topimage

2017-08

プチ留学(Ost来日セミナー) - 2016.03.10 Thu

3月1日~3日にかけて、ダニエル・オストさんの来日レッスンがありました。
仕事のシフトがどう変わるか分からないので申し込みが遅れてしまい、2月の末に電話をすると・・・
なんと今回のレッスン3月1日と2日は、申し込み者多数で締め切りました・・・と言うのです。

P1230782.jpg

2015年11月の秋の叙勲にて、花の芸術家として、旭日小綬章を受章されたお祝いを述べ
Ostフローラルソサエティのメンバーであることを告げたら、一番後ろの席でも良かったら・・・と~。

参加することに意義がありますので、喜んで・・・。


今年は、日本・ベルギー修好通商航海条約が締結されてから150年目にあたる節目の年・・・とのこと。
会場のベルギー大使館のホールには、この150周年を祝いいつもと様子が違って・・・
そう言えば、ベルギー大使も昨年変わられたんでした~ね。

ベルギーと言えば・・・『タンタン』ですね。

P1230757.jpg P1230758.jpg

オストさんは、「今日は、大使館で高円宮妃を迎えて旭日小綬章受賞を祝う晩さん会があるので
自分は大使館のデコレーションの準備に忙しく、アシスタントのマルコさんが指導します」・・・と
「パーティーは、好きでなく、今までに出席したのは、2回だけ。」~と。

「勲章って、そろそろ死期が近いということでいただく賞だそうで・・・」などと冗談を言っていましたが
いやいや~昨春叙勲した主人は、『自分の生き方に自信をもって』ますます精力的に活躍しています。

生け花のみならず、日本の自然・文化・日本人の精神性などに感銘を受け、
花を通じた文化交流や日本文化の国際的な発信に大いに貢献してきたostさんには、
これからも日本人花人の育成に活躍していただきたいものです。

P1230790.jpg

1日目3月1日(火)は、 自然の素材で器を創り花を生ける
植物の枝や自然の素材(ニシキギなど)を使ってオブジェ(花器)を創り、
試験管を配して季節の花をいける・・・ダニエル・オスト独特のデザインとテクニックです。

レッスンには出席できなかったけど、作品を見れるのは・・・嬉しいですね

                                                            マウスオン
<


2日目の 3月2日(水) は「受章を祝ったテーブルアレンジメント」
お祝いのテーブルや贈り物に喜ばれる華やかな花や葉や実物をいっぱい使ってアレンジメント

花材は・・・
  ラナンキュラス(ボンボン シンデレラ)、(モロッコイエロー)、(タソス)、リキュウソウ
  チューリップ(モンテスパイダー)、ツルバキア フレグランス、ゼフィラ(エレガンス)
  ラケナリアベルジー、スカピオーサ、ルピナス、フリチラリア、スミレ(パンジー)、アルケミラ、
  ブルースター、ビバーナム(スノーボール)、アイビー、夢ホタル、ダスティミラー、スイトピー


1枚目の写真には、懸命に花を活けているostさんの姿が・・・

サンゴミズキの枝が25本配られ、太すぎたり、細すぎる枝は取り除き、程々の揃った枝を30cmにcut
12時半から2時半までは、只管サンゴミズキの枝で花器作りです。

この仕事に手間がかかるから、6時には終わらないよ・・・とostさん。

持ち物に・・・Lサイズのカッターナイフ、ハサミ、マイクロニッパー、メジャー、軍手、袋、履修手帳~と
ありましたが、軍手を忘れ、ハサミも剪定ばさみにすればよかった・・・と反省しきり。

枝を切る時、クラフトばさみでは力が入らず、指にかすり傷。皮手袋をして、剪定しました。

P1230772.jpg

花を新鮮に長く保つダニエル・オスト独特な徹底した花の水揚げは、
花に多く水を吸わせたいので余分な葉は切り取り、
親指には力を入れず・・・Lサイズのカッターナイフを茎に対して45度の角度で、ス~ッと引いて・・・と

お花を仕入れたら~まず、この作業!!これが、お花を綺麗に長持ちさせる秘訣だそうです。

P1230800.jpg

tea time は、好きな器で~
サンドウイッチには、珍しいワラビのピクルスが・・・ベルギーにしかないチョコも出てきました。

P1230816.jpg P1230817.jpg

お茶席で隣になった方は京都から1泊でこのレッスンに参加。
いつもレッスンで見かける方は、3日連続レッスン!!
全国から集まってレッスンを受けにきていますが、きっとお花の仕事をされている方でしょう。

ゆっくりお茶を頂いていると・・・後れを取りますので~席にもどろとしたら
ostさんの真剣な表情に出くわしました。

P1230818.jpg P1230763.jpg

P1230807.jpg

P1230810.jpg

花器は、サンゴミズキの枝が乾くと痩せて来るそうで、
隙間に細めの枝を差し込んだりミズゴケでカバーしたりして・・・いよいよ沢山の花を挿すことに。

やっぱり、プロの仕事は、違います~ね。

ostさんがやって来て、「私はこれから着替えにホテルに帰り、また戻ってきますが、
皆さんの今日の仕事は花器を作るので、精一杯で、沢山の花を活けるまでは無理でしょう。
パーティーは、10時には終わるでしょうから、それ以降でしたらお教えいたしますよ!(笑)・・・と。

<<<<<<


花が挿し終わったら、アイビー5本で、花器と花の境を・・・ぐるっと一周。

皆さんの真剣な表情に圧倒され、私もなんとか18時半まで掛かって~

P1230848.jpg
マルコさんに評価してもらう前に、自己反省を・・・。
「花丈が揃っていないので、綺麗なドーム型が作れていません。帰ったら、やり直します~」というと、
「でも、花器がとっても良くできているよ!!」と褒めてくださって・・・嬉しかったです。

カッターナイフの使い方を思い出しながら、お花を もうちょっと増やして、やり直しをしてみました。

P1230858.jpg

「毎回、少しずつ上達しているね!!」と母はいつも褒めてくれました。

どう!? 上手くいった!?

3日目の 3月3日(木) は「アートなブーケ」
昨年好評だったフレッシュでモダンなブーケの第2弾・・・とのことですが
昨年は、欠席しました・・・残念。
ostさんのスタイリッシュなブーケは、定評があります。

次回は、全部出れたら・・・嬉しいな!?(しっかり稼いでおかないと~ね)


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

● COMMENT ●

何と素敵なこと♪

いつも楽しく拝見しています。
ダニエル・オストさんのレッスンに参加されるなんて、なんて素敵なことでしょう。
写真等で、そのお裾分けを戴けてワタシも凄く嬉しく、とても感謝します。
今後ともmonalisa様のご活躍をブログを通して期待しています。

CyberBizKizさん、ありがとうございます。

いつも一番乗りの足跡にも・・・私、励まされています。
素敵な絵と音楽を選択し、私にとってちょっと難しい時事問題や株の世界の事を
刺激的に語ってくださり、CyberBizKizさんがどんな方か・・・とっても興味があります。

昨年は、膝痛や多忙で出席できませんでしたが
今回申し込みの時に、叙勲祝いの事をブログUPしたことを申し上げたら
「あなたが、あの沢山の写真をのせた記事を・・・。
誰だろうと~心当たりの人に当たってみたけど皆さんに違うと言われ~。」と

断りもなくostさんの写真を載せていましたので
不都合があったかどうか伺いましたら・・・
「いえいえ~どうぞ・・・。」ということで、
そんな事もあって、一番後ろの席でも良かったら・・・と許可。
ブログのお蔭です。

花器作りも面白かったですが、
新鮮に長く保つost流の徹底した花の水揚げ方法で、
あれから1週間経過しましたが、お花が生き生きと~
チューリップやラナンキュラスの蕾は、伸びて自己主張!!

3回全部出席できればうれしいですが・・・
CyberBizKizさん、こっそり軍資金つくり手伝ってください~ね(笑

もう少し技術も磨いて、海外で行われるイベント参加もしてみたい・・・と思っています。

ありがとうございます。

monalisaさんのブログに出会っていなかったら、名前すら知らなかった
オストさん。ブログ上ですが、何度かお会いして、私も隠れファンに
なりました。

花器に使われた枝は竹かしらと思いましたが「サンゴミズキ」という木なのね。
束ねてねじるというのはわかってもその加減が難しそう!
丁寧な写真でその工程がよくわかりました。

あれだけのたくさんのお花を挿していくのですから、傷めないようにそうっとそうっとね。
monalisa作もとっても素敵です。画面上ですが、いつもmonalisaさんの花の写真に癒されています。ありがとう。「夢を運んでくれる」monalisaさんです

ikさん、今晩は~

ostさんは、最近TVにもたけしと一緒に出たりして・・・
知る人ぞ知る存在になってきました。

60歳ですので、まだまだ活躍してほしいです。

サンゴミズキha,ostさんが大好きな植物のようでよく使われます。
よく見かけるのは赤い枝です。
枠があって、それに沿ってワイヤーで止めていくので
思ったより大変ではありません。

1日目の花器も、枠に沿って、ニシキギをワイヤーとニッパで止めています。

私は、カッターナイフを馬鹿にしていましたが
今回のレッスンで、理屈と実感が相まって~納得!!

オアシスへの考えも、今までの先生とは違っていました。
やっぱり、経験が大事ですね。

最近やけに花に触りたくなって・・・仕事のストレスもあるのでしょうか?

1

monalisaさんへ

┏━━━━━━━━★┃ 
o(*'皿^)oこんにちわ~~

プチ留学!! 
(o"_"o)えっ(;゚σ゚) え!?~~
モナリン何処へ行くの~~!?
ってビックラしたわよ(*∀*)笑

斬新な活け方ですね~~
若かりし頃に習った『お花』 比べたら何て古臭いかしら、、と(゚m゚*)ププッ
ostさんが お花の世界を刷新してくれたのでは、、?
素敵な花器 サンゴミズキというんですか
上手に作られましたねー
やはり器用なモナリン!!

癒されます どんな花でも 癒しデスネe-235
モナリンのブログを見て 一年を通して花に触ってる時間は私の数倍!
育てる楽しみも味わってらっしゃいますね(*・∀・*)
観るだけ~~が多い 最近の私デス  
     ┃★━━━━━━━━┛

komamichiさんへ

┏━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━☆┃ 
(^-^*)/こんばんは~!

(´▽`;)ゝあはは)脅かしちゃって・・・<m(__)m>

そうそう、目出度くご卒業~おめでとうございます。
A判定をイッパイ取るなんて~私がいつまでもお付き合いできるブロ友さんが優秀で~嬉しいです~よ。
これからも、いろんな事に興味を持って・・・活躍して~ね。

さてさて~、ostさんは、日本の生け花にも感化され、独特の世界を表現されます。
花器を自然素材で・・・っていうのもost流
今回は、これがメインで、次が水揚げの仕方~かな。
育てる楽しみは、胡蝶蘭やパヒィオ。そして昨日は、プリムラ・オーリキュラ用の鉢も買ってきました。
忙しいのに、よくやるわ!!・・・って、自分で自分を追い込む性格が、偶に辛くなることも。

育てたい植物が、まだまだありますが、なんたって時間がなく
元も子もなくしてしまうのが目に見えているので・・・我慢しています。

私にとって、まさに『時は金なり』です。

     ┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/790-713bfbe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイトデー «  | BLOG TOP |  » エディフルフラワーの世界

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。