topimage

2017-09

ブーケって・・・? - 2016.06.30 Thu

伊勢丹新宿店の5階、リビングフロアにある『FLOWER OF ROMANCE』
鬱蒼と茂るジャングルのように咲き乱れる花たちが迎えてくれる

DSC_0366.jpg

よく見ると、一風変わったお花が多いのですが、植物が発する色彩や形などの視覚的な美しさだけでなく、
そこから音をも感じ取る作品として展開しているのは・・・アーティスト、東信(あずま・まこと)さん

命ある植物を素材とした力強さと繊細さ、ハードとソフト・・・
そんな2つの相反するエッセンスを感じ取れ毎回訪れるのが楽しみなんです。

DSC_0373.jpg

お客様がいらっしゃる・・・と言うので、なにかインパクトのある花材を~と探していたら
90歳近いおばあちゃまが、「これとこれと・・・それにしようかしら!?こないだのは、持ち帰れなくて
送ってもらったけど、今回もそうしようかしら!?」と店員さんと相談していました。

選んだのは・・・

DSC_0368.jpg
プロテア・・・その名は、ギリシャ神話に登場する~自分の意志でその姿を自由に変えられる
神プロテウスに由来する。あまりにも立派で荘厳な花が咲くからである。
とくに、キング・プロテアと呼ばれるP. synaroidesは見事で、南アフリカにヨーロッパ人が到着して以来、
南アフリカのシンボル的植物とされ、現在も南アフリカ共和国の国花に指定されている。


DSC_0369.jpg
アーティチョーク・・・元は野生のアザミであったが、古代ギリシャ・ローマ時代以降、品種改良が進んで
今日の姿となった。近縁種のカルドン(学名:C. cardunculus)はとげが鋭いが、同様に食用になる。
アザミをカルドンに改良し、さらに改良してアーチチョークになったという説もある。
本格的に栽培され始めたのは15世紀のナポリ近辺で、徐々にヨーロッパ全域に広がった。
16世紀にフランスに輿入れしたカトリーヌ・ド・メディシスによってフランスに伝播した。
彼女の悪評の一つとして、当時は媚薬として考えられていたアーチチョークを
初夜の日に食べ過ぎたという逸話が残っている。

                                            wikiより

もう一つ、探していましたが・・・私が見つめているのに気付くと

「この歳になると、着るものはもういらないの。私を刺激してくれるお花たちが大好き!!
昔は、出稽古や家でも教えていたのよ」と・・・。

「この花の名前は?」と伺っても、即座に教えていただけないのは・・・それだけ珍しい花だからでしょうか?
後で調べて、メールします・・・と言われたけど~

DSC_0372.jpg

私も、珍しい花を見つけました。

沖縄の花、「月桃の実」とバリで出会った「ヘリコニア」
それに庭に咲いているアカンサス・モリスとドラセナの代わりに裏庭の茗荷の葉を使って・・・

P1250236.jpg


もう一つは、庭の紫陽花と毎年咲いてくれる胡蝶蘭を使って・・・

P1250302.jpg


リースも変えて・・・夏本番の雰囲気です。

P1250288.jpg

今、庭にはバラの2番花が咲き、トマトもぐんぐん伸びてきています。
1か月後に2週間ほど留守をするので、鉢植えにしたトマトは友人に肥料付きで貰ってもらい
4本は、裏庭に地植え、2本はプランターに・・・と、お休みの日も忙しく庭仕事です。

IMG_4700.jpg

6月のMuseeレッスン『フランス宮廷ブーケ』のテーマは、≪スパイラルブーケ≫
7種類のバラとアスチルベ、クロスグリ、チンシバイ、アスパラガス、ピットスポルスなどを使って
花束を作りました。

P1250316.jpg P1250317.jpg P1250318.jpg

P1250319.jpg P1250320.jpg P1250321.jpg

P1250322.jpg P1250323.jpg P1250324.jpg

P1250325.jpg P1250326.jpg P1250327.jpg

≪スパイラルブーケ≫とは?
ウエディングブーケのような、まあるい形でキュッと締まった形のブーケ。
手のひら+握りこぶし1つ分の所を束ねるポイント(支点)にして、
中心になる花材から手に取って左手の親指と人差し指で輪っかを作って束を持ちます。

支点・・・すべての花材がここで重なる点になり、残りの指は添える感じです。

右手で花材を置いていきますが、支点を意識しながら「斜めに」置いていくのがポイントです。

お花を螺旋状(スパイラル)に束ねていくので・・・スパイラルブーケと呼ばれています。

最後は、ワイヤーや輪ゴム、麻紐などで、巻いてしまいます。

P1250342.jpg
こんな風に茎が交差して立ったら・・・スパイラル成功です。
先生は「マダムは、いつも正統派!!」と褒めてくれます~よ。


私は手が小さいので、大きなブーケになると、つい握りしめちゃって、花を痛めちゃうので
蒸れない様に細心の注意が必要です。

P1250329.jpg

花束のラッピングは、2枚の包装紙を上手に工夫して・・・

P1250337.jpg

スグリなどの果実は、熟すと色の変化もあるから・・・面白い!!

P1250340.jpg

スパイラルが上手に出来上がるのには、何回かレッスンが必要のようです。
所謂・・・慣れること~ですね。家に帰って、やり直しをしましたが、1回目の方が上手くいってました。

P1250352.jpg

玄関のリースもブーケと上手く対比するように取り換えました。
お客様の驚く顔が・・・楽しみです。

        P1250354.jpg



ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ガーデニング熱が上がり、今日は和室前の
庭の土をシャベルでたがやしました\(^^)/いつかクリスマスローズと鈴蘭の苗ください(*^^*)
リース、青いやつ夏らしくていい感じ。

ビックさん、今晩は~

草花に目が行くっていう事は・・・少し余裕が出てきた証拠だね。

私は、昨日『長崎の恋』という秋色紫陽花を買ってしまった!!
仕事に行く前に花屋に寄ったら半額セールになっていて
7本仕立てでドライを買うより安い~という振れ込みに、思わず・・・。
帰りに抱きかかえて電車に乗りました~よ。

クリスマスローズもスズランも9月下旬~10月に植え替えをするとよいそうですので・・・いずれ~ね。

青いやつ!!ですか!?
あれは佐々木先生が沖縄に取材旅行に行った折に土産にした芭蕉布を使った「シャワワのリース」ですね。

http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-date-20130711.html

もう、3年も前になるのか・・・と驚き!!
リーススタンドも買ったようだから~お誕生日のプレゼントにしましょう。

昨年の宇宙をテーマにした『砂漠の流星』もイイですよ!!

http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-date-20150728.html

胡蝶蘭、惜しげもなく切っちゃったのですか・・・?
でも、いろんな種類のアジサイとの相性抜群で、まあるく仕上がって
とてもきれいですね。

スパイラルの花束は前にも見せていただいたけれど
根元をぐっと抑えるのが難しそうです

ikさん、今晩は~

胡蝶蘭は、咲き始めて1か月を経過しましたので、茎の半分ぐらいの所で切り
2番花が出て来るのを待っています。
温室がないと難しいかな・・・と思っていましたが
この胡蝶蘭と私は、相性がイイみたいです。
昨年は、叙勲で胡蝶蘭も3~4鉢頂きましたのに
いくつかダメにしてしまい
主人の妹から頂いたものは、今綺麗に花を咲かせています。

> スパイラルの花束は前にも見せていただいたけれど
> 根元をぐっと抑えるのが難しそうです
   手のひら+握りこぶし1つの所を支点にして
   中心になる2藩の花を選んで
   支点でクロスさせて・・・どんどん大きくしていくんですが
   花材を上手く彩りよく配置させるのが難しいです。
   経験を積めば、もっとうまくなるかしら!?

   いやあ~難しいです。

ikさん、また紫陽花を買ってしまいました。
『長崎の恋』という名前がついていますが
ちょっと変わった色合いです。
来年は,どんな色になるかしら?
ピンク系に挑戦したいんです!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/821-91acd3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

麺が主役 夏の食卓 «  | BLOG TOP |  » 第58回東京南部会

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (50)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。