凛とmonalisa

2017-05

紫陽花 - 2016.07.20 Wed

アジサイの花が咲かないのよ!!~と娘・・・。
葉を切る時期と場所を間違えたんじゃあないの!?

IMG_4775.jpg

アジサイの剪定は花が咲き終わった後すぐに・・・咲き終えた花とすぐ下の節を一緒に切り取る
全体的にバランスが悪いようであれば、枝をもう一節分切り取ってもいいんでした~ね。

紫陽花1  紫陽花2

お多福紫陽花が大きくなり過ぎて、樹形が悪いので、思いっ切り戻して仕立て直そうと思います。

紫陽花
 来年は、花をつけないことは覚悟の上ですが
 切るポイントを株元近くに変え、
 全ての枝を短く切りそろえようと
 思っています。

 お多福紫陽花の横には
 アナベルを持ってきて
 雰囲気を変えてみようか~とも
 思っています。

 アナベルは、紫陽花と違って
 花芽が4月の新芽に付くために、
 咲いた花をそのままにしておいて
 よいそうです


梅雨に紫陽花がよく似合う・・・って、よく言われます~ね。

紫陽花は、『万葉集』にも詠われ、日本で1200年以上もの長い間愛されている花

紫陽花
 事不問 木尚味狭藍 諸弟等之
     練乃村戸二 所詐来
 (大伴家持が坂上大嬢に贈った歌) 

 言(こと)問わぬ、木すら紫陽花、諸弟(もろえ)らが、
 練(ねり)の村戸にあざむかえけり
 
 意味;ものを言わない木でさえ、紫陽花のように
    色鮮やかに見せてくれますね。
    それ以上に言葉をあやつる諸弟たちの
    上手い言葉にすっかり
     だまされてしまったことですよ。

 人を欺く不実なものの譬えに
 使われている紫陽花です。
 色が変わりやすく、しかも実を結ばない花なので
 プレゼントにも不向きなんでしょうね!?


紫陽花
 安治佐為能 夜敝佐久其等久 夜都与尓乎
       伊麻世和我勢故 美都々思努波牟
 
 紫陽花の八重咲く如く、弥(や)つ代にを、
 いませわが背子、見つつ思(しの)はぬ
 
 意味;紫陽花の花が八重に咲くように、
     いついつまでも栄えてください。
     あなた様を見仰ぎつつお慕いいたします

 万葉の頃の紫陽花は、
 花(実は萼であるが) の数が少ない日本原産の
 ガクアジサイであろうと言われていますが
 貴族の庭園などには、厚咲きのものも
 植えられていたようで・・・
 八重咲きの紫陽花を
 めでたい花として取り上げています。


紫陽花は、シーボルトが愛した日本原産の花です~ね。

幕末、長崎オランダ商館の医師シーボルトは、楠本瀧(おたきさん)と結婚し、娘イネが生まれました。
イネさんは3才の時別れた父を想い、19歳の時、医学を志し日本で最初の産科女医さんになり、
明治6年宮内省御用掛として、明治天皇若君の出産に立ち会っているのです。

シーボルト 楠本瀧 楠本イネ

しかし、「シーボルト事件」でシーボルトは国外追放になり、お瀧さんを想い、
アジサイにHydrangea Otaksaという学名をつけてヨーロッパに広めたといわれています。

アジサイがヨーロッパで品種改良され日本に逆輸入されたので、西洋アジサイとも呼ばれてます。
Hydrangeaはギリシャ語のhydro(水)+angeion(容器)の合成語で~水を好む性質を表しています。

シーボルトの学名は、現在植物学上使われなくなり、
Hydrangea macrophylla form.
macrophyllaの学名が用いられ、macrophyllaとは大きな葉という意味です。

また、アジサイの語源は「藍色の花が集まって咲く」
『あず』は集まる、 『さ』は真、 『い』は藍色・・・・から「あずさい」 と 呼ばれて
『真の藍色が集まる花=集真藍』・・・との意味合いから『あじさい』 となったようです。

「紫陽花」と・・・書きますが、これは
唐の詩人の白楽天が別の植物(恐らく、ライラック!?)に『紫陽花』とつけたのを・・・
平安時代の学者、源順が、間違って~アジサイにこの漢字をあて、誤用が広まったといわれています。

中国では「八仙花」と呼んでいるそうです。

昔の人は「七変化」とも呼んでいたそうで・・・花の見ごろがいっときでないことを表していますね。

花と呼んでいる色の付いた部分は「萼」で花びらでなく、花はその中の小さな点のような部分です。

P1250375.jpg

洒脱なお多福紫陽花(渦巻き紫陽花)

P1250376.jpg

出典:http://enet3.edu-c.pref.miyagi.jp/agri/hyakka/zatugaku/za1.html

≪秋色アジサイ≫って
夏が過ぎた8月中旬まで切らずにおくと、色が変化した紫陽花の事です~ね。
秋になる頃には色があせ、褐色や緑色へと変化していきます。

P1250371.jpg

珍しい紫陽花を見つけちゃいました。
『グリーンシャドウ』と『長崎の恋』です。

『グリーンシャドー』
学名・Hydrangea macrophyilla f.hortensia"Green Shadow"
咲き始めはグリーンですが次第に濃い赤へ、さらに時間が経過するとシックな色合いに変わっていき、
緑色の秋色アジサイへと変化するアジサイです。
「アジサイ葉化病」に犯された株ではないか・・・と花屋に伺いましたが、この品種は開発した人の権利を
守る種苗法に則った種苗登録品種で、審査段階で病原菌の有無は、チェックされているとのこと。

P1250384.jpg

花と呼んでいる色の付いた部分は「萼」で花びらでなく、花はその中の小さな点のような部分ですって!!

P1250385.jpg

『長崎の恋』
長崎発のオリジナル西洋アジサイ最新品種。
その名にふさわしい情熱的な赤花の品種で花色が変化するのが特徴。
最初は鮮やかなローズピンクで、時間が経つにつれその中にグリーンが現れ、
最後にはグリーンに変化するそうです。

P1250369.jpg

以前、ピンクの紫陽花を買ったのに、庭植えしたら青色になってしまいました。
珍しい2種を来年も同じように育てるには、地植えにせず、鉢植えで・・・
2年に1回を目安に植え替えが必要なようです。

ピンク花系であれば、土壌を中性~アルカリ性に傾けます。
春先に消石灰や苦土石灰を株元にすき込む。
量は30~50g程度を1回です。
肥料はリン酸の多いものを使うといいそうです。

さあ~、来年はピンク系紫陽花に・・・挑戦です。

ウェルカムフラワーは、ぐっと夏向きに・・・

P1250400.jpg


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます!
昨日、あじさい切ったところです
以前、雪囲いの時(12月)に短く刈り上げたことがあり
その翌年は秋に咲いて おかしいと思っていたのよね
切る時期が大事とその後知りました
今年は墨田の花火がまだ咲かないのよね~
ばっさり切り過ぎたのかもね 苦笑

そうそう、今年咲いてるあじさい
最初は白でそのうち水色になり 
そうだったんだと思っていたら
かすれたピンクになっていました
この変化を楽しむのもいいですね

ひまあゆさん、おはようございます

いちごちゃん、ますます楽しみが増えましたね!?

東京と山梨は、土質が違うようで・・・田舎の紫陽花は、ピンク系から白っぽいダマに変わっていました。

高野山の紫陽花を見た時に驚きました。

http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-entry-752.html

もともと紫陽花は、剪定の必要はないそうですが・・・
アジサイを剪定するときには、切り取る時期と方法に注意する必要があるんですね!?

剪定のポイントは「新芽」が出てくるところを残しておくこと。
10月頃になると次の年に咲かせる花の芽が枝にできはじめるので、
この時期以降の剪定は控えてないと、翌年の花数が減ってしまうそうです。

今年は、お多福紫陽花をバッサリ短く~
『たかが花~、されど花~』で、来年は、花は望めませんが、今後の樹形の為です。

> そうそう、今年咲いてるあじさい
> 最初は白でそのうち水色になり 
> そうだったんだと思っていたら
> かすれたピンクになっていました
> この変化を楽しむのもいいですね
   紫陽花の七変化
   紫陽花の移り気・・・とは、こんな色の変化から言われる事なんでしょうね。

   私は、ちょっと渋めのアンティークな色合いのある紫陽花が好きです。

暑さにしり込みして、まだアジサイの剪定をしていません。
この雨が止んだら、お隣さんに越境もしていることだし
ぜひ取り掛かります。
今年友達からいただいた鉢植えの新種のアジサイは花が終わったところで
来年の開花を期待してちゃんと剪定を終えました。

お出かけも目前。楽しみはすぐそこ・・・ね。

ikさん、おはようございます

今日は、朝から雨。
今週は、旗日(こう言うのは、50歳以降だそうで~)のある週なので、仕事もなく余裕たっぷり。
旅行中も怠りなく配信できるように、記事を貯め込んでいます。

> 今年友達からいただいた鉢植えの新種のアジサイは花が終わったところで
> 来年の開花を期待してちゃんと剪定を終えました。
   新種って、どんな色?種類?興味あるな~

> お出かけも目前。楽しみはすぐそこ・・・ね。
   今日は、主人がビールパーティーがあるから夕食は要らない!!~ていうから
   庭の湯でたっぷり、身体を絞って来ようと思っています。

   そうそう、準備もしなくっちゃ~ね。

暑いこの時期、
このウエルカムフラワーは和ませてくれますね。
我が家の玄関は狭いので飾る場所もありませんよ。

そろそろ出発ですよね、準備出来ましたか。

hotterさん、こんにちは~

こんな使い方もあったんだ~ってやってみました。
次にUPする時は、ヒマワリを纏わせようかな~なんてね。

hotterさん、褒めてください~な。
28日22時50分 羽田チェックインなら、午前中は働けるね!?っていわれ
28日は、半ドン仕事があるんですよ。

だからなかなか旅モードに入れなくって
そろそろ準備に取り掛かります。

明日は、気分を高めるために「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」の映画を見に行ってきます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/827-8d8a0795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宮廷ブーケ【Carafe(カラフ)】 «  | BLOG TOP |  » トワル・ド・ジュイ展

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (55)
レクイエム (8)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (8)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。