topimage

2017-08

霜始降(高野山奥之院) - 2015.10.24 Sat

霜は空気中の水蒸気が氷点下に冷えたものに触れて出来る氷の結晶  いよいよ冬の到来ですね。

花は黙って咲き 黙って散ってゆく  そうして再び枝に帰らない 
けれども その一時一所に  この世のすべてを托している
一輪の花の声であり 一枝の花の真である
永遠に滅びぬ生命のよろこびが 悔いなくそこに輝いている 【柴山全慶老師(大本山南禅寺元管長)】

P1220303.jpg
少しずつ色褪せ 朽ちて、自分では散ることができないスケルトン紫陽花に・・・無常を~

香レッスンで、塗香や高野槇のオイルのことを知ったら、高野山に行きたくなって
『こうや花鉄道・天空に乗車 高野山壇上伽藍と金剛峯寺特別御開帳2日間』の旅ツアーが気になった。

高野山開創1200年 春の開創法会期間におこなわれた御開帳や特別公開がある・・・とのこと。

東京駅から新大阪まで新幹線で~
娘との旅行ですっかり話に夢中だった隣席のお母さんが、名古屋に着いた頃「富士山は~」・・・と。

P1220095.jpg

新大阪から南海電鉄の橋本駅までは、バスで・・・

P1220099.jpg  P1220104.jpg

橋本駅では和歌山県出身の『楳図かずお』の像とこんなお触書が・・・
『お触書 くせものへ 兜が無ければ いくさが出来ぬ 返してたもれ 九度山の幸村』
来年のNHKの大河ドラマは「真田丸」なんですね。それを機に一気に地元活性化を図ろうと近隣住民が、
駅に展示した真田幸村甲冑レプリカの兜が10月4日深夜~5日早朝にかけ盗難にあったようです。
この兜の盗難に関する情報は、兜捜索臨時窓口 0736-33-5613 に連絡してあげてください!!

P1220107.jpg  P1220110.jpg

橋本駅から極楽橋駅までこうや花鉄道『天空』に乗り車窓からの景色を楽しみました。
『天空』の座席はワンビュー座席とコンパートメント座席があり、運よくワンビュー座席でした。
配られた沿線マップが便利です。

天空
天空2
天空3

極楽橋駅からケーブルカーで高野山駅に着いて、大門を通って~

P1220154.jpg  P1220157.jpg

1日目は、弘法大師信仰の聖地・・・奥之院めぐり。歯切れのイイ美人ガイド付き

奥の院は大きく2つのエリアに分かれ、1つは入口近くのお墓や慰霊碑がずらりと並ぶ墓地エリア。
もう1つは弘法大師御廟を中心にした聖地エリアです。

ちょっと雲行きが怪しく、山の天気は変わりやすい雰囲気でのスタート

「お大師様は雨の日は奥の院にいらっしゃるけど、晴れていたら何処かにお出かけしているから
雨が降ったらお会い出来るのにね~!?」という母娘の言葉に驚きました。

晴れ女の私が参上したからには「ありえない」ですが、ひと時でもお二人の願いを叶えてあげたい~とも・・・

中の橋の奥の院前には「南無大師遍照金剛」の標が・・・

一の橋と御廟橋の中間にあるので、中の橋と言われ、正式には手水橋(ちょうずばし)
平安時代には、この場所で、身を清めたそうです。
ここを流れる川は、昔から金の河と呼ばれ、金は死の隠語を表し、死の河、つまり三途の川を
表しているそうで、この橋を渡ると、これから先は、死の世界に入ると言う意味になるようです。

P1220167.jpg

「南無」はインド語のナモ、ナマス、ナマッハを音写(発音の音に近い文字)で作った当て字。
意味は帰命、帰依する、永遠に、心から信じお従い申しますという信仰の誓いを表す。

「大師」は偉大なる師、という意味で日本では大師号として朝廷から徳の高いお坊さまに贈られた。
お大師さまは空海と言う僧名ですが、弘法大師という大師号を921年朝廷から給わりました。
日本では20数名の高僧に贈られていますが、「大師は弘法にとられ太閤は秀吉に取られ」と
言われるよう大師と言えば弘法大師、お大師さまのこと表しています。

「遍照金剛」はお大師さまの灌頂名で、大日如来と言う仏さまの別名です。
「投華得佛」という儀式で大日如来との縁を以て出家したからです。

別の説では(伝説ですが・・・)天皇と他宗の高僧との間で、空海様は、論議することになり
空海様は
「真言宗では宇宙の真理そのものを大日如来と呼びます。
 大日如来は人はもちろん全てのものに宿っていて、
 人は自らの行動(身)・言葉(口)・心(意)を仏様のように整えると
 この身のまま大日如来と一体となれるのです」と言い、
それから空海様は手に大日如来の印(智拳印)を結び(身)、真言を唱えた(口)
すると…空海様の姿はまばゆい光を放ってみるみるうちに大日如来の姿となった・・・というのです。
参考:南無大師遍照金剛ってどんな意味があるのですか?より

歩き始めるとすぐに、様々な企業の慰霊碑が目につき、なんだか広告っぽい慰霊碑が多かったです。
会社を象徴するものやマスコットが飾られている物が多く、見ていて飽きませんでしたが、
日産の慰霊碑は、工員さんの立ち姿・・・これは、雨の日に見るとこわい~とのことでした(笑

P1220171.jpg  P1220173.jpg

与謝野晶子の歌碑

P1220176.jpg

P1220181.jpg

樹齢860年の高野槇。伐採された枝や葉は、供養され線香に変わっていくそうです。

P1220183.jpg  P1220184.jpg

加賀百万石の前田のお殿様のお墓の向かいには、おまつ様のお墓が・・・

P1220188.jpg

お遍路の背中には、「南無大師遍照金剛」の横に「同行二人」の文字が・・・
「同行二人」とはお遍路がお大師さまと二人ずれという意味です、
遍路では一人で歩いていても常に弘法大師がそばにいて、その守りを受けているとされ
遍路で使われる杖には弘法大師が宿ると言われているそうです。

P1220189.jpg

結城秀康(1574~1607 於義丸、羽柴秀康、結城秀朝、松平秀康)の墓
徳川家康の次男にして羽柴秀吉(豊臣秀吉)の養子という二人の天下人を親に持ち
(「秀」「康」の字をそれぞれ受け継ぐ)、
後に結城晴朝の養子となって名跡・結城家を継ぎ、関ヶ原の戦い後には越前藩主となる。

1579年に長兄が亡くなって以降、徳川家において長子であったが、双子だったこともあり、
家康に大事にされなかった。 家康の正統後継者には決してなり得なかった。

P1220195.jpg

鎌倉・室町時代(早くても平安中期、確実なところでは平安後期)に最も建てられた種類の
独自の特徴をもつ五輪塔

密教の宇宙観である五大(五識)をあらわす
地輪(方形)・水輪(円形)・火輪(三角形)・風輪(半円形)・空輪(宝珠形)を表し
五重の屋根は宇宙の構成要素を理解させるために用いられたもの

「空・風・火・水・地」を下(地)から積み上げたもののことで、梵字が石に刻まれている

P1220203.jpg

遠くから見上げる三角の墓石が目印の信長の墓。 
高野山を焼き討ちしようとしたためか、大きな墓ではないようです(右の写真は,webより)

P1220207.jpg P1220208.jpg

御廟橋(ごびょうばし)を渡ると弘法大師空海御廟への霊域に入ります。
この橋を渡る人は、橋の前で服装を正し、礼拝し、清らかな気持ちで霊域に足をふみ入れます。
古くから御大師様が参詣するものをこの橋までお迎えくださり、帰りはお見送りくださると信じられています。

ここから先は、写真撮影が出来ないです。

P1220210.jpg

この橋は、36枚の橋板と、橋全体を1枚として、37枚と数え、金剛界37尊を表していると言われ、
橋板の裏には、仏を表す梵字が刻まれていますので、1枚1枚踏んで進んでください~とガイドさん。

P1220211.jpg

弘法大師御廟は、大師信仰の中心で聖陵です。
転軸、楊柳、摩尼の三山の千年杉に周囲を囲まれ、奥深く厳かな、たたずまいを見せています。
大師様は、西暦835年3月21日寅の刻、御年62歳で、予てからの予言通り御入定なさいました。
玉川の清流に沿った台地に、ご入定前には、既に納涼坊、総修堂が建立されており、
お大師様自ら廟所と決められていたとも伝えられています。
御入定後、お弟子たちは、予定通りその場所に御廟を建立され、御入定後86年を経て、
西暦921年醍醐天皇より弘法大師の諡号(しごう)を賜りました。
この御廟で祈れば、お大師様は必ず応えて下さると言われており、入定留身の聖地として
今日なお廟前に祈りを捧げる参拝者は絶えないそうです。

正面には燈籠堂があり裏手側に弘法大師御廟があります。
燈籠堂内には物凄い数の燈籠が吊り下がり、美しく幻想的な光景です。
真然によって初めて建立され、その後に藤原道長によって1023年に現在に近い大きさの燈籠堂が
建立されました。堂内には祈親上人が献じた祈親灯、白河法皇が献じた白河燈もあり、
これらは消えずの火、又は消えずの燈明とも呼ばれ、千年近くも燃え続けているそうですよ。
続いて、私たちへ救いの手を差し伸べていらっしゃるという弘法大師のもとへ

これも胎内めぐりとでも言えましょうか!? 50年に一度の内観とのこと。
奥の院の地下に入り、大きな数珠と金剛杵に触れさせていただき願い事を3回唱えました。

天井からおびただしい数の灯篭が吊るされていたのが印象的です。

玉川の清流を背にして金仏の地藏菩薩や不動明王、観音菩薩が並んでいらっしゃいます。
奥之院に参詣する人々は、御供所で水向塔婆を求めて、このお地蔵さんに納め、
水を手向けてご先祖の冥福を祈るのです。
(宿坊で頂いた卒塔婆はここに収めるそうです)

御廟橋の下を流れる川は、奥の院裏山、霊峰楊柳山より流れ出る清水です。

川の中に立てられている卒塔婆は、流水灌頂(ながれかんじょう)と言い、
水難事故や難産で、この世を去った人々の霊を水で清め追善供養する為に建てられています。

また、この川に住む小魚には昔、子供たちが魚を串に刺して焼いていた処、お大師様が通りかかり、
私にもその魚をいただけませんかと、子供たちから分けてもらい、魚の串を抜いて
自ら玉川に放したところ、焼かれた魚が、生き返って泳いだと言う伝説があり、
今もその背中には、その時の串の跡と言われる斑点が見られるそうです。

P1220213.jpg

嘗試(あじみ)地蔵
弘法大師空海上人が今も瞑想を続けている~という入定信仰から
高野山奥之院では、毎日朝の6時と昼前の10時30分に、奥之院の料理をつくる「御供所」から
御廟に向かって、「生身供」という精進料理が運ばれているそうですが、
御廟橋手間の御供所で作られた料理の毒味をするのが、「嘗試地蔵」です。

気になる食事の中身は、ご飯とお汁、季節の野菜などで、時には、パスタやシチューもあるとか。

嘗試地蔵での毒味の儀式が終われば、白木の箱を2人の僧が担ぎ、先頭を維那(ゆいな)と呼ばれる
仕待僧が歩き、御廟橋をわたり、燈籠堂の中へお供えした後、読経し、もときた道を御供所に戻ります。

これを1200年欠かさず毎日続けているのですから、すごい~です

P1220215.jpg

藁のない高野山では、しめ縄の代わりに飾るようになった吉祥宝来(きっしょうほうらい)
宝来とは1200年余前に空海が唐で習得し、弟子たちに手法を伝授した縁起物(吉祥)の“切り絵”。
宝船や干支など数種類の図柄があり、表紙の“如意宝珠”は仏教において様々な霊験を表す宝の珠。

P1220219.jpg

身寄りのない人たちを供養する小さな石塔がピラミッド状に積み上げられた奥之院無縁塚
無名の高野聖たちの祈りが伝わってきそうです。

P1220220.jpg

無縁塚から豊臣秀吉の墓を・・・

P1220221.jpg

今年は、紅葉が早いと・・・

P1220233.jpg

「一ノ橋口」近くには、武田信玄・勝頼供養塔や伊達政宗供養塔、上杉謙信・景勝霊屋など
戦国自体の武将や歴史上の有名な人物の墓石が多いです。

P1220237.jpg

これは、高野山奥之院が、死後、最終的に魂が集う「他界」であると考えられていたため、
より空海上人が瞑想を続ける場所に近いところで眠りたいと考えた戦国武将たちが墓石を作らせたことで、
現在のような状態になっているようです。

争いあった戦国武将たちが、この約2kmの空間に眠っていると考えるととても不思議な感じですね。

・・・で、その恋い焦がれられた弘法大師空海上人は、
835年に奥之院の洞窟の中で「入定(にゅうじょう)」(瞑想をして生きたまま仏になること)され、
現在も御廟の中で生きて瞑想されている・・・即身成仏~ということなんです。

一の橋口の土産物屋でごま豆腐やゴマ煎餅を・・・・
今回の高野山に来た目的のひとつは『高野山大師堂』での塗香やアロマオイルの買い物ですので
ガイドさんに「『高野山大師堂』はどこですか?」と伺ったところ、奥之院の傍でしかも
名前が変わっている・・・と言うのです。
「塗香が欲しかったら、このお店にもありますよ!!」と言うのですが、俄かに信じがたく
土産物屋の「塗香」が結構な金額で、買うのを躊躇いました。

P1220238.jpg

健康の心得は・・・皆さんどうでしょうか?

P1220239.jpg

高野山には50もの宿坊があるそうで1度は泊まってみたい!高野山の人気な宿坊5選・・・によると、
一乗院の精進料理は、一品一品手が込んでいる
恵光院では、追加料金無の標準で朝のお勤めが含まれているほか、ナイトツアーなど独自のイベントも企画
不動院では、所有する 数千冊におよぶ仏教書籍を閲覧でき、おもてなし精神が感じられる宿坊
総持院の本堂正面にある白藤は「灯篭藤」とも呼ばれ、藤を見に訪れる人も少なくない・・・という宿坊
福智院は、宿坊敷地内から単純アルカリ泉が湧き出ており、高野山の宿坊で唯一天然温泉が出ている宿で
露天風呂をはじめ、浴場は4種類あり「畳の湯」や「家族風呂」などが用意され、旅の疲れを癒せれる~とか。

P1220244.jpg

我が宿坊は『赤松院』は、由緒あるうぐいす張りの廊下と上段の間には、左甚五郎の名作『木彫りの虎』
温泉ではないが、湧き水を沸かしたお風呂で、奥之院に一番近い宿坊~とのこと。
人気度は33番目って~どうなの!?

P1220252.jpg

如何にも如何にも~精進料理です。

P1220248.jpg  P1220249.jpg
 
お運びの坊さんに、部屋に掲げられている書について、何と読むのか聞いてみた。

『わ』です~と言う事なんですが、私は「わにあらず」って読むんじゃあないの!?・・・と

P1220246.jpg

「和」を漢和辞典で引くと・・・禾(のぎ)へんでは出て来ず「口」へんで出て来るそうです。
昔は 「咊」のように書いていて
意味は、やわらぐ、やわらげる、なごむ、仲直り、和議、となるそうです。

しかし、この字が出来るまでには大変な苦労があったそうです。
禾へんは稲や稗のように穀物をあらわします、穀物を口に入れるため争いが絶えませんでした。
こんな事をしていては、みんなが死んでしまう、話し合いで講和を結び争いを回避したのです。
だから「禾」へんではなく、「口」へんなのです。

和についてよく使う「和尚」を「おしょう」と読みますが、これは禅宗の坊さんが使うだけ。
天台宗では「かしょう」と言いい、真言宗では「わじょう」と読み、「和上」と書くこともあるそうです。
答えは一つではないのです。
参考:ぼんさんのひとりごとより

夜は底冷えしますが、壇上伽藍がライトアップされているとのことでナイトツアーに出かけました。

開創1200年の記念事業として、天保14(1843)年に焼失した壇上伽藍の中門が新たに172年振りに
再建され、鎌倉時代の建築様式をもとに設計され、規模は東西25m、南北15m、高さ16m。
高野山開創1200年記念大法会の初日(27年4月2日)には、開創大法会開白・中門落慶大曼荼羅供が
執り行われたそうです。

四天王の大義名分は仏法守護(悪いものを寄せ付けない)

P1220263.jpg P1220262.jpg
参考:開創1200年記念事業壇上伽藍中門再建

ライトアップされた壇上伽藍

P1220265.jpg

P1220274.jpg P1220269.jpg

P1220277.jpg



10月17日には、先の高野山開創1200年記念大法会において壇上伽藍で上演され、
大変ご好評だった3Dプロジェクションマッピング『高野山1200年の光ー南無大師遍照金剛ー』。
その公式動画が完成、公開されましたので・・・どうぞ~



さて、ライトアップを楽しんで宿坊に帰る道すがら、目的のひとつ~『高野山大師堂』が宿坊のすぐ傍にあって
心弾ませて・・・眠りにつきました。

P1220282.jpg

24(-2.2)30.5 もうちょっと忙しくても~いいなァ。余裕のある1日だった。
25(-3.0)32.0 庭の湯で1set。夕食は、秋刀魚の塩焼きと白菜と帆立貝の煮びたし。
26(-2.6)31.0 オモテナシは、イタリアンで・・・。松茸リゾットは、1合でよかった。
27(-2.2)32.0 あら! 恐ろしや!! 美味しいスイーツを食べまくったつけが・・・
28(-2.4)31.0 ランチは、寝かせ玄米。ゴーヤサラダ、納豆。体にイイものだらけ。でも、夜はwine(苦笑

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

紅葉が始まりかけの高野山、如何でしたか・・?
標高が高い分だけ早いのでしょうね。
京都の紅葉は早い所で11月中旬からとのことですよ。

hotterさん、今晩は~

紅葉は期待していなかったので
染まり始めた木々の間を通り抜けながら・・・感慨はひとしおでした。
京都へは、11月の上旬に出かけますが
目的は、琳派~とは言え、紅葉も期待しています。

旅ってイイですね !(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

お香の話から高野山にお出かけになられたのですね。
歴史ある場所なので、いろいろと新しい発見もあったことでしょう。
monalisaさん→高野山…というのは不思議でしたが、
すっかり歴女になられて・・・
宿坊での精進料理、物足りなくなかったですか?
余裕がありすぎてもう少し忙しくてもよかったという感想は
笑っちゃいましたよ。
私は皆さんがよくいかれる善光寺と高野山はまだ足を踏み入れたことがありません
元気なうちに行ってみなくちゃね・・・

ikさん、おはようございます

娘の通っていたカトリックの学校で、聖書の勉強会に参加していた時に
シスターから信者さんになるよう勧められましたが
「私は、なにものにも束縛されない『自帰依』で生きたい」ともうしましたが
「それで結構です」と言われました。
歌も流行歌から民謡・・・クラシックまで〰無節操です。

主人も「興味の入り口は、何でもいいんだよね」と~
毎週泉岳寺で座禅を組み『正法眼蔵』も学んでいますが
真言密教に興味がある・・・と、私の高野山行きに賛同してくれました。

皆さん、高野山には興味があるようで・・・主人も友人から今度詳しく話してくれって言われたようです。

きっと、私とは得たものが違うと思いますが、また春にでも行ってみたいです。

精進料理は、おなかに優し過ぎたのでしょう!?
いつものように下剤を飲んで寝たので、翌日は『超特急』
冷や汗ものでした。

ハイ~、整形外科と皮膚科対応の処方箋だと~ね。
月・火・木は、緊張の連続。
金・土は、軟膏の練りがなければ~物足りないんです。

『柿が赤くなれば、医者が青くなる』の例えにあるように
今が皆さん落ち着いている時期なんでしょうね。
・・・とはいえ、インフルエンザの疑いの患者さんがみえましたよ。
これからは、気を引き締めて・・・ね。

あらあら~、私は善光寺も比叡山も・・・お先に失礼!!

11月は、琳派を体で感じるべく・・・京都に行ってきま~す。

今日は、ジャン友が遊びに来ます。

何をご馳走しようか~な。


今度は、高野山ですか~
高野山には、歴史上の有名人物がたくさん登場するんですね。
歴史好きには、なんともたまらない場所と言えそうです。

弘法大師といえば、ワタシの中では、やはり、書。
錆びた腕を磨きたいところです。

riomanさん、今晩は~

私はジッとしていられない性分!
11月は京都に・・・12月は、何処に行こうか~?です。

旗日(祝日)のある週の月曜日~木曜日は、仕事がお休みになることが多いのです。
私は、決して歴女ではありませんが、多くの武将のお墓があるのを知って驚きました。

riomanさんに触発されて、弘法の書を見て見たくなりました~よ。
早速、アマゾンで・・・「弘法大師空海・人と書」を申し込みました。

ハイ、私も字が上手くなりたいです。

monalisaさんへ

┏━━━━━━━━★┃  
おはよーございます!

いつもに増して力作ブログ~~!!
ジッとしていられない性分! って
フットワークの軽いモナリンはお手本ですyo
膝の調子が良い証拠ですね(*・∀・*)

今週は京都ですか?
京都や奈良に行きたい!!
歴史を肌で感じたい!!、、と思うだけで 実行できない時間貧乏な最近です
京都は どちらへ? 何しに?
モナリンが感じる京都 そのままをブログにしてね

あららぁ~~字が上手くなりたいって
上手なんじゃないの?
何もかもが上手いってーより 字は下手ってーのが可愛くて いいかもよ
理学部は下手!!☆J★君は めちゃ下手!(*∀*)笑
ごめん 私の偏見デス、、、(゚m゚*)ププッ

12月なら 北陸新幹線で美味しい海の幸と温泉
金沢とか加賀なんか いかが?(*∀*)笑
             ┃★━━━━━━━━┛

komamichiさん、今晩は~

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━☆┃  

アラアラ~、褒めてくださって~ありがとうo@(^-^)@o。

約10kgのダイエットのお蔭で・・・洋服のサイズも9号がOK
昔の洋服が着れます。
ただ、指だけは細くならないのよ~(>_∂)-★☆ネ

🎶 いまでは指輪も まわるほど やせてやつれ た おまえのうわさ ♬って
『くちなしの花』でした~け!?
痩せたけど("^ω^)・・・ (´▽`;)ゝあはは)やつれていないのよ~

ハイ、明日から1泊ですが、京都です。

主目的は、京都国立博物館の『琳派 京を彩る』ですが、
昨日は、入館に240分待ち・・・とう報道もあるので
明日は、醍醐寺に行くか琳派ゆかりのお寺を回って歩くか・・・
国立博物館は、4日に行くことにしています。
夫は、もう寝てしまいましたので、新幹線の中で検討します。

コマちゃんとは向かうところが違いますが
今のうちに・・・の学びの精神に触発され、あれこれ私もやっております。

そうそう、Dr.で、字が下手な人、多いわよ~ね。
でも主人も昔のボーフレンドも字が上手・・・なのだ~
上手い字・・・ではなくって、味わいのある字を書きたい ((*´∀`))ヶラヶラ

金沢は、1度行きましたが、
『金沢とか加賀なんか いかが?』・・・+.(ノ。'▽')ノ*.オオォォ☆゜・:*☆ どう返そう!?

加賀屋ホテルには、一度行って見たい~な!!

12月も、いろいろなイベントに参加の予定を立てています。

日々タレント並みに忙しくしている・・・私です。

         ┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/751-2b1878ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

霎時施(高野山金剛峯寺) «  | BLOG TOP |  » 蟋蟀在戸(ニコライ・バーグマン)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。