topimage

2017-07

玄鳥至(イースターと卵)  - 2015.04.05 Sun

『清明』の初候 :4月5日~4月9日 玄鳥至(つばめきたる)
清明とは、万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を表した季語で
花が咲き、蝶は舞い、空は青く澄み渡り、爽やかな風が吹くころです。

15P1180608.jpg

キリスト教でもっとも重要な行事は、クリスマスではなく実は「イースター」なのだそうです。

「イースター」ってキリストが死後3日目にして甦ったことを記念する日
2015年のイースターは、4月5日。(毎年違うって驚き~ね)

キリストの復活

生命を象徴する「卵」をカラフルにペイントした「イースターエッグ」や、
同じように生命の象徴である「うさぎ」をモチーフにした「イースターウサギ」としたお菓子を
贈り合ったりして、春の自然の甦りを盛大に祝う日なんですね。

ところで卵って、身近な食材ですね。

卵は、コレステロール含有量の多さから、摂取は「1日1個まで」とされていましたが
最近の報告では、コレステロール値が高い人以外は、摂取量に敏感になる必要はないそうです。
因みに正常値とは、LDL=73~183mg/dl(女性45~65歳)
これは、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす血中コレステロールは、ほとんどが肝臓で作られ、
食物との関連性は明確ではないからで・・・例え食事でたくさん取り過ぎたとしても
肝臓に貯められ血中コレステロールは、一定に保たれているんだそうです。

カロリーは、Mサイズ(約60g)で79kcal (これって、糖尿食で数える1単位です。)
必須アミノ酸がすべて含まれ、吸収率も高く栄養価も高く、栄養バランスに優れています。

消化時間は調理方法で違って・・・
半熟で1時間半。生卵は2時間45分。目玉焼きや玉子焼きは3時間を超えるんです。
胃腸に負担をかけたくない風邪の時などは、半熟がお薦め!!

パックに記載されてる賞味期限は、生で食べることを想定しているので
保存さえしっかりしていれば賞味期限後 2週間ほどは加熱処理すれば食べられるんですよ。

子供の食物アレルギーで一番多いのが鶏卵アレルギーが4割。だから・・・注意が必要~ね。

EasterEgg1.jpg

卵は、体内では作れない8種類の必須アミノ酸も含まれ、疲れない体を作ります
良質なアミノ酸、細胞を取り囲む細胞膜に必要なリン脂質のコリンを豊富に含んでいるので
綺麗な髪や肌も作ります

卵黄含有のレシチンは、脳内で記憶力に関係する神経伝達物質コリンの材料になり脳の活動を活発にします

脳は、体内の栄養不足を感じると、空腹を感じさせるホルモンを分泌しますが
卵のように栄養豊富な物を食べると空腹を感じにくくし、食べ過ぎを予防します

卵白には、リゾチームと言う細胞を溶かしてやっつける作用を持つ酵素が含まれて
鼻づまりや痰の症状を緩和するため、風邪薬にも利用されています。

EasterEgg3.jpg

卵のカラや卵黄の色が濃いほうが、栄養価が高いように思えますが
殻の色は鶏の種類、卵黄の色はエサによってきまり、殻や卵黄の色と栄養価は関連が少ないようです

卵黄の3割程度が脂質、VB群、VD、VA、ミネラルが豊富
卵白はタンパク質が豊富で低カロリーで、ヒヨコが育つ胚が存在する卵黄を守る為に
雑菌などを死滅させる酵素を含んでいるのです。
                                                                           カラザ(白い筋)は、殻の中で卵黄が壊れない様ハンモックのような役割を果たす卵白の一部で
カルシュウムや鉄などのミネラル、ビタミンなどが含まれ栄養豊富だそうです・・・ので
気にならなかったら取り除かなくっても~いいのよ。

EasterEgg4.jpg

卵は、加熱すると熱に弱いVB群や酵素などが減少します。
卵黄に含まれるたんぱく質で代謝を助けるビオチンは、卵白に含まれる成分に吸収を阻害されてしまうので
ビオチンを摂るためには、茹で卵などで卵黄と卵白を混ぜずに加熱して食べる必要があるそうです。
そう言えば、手のひらや足の裏に無菌性の膿疱(うみをもった皮疹)が生じる掌蹠膿疱症の人には
このビオチンが処方されています。茹で卵の黄身を食べるように教えてあげよう!!


卵の保存方法は!?
10℃以下の冷蔵庫
しかも振動で殻にヒビが入らない様に・・・卵の保存容器にはとがったほうを下にして固定が・・・good!!

使い切れない時は、冷凍庫で・・・1か月の保存OK
目玉焼きで使う時は卵黄と卵白を混ぜずに~、玉子焼きなら混ぜて冷凍できる容器に入れて保存OK

FasterEgg6.jpg

卵の黄身が真ん中に来るように茹でるには、茹でる前に尖っていないほうの殻に画鋲をさして穴をあけ、
半熟卵だったら、常温に戻した卵を小さめの鍋に入れて、卵がかぶるくらいに水加減して、
沸騰したお湯に静かに入れて、蓋をして3分~で出来上がりです。

15P1180897.jpg 15P1180901.jpg

500mlの水と150gの塩(水の30%)、酒 大匙1を鍋に入れ、沸騰させ、塩が溶けたら常温まで冷まし
保存容器に殻のママの生卵5~6個と作った塩水を入れ、卵が液に浸る様に小皿などで蓋をして
塩漬け卵』作ってみました。常温で3週間~1か月で・・・長期保存できます。

15P1180896.jpg

台湾では、この『塩漬け卵』を、伝統珍味シエンタン(鹹蛋)と呼ぶそうで
卵かけごはんにすると誰もが言葉を失うレベルのウマさ!!・・・ だそうです。
シエンタン(鹹蛋)の作り方

膝痛のためダイエットで取り入れたのが、『卵ダイエット』
お弁当の食材に困っている時は、『茹で卵とグレープフルーツとヨーグルト』・・・これが定番!!
卵は脳に必要な栄養素満載の究極のアンチエイジングフード・・・1日3食でも摂りたいです~ね。

生卵。湯むきトマト、オリーブオイル、塩をミキサーで撹拌した『トマトスムージー』もやってみようかな!?

さて、2015年4月5日は、『イースター』なので~『キッシュ風オムレツ』をつくりました。

         。,・~~・,。☆。,キッシュ風オムレツ,。☆。,・~~・,。

  【材料】
     卵・・・ 1個   牛乳・・・ 50cc   ベーコン・・・ 20g
     ピザ用チーズ・・・ 20g     クラッカー・・・ 2枚   パセリ・・・ 少々
  【作り方】
     ①直径10cmの耐熱容器にクラッカーを割り入れ、1cm幅にベーコンを切りのせる
     ②ボウルに卵と牛乳を入れ、よく混ぜ、①に注ぎ、チーズとパセリのみじん切りを散らす
     ③180℃のオーブンまたはオーブントースターで15~20分焼く
 
   
   15P1180902.jpg 




5(-0.6)35.0
6(-0.6)34.0
7(-0.6)34.5
8(-0.6)33.5

イースターエッグの写真は、webからお借りしました。
来年は、自分で作ってみようかな!?

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん、

イースターエッグ懐かしいです。学校に通っているころはミッション系だったので、キリスト教のイベント(?!)はいつも身近にありました。今は・・・・心の中の神に祈ることはしますがね。教会はめったに行きません

そういえば、小学校のころの図画工作の時間に茹で卵のからを使ってモザイク画を制作しました。
あらかじめ砕いて色づけしたものを下絵に従い板に張り付けていき、最後にニスでつやを出しました。
結構大好きで作品も気に入っていましたが、今では手元にはありません。

ゆで卵のからが上手にむけるやり方は「とがっていないほうの殻をとんとんと軽く打ち付ける」
やり方をずっとやっていましたが、そうか画鋲で小さな穴をあけるのもいいのね。
半熟が好きなのでもちろん沸騰したらふたをして8,9分おいていますよ。

ikさん、今晩は~

そうでした~ね。ikさんは、ミッション系の学校でしたね。

面白そうですね、そのモザイク画。
なんだかやってみたくなりました。

> ゆで卵のからが上手にむけるやり方は「とがっていないほうの殻をとんとんと軽く打ち付ける」
   打ち付けたら・・・割れちゃうのでは!?
   ikさん、塩漬け卵、興味ありませんか?
   やってみてください~な。
   


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/694-6f147687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鴻雁北(サクラサク) «  | BLOG TOP |  » 雷乃発声(シュンライとシュンラン)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (10)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。