け声しますか?
  友人は、私と一緒だと心強い・・・と、よく「セイノ~~『ブラヴォー』」と
  やらされます。大きな声で、ちょっと恥ずかしいですがねェ・・・、後ですっきり気持ちいいです。
  『ブラヴォー』は男性一人に
  『ブラヴァー』は女性一人に
  『ブラヴィー』は全体に・・・という事だそうですが、知っていましたか?
> 私の場合は80歳になってもスキーをして元気なおじいさんでいましょうかな。
  スキーをして、いつまでも元気なおじいさんでいてくださいね。

同感です。

Graceさん、お待ち申しあげていました。ようこそ。
  オペラデビューが30代半ば・・・は、またお早いです~~う。
> 劇団四季を率いる浅利がスカラ座で、演出した
  そんな事あったんですね。
> おまけに、お目当ての林康子が、声帯炎のため一幕だけでドクターストップになり
  今回のメンバーも、何人か体調不良で代役が務めてましたね。
> 今年は スカラ座のドン・カルロを観て、
  貴女の観た日(13日)の、ドン・カルロは、超おデブさんだったとか。
> 10月に二期会の蝶々さんを観ることになっています。 二期会も結構 レベル高いよ!
  二期会は、どの日ですか?10/9,11日に出演の佐藤泰弘さん(結構イケメン)は
  私が、出演したヴェルレクのバスのソリストで、サインをもらったり・・・
  私って、結構、ミーハーですね。v-411
> アンコールが一番いいのにね~
  そうよね、アンコールって、オハコをすること多いですよね。 
> 次のmonalisaのブログ 楽しみにしてま~すv-266
  ありがとう。ありがとう。こちらこそ、コメント楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/87-d994cec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シルバーウィークは、何してた? «  | BLOG TOP |  » 収穫の秋です

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。