topimage

2017-10

玄鳥去(ドン・ジョバンニ) - 2015.09.18 Fri

燕が南へ帰れば・・・いよいよ実りの秋に相応しい果物達の登場ですね。

P1210686@.jpg
妹・Lizの銅版画です→山宮律子 銅版画 THE MUSES


久しぶりに、オペラ鑑賞・・・命の洗濯です。
膝も良くなったので、試しに例の6cmヒールを履いてみました。

DSC_0314.jpg

公演会場は、渋谷のNHKホール
渋谷は何年振りかしら!?

DSC_0318.jpg

高額のオペラ鑑賞は、もう出来ない・・・と諦めていましたが
公演1か月前になると、格安の10000円のエコノミー席が発売され、
そのあとプレミアエコノミー席が出回ることが多いので
発売されたらすかさず・・・プレオーダーです。

誕生日プレゼントのように、8月12日に、鑑賞可能の連絡が・・・☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!
プレミアエコノミー席は、半額近い金額で鑑賞できるんです。

今回は、英国ロイアルオペラの「ドン・ジョバンニ」9月13日と「マクベス」9月21日です。

DSC_0328.jpg
2F L7列 2番の席から。

「ドン・ジョバンニ」のあらすじは~

【第1幕】
時は17世紀、舞台はスペイン。
伝説のドン・ファンことドン・ジョヴァンニは、女であれば誰でも口説き、そして裏切ります。
今夜も従者のレポレロに見張りをさせて、ドンナ・アンナの寝室に忍び込みますが、失敗し騒がれます。
ドンナ・アンナの父、騎士長が駆けつけましたが、ドン・ジョヴァンニは彼を刺し殺し、レポレロと
ともに逃げ失せました。
こんなことでは懲りないドン・ジョヴァンニは、街で別の女性に声をかけます。
しかし、その女はかつて3日間だけ恋人だったドンナ・エルヴィラでした。
捨てられたことを怒る彼女を従者レポレロに押しつけて、ここもうまく逃げ出します。
次の標的は、ある村で農夫マゼットと結婚式を挙げていた娘ツェルリーナ。
ドン・ジョヴァンニは村人全員を自分の邸宅に招待して豪華な宴会を催し、
その上で、ツェルリーナをこっそり頂こうという手筈を整えます。
しかし、あと一歩でツェルリーナをものにできるというところへ、ドンナ・アンナ、
その婚約者ドン・オッターヴィオ、そしてドンナ・エルヴィラの3人が現れ、彼の悪行を暴露します。
ドン・ジョヴァンニと従者レポレロは、その絶体絶命の窮地を何とか切り抜け、逃げ去ったのでした。

Don Giovanni

【第2幕】
それでもまったく意に介さないドン・ジョヴァンニは、レポレロと服を交換した上で、
また女性を誘惑しに出かけてしまいます。
一方、ドン・ジョヴァンニの服を着せられたレポレロは、本人と勘違いされて、
またもやドンナ・アンナ達に取り囲まれてしまいました。
やっとの思いで逃げ出したレポレッロは、墓場でドン・ジョヴァンニと落ち合います。
その墓場にはあの騎士長の石像が立っていました。
ドン・ジョヴァンニが反省せずに女遊びのことをレポレロに話していると、
なんと石像が口を開き、彼に悔い改めよと語りかけたのです。
しかしドン・ジョヴァンニは動ぜず、不敵にもその石像を夕食に招待するのでした。
その晩、ドン・ジョヴァンニが豪勢な食事をしていると、信じられないことに騎士長の石像が訪ねてきます。
ドン・ジョヴァンニが「私は何も悪いことはしていない」と言うと、石像は彼の手をつかんで、
地獄に引きずり落としたのでした。

ドン・ジョバンニフィナーレ

オペラ好きのm-ariasさんからめっきりお誘いの声がないので、久しぶりに連絡を・・・

「今、誰なの?」と音楽畑出身らしい発言。

「貴女と大好きな『ルネ・コロ』のリサイタルに行ったことあるでしょう!?
あの時、日本では最後の公演って、言っていたけど、つい最近来日して行ってきたのよ。
一世を風靡した歌声は枯れることがなく素晴らしかったけど・・・
観客席が、スキスキで可愛そうなくらいだったのよ!!」~と。

英国ロイヤルオペラの『ドン・ジョヴァンニ』は、イルデブランド・ダルカンジェロ

ドン・ジョヴァンニの場合、この役柄が立派な歌唱のみで事足りというわけにはいかない・・・とか。
悪魔的な"稀代の誘惑者"となってダルカンジェロが登場すると、
誰も抵抗できなくなるほどの圧倒的な魅力を発揮し"永遠のヒーロー"を演じる訳で・・・
いまや『ドン・ジョヴァンニ』といえばイルデブランド・ダルカンジェロ、
ダルカンジェロといえば『ドン・ジョヴァンニ』というのが世界的に衆知の一致するところ~
いま世界中で一番求められ、もっとも人気のドン・ジョヴァンニ・・・との評価です。

DARCANGELO.jpg
 
隣席のお嬢さんは、初めてのオペラ体験だそうです。
S席55000円を申し込んだが、即完売で買えず・・・残念がっていましたが、2F席の半額チケットでも
充分楽しめた・・・と言っておりました。
今回は、プロジェクトマッピングが使われるので、楽しみで来たそうで~
ドンファンが、関係を持った女性の名前が冒頭のシーンで、建物の壁に書きあげられるのですが
多分スペイン語で表記・・・読めなかったけど、このシーンは印象深い!!



来春は、ウィーンのオペレッタが公演されるそうですが
お嬢さんに『オペレッタとオペラの違いは何ですかね!?』と聞かれ
「オペレッタは、音楽と台詞で成り立っているのでは~」などと曖昧なことを教えちゃったけど
「ミュージカルとの違いも知っておかなければ・・・」と、舞台経験があるお嬢さんらしい発言!!

ここでしっかり調べておこう!!

オペラはまず神話を題材にした真面目な題材を扱うオペラ・セリア(正歌劇)から始まって
オペラ・セリアの幕の間の息抜きとした幕間劇に、
喜劇的な題材を用いた短い喜劇オペラ・ブッファが併演されるようになり・・・
能でいえば狂言のようなもの(フムフム、分かりやすい)

このオペラブッファが後にオペレッタとなったそうです。

オペレッタは音楽と台詞とで組み立てられた音楽劇で、
オペラブッファを前身としているだけにドラマが必要以上にシリアスで重苦しいものではなく
観客の笑いと涙を誘いつつ、人生の機敏をセンシティブに描き出すのを身上とし、
オペレッタは一見、おちゃらけた内容のドラマを甘美で軽快な音楽でまとめているようでいて、
その中に人生の醍醐味を込めたあたりが魅力・・・ということです。

このオペレッタがイギリスへ渡り、ミュージカルへと変貌し
そしてさらにミュージカルが大西洋を渡り、アメリカで花開き、
ミュージカルは、20世紀の一大商業音楽劇として確立されていったそうです。

オペレッタ

第27回高松宮殿下記念世界文化賞の受賞者が決まり、10日に、ドイツ・ベルリンなどで発表され
絵画部門は、日本を代表する美術家の横尾忠則さん。
彫刻部門は、「命を育むもの」で作品を作るヴォルフガング・ライプさん。
建築部門は、パリ再生プロジェクトにもたずさわったドミニク・ペローさん。
音楽部門は、「弾きぶり」でも高い評価を受けるピアニストの内田光子さん。
演劇・映像部門は、バレエ界の至宝、フランスのシルヴィ・ギエムさん。
若手芸術家奨励制度は、ミャンマーで活動するヤンゴン映画学校に決まりました~ね。

デビュー当初より100年に一度の天才と騒がれ、その完璧な踊りと輝かしいオーラで
世界中を魅了しつづけたシルヴィ・ギエムが、2015年に現役ダンサーとして引退する・・・とのことで
”バレエの美の基準を塗り替えた”世紀の天才プリマの引退ツアーのチケット申し込みもしていました。

彼女のボレロは、最高でしたが、今回のプログラムには入っていませんでした。
行くなら~バレエは最高の席で見てみたいですが・・・どうやら完売のようです。

シルビーギエム

芸術の秋ですね~

18(-1.8)32.0  昨日は、フラワーレッスン。フランスや北海道旅行のお土産にお菓子を~
19(-1.8)31.5 間食もして、夕食はすき焼き。鍋が美味しい季節になりました。
20(-2.4)34.0 庭の湯でアクアストレッチ
21(-1.6)32.0 お呼ばれで会食。手土産の焼きマツタケ、タタミイワシが好評でした。
22(-2.0)30.5  控えめに・・・朝はヨーグルト、ランチは基本のグレープフルーツ とゆで卵 

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

オペラ!
芸術の秋ですね〜
冒頭の銅版画も、深い色合いがこれからの季節にピッタリですね
お身内に芸術家さんが多いmonalisaさんは、
常日頃から芸術に使ってる気がします。
感性が磨かれますね。

オペラやミュージカルなどの観劇は、一度鑑賞すると病みつきになると聞きました。
歌舞伎を初めて観た時、なるほど!って、思いました。
臨場感を体感できるって、すごい!
やっぱり、生で観る、聴く迫力が違いますね〜

ワタシは、まだまだ食欲の秋から卒業できません(笑)


riomanさん、今晩は~

妹のこの作品は面白いでしょう!?

riomanさん、12月に銀座伊東屋で1か月個展があるようです。
お時間があったら行ってみてください~ね。
絵心のあるriomanさんを刺激する何かが・・・あるかもしれません。

体験できるものにしか与えられない感動!!
環境が許す限りオペラやミュージカルに行って見たと思っています。

> ワタシは、まだまだ食欲の秋から卒業できません(笑)
   +.(ノ。'▽')ノ*.オオォォ☆゜・:*☆
   ここで・・・納得してしまいました!!
   
   最近は、美味しいものをちょっと・・・で満足しています。
   そうなんだ~食欲の秋は、私には無用!?^m^mufu♪

   今のうち~出来ることを楽しんでください。

monalisaさん、

やるじゃない! 6cmのヒール。それでそのあと膝はいたまなかったのですか?
私は親戚の葬儀でたったヒール3cmのフォーマルシューズをはき、つらかったこと!
しばらくは絶対フラットシューズのみです

オペラは正直1回しか見にいっていません
難しすぎます。それとチケットが高額すぎます。
でも、monalisaさんはちゃんとそれを楽しまれて
消化できるのですからうらやましい 

来月久々に国立劇場ですが歌舞伎の観戦に行きます
こちらのほうが少しはわかるかな…
寝ないようにしなくちゃ・・・・

おいしいものをちょびっとだけで満足できるなんて羨ましい!
ろくに運動もせず、美食に走っています。つけが怖いわね。
でも、バロメーターにしているパンツやスカートがはける間は
まぁいいか…てなもんです。
昨日も、娘と孫と一緒に横浜のホテルでランチ、横浜球場で
夫とベイスターズのデーゲームを観戦そのあと中華街で
夜ごはん!よくも食べられたものです
今日はさすが、控えめです。

ikさん、おはようございます

> monalisaさん、
最近、とんと更新がありませんが、お孫さんのお世話で忙しいですか?
体調が、思わしくないんですか?

そのうちにスポンサーサイトが現れるんでは・・・と~
もっともブログ生活も飽きる時がありますよね。

書くことがなかったり、あってもどう纏めたらいいか苦心する時
こんなこと始めなければよかった・・・と。


> やるじゃない! 6cmのヒール。それでそのあと膝はいたまなかったのですか?
> 私は親戚の葬儀でたったヒール3cmのフォーマルシューズをはき、つらかったこと!
> しばらくは絶対フラットシューズのみです
    ikさんに言われ・・・これが引き金か~と思いました。
    ・・・というのは~ね。
    その日は、痛まなかったんですが、
    3日後、庭の湯で『関節ストレッチング』という負荷を付けて関節周りの筋肉を
    水の浮力で負担少なく鍛えよう~というレッスンの時に
    左足の関節の一部に痛みが走って・・・ヤバイ~と!!
    筋を違えたような状況に・・・
    頑張って自転車で片道30分かけて庭の湯まで行ったりした日でしたので
    これが、引き金になって大事にならなければよいが・・・という状況です。

今日は、「マクベス」を聴きに行きますが、フラットシューズにします。

オペラが高額・・・本当にそうですね!!
私のチョイスした席は、売れ残った席で。。。多分、半額になっている席です。
お隣のお嬢さんも、プレミアエコノミーで当選した~と言っていました。
エコノミーの1万円(これも発売当初は、倍ぐらいの値です)よりはいいお席ですので我慢します。

> 来月久々に国立劇場ですが歌舞伎の観戦に行きます
> こちらのほうが少しはわかるかな…
> 寝ないようにしなくちゃ・・・・
   そうなんですよ~ね。
   私の習性で、暗くなると・・・目を瞑って一生懸命音楽を楽しもうとすると・・・眠ってしまいます。
   
   歌舞伎の演目はなんでしょう?
   先代の猿之助のスーパー歌舞伎は全部見ていますが~
   暫く歌舞伎には行っていません。

> おいしいものをちょびっとだけで満足できるなんて羨ましい!
   昨夜は、珍しく弟からお誘いがあって彼の家で会食しました。
   お酒もシャンパンに始まり、日本酒、白ワイン、赤ワイン~と
   そして美味しい『八竹』のお寿司もご馳走になり~
   今朝は、体重計に乗るのが・・・怖いです。


   今、計ってきました。
   ちょっとだけ~増えていました。
   まだ、修正できるうちですので、今日は、ikさんと同じで・・・・控えめにします。

マクベスは、一度は見ていいるような気が・・・でも、これからあらすじを勉強します。

再びのコメント

monalisaさん、

そうなんです。ブログ紙面が最近変な留学のCMになってしまって、開けず
お手上げ状態でした。友人3人も同じ状態なので、以前習っていたPCの先生に
ご相談して謎が解けてやっと紙面が戻ってきました。
体調が悪いわけでも、孫の世話で大変だったわけでも、飽きたわけでもないのですよ。
ご心配かけましたね。
一両日うちに更新するのでこうご期待・・なんてね。

歌舞伎は通し狂言で「伊勢音頭恋寝刃 いせおんどこいのねたば」
です。中村梅玉、中村雁治郎などが出演のようです
歌舞伎座じゃないのが残念ですが、来月下旬に西川流のお名取さんの
友人が歌舞伎座で踊るのでその時行けます。新歌舞伎座は舞台のほうは
まだは行ったことがないので楽しみです。いい機会なので
楽屋にも寄ってみようと思います。

歌舞伎見物も日本舞踊の舞台も、和服姿の方々が多いのですが、
着るのはまあまあですが、その後始末を考えると
やっぱり手軽な洋装で出かけてしまいます。
箪笥の中の着物の整理…気が重いです。
でも、着る機会がほとんどないのですものね。
若い時のほうがずっと今より着物に親しんでいました。

ikさん、ありがとうございます

2日前は、Fc2には全くPCからは入れなかったんですが(スマホからは、入れました)
謎が解けたんですね!?

今日、色留が生き洗いから返ってきました。
シミ抜きの必要もなく、良かったですが
そうなんですよね~
後始末が・・・
私も、明日やっとタンスに仕舞うことにします。

ikさんの投稿、楽しみです。

こんにちは!
う~~~ん、すごい話ばかりですね~
ついていけませんよ~

その中でも、妹さんの作品は興味を持ちました
ググって少し見せていただきました
ステキな世界ですね^^

ひまあゆさん、初めまして~

今日は、お出かけを変更して部屋を片付け~私用の書斎を苦心して作っています。

ひまあゆさんは、何処にお住まいかしら?
12月には銀座の伊東屋で1か月間、作品展をするそうです。

近くにお住まいでしたら、行ってあげてください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/742-f091073f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雷乃収声(フラワーアレンジメント)  «  | BLOG TOP |  » 鶺鴒鳴(敬老会)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。