topimage

2017-06

フラアワーアレンジメント(MASS BOUQUET) - 2009.07.05 Sun

【佐々木麗子フラワーアレンジメント教室】
7月のテーマは, ≪MASS BOUQUET≫
マスブーケは、花をいっぱいに豪華にはっきりといけるのがポイント
【花材】
ユリ(ソルボンヌ)、バラ(インスピレーション)、エレンジューム(スーパーノヴァ)、
宿根スイトピー(サマースイトピー)、ベロニカ(カロラインブルー)、ケイトウ(久留米ケイトウ)
アストランチャー(ローマ)、ガーベラ(ブルーアイ)、ミニガーベラ(セレブレーション)、
スタキス(ラムズイヤー)、レモンリーフ夕霧草芍薬

この≪MASS BOUQUET≫を活けるときは
①ラウンド(マス)、小さく細い花(フィラー)とはっきりした形(フォーム)の花を選ぶ事。
 スパイクの材料(ライン)は、曲がっているものを使う。
②色々な種類の花を使い、色の変化も富ませ、白は出来るだけ少なくする。
③デザインの中心、その近くには、濃い色、または対照的な色の花を2,3輪深く埋めてさす。
 一つのタイプの花を注意して2,3輪奥深く沈めてさし、またそれと同じ花を表面に持っていき
 いつも第一の層、第二の層というようにいくつかの層ができるようにし、凹凸をつける。
④灰色がかった葉を少し加えると、アレンジメントの特色が引き立つ。
 アレンジメントの色には、必ずワイン色またはバイオレットを使う。
⑤マスアレンジメントは、裏側も挿しているように、正面から花の裏側も見えるように
 背後の花は後ろ向きに挿す。
⑥器の縁から沢山の花が垂れ下がるような感じに、茎の自身が曲がっていたり
 自然の重みで器からあふれてしまいそうな感じを出す。
⑦ゆったりした感じを出すために、表面の層ではどの花も互いに触れ合わないように
 ブーケの主な花から枝分かれしているように見せる。
⑧自然な姿を出すためには、蕾より満開の花を使う
⑨ツルものは垂れ下がる線をテーブルまでのばすように加える。
 良い結果が出ないのなら、花がテーブルに触れるようにする。
⑩花をぎっしりと詰め込んだり、茎を短く切り過ぎて出来上がりが
花のフットボールの玉のようにならないように挿す。
⑪デザインプランのアトラインを考えておく。
⑫花が充分ない時は、アレンジメントの中心の近く、又はそのそばに花を少量まとめて挿す。
 色々の種類はあってもそれぞれの種類の本数が少ない時は、花の数だけでなく、
 色の関連しているものを対角線上に活けていく。

アレ
アレ
アレ
アレ
アレ

レッスンでは、時間内に活けこむことに夢中で、講義資料に忠実に活けこむことができません。
先生のおっしゃる「たおやかさ」「自然のあるがままの姿」をイメージして活け直してみました。
芍薬が咲き始めました。横からの姿も、最高
アレ アレ

アレ
 
 どうですか? なかなか素敵でしょ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

家で活け直して

先日は、ご苦労様でした。
家で改めて花は上手い具合に活けられましたでしょうか?
自然のあるがままの姿に、あるいは一つの花から枝分かれしているように見せるのは
難しかったでしょうか?
とても皆さん綺麗に入っていましたが欲をいえば、もう少したおやかさが欲しかったです。
イメージが大切で、あるところから先はその人の個性、想像力になってきます。
でもあの形自体はもう十分おできになります。

monalisaさんが最近特にお元気なのは、ご家族が増えたからだったのですね。
フレーフレーお母さん(もう直ぐおばばさま)。

ナチュラルな姿

家で活け直してみました。器も変えてラウンドのイメージが出るように、
ユリも凹凸をつけて、右横、左横からみても美しく活けられました。
教室の採光、せっかくのアレンジメントが残念ですね。
白のバックは、お花を引き立てますよね。
なんとか考えなくっては・・・です。
強健なmonalisaには、たおやかさ・・・難しいで~~す。

お陰様で快復に向かっております。
カラフルな色彩にうっとりします。
我が家は庭の花をさり気なく生けるのが習慣になりました。
階段の飾り棚に今ベルガモットが涼しげです。

そうそう~庭にベロニカもあったけ”

たおやかさ~。。。。
 うふふ難しそう~!

花に癒されて・・・

昨日は、気持ちよく晴れましたよね。
快方に向かっている由、安心しました。
お天気が悪いと、体に障る人が多いようですよ。
 
花を活けたりして、非日常的なことが、気分転換になりますね。
私は、昨日、野田まで出かけました。ラベンダーを育てている知人からの
お誘いで、ラベンダースティックを作りに行ってきましたよ。
色々な面白い発見がありました。そのうち、UPしますね。

「たおやか」って、漢字ではどのように書くと思う?
女偏に、弱い→嫋(たおやか)・・・ね。絶対、私にはありえない。しかも、いまどき死語じゃあない?
これ会得すると、人生変わるかもね。v-8


ウワッ、本当にシャクヤク咲きましたね、横から見たのがとてもきれいです。
正面の百合は開くと少々、大きいので間引きしてください。
花器を変えたのですね。もしはじめから高い器でしたら
全体の高さをもう少し出してほっそりさせるともっと綺麗に見えたでしょう。
でもたおやかさ、以前のより出ています。
貴女は模範生ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/69-fa6160f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おうちご飯(塩豚) «  | BLOG TOP |  » タイムスリップ(思い出のワシントンDC)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。