topimage

2017-10

世界らん展 - 2016.02.19 Fri


東京ドームでは、国際キルト、テーブルウェア、世界らん展と大きなイベントを企画されています。
以前は、どのイベントにも意気揚々と出かけていましたが、忙しい事とちょっとマンネリ化してきたからか
会期そのものを忘れがちに・・・

P1230665.jpg

読売新聞では、このような企画のチケットを希望者には配布してくれますので
希望者が殺到すると抽選になる『世界らん展』に応募したら・・・2枚いただけることになって
ほくそ笑んでいたら・・・1枚は招待券で、1枚は500円の割引券でした。

13日から19日までオープン。14日は日曜ともあって混雑も想定内ですが、主人と出かけました。

今年の日本大賞は・・・パフィオペディラム エメラルド フューチャー ”ギャラクシー”

P1230669.jpg
先日近くのグリーンストアーで買った〉苗と同じものジャン!~と・・・
でも、日本大賞は、 丸くて、 大きくて~フラットに咲く!!

昨年も、この兄弟株 パーフェクション が 優秀賞(第二位)を獲った事を筆頭に、
各地のらん展でGM(ゴールドメダル)を連発するなど、
近年で最も進化に成功したパフィオぺディラムの交配種が、このエメラルドフューチャー~とか。

一鉢 百万円を超える値段がついても、買い手が沢山いる・・・ そのくらい価値のある花だそうです。

花粉親のマーチャンマンの片親がマリポエンセという原種と言うことも注目されていて
近年のパフィオでのGM獲得花の多くがマリポエンセの孫に当たるモノが多く、
将来のパフィオの新しい方向性を予感させる流れになっている・・・というのです。

楚々としている・・・やっぱり和ランでした。奥ゆかしいのよ~ね。

P1230672.jpg

東洋ランのひとつ。エビネって・・・結構なお値段。こればかりを、集めていた昔の雇い主さん!!
今は、どうしているかしら!?

P1230670.jpg

こういうイベントは、お互いの趣味趣向が違いますので・・・相手を気にしながら見て歩き
探して歩く・・・時間の無駄で~一人で来るに限ります。

私の今年の私のテーマ、『ディネマ・ポリブルボン』に出会いました~よ。

P1230671.jpg

15時からの江口美貴直接指導 「オーキッド・パリスタイルブーケ」に参加するので
主人とは、1時間半後の4時に待ち合わせすることにした・・・その場所は~
長渕悦子さんによる展示『~経(たていと)~』

DSC_0504 (2)

江口美貴直接指導 「オーキッド・パリスタイルブーケ」

パリスタイルって、どんなの!?

江口先生は、花の色に対して、リボン、包装紙の色など・・・ちょっと異質とも思える色合わせ
これが、パリスタイルだ・・・と。

P1230675.jpg

「モカラ」と思っていた蘭を、先生は「今日の花材は何?あら素敵なバンダね~」と・・・
バンダとモカラの違いは・・・???

比較的に手に入りやすい1本100円~200円で売られているモカラは、
Arachnis属とAscocentrum属とVanda属との・・・・人によって作られた属間交配種の様です。

バンダとガーベラを、スパイラルに組み合わせて・・・
スパイラル・・・って、放射線状に~と言う意味だけど、初めての人には分かりにくい。

P1230676.jpg

「あなた、アレンジメント経験者ね!?」って、見透かされちゃった~けど、褒められたから・・・
まーあ、いいか!!
江口先生は、褒め上手。こういう人が、指導者に相応しいの~ね。

P1230678.jpg

主人と再会。彼は・・・見どころの『世界最大の蘭と極小の蘭』は、40分待ちで~見てきたそうです。

「『何が、最大!?』かと思ったら、株が、最大だったよ!!」~と。

最大で株丈が7メートル以上になることもあり、斑点が全面に入る花の色合いが虎のように見えるので、
別名「タイガーオーキッド」とも呼ばれるグラマトフィラム属スペシオサムと、株丈が僅か数センチ、
花は2~3ミリほどで、指の上にのるような極小の蘭を比較して展示していたようです。
蘭の驚くべき、多様性を実感できる貴重な機会なんですね。

主人のカメラで撮った写真が・・・編集できません(残念)

ランの家系図を見てみよう!
~ラン研究家 フレデリック・サンダーの偉業~
ランの交配の歴史を語る上で、欠かせない重要な人『ヘンリー・フレデリック・コンラッド・サンダー』
ランそのものがまだ大変に貴重で珍しかった19世紀後半に、ランの家系図と言える系譜の基本を作り
特別展示の『セロジネ』にインスピレーションを受け、私も買ってしまいました。

胡蝶蘭とは、対照的に進化していない『セロジネ』は、原種(セロジネ・クリスタータ)そのものの方が
大輪で美しく、右手の交配種(セロジネ・コスモクリスタータ)より立派!!

P1230680.jpg

軒先に放っといても咲いてくれる・・・というんですが~
さて、どのくらいの大株まで育てられるでしょうか!?

多肉植物『帝玉』
可愛い花が咲くというのですが・・・



アレンジした花を、家に帰って仕立て直しました。
やっぱり、落ち着いてアレンジしたほうが、納得の作品に・・・

P1230683.jpg

フラワーボックスと一緒に~

P1230703.jpg


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

我が家の洋らん達は・・
ビニールハウスの中で花を付け始め、春を待っています。
monalisaさん家の洋らんは綺麗に咲いているのでしょうね。

hotterさん、今晩は~

> 我が家の洋らん達は・・
> ビニールハウスの中で花を付け始め、春を待っています。
> monalisaさん家の洋らんは綺麗に咲いているのでしょうね。
ビニールハウスの中・・・ですか?
   我が家は、窓辺に置いています。
   すこしつぼみも膨らんで...待ち遠しいですね。
   
   仕事場の胡蝶蘭は、3本とも花芽がでて、、、、そのうちの1本は、咲いていますよ。

手直しをされて飾られた蘭のバリ風ブーケとフラワーボックスと原種チューリップでしたっけ?
とても素敵です

このところ我が家の玄関に花が飾られてなく寂しい限りです。

庭の花たちも寂しく・・・忙しいのと寒いのとですっかり園芸からも遠のいて
いる現状です。monalisaさんの元気をいただかなくてわね。

ご一緒に蘭の花展を見に行かれるご主人うらやましいわ。わが連れ合いは
梅も、桃も区別がつかず、植物園など「入り口で待っているよ」・・・です

エビネラン、華やかな洋ランの中でホッとする静かな姿ですね。

ikさん、今晩は~

> 手直しをされて飾られた蘭のバリ風ブーケとフラワーボックスと原種チューリップでしたっけ?
> とても素敵です
ありがとうございます。
   原種チューリップは、鉢植えして~取って代ったのは・・・『クロユリ』です。
   
  「🎶クロユリは~恋の花 ♬」とは~懐かしい『君の名は』の主題歌ですね。
  
  https://www.youtube.com/watch?v=rL3Ppmm7wb8

  「君の名は」は、春木と真知子の悲恋物語

   黒百合の歌の歌詞は、「黒百合の花は魔物だよ・・・」という、嘆きの歌です。
   最初は、なかなか結ばれない、主人公の春木と真知子の嘆きの歌かと思っていました。

   ですが、良く聞いてみると、これは春木を愛していたもう一人のユミという娘の恨みの歌のようです。
   ユミは、春木と真知子が恋人同士だと知って、摩周湖に投身自殺をしてしまいます。

   そう思って聞いてみると、ものすごく恐い歌詞・・・と言う事ですが

   主人と私には、障害物がない様で。。。
   「明日は、何の予定もないけど~何かいいアイデアありますか?」と・・・言われ
   明日は、横浜の中華街にて、リッチな(と言っても、何時ぞやの割引券が5000円分ありますので)
   夕食を先ほど、予約したところです。

私が、遊び人ですので、主人にとっては良い相棒でしょう。
でも、興味の範疇が違い過ぎますので
会場に着いたら、待ち合わせ場所を決めて
夫々好き勝手に・・・

主人は、久しぶりに一眼レフのカメラを利用してみたい・・・と
何枚か撮ってきましたが、生憎私のPCでは、再生不能。
たった1枚、長淵志穂さんの『経』だけ・・・不思議です!?

近くのクイーンズ伊勢丹では、1束100円の花が日曜朝市に何種類か出ますので、日曜日が楽しみです。

最近、「私って、退職後は『フローリスト』?」なんて・・・。
でも、120歳まで、生きられるので・・・自活の道をちゃんと今のうちに・・・です~ね。

ikさんも、Paris風スタイルのように、蘭(モカラって、安いのよ!!)2本とガーベラ3本で・・・
スパイラルやってみてください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/785-1085bba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミモザで~ «  | BLOG TOP |  » バレンタインデー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。