topimage

2017-11

鼃始鳴(SLパレオエクスプレス) - 2015.05.05 Tue

『立夏』の初候: 5月5日~5月9日 鼃始鳴(かわずはじめてなく)

このカエルの鳴き声は、冬眠から覚めて鳴き始めるというより、
春になって、雄のカエルが雌のカエルを呼んで、やかましく鳴くことをいうのだそうです。

鼃始鳴

「パパが、魚釣りに行って留守だから、秩父のSLに乗りに行かない?」と電話です。

heart-papaが、金目鯛釣りに挑戦している頃、heartやheroが大好きな蒸気機関車・・・
都心からは一番近い、秩父鉄道 SLパレオエクスプレスに乗りに行きました。

P1190194.jpg

幼稚園年長さんになったheartは、新調した靴を履いて・・・嬉しそう。
「ネットで買ったから、(幼稚園のお友達が)誰も履いていない靴だよ。」と・・・

P1190181.jpg P1190211.jpg

西武秩父駅から御花畑駅まで徒歩移動して、秩父鉄道に乗って長瀞駅まで行きました。
電車の壁には、『大むかし、ちちぶは海だった!?』~と、その頃の生き物の説明が・・・

IMG_3182.jpg

地層を調べると、1600年前、秩父はなんと海の中にあったんだったそうです。
秩父盆地の川沿いからは、クジラや魚、貝、カニなどの化石が~
武甲山の山頂からも貝の化石が見つかっているのだそうです。

P1190195.jpg

P1190197.jpg

長瀞は、『荒川のライン下り』や『宝登山公園の桜』が有名ですね。

P1190199.jpg

「バーバ、使っていないカメラがあったらheartに頂戴!?」とのたってのお願いですが
子供が扱うには高価過ぎ~「今回だけ、貸してあげる」と・・・
カメラマンheartの撮った写真は~

<<<<<<


カメラマンheartは、蒸気機関車に乗ると、もうカメラはそっちのけで~、車内販売で買った機関車グッズで
遊びまくりです。時々聞こえる汽笛や機関車を見送る人々との交流に、乗っている感を覚えます。
                                                       マウスオン
<


長瀞駅から三峰口駅まで、1時間13分。
三峰口駅では、「皇太子さま御来秩献上、せきたの特挽地そば」のたて看板を発見。
勿論、皇太子さまが三峰口駅構内の店で召し上がられた訳ではなく、お泊りになったお宿で、
この「せきたの特挽地そば」を献上したとのことでありますが~、
秩父ならではのせきたの特挽地そばを食べ(天ぷらそばは人気なのか売り切れでした)
間近で転車台を使ったSLの機回しを見よう~とheartに急かされました。

<<<<<<


家族連れは兎も角、SLマニアと思われる方々の中高年のおじさん達も多かったです。

P1190303.jpg

P1190302.jpg

三峰口駅からは御花畑駅まで・・・と予定変更して、西武秩父駅での嬉しそうな孫達の笑顔です。

P1190322.jpg

私の事をジージと呼ぶheroは、会うたびに「汽車ポッポやって~」と言います。
お気に入りは『you tube』の『汽車ポッポ』

バーバと孫達を繋ぐ汽車ポッポの思い出・・・いつまででしょうか!?34.0

8(-1.4)34.0

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

SL転台車に集電装置???

なんでSLの方向転換に集電装置を付けておく必要が???
http://www.panoramio.com/photo/24871499?source=wapi&referrer=kh.google.com
ということで調べたんですね、暇ですから。
SLの駆動装置は正逆転切替装置があるのでいちいち方向転換しなくてもいいんですが、運転台の構造や位置の関係で後退する時に進行方向が見辛い機関車では方向転換していたらしいです。でもなんで集電装置が??不思議ですねぇ。
電気機関車が造られた時、やっぱり、運転席が片側進行方向にしかついていないものがあったりして、まずは方向転換したりしたようですねぇ。そのうち、前後に運転席がついた電気機関車ができてくると転台車は無用の長物になりました。で山手線の電車の進行方向の先頭車の先頭には運転席がついてますが、先頭車両の後方にはついてませんねぇ。昔は先頭車両の前後に運転席がある車両もありましたが、今は、山手線では先頭車両の先頭部と最後尾の車両の最後尾に運転席がついてるんで、いちいち電車の方向を入れ替えなくても、運転手が先頭車から最後尾車に移動して操作すればどちらの方向に進んでも、運転手はいつでも先頭車両の最先頭で運転できるというわけで、当然、転台車はいらないってわけです。
ま、判ってしまえばどうってことない話でしたが・・・深谷に赴任していた時、秩父にはよく行きました、バイクで。巡礼コースがあって五百羅漢など、なかなか味わい深い処がありますよ。ハイキングにお勧めです。

mhさん、おはようございます~

流石、目の付け所が違いますこと!!
蒸気機関車の転台車は、マニアにとっては、タマラナイ存在のようです。
大宮の『鉄道博物館』の中にもありますが、
実際の線路上で行われ、向きを変えて連結しなおす光景は
5歳の子供の目にも、不思議・・・面白い・・・見逃せない光景だったようです。

13年前の秩父札所午歳総開帳には、お遍路姿こそしませんでしたが
秩父三十四ヶ所の観音霊場巡りを約1年かけて行い、四季折々の秩父を楽しみました。

mhさんがバイクで・・・なかなか恰好いいじゃあないですか!!

長瀞って秩父?
中学校の時遠足で行きましたが、近いような感覚でしたが…
鉄道ファンには楽しい場所ですね。
三峰口というのも登山の出発点で兄が三峰山に登った時に
耳にした場所です。

heart君は背ものびすっかりお兄ちゃんらしくなりましたね。
カメラに興味を持つお年頃でしょうか?
Nちゃんはもっぱら指輪のキラキラや携帯のストラップに興味を持ち
飽きずにいじってます。

秩父鉄道の車内は学習で来て面白い!
本当に昔海だったのがわかるようですね。

蒸気機関車ですか!
いいですね〜
汽笛の音や内装も楽しめるんでしょうが、
やっぱり「今、乗ってる」っていうことが、優越感に浸れる一番の醍醐味でしょうか。

ママさん、まめですねー!
ちゃんと路線図や時刻表を作って、文字にふりがなも振ってるとこ、
さすがだなぁって思いました。
真似しなくっちゃ。


ikさん、今晩は~

勿論~あの長瀞ですが、西武秩父から秩父鉄道で長瀞に行った方が我々にとっては、便利です。

ikさんが。長瀞に遠足って~、ライン下りでもしたのでしょうか?

ハイ~、中年以降の男性には鉄道ファンらしい光景が伺えました。

heartのお友達にもカメラファンがいて、
防水で・・・10000円ぐらいで良いカメラがある~と情報を得ていましたので
お誕生日プレゼントにも・・・と思っていましたが
何を血迷ったか・・・主人は『ポイントで買えたから』~と
GEのもっと安いカメラを買ってしまい、わざわざ届けに行ったり~して
ジージバカ振りを顕わにしています。

> Nちゃんはもっぱら指輪のキラキラや携帯のストラップに興味を持ち
> 飽きずにいじってます。
  ikさんが羨ましい~といったら娘に叱られるかもしれませんが
  洋服などもそうですが~
  女の子は、いろいろ可愛いものを買い与える楽しみがありますね。
  
> 秩父鉄道の車内は学習で来て面白い!
> 本当に昔海だったのがわかるようですね。
  heartには、まだ響かなかった~というより
  私の心をキャッチした『秩父は昔海だった』~でした。

ikさん、『一生感動 一生青春』です。

riomanさん、こんばんは~

あの、汽笛の音は、タマラン~です。
heartもheroも、you tubeの「汽車ポッポ」の歌は
伴奏から・・・歌い始めます~よ。

なにが面白いのか、分かりませんが
気がついたら何時しかその路線に乗っている私がいました。

気がついたことは、
乗っているよりも出会った喜びの方が大きいのでは・・・と言う事です。
吐き出している白い煙、機関車の走る音などは、乗ってしまうと分かりませんもの~ね。

> ママさん、まめですねー!
> ちゃんと路線図や時刻表を作って、文字にふりがなも振ってるとこ、
> さすがだなぁって思いました。
> 真似しなくっちゃ。
  riomanさんに比べたら、まだまだです~よ。
  でも、この地図を見たときに
  「私は、ここまでしなかった~」という自責の念にかられました。
  
  食べ物などもそうですが
  時代によって育児方法が違うので・・・見守るばかりです。
  
  
  

バリ島旅行
お気を付けて楽しんでください。
旅行記、楽しみにしています。

hotterさん、今晩は~

GWが終わりました。
この金・土曜日の仕事は~キツカッタ!!
「これが済めば、楽しい日々が待っているではありませんか!!」って同僚は言ってくれます。

確かに~、有難い事です。

> バリ島旅行
> お気を付けて楽しんでください。
> 旅行記、楽しみにしています。
  ハイ、いつも励ましのメッセージ、ありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/706-fef1778e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蚯蚓出(南部の家) «  | BLOG TOP |  »  牡丹華(牡丹と私)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (53)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (6)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (8)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。