topimage

2017-08

寒蝉鳴 (防虫香・薫衣香) - 2015.08.13 Thu

『立秋』の次候:8月13日~17日頃  寒蝉鳴 (ひぐらしなく)

ヒグラシの鳴き声はカナカナ カナカナ どこかもの悲しく、夏の終わりを告げるかのようです

P1200895.jpg

日本では源氏物語の時代から姫は香を調合できることが教養の証だったそうです。

匂いには、敏感な方ですが、老山白檀、フィジー白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、藿香の嗅ぎ分けは
好きな匂いか、嫌いな匂いか分けることは出来ても、匂いだけで香木の名を当てるのは難しい!!

2回目のレッスンは、防虫香、着物や洋服に薫きしめる薫衣香を作る・・・です。

DSC_0326.jpg

衣替えの頃、タンスから引き出してきたばかりの衣服からキツイ防虫剤の香りを感じたことありませんか?
パラゾールなどの防虫剤は、合成の香りですが
世の中は、無臭が好まれていて・・・ベープなども無臭があるようですね。

香水は、前に前に出ていく香りに対して、和の香りの薫衣香や防虫香は、そこはかとなく香って来る・・・
タンスやクローゼットに置いて、着物・スーツ・ウールのセーターなどの雑菌・殺虫としての香りほか
ハンドバックに忍ばせてそこはかとなく移る薫衣香の香りを楽しむ・・・なんて~どうでしょう。

前回の老山白檀、フィジー白檀、龍脳、丁子、桂皮、大茴香、藿香に加えて、
甘松、安息香、排草香を学びました。


甘松 甘松

オミナエシ科の草木 の根および根茎を乾燥したもの。
主根が太く長い、芳香が強い、味が濃い、破片や泥の少ないものが良品とされています。
甘松の精油中にはナルドスタシノール等が含有されています。
効能としては健胃効果があるとされていますが、日本ではほとんど医薬品としては使用されていません。
調香の際、甘松を加えることでより香りに厚みが出て来ます。
猫がメロメロになるマタタビと同じ重い香りがして、調香では香りがぬけないよう・・・必要な香木です。


安息香  安息香

エゴノキ科の常緑の安息樹の幹に傷を付けて、しみ出してきた樹脂を固めたもので、
ベンゾインとも呼ばれます。濃い赤紫色で、芳香の強いものが良品
主成分はシンナミックアシッド(ケイヒ酸)、ベンゾイックアシッド(安息香酸)、バニリン等です。
やや弱い殺菌作用があるため医薬品の局所防腐剤として外用され、龍角散にも入っています。
保留性が高いこともあって、香料として石鹸香料に広く利用されています。
甘松を入れすぎても安息香を入れれば香りが戻る~そうです。


排草香 排草香
 
シソ科のカワミドリ の根の部分を乾燥させたもので、香りに特徴がなく、強いて言えば草のような香り
医薬品としては芳香性健胃薬、鎮咳として用いられることもあります。
薫香料として、龍脳や甘松を入れすぎた~などの微調整をする時に入れると良いそうです。

DSC_0347.jpg

タンスの中に虫除けとして・・・【防虫香】を作りましょう


        。,・~~・,。☆。,ベーシックな防虫香,。☆。,・~~・,。

 老山白檀 3 + 龍脳 0.7~1.0 + 丁子 1 ⇒香りの確認をする 

 +桂皮 0.8~1 + 甘松 0.3~0.5 + 安息香 0.25 + 排草香 0.5~1
  


丁子が好きなら丁子を多めにすると良いのです。
桂皮は、0.8~1 好みによって調香
白檀を抜かすと心地よくない香りになります。

香りの老舗には、其々に特徴があって
鳩居堂は、甘松が好き・・・なのに対し、松栄堂は、甘松は使わないそうです。

着物などは【薫衣香】を用いて汗臭さを取ります。

        。,・~~・,。☆。,薫 衣 香,。☆。,・~~・,。

 老山白檀 3.5 + 藿香 1 + 丁子 1~1.5 ⇒香りの確認をする 

 +桂皮 1 + 甘松 0.25~0.5 + 安息香 0~0.3 + 排草香 0.5
  


汗臭さが強烈な時や心臓が悪い人には、甘松を0.25にして、丁子を少し多めに調香するといいようです。
白檀は、老山白檀 2.5 + フィジー白檀 1でもよい・・とのことです。

DSC_03501.jpg DSC_03511.jpg

レッスンで作った防虫香と薫衣香。熟成に2週間j必要だそうで・・・乞うご期待です。

DSC_03491.jpg

【六条御息所と芥子の実の香り】

祈祷をする際に“物の怪”を退散させるために・・・焚かれるのが、芥子の実の香りです。

源氏が愛した女性の中に、身分も高く教養も優れた“六条御息所”という方がいます。
夫であった東宮が亡くなられた後、若い貴公子の憧れであった美しい六条御息所は、
拒みながらも年下の源氏の求愛に負け、彼に身をまかせてしまいます。

この頃源氏は、父の后である“藤壺の君”との許されない恋に悩んでおり、
その満たされない思いを、同じ年上で高貴な女性である御息所へと向けられたのかもしれません。

はじめこそ夢中になった源氏ですが、次第に御息所の堅苦しさに足は遠のき、
他の女性のもとへとむかってしまいます。

そのプライドの高さから浮気者の源氏に対して素直に嫉妬の感情を表すことのできない御息所は、
知らず知らず恐ろしい“生霊”となって源氏の愛した女性たちに憑りつくのでした。

そんなおり、源氏の正妻である“葵上”が懐妊し、
無事に男の子を出産しますが“物の怪”に憑りつかれ、必死の祈祷の甲斐なく葵上は命を落とします。

葵の上

実は、賀茂祭りの見物の時に、源氏の美しい姿をひと目見ようとする人々の車争いから
“葵上”に侮辱された御息所は、葵上を大変恨んでおりました。
それ以後、時々正気をなくし、美しい紫上を引き回したり打ち据えたりする悪夢にうなされるようになります。

六条御息所1

御息所が、ふと気付くと祈祷で焚かれる芥子の香りが体中に染み付き、いくら洗っても取れません。
もしや、自分の生霊が葵上にとりついたのではないかと激しく恐れるのです。
また、源氏も御息所の中に巫女的な力が潜んでいることを感じ、その足はますます遠のいていきます。
愛の苦しさに疲れ果てた御息所は、源氏への思いを断つべく、娘に付き添い都を去ることを決意します。

六条御息所2
                                         香り花房より

げに恐ろしきは女の嫉妬と情念なり~ですね。

芥子の実の香り・・・気になります。

13(-1.0)29.5  昨日は、駅前のイタリアンで誕生日祝い。週1・地中海料理が免疫力UP~とか


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん、今晩は~

あれ!? やっぱりですか!?

ありがとうございます。





monalisaさん、

源氏物語のこのくだりは若いころ宝塚歌劇で見て、六条御息所と葵上との確執は
何となく記憶に残っています。
芥子の実って胡麻より小さいあのあんパンの上に振りかけてあるものですよね。
どんな香りがするのでしょう。

昔の人は今ほど入浴もせず、紙を洗うこともめったになかったので
香を焚きしめたりしていたのねl

ご自分で作った防虫香、薫衣香出来上がりが楽しみ。

ikさん、今晩は~

以前、『源氏大学』という占いがあったのを覚えていますか?
友人の生年月日を入れてみたら彼女は「六条の御息所」と出ました。
何だかね~お遊びでしたが・・・申し訳なく思いました~よ。

芥子の種は煎ると香ばしいそうですが、食用に使われる芥子ではアヘンが取れないそうですね。

そうそう防虫香、薫衣香も2週間たったから、熟成されているでしょう。
ちょっと、防虫香を嗅いでみました・・・いい香りです。
薫衣香は、体臭のある息子のタンスの中に忍ばせてありますが・・・気がつかないようです。

私は、お風呂大好き人間ですので・・・あの時代に生まれなくて良かった!!~と。

香ねぇ

男の私には関心が薄い分野ですが、女が書いた源氏物語で女が女に香の魔力をかけているって構図は、やっぱ、女の執念の底深さを覚えずにいられません、恐ろしいですねぇ(淀川長春調ですが)。乳香やビャクダンなら、どんなものか一度試してもいいとは思いますが、阿片窟に潜り込んだような淫靡な雰囲気なんでしょうねぇ。

mhさん、今晩は~

乳香ですか?

3日間のレッスンでは、資料こそあれ、防虫香や薫衣香などには使われなかったです。
キリスト教の焚香料として有名だそうです~ね。

白檀は、香木そのものの香り。
そこはかとなく香る・・・大好きな香りです。
御線香にも練り込まれていますので、きっと嗅いだことがありますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/727-56789e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒙霧升降(六種薫物)  «  | BLOG TOP |  » 涼風至(香十徳と体身香)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。