topimage

2017-10

おうちご飯(父の日に) - 2009.06.28 Sun

6月の第三日曜日は、『父の日』ですね。
この日、娘夫婦と麻雀仲間が集まって、奇しくも『父の日』を祝うことになりました。
麻雀仲間も、主人に華を持たせてくれて、トップで気分良くしています。

自分自身に欠けていたものが、
息子に実現されるのを見ようとするのは、
すべての父親の敬虔な願いである   (ゲーテ)

俺に似ろ俺に似るなと子を思い・・・という言葉もありますが
たとえ口に出さなくても父親の子に対する期待は大きく複雑なのだそうです。
父は永遠に非壮である        (萩原朔太郎)
一歳未満の子が父親に接する時間が長いと我慢強い子に育つ・・・とも
感謝する人はやがて感謝される人になり、甘えてばかりが甘えられる親になる。
やはり「子を持って知る親心」なのかもしれません。

この日のメニューは、習ったばかりの懐石料理の再現と娘婿殿の釣ったイサキとメバルのお刺身
おうちご飯

【イサキ、メバルのお造り】
6時間前まで、海で泳いでいた・・・ということですが、
こんな新鮮なお魚を食べたことがないので皆、大喜びでした
また、白子はホイル焼きしてレモン汁で、真子は甘辛く煮て・・・美味しかったです。
おうちご飯

【生鮭のクレソン焼き、ワカメとホタテ貝のぬた、鶏肉の梅干煮】
≪生鮭のクレソン焼き≫
幽庵地(酒1:薄口醤油1:濃口醤油1)に漬けた生鮭を、遠火の強火で焼き、クレソンをまぶす
≪ワカメとホタテ貝のぬた≫
ホタテ貝は、酒、醤油をふりオーブントースターでサッとあぶり、ワカメはもどして、1cmに切る
辛子酢味噌(白みそ大さじ4:千鳥酢大さじ2:砂糖大さじ1~2:とき辛子小さじ1)で和える
≪鶏肉の梅干煮≫
鶏肉は、フォークでブツブツ刺して、身が縮まないように、味がしみ込みやすくする  
煮汁(酒、水 各150cc+濃い口醤油大さじ1.5+砂糖小さじ2+みりん小さじ2+梅干し2個)で煮る
煮汁が,1/3 程度になったら肉を引き上げ、残りの煮汁を煮詰め、冷めた肉と千切り茗荷をからめる
おうちご飯

【夏サラダ】
レタス、キュウリ、トマト、アサツキ、海藻、ジャコと特製ドレッシング
≪特製ドレッシング≫
玉ねぎ 1/2個+生姜 1片+ 酢 120cc+ 醤油 120cc + トマト 1/2個 +オリーブ油 120cc
この自家製ドレッシングは、お薦めで~~す。
オリーブ油は、是非 エキストラバージンオイルを
おうちご飯

【枝 豆】
4%の塩水で茹でた時の枝豆が、甘味を一番感じる塩分とか。【1Lの水に、塩40g(大さじ2)】
さやの両端のヘタを切り取り、10gの塩を使って、塩もみをしてうま味を出す。
1Lの湯に30gの塩を入れ、枝豆を4~5分茹で、茹であがったらざるにとり冷ます。
おうちご飯

ご飯は、蛸飯を用意しましたが、皆さんお酒がすすんで、残ってしまいました。
【蛸 飯】
米3C+出し汁3.3C+薄口醤油大さじ3+みりん大さじ1、
蛸足 200g、新生姜30g、酒少々

【漬け物】
ザーサイの漬けものは、本土寺の門前の赤門屋で買ったもの
おうちご飯

『マダム』から送られた赤い恋人【佐藤錦】
初物です。『マダム』 ありがとうございま~~す。
おうちご飯 おうちご飯
**********
『父』という字は手に斧を持った男性を表し、
家族を守り、家族を養い、家族を率いるという役割の象徴。

≪父と母が対になった言葉≫
自然は文明の母、労働は文明の父
経験は知恵の父、記憶は知恵の母
必要は文明の母、ひらめきは発明の父
母なる大地、父なる太陽
海より深い母の徳、山より高い父の恩

最近は、夫婦共稼ぎが多く、父母の役割が逆転している時もあるようですが、
縁あって結ばれ、父母となって家族を築き、
『子はカスガイ』と言われるように子に助けられる時もあるでしょう。

凛

『幸せな子』を育てるのではなく
どんな境遇におかれても『幸せになれる子』を育てたい
                               皇后陛下・美智子様

この素晴らしい言葉を、あと1ヶ月したら母になる娘に贈ります。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

なるほどね~(^-^)

私たち夫婦も子供を育てることで、どのように変わっていくのか
楽しみです。

やはり、昨日も不眠でした。臨月は、みんな不眠で悩んでるようなので、
私の身体もいよいよ出産準備に入ってきてるということらしい。


美味しそう!!

素敵な父の日の晩御飯!半分漁師の私には、イサキとメバルの美味しさが良く伝わりますよ!
父と母の言葉もいいですね。サッスガー!

我が家は家族で銭湯へ・・・。父の日で銭湯がお父さんと一緒だと無料でした。
私は、20年ぶりの銭湯(温泉以外で、本当の銭湯)長男は友達とちょくちょく、次男も
私と同じく、本当の銭湯は初めて。

これはこれで、楽しかったです。南部の湯の風呂上りのコーヒー牛乳とフルーツ牛乳も最高!
と子供達。。。。。

昨日も仲の良いご夫婦で、何よりでした。でもカメラの件は、やっぱり真っ先に旦那さんでしょう!!(笑)

これからも宜しくお願いします。

子を育て、子に育てられ・・・・

ビックさん
   子は神様からの預かり物、母になる・・・というより
   母にさせてもらうような物。子供と共に成長・・・なんですよね。
   いつかは、飛び越えられる親子関係ですが、
   ある時期まで、如何様にも貴女色に染められるんです。
   それだけに、責任もあるんですよ。
   子を授かったことに感謝です。 

望月信宏様
   昨日は、ありがとうございました。お疲れさま~~ア。
   ほんと、ちょっと変な所、見せちゃいましたね。
   今朝まで、余波が・・・みんなを巻き込んでしまいました。
   デジカメは、私専用の物なので、まさか主人が持ち帰るとは思ってませんでした。
   貴方も、釣り人でしたか。娘婿は、昨年は待望の深海魚『ベニアコウ』を釣り、
   甘味たっぷり、プリプリ、身の引き締まったお刺身をいただきましたよ。
   次の狙いは、『クエ』とか。

   パワー全開の貴方、素晴らしい親父の背中、2人の息子に見せてやってください。
     

monalisaさま先程はどうもでした。
お嬢様のご出産も間近で気ぜわしいことでしょうね~
我が家もそろそろそんなせわしさが訪れることを首を長くして待っていますが
それらしい気配は今のとこありません~。

先日我が家も長男夫婦と食事に出かけたのですが
主人が「どうしても最初の子供は期待が大きくて伸び伸びと出来ないものなんだ~」
っと自分の子育て談を省みてしみじみと語っていました。
我が家の長男も結婚してからはすっかりまわるくなってしまいました。
大変な時期もありましたが少しずつ親の有り難味がわかり始めているようです。
そんな訳で私達も先週は娘達の家でも息子夫婦にも父の日を祝ってもらって
とても幸せなひと時でした。

美味しそうなお料理ですね~
娘婿さんの釣った新鮮なイサキとメバルが最高ですね~
いいご趣味をお持ちで羨ましいです。新鮮なお魚があれば外に行かなくても
充分お家で料亭の味が楽しめますよね~!
明るくて気さくな食卓の雰囲気がこちらにも伝わってきました。






父の日に

りこぴんさん、いつもコメントありがとうございます。
我が家は、この所、巣立った筈の子達が、それぞれの事情で回帰状態でして、
大人になった子供たちのお手伝いが出来ることは嬉しいことです。
主人が、『父親としての喜び』を感じている様子・・・これを見たり、感じる時が一番嬉しいです。
貴女の所も、よい親子関係を保っているようで素敵ですね。
これも、親の後ろ姿なんですかね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/67-dbe3eadf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイムスリップ(思い出のワシントンDC) «  | BLOG TOP |  » monalisaの三ツ星(再びのマンダリンオリエンタル東京.『SENSE』)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。