凛とmonalisa

2017-05

新しい風 - 2016.04.14 Thu

いつだったかフジテレビ『ホンマでっか!? TV』で『深くつき合う友達は必要なのか?』という話題で・・・
心理学者・コフートの言葉

「人は人生の中で必ず3人の人に会わなきゃいけない。
この3人に出会えたら、その人生は幸せと言える」を・・・心理学者が紹介していた。

P1230777.jpg

その3タイプの人とは~

1.先生といえる尊敬できる理想の人(ジェラシーを伴うことも)
2.双子といえるような人生の苦楽を共にできる人(苦楽を共感できる人)
3.鏡といえるような 自分を映し出して成長を確認できるような人(出来たね!とか認めてくれる人)

理想であり鏡であり双子のような・・・3つを兼ね備える人が親友と言えるようですが
こんな人は、決して存在しないから、
上手な親友の作り方は、

理想、鏡、双子の3タイプの友人を分けて付き合ったらいいのでは~と・・・結んでいました。

P1240352.jpg

ある日曜日の事です。電話が鳴って~雑誌『ミセス』の編集者から
「『創刊55周年特別企画』の≪憧れの先生に1日入門≫にご応募ありがとうございます。
『有元葉子さんのイタリアン家庭料理教室』に当選されましたが、出席できますか?」・・・・と。

雑誌の懸賞募集に応募して・・・当選は~これで2度目です。

「有元さんは、塩で甘みを引き出す素材の味を生かしたシンプルな調理法で
独特の世界観を持ていて、生き方も素敵!!」と友人が~

私は、数年前の雑誌の付録で見た有元さんのお節料理の斬新さに驚き、
「有元葉子さんに習う”人生を豊かにする料理と物選び”」に興味本位で応募してみた。

選ばれた15人の中には、遥々東北や関西からいらっしゃった方もいて
お教室のドアが13時ピッタリに開き有元葉子さんの姿が現れた時には「わ~ァ」という
歓声がどよめいたほど・・・。

P1240354.jpg

「レシピに頼らない、自分で味を確かめて・・・感じて作ると料理はもっと楽しくなる。」という有元さん

有元さん3

お料理に集中してほしいのでカメラ禁止でしたが・・・
ミセスより、当日の写真が届いたので、差し替えました。

イタリア式では、アンティパスト(前菜)、プリモ(最初のお皿)にはパスタまたはリゾット
そしてセコンド(メインディッシュ)、ドルチェ(デザート)となりますが、有元さんは、日本的なやり方で
アンティパスト(1~2品)→メインのセコンド→プリモ(パスタ又はリゾット)→ドルチェ・・・の順が
食する人のお腹具合を判断して量を加減できる家庭料理ならではの順序ではないかしら~と。

≪アンティパスト-1≫

有元さん5

2803281.jpg

前菜1は、茹で野菜を自家製マヨネーズでいただこう・・・と言うホットサラダ

有元さんは、オリーブオイルが大事!!・・・と、イタリア・マルフーガ EX.V.オリーブオイルを紹介

マルフーガのオリーブオイルは、毎年イタリア内外の数々の賞に輝き、モライオーロ種がメイン。
行き届いた管理で酸度は極めて低く、ポリフェノール値が通常値をはるかに上回る最高級のEX.V.オイル
ウンブリアの野草の香りとほろ苦さを感じ,そのあとから口中一杯に広がる自然の甘みは
他のオイルにはないもの。
根を石の間に深く生やし・・・やっと育っている石灰岩の岩山で取れるオリーブオイル。
スパイシーで喉の奥で広がるピリピリ感と苦味は、これぞ~ポリフェノール!!
旨味と甘みが残るオイルが最高のオイルだそうです。

マルフーガ・オイル マルフーガ社

確かに・・・美味しくって感動したマヨネーズ。賞味期限は、1週間。

≪アンティパスト-2≫

有元さん6

2803282.jpg

新鮮な新タマネギとピーマン、フルーツトマトを使って最後にレモンをたっぷり絞って~
茹でたホタルイカとカンパチとトマト、ピーマン、セルヒィーユをお口の中でマリアージュ

有元さん4 有元さん2

材料さえそろえば・・・カルパッチョも簡単。

ここでは、フルーツトマトを上手く切れるギザギザ包丁を気に入って・・・さっそく購入しちゃいました。

セコンドの≪メインデイッシュ≫は、「ピザ職人風」を意味するピッツァイオーラ

有元さん7

ピッツァイオーラ

ピッツァイオーラは、まずトマトソースが出来ていると簡単ですね。
再現したくってトマト缶とトマトペーストを買ってきましたが・・・作る時間と心の余裕がありません。

有元さんは、食べる人の人数分(5人だったら、5等分に)、フライパンに新タマネギを敷いて
トマトソースを載せて、牛肉、野菜、トマトソース、牛肉、野菜、トマトソース・・・と重ねて行き
モッツァレラを載せ、パルミジャーノを振りかけて、220度のオーブンで焦げ目をつけ、
出来たら、5等分に分けて・・・・頂きます!!

プリモの≪春キャベツとアンチョビのパスタ≫は、食べる人のお腹具合の様子を見て、
パスタの量を加減するとよい~と。
また、パスタは出来立てが美味しいのでプリモの後に作って出すとよい・・・とも!!

有元さん8

乾燥パスタって、1人分は100g(これは、炭水化物5単位に値する~ね)
パスタは、1.9mm以上をスパゲッティ。それ以下の1.7mmは、スパゲティーニというそうで
先生は、1.9mmのパスタが10分の湯で加減表示だったら、8分にしているそうです。

ちょっと驚いた・・・というより『目からウロコ』なのは、パスタを茹でる時にキャベツも一緒に茹でること
「家庭料理だから・・・それでいいんです。私は、そうやっています!!」と~

そしてゆで時間が8分な訳は・・・アンチョビやキャベツと一緒にスパゲッティを炒める時間が加わるから~

最後に、塩・唐辛子で味加減

イタリアでは、胡椒より唐辛子(イタリア産の唐辛子のなんと~可愛らしかったこと!!)

有元さん1 有元さん10

アンチョビの塩加減が効いた春キャベツの新鮮な香り豊かなスパゲッティです。
野菜は、春キャベツの他、菜の花、ブロッコリーでも(イタリアでは、黒キャベツも~)応用できるそうです。

最後のドルチェ(デザート)は、≪スコーン≫でした。

有元さん9

これは、有元先生お薦めの茨城産『石岡鈴木牧場』のヨーグルト入り

スコーン
いちごジャム

有元先生の「ヨーグルトは本来嫌いだけど、『世話が味に出ている』これだけは、食べられる」という
ヨーグルトは、どんなものか?・・・私も、お取り寄せしてみました。
酸味が少なく程よい甘さ!!この容器も可愛いんです。

そうそう、祝杯は、ボトルがエキセントリックなイタリアのスプマンテ『フランチャコルタ ロゼ』でした。

1005000368.jpg

いままで余り関心を持っていなかった有元さんは、友人が言う通り
私にないものをいっぱい持っていらっしゃるので・・・凄いカルチャーショック!!

雑誌『ミセス』のお蔭で・・・『先生といえる尊敬できる理想の人』ができ~新しい風を受けています。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

3つのタイプの1と3はまだ巡りあっていないような・・
2つ目の「人生の苦楽を共にできる人」って女房かなぁ・・
まだ2つ合えるかもしてないので、もう少し頑張ってみますよ。

hotterさん、今晩は~

(。'-')(。,_,)ウンウン 私も主人が「人生の苦楽を共にできる人」かな!?

先生といえる尊敬できる理想の人は、
男女問わず・・・この頃3~4人に増えちゃっています。

鏡といえるような 自分を映し出して成長を確認できるような人とは、
例えば、ある時期まで一緒に育ち同じようなDNAを持った、弟妹が鏡になりやすいけど~ね。

基本的に私は淡交タイプ。

だって、イッパイ友がいるって幸せな事。

ウ~ン、まてよ!!
hotterさんも、私も、『ツレアイ』が理想であり鏡であり双子のような・・・3つを兼ね備える人なのでは!?

もう、見つかっちゃっているかも~ね((*´∀`))ヶラヶラ





雑誌の応募に見事あたり、貴重な経験をなさいましたね。
視野を広く、いろんなことに興味を持って体験なさる、
monalisaさんは、私にとって、いわば、「先生と尊敬できる理想の人」
かもしれません

兄弟だけで姉、妹がいない私は同性の友達がたくさんいます。
それぞれに、自分に持っていないところがあり、憧れや尊敬で
お付き合いさせてもらっています。
基本的に自分がさらけ出せて、相手も地のままで見せてくれる
友達が長く続いています。

この年になると親友と呼んでいた友もすでに2人もあの世に旅だってしまい
さみしいかぎりです。

ikさん、今晩は~

(*'▽'*)うわぁ♪ 大変なことになりました。

> 雑誌の応募に見事あたり、貴重な経験をなさいましたね。
> 視野を広く、いろんなことに興味を持って体験なさる、
> monalisaさんは、私にとって、いわば、「先生と尊敬できる理想の人」
> かもしれません
   ブログ上でのお付き合いですので
   苦楽を共感する・・・とまで心のうちをオープンにしていませんが
   ikさんは、共通するところも多いし
   弟妹以上に、正しく私を評価していただける鏡を持った人と言えるでしょう!!

仕事柄、10歳も20歳も年上の人とお付き合いできる立場にいますので
ああなりたい!! こう生きたい!! という人と
単なる憧れだけでなく、親しくお付き合いできることは、とてもありがたいです。

そうね~、親友・・・その支えを失う事は、とても大きな痛手ですね。

ikさんには、音楽という最高の心の支えがありますよ~ね。
編曲ができる・・・なんてセンスも持ち合わせていて
3つを持ち合わせているのは、人でなくてもいいのかな!?・・・と思ったりします。

近頃の私は、仕事以外に
お花や料理の世界をより深く究めようとしています。
なんだか、無意識に退職後の在り方を探っているようです。

ありのままに~自分のあるべき姿を、あるべき生き方を探してまいります。

ikさん、見守っていてくださいね。

いつも、ありがとうございます。
   


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/799-6a7b1e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

植物の知性 «  | BLOG TOP |  » 日帰りスキー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (55)
レクイエム (8)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (8)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。