凛とmonalisa

2017-04

レオナール・藤田展(府中の森にて) - 2016.11.26 Sat

関東甲信地方では、11月24日に広い範囲で雪が降り、東京都心でも24日06:00過ぎにみぞれを観測、
1962(昭和37)年11月22日以来54年ぶりとなる11月中の初雪を観測しました。
また、関東北部や甲信地方の山間部では所によって20cmを超える積雪となったそうです。

16DSC_0520.jpg

そんな日の前日も寒く、陽射しが届かない勤労感謝の日は、
府中の森公園にある府中市美術館に「生誕130年 レオナール・藤田展」を見に行ってきました。

16DSC_0512.jpg

26歳でパリに渡った藤田嗣治(1886-1968)が、試行錯誤の末に生み出した独自の画風・・・それは~
乳白色に輝く下地に画線筆で引かれた流麗な墨の線。

日本美術を思わせる繊細な美しさでパリの人々の喝さいを浴びたそうで・・・
この「乳白色の下地」でパリ画壇の寵児になった訳ですが

藤田が、決して製法を明らかにしなかった「乳白色の下地」
これは、硫酸バリウムを下地にして、その上に炭酸カルシウムと鉛白を1: 3の割合で混ぜた絵具で・・・

この絵具は、実は・・・和光堂のシッカロールだったことは、2011年に明らかになりましたね!?

藤田が、西洋絵画の王道。裸婦の群像に始めて挑んだ出世作「五人の裸婦」は、
左端の布を持つ女性が「触覚」、耳を触るポーズが「聴覚」、口を指差「味覚」、犬を連れた「嗅覚」
中央の裸婦が「視覚」

裸婦に概念的なものを象徴させた藤田の意欲作は、サロン出品作の最高額の値が付けられたそうです。

gonin.jpg

アッツ島玉砕
 アッツ島玉砕 1943年
 
 戦争中、この作品が公開された際、絵に向かって
 手を合わせ拝む人が後を絶たなかったといいます。
 藤田もその様子に深く感じ入り、
 数多く描いた戦争画の中で「尤も快心の作」と語って
 いるそうです~が、戦後、こうした戦争画により
 戦争協力の責任を糾弾され、藤田は
 日本を去ることになった訳です。

小さな主婦
 小さな主婦 1956年
 
 パリ郊外の村へ移住した藤田は、
 宗教画や子供の絵の制作に
 集中する静かな日々を送りました。
 子供に恵まれなかった彼は、
 絵の中で「一番愛したい」理想の
 子供を描いた・・・と言います。
 特に、フランスパンを抱えた女の子は、
 夫妻のお気に入りでした。

 『レオナール・フジタとモデルたち』
  2016年9月17日(土)- 2017年1月15日(日).
 千葉・佐倉のDIC川村記念 美術館

 『ルソー、フジタ、写真家 アジェのパリ』
 2016年9月10日(土)-2017年3月3日(金)
 箱根 仙石原 ポーラ美術館

 『ランス美術館展』
 古典派、ロマン派、印象派そしてレオナール・フジタ
 2017年4月22日(土)-6月22日(日)
 西新宿  損保ジャパン日本興亜美術館


このレオナール・フジタが描く子供にも、とっても興味があり・・・また、追っかけてみたいです

藤田の絵には、猫や犬もたくさん登場します。

16DSC_0510.jpg

絵画鑑賞後は、府中の森公園を散策です。

コンデジを忘れたので、スマホで紅葉を・・・。結構、上手に撮れるものですね!?

16DSC_0503.jpg

京都は、紅葉見物客でごった返しているそうで・・・東福寺は、撮影禁止~というニュースがありましたが
そんなの・・・ありえないです!!

16DSC_0504.jpg

木の精が現れてきそうな・・・桐の木の瘤

16DSC_0505.jpg

二人の像を・・・いろんな角度から~

16DSC_0513.jpg

カダケスで撮った写真は、二科展に向けてタイトルを思案中です。

16DSC_0514.jpg

今まで考えてもいなかったカメラマン生活が・・・一つに絞れない~多趣味な私です。

16DSC_0515.jpg

「でも、あなた~いろんな人生を楽しんでみるのもイイことよ!!」・・・て言ってくれているようです。

16DSC_0516.jpg


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

11月の初雪、大丈夫でしたか・・?
レオナール・藤田展に行かれたのですね。
最近訪れた美術展では一番感動しました。
大好きな画風です。

hotterさん、おはようございます。

> 11月の初雪、大丈夫でしたか・・?
  ハイ、午後は、フラワーアレンジメントのレッスンがあるため
  荷物があって・・・気になっていましたが、午後には雨に変わり
  レッスンが終わる頃は、雨も止みました。
  晴れ女、参上!!~ですから(笑

> レオナール・藤田展に行かれたのですね。
> 最近訪れた美術展では一番感動しました。
> 大好きな画風です。
  hotterさんは、いち早く行かれたんですよね。
  多分、見たものは・・・同じかと?
  学生時代の斜に構えた自画像・・・彼は、ハンサムですよね。
  机の上に置かれたフジタグッズは、面白かったです。
  
時間があったら、佐倉や箱根にも繰り出そうかと思っています。

えっ! 二科展に出品・・・・?

そういえば、今回のご旅行からあとの写真が
変わってきたように思います。

木の精が飛び出してきそうな桐の木の瘤の写真面白いです。

レオナール フジタの「五人の裸婦」にそんな五感が込められていたなんて知りませんでした。

府中の森公園の二人の少女像、いろんな角度から見てみると本当に
会話を交わしているように見えますよね。
私もこんなスリムな体形をしていたこともあったような・・・
遠い昔です

この間の57年ぶりの11月の大雪の日、私は車をやめ
ギターケースにビニールカバーをかけ重い譜面台立て、足台、楽譜
の入った大きなカバンも持ち傘をさして湘南国際村の友人宅まで
行きました。逗子駅から乗ったタクシーがまだチェーンを巻いていなくて、
プロなのに坂道を上り切れず、「お客さんここで降りてもらっていいいですか?」

仕方なく、吹雪のような雪中行軍!10分余り上り坂をよたよたと登り
友人宅に着いた時には3人とも雪だるま状態!
雪の中、ギターを背負い傘をさして横須賀まで行った元気な自分に
驚いています。ふつうあんな状況では年寄りは外出を控えるものですよね。

東京はそれほどでなかったようですね。


ikさん、今晩は~

> そういえば、今回のご旅行からあとの写真が
> 変わってきたように思います。
  あら!?そうですか?
  確かに、今回のブログは、意識的に狙いましたが
  そんなに変わりましたか?・・・と2~3か月前まで見直しました。

  やっぱり、アンドレア・カルティエ・ブレッソンの影響かしら?
  ただ撮るのではなくって~、自然体で、また意表を突くシーンを狙って・・・なんちゃって~
  
  でも、スマホでも結構うまく撮れるもんですね。

> レオナール フジタの「五人の裸婦」にそんな五感が込められていたなんて知りませんでした。
  「五人の裸婦」って、初めて見ますが
   ikさんは、見たことがあるんですか?
  fujitaは、結構器用。
  キャンバスも、昔ながらの綿のシーツを自分で加工して作ったんですよね!?

先日の雪は、そちらの方は、チェーンを巻かなければいけないほど積もったんですね。
都心は、車の往来が激しいので、幹線道路は積もらなかったですよ。
私も、フラワーアレンジメントの日で
おまけにお友達の分も花器を持ち込んだので
気持ち的に大変でした。

>吹雪のような雪中行軍
  それは大変でしたね。
  最近の気象状況は、驚くことばかりですね。
  
  昨日は、1日☂
  ハイ、私は家に閉じこもって、2~3日先の料理を仕込んでいました。
  なんたって最近のシフトはキツイんです。
  家に帰るのが8時半過ぎになりますから~ね。
  すぐ夕食ができるようにしないと・・・・お後が沢山控えていますから!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/824-a1807740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレンジメントと幸福論 «  | BLOG TOP |  » エディータ・グルベローヴァの今。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。