topimage

2017-06

朔風払葉(木枯らし) - 2014.11.27 Thu

『小雪』の次候11月27日~12月1日頃:朔風払葉(きたかぜ このはを はらう)北風が木の葉を払い除ける
aP1170773.jpg

本当に、寒くなり、空気も乾燥して喉をやられていらっしゃる方が多くなりました。
仕事場に行ったら、可愛い加湿器が2台。
シュワシュワと湯気を放って、如何にも・・・な雰囲気です。
「あら!?いいわね~この加湿器。何処に売っているの?」と年配のお客様。
「いい匂い!?何の匂いですか?」って言うのは、若いママ。
知りませんでした!!この加湿器が、安くって、据え置いたその日に話題になるなんて!
kDSC_0233.jpg

風邪は、万病の素!!喉を大切に~


冷たい木枯らしが吹いて冬の訪れが感じられると、出歩かずに『お家ご飯』が一番です。
11月の懐石料理のテーマは『木枯らし』.。あの宝楽焼を、土鍋で作って、オモテナシ~。
kDSC_0250.jpg

【作り方】(5人前)
①背ワタを取った車海老5尾は足も切り、カマスは3枚おろし・・・骨もとって切り身にして
 きのこは、ほぐしておく。
 (海老の背ワタとは、えびの消化管のことです。
  背わたをとる理由は、苦味がある場合があることや砂などがまじっていて
 アレルギー源も持っています。アレルギー体質や喘息のかたはご注意下さい)
②銀杏15個ぐらい・・・からを割り、湯を沸かし下茹でして、皮をむく
         銀杏を茶封筒などの適当な封筒に入れ、500Wのレンジで40~50秒チン
         数個が破裂すればOKです。
         破裂しないで殻が割れていないものはキッチンバサミ等の殻割り部分で割ってね~
③もみじ麩・・・薄く切り、水+砂糖で下煮
④ほうらくに、塩を引き松葉を散らし、海老、かます、銀杏、きのこ、栗などを並べ、
 200℃のオーブンで焼き、酢だちを添えて・・・さあ~頂きましょう。
kDSC_0259.jpg

宝楽焼って、豪華な気分を醸し出してくれますね。
メインは、宝楽焼で・・・そんな時は、どんなメニューが出てくるでしょう!?
木枯らし飯など
 木枯らし飯・・・木耳、鶏もも肉、生姜、菊花
    
 水菜と揚げの辛子酢味噌合え

 サツマイモの胡麻和え


 サラダ   
   リンゴ、ラディッシュ、サニーレタス、セロリ
   鰹節、焼きのり
   【ドレッシング】
   サラダ油140cc、酢60cc、醤油15cc
サラダ
クリームチーズの柿ソース
 クリームチーズの柿ソース
   柿ソースは、柿を1個をミキサーにかけ、
   鍋に移し、甘みを見ながら砂糖を加える
   片栗粉でトロミをつける


 蛤の潮汁
   運よく大きな蛤が届いた・・・との事。
   ありがたくも嬉しいご馳走になりました。
   蛤は、1つずつ丁寧に洗い、
   水4.5~5cup、蛤、昆布で出し汁を煮だし、
   煮立つ寸前に昆布を取り出す。
   貝が口を開けたら具を取り出し、
   塩1t、醤油1Tで調味。
   開いたもう一方に身を入れて…食す~のです。
蛤の潮汁


『カマスの一升飯』と言う言葉があるそうですね。
カマスの塩焼きが一尾あれば一升でもご飯を食べられる・・・というほど、その塩焼きは定番。
産卵の前後以外は、いつでも美味しいけど、特に美味しい旬は脂がたっぷりのった大物が採れる秋から冬。
宝楽焼きのカマスは、干物とは違って大物で、ふっくらして美味でした。カマスは刺身や酢絞めでもgoog!!
kDSC_0256.jpg

シャンソンの発表会が、メンバーの鼻血で中止になった事から、食後は鼻血の事で盛り上がりました。

大抵の鼻血はキーゼルバッハ部位で起こるそうです。
キーゼルバッハ部位は、粘膜が薄く、鼻の毛細血管がたくさん集まっていて、血管が傷つきやすく、
鼻血の90%がここで起こります。
キーゼルバッハ部位

残りの10%は鼻の奥の鼻腔の粘膜で炎症を起こして鼻血が出る場合で、
高齢者で高血圧、動脈硬化などを患っている場合は、こちらの鼻血である場合だそうです。

鼻血が起こる原因には
・アレルギー性鼻炎で鼻をかんだり、鼻をいじったりして出る場合
・糖尿病や動脈硬化、高血圧、などの血管が弱って鼻血が出る場合や、
 白血病、血小板減少病など血液の病気、悪性腫瘍である場合
・大人になって鼻血がでる場合は、血管が弱くなって鼻血がでるケースが多いようです。
・温度変化に鼻が敏感になってスポーツや勉強、仕事で頭を使ったり、お風呂に入る、季節の変わり目、
 くしゃみなどで血管に負担がかかると鼻血が出る血管運動性鼻炎の場合もあるようです。
・子供はもともと粘膜が弱く、鼻をいじっただけですぐに鼻血が出やすいようです。
kDSC_0052.jpg

鼻血が起こるのが、病気が原因だったら・・・?
・鼻をいじったわけではなく、心当たりの無い鼻血
・鼻の奥から鼻血が出てきた
・鼻血が止まらない
・全身でも出血が起こる、血が止まりにくい(白血病)
kDSC_0053.jpg

万が一、鼻血が出て止まらない場合~
・キーゼルバッハ部位と呼ばれる小鼻付近(触ってみて鼻が硬くなり始めるところ)をつまむこと
 座るか、立った状態で少しうつむき、小鼻を潰すようにしっかり抑えましょう。
 早ければ1分ほど、長くても5分程度抑えておけば、まず鼻血は止まります。
・鼻血がひどい時は氷枕や濡れたタオルなどで、
 首やうなじ、眉間の少し下を冷やすと血管が収縮して鼻血が止まりやすくなります。

そして、耳鼻科に受診することでしょうね。(参考:生活の芽

チョコレート
「チョコレートやピーナッツを沢山 食べると鼻血が出る」と子供の頃、母に良く言われましたが
医学的な根拠はないそうです。
でも、鼻の粘膜に傷がある場合は糖分摂取による血圧上昇のために鼻血が出る場合もあるそうです。
また、チョコレートやコーヒーに含まれるカフェインには、体を興奮させる作用があり、
血圧上昇などに働き鼻血を引き起こすとも考えられているようです。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

今日はこちらも朝から冷たい木枯らしが吹いています。
昨日の予報では洗濯日和の快晴、明けてみれば曇り空です。
また嫌な寒い冬がそこまで来ています。
加湿器はありません、鼻血もでません。

hotterさん、こんにちは~

東京は、雲一つない快晴ですよ。

冬は、嫌いですか?

私は、蒸し暑い夏の方が嫌いです。

加湿器、4000円前後で買えるようですよ!?

鼻血は、どうでもいいけど

喉は~大切に!!

宝楽焼きがメインですね?

懐石料理の正しい意味は忘れてしまいましたが、ブログの料理を見ていると質素な具材が多いですね、少なくとも見かけは。宝楽焼きは、恐らく鍋が宝楽とか呼ばれていてそれに塩を引いて具材を焼くことからつけられたのであって、具材が海老、カマス、キノコ、銀杏でなくてもいいのだと思いますが、としたらなんでこの組み合わせを選んだのか?
今、フィレンツェですが、今回のイタリア旅行中の食事では、メインはいつだって、カルボナーラとか、ピザとか、大き目の皿に一品しかありません。外国では最初にアピタイザーなる飲み物が出てきて、スープと続き、メイン、デザート、などが時間とともに入れ替わり立ち代わりでてくるのがレストランでの一般のようですが、大きなお盆にすべての料理が幕の内弁当見たいに並んで出てくるスタイルがあって、その中にメインディッシュが一番目立つように置かれている、っていうスタイルは、今おもいついたのですが、お米のごはんを引き立てるおかずの一つで一番ボリュームがあるおかずをメインディッシュと言うのかな?
いやぁ、懐かしいです、お米のごはんが!日本料理が世界遺産に選ばれイタリア料理が選ばれていない理由が判りました。

mhさん、イタリアはどうですか?

懐石料理とは、茶席でお茶を出す前に出される簡単な食事の事ですので、特別気負う必要はないですが
四季折々の旬を美味しくいただけるように、気配りするといいようです。

宝楽焼きの具材は、何でもいいと思います。なんでこの組み合わせ・・・なんて~知りません!!
もっともカマス、銀杏は、今が旬です。

mhさん、認識不足が~露呈しましたよ。
イタリア料理は、世界遺産のフランス料理の原型ですし
スペイン、イタリア、ギリシャ、モロッコの4か国の共同申請で地中海料理として登録されています。

フィレンツェには、敬愛して止まないピンキオーリさんとアニーさんのお店
ミシュラン三ッ星「エノテカ・ピンキオーリ」本店があります。
私が、フィレンツェに行ったら、是非是非伺いたいお店です。

mhさんが選んだ今度のツアーは、美食の旅じゃあないでしょう!!
あの企画の値段なら、その程度の料理だと思います。

行ったばかりで、その愚痴では・・・この1週間が思いやられますね。
不服だったら、ジャックポテトを注文して、ツアーの皆さんを驚かしたら!?

~なんて・・・また、生意気な口をきいてしまいました(*_ _)人ゴメンナサイ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/648-95a73882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

橘始黄(香り) «  | BLOG TOP |  » 虹蔵不見(七五三)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。