topimage

2017-10

鴻雁来(クアラルンプールにて) - 2014.10.08 Wed

『二十四節気』の『秋分』の次は『寒露』で、露が冷気によって凍りそうになるころ。
雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀などが鳴き止む頃ですね。

『寒露』の初候(四十九候):10月8日~12日頃 鴻雁来(こうがん きたる):雁が飛来し始める
26IMG_1287.jpg

姪の結婚式で、マレーシア・クアラルンプールに行きました。
11:20に成田を発ってクアラルンプール着 17:45。
(日本との時差は1時間だから、日本時間は18:45)7時間半飛行機に乗った訳~ね。

マレーシアは、人口の6割をマレー系、3割を中国人系、1割をインド系が居住する国家だそうです。
クアラルンプールは、中国人の移民者によって、スズの採掘拠点として1857年に開発され、市中心部にある
代表的な「ジャメ・モスク」の付近のクラン川とゴンバック川の合流点を、マレーシア語で「泥が合流する場所」・・・というのが基になってついた名前だそうです。
kuP1160883.jpg
マスジット・ジャメ(KL古代最古のモスク)のある辺りがKL発祥の地。ムーア時代の様式に影響を受けたタマネギ形のドームやアーチが美しい回廊など、流れるような曲線が見事です。

正式には連邦領クアラルンプール(Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur)と称し、中国語では吉隆坡(北京語読みは「ジーロンポー、拼音: Jílóngpō」、広東語読みは「ガッルンポ―、Gat1lung4po1」)と記されます。
kuP1170065.jpg

結婚式は 、 広大なレイクガーデンに隣接しているホテル「カルコサ・セリ・ネガラ」にて・・・
このホテルは、国の迎賓館として使われ、英エリザベス女王が滞在したこともあるそうです。
kuP1160236.jpg kP1160286.jpg
2人の誓いの言葉は、新郎新婦と両家のご両親の手によって砂の中に・・・永遠に~
kP1160302.jpg kuP1160311.jpg

お式の後は、ホテル内で、生い立ちのDVDを見たり、友人のメッセージ聞きながら~参加者と会食です。
いや~、クアラルンプールは、1年中常夏の国ですから、日差しも強くお部屋に入ってホッとしました。
kP1160366.jpg kP1160368.jpg

kP1160374.jpg kP1160379.jpg
引き出物は、二人の名前入りのキャンデー
kP1160349.jpg kP1160352.jpg

中国系結婚式の儀式では、結婚式の翌朝、夫君の実家で新郎新婦が親族にお茶を振舞うティーセレモニーがあるそうで、午後からはNOBLE BANQUETにて、380人余りのお客様を招待してのご披露パーティーでした。
NOBLE BANQUET

10人用のテーブルが38卓並んでいて、新郎新婦と両家の両親、そして我々もメインテーブルでした。
kP1160531.jpg

中国式とはいっても、欧米化が進んでいるので、ケーキカットで始まり、出しものがあったり生い立ちのスライドがあったり、シャンパンフロートもあって、生バンドが付いていました。料理が運ばれて数分もすれば皆、席を立ち始め大宴会が始まりました。日本のように来賓が挨拶をする事も無く、料理は勿論中華料理。

中国語表記のメニューは、何が書いてあるかわかりません。
kP1160545.jpg
大地黄金とは、厚揚げ? 鮑やフカヒレ入りのスープは、とても美味しかったです。
kP1160542.jpg kP1160546.jpg
タイガーグルーパの煮付け、
kP1160547.jpg kP1160548.jpg

kP1160562.jpg kP1160574.jpg 
乾燥リュウガン(蓮の実)とアロエベラの甘いスイ(お茶)、千層ケーキと大福餅(ピーナッツ餡)
kP1160572.jpg kP1160575.jpg

新郎新婦と親族が壇上に上って、日本では「カンパイ」ですが、中国人式では、「ヤムセイ(飲生)」
ヤーーーーーーーと息が続く限り大声で引き伸ばして、ムセイで飲むのです。
kuP1160555.jpg

最後に新郎新婦が38卓のテーブルを全て回って「ヤームセイ」・・・そして流れ解散なんです。
乾杯の連続で vin君は、トロ~ンとして焦点が定まらず  
兎も角 (*^o^*)オ (*^。^*)メ (*^-^*)デ (*^o^*)トー
kP1160567.jpg kP1160570.jpg

穏やかで親日的な国民性、多民族国家ならでは、1つの都市で様々な文化や料理を楽しめ、英語が広く
使用され言葉の壁が低い事、生活水準は日本と大差がないのに物価が日本の約1/3。
リタイア後「住みたい国」8年間世界1位が、マレーシアだそうです。
                            (2006~2013年ロングスティ財団調べ)
新郎新婦が住むマンションは、メゾネット式でしかもプール付きで、家賃月6万円だそうです。

広いお部屋で、キッチン付きで・・・ちょっと長めに暮らすように過ごすホテルもあるようですが
今回の宿泊は、50日前の予約で24階にあるクラブ利用可能な「マンダリンオリエンタルホテル」です。
kP1160136.jpg kP1160166.jpg

部屋からプラチナに輝くペトロナス・ツインタワー、隣にはショッピングセンタースリアKLCCが見えます。
スリアKLCCにはisetanもkinokuniya(本)も入っていて・・・日本食も購入でき、なぜかホッとする。
kP1160396.jpg kP1160472.jpg

スリアKLCCの屋上に敷き詰められた黒いものは、ソーラーパネルです。
マレーシア最大の太陽光発電システムは、ベトロナスがその将来性を見込んで三菱商事と連携して
作ったもの。広さ9000㎡で、ピーク時には、685kwの電気を生成するそうです。
kP1160475.jpg kP1160172.jpg

ペトロナス・ツインタワーを下から見上げると迫力があり、遠くから見ると美しく聳え立ち、
kP1160499.jpg kP1160507.jpg

夜景も素晴らしい。
kP1170027.jpg kP1170025.jpg

公園前の広場では、7色に輝く噴水ショーを楽しめます。
kP1160439.jpg kP1160445.jpg

見慣れた漢字『関西フェスティバル』は、isetanの催事。『UMAIーYA』というネーミングの店は寿司屋?
kP1160448.jpg kP1160449.jpg

KLの2大ショッピングセンター(スリアKLCCとブッキ・ビンタン地区にあるパビリオン)を結ぶスカイウオークは、突然のスコールに襲われても、屋根付きだから濡れず数か所に警備員が立っていて治安も良いんです。

結婚式で、満腹なはずですが、時間が来れば「少しお腹に入れなくっちゃ~」と,ブッキビンタ地区にあるショッピングモール「パビリオン」まで散策です。
この日9月28日は、男子テニスツアーのマレーシア・オープンのシングルス決勝が行われていて,食堂街の大きなTV画面に様子が映されていました。
シングルス決勝は、全米オープンテニスで日本人初の準優勝に輝いた第1シードの錦織圭が第4シードのジュリアン・ベネトー(フランス)に7―6、6―4のストレート勝ち、錦織は第2セット、第4ゲームで先にブレークチャンスを与えてしまうが、それをしのぎサービスキープに成功。第7ゲーム、0-40の場面でブレークに成功し先にリードするとその後は両者サービスキープし1時間47分で錦織が大会初優勝でしたね。
kP1160590.jpg

クアラルンプールのお土産は、『TWG』紅茶がお薦め・・・と教えてもらい、2Fのショップに行くと、
ホテルからタクシーでRM50(約1750円)位かけて来た・・・という義弟家族に出くわしました。
黄色いパッケージが可愛いですね。
初めて頂戴したときには、『TWG』って、トワイニング紅茶の事かと思っていましたが、
"The Wellness Group" という企業名の略だそうです。
種類があり過ぎて、選ぶのに難しい!!間違いないのは、モーニングブレックファストかな?
kP1160785.jpg kP1160786.jpg

義妹お薦めのイングリッシュアールグレー、フレンチアールグレーなどを大人買いして
小腹がすいて来たので、すぐ目についた「赤提灯 IZAKAYA」に行きました。
kP116059.jpg kP1160598.jpg
ジャガイモを機械で・・・一繋にして。鮭の皮だけの料理は、甘辛くって口に合わず~
kP1160599.jpg kP1160604.jpg

結婚式も無事に終え、義弟家族は式の翌日帰国しましたが、我々は、マラッカ観光、クアラルンプール市内観光をして、もうちょっとマレーシアを楽しみました。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

● COMMENT ●

すごい結婚式ですね!

新郎新婦はマレーシアと関係あるんでしょうね?無いとしたら、380人近くの日本人が参加するマレーシアでの結婚式っていうのは稀でしょう。外国での結婚式といえば、欧州かハワイで、親族主体でせいぜい2,30人というイメージしかなかったものですから、びっくりです!ハネムーンは、やっぱマレーシアだったんでしょうかね?お隣の国のプーケットにでも行ったのか?はたまたハワイか欧州に飛んだのか?全く他人事ですが、興味があります、知っていたら教えて下さい。

マレーシア、お疲れ様でした。所変われば、色んな結婚式があるのですね。でも、海外でも披露宴が日本のみたいにあるのですか。お料理が豪華で凄いですね。
マレーシアでの観光はどんなところを楽しまれましたか?

monalisaさん

そういえばマレーシアに行かれている時にテニスの大会も行われていましたね。
錦織選手はまだまだ若いのでこれからの活躍も楽しみです。

主人の仕事関係で以前1月にマレーシアを一度訪れたのですが、暑くて暑くて
たまらなかったのを思い出します。
随分近代的になっているのでびっくり。地区によって、全くの田舎の風景でしたが・・・・

私も「TWG」紅茶と聞いたら、すぐにトワイニングと思ってしまいましたが、
別ブランドなのね。

公園前の広場の七色の噴水ショーは今ノーベル賞で湧いているまさに発光ダイオードのイルミネーションですね。

屋久島行までに体調整えてください。




mhさん、今晩は~

新婦は、義弟の娘・日本人ですが、新郎は、中国系マレー人です。
2人は、某航空会社のパイロットとCA・・・という間柄です。

本来、結婚式後のティーセレモニーに始まる披露宴は、
新郎側、新婦側両家で2週にわたって行われるそうです。
中国系マレー人って、とっても多いそうで、親族や近所の人々がみんなお祝いに集まるのです。
恰好は千差満別。普段着で来る人もいましたよ。

ハネムーンは?興味ないから、聞いていません。

仕事柄、世界中に友達がいる・・・とのこと。
そう言えば、ハンガリーやアメリカから駆け付けた人もいらっしゃって
多くの人に祝福され・・・幸せな事です。

それよりも、mhさんにとっては
マレーシアに住む・・・という事に興味があるのでは?
リタイア後、日本の住まいは誰かに貸して
年金と家賃で、10年を目途に移住してみる~なんていう計画はいかがですか?
ゴルフ三昧の生活が楽しめますよ。

私は、ちょっと魅かれています。

Reveilleさん、こんばんは~

披露宴は、多くの人々に囲まれ日本より凄い・・・と思いました。
新婦がマレー人の場合、翌週に新婦側に披露宴があるそうですから、お付き合いが広いと大変ですね。

最近は、結婚式もせず入籍・・・で結婚の形を取る人もいれば
フランス婚などと言って、婚姻届を提出せず、戸籍上の配偶者の関係にはならずに、
互いを伴侶とする形をとる人がいるようですね。

新郎は、中国系マレー人。
祖先や年長者に対する儒教的な考えをしっかりと教育されているご様子。
我々も親族の一員として参加でき、嬉しく思いました。

マレーシアは、マラッカ観光とクアラルンプール市内観光をしてきました。

次回は、その様子をblogUPする予定です。

i kさん、今晩は~

先ほど上海マスターズで、錦織選手が世界60位に敗れて初戦で姿を消した・・・というニュースを見ました。
お疲れが出たんでしょうね。

マレーシアには、何年前のことでしょうか?
ペトロナスツインタワーは、2012年に出来たようです。
あちらは常夏の国。1月でも8月でもそれほど気温は変わらないようですね。

マラッカまで行く間では、ikさんの仰るような田舎風景を見ています。

> 私も「TWG」紅茶と聞いたら、すぐにトワイニングと思ってしまいましたが、
> 別ブランドなのね。
   そうよね~紛らわしいネーミングです。
   "The Wellness Group" という企業名の略だそうです。
   パッケージは、マリアージュ・フレールに似ていますね。
   

> 公園前の広場の七色の噴水ショーは今ノーベル賞で湧いているまさに発光ダイオードのイルミネーションですね。
   (。'-')(。,_,)ウンウン 日本人3名が・・・ノーベル物理学賞を取りましたね。
   この噴水ショーは、毎夜8時から音楽に合わせて行われます。
   マレーシアでは、宇多田ヒカル槇原敬之が人気があるそうで
 彼らの曲が流れていましたよ。

> 屋久島行までに体調整えてください。
   台風が接近しています。
   屋久島まで行けれるかどうか・・・今からヒヤヒヤしています。

新郎新婦さんのお仕事柄、グローバルな結婚式ですね〜
380人も一度に会するなんて、これまたびっくり。
人が繋がってるって、いいことですね。
おめでとうございます!

riomanさん、こんにちは~

ハイ、ありがとうございます。

新婦は、中学から日本では寄宿生活。高校から大学までは、アメリカです。
自主自立の精神は、子供の頃から備わっていたのでしょう。
「なんでも大事なことを一人で決めてしまう。これからは僕がしっかりサポートします」と
日本語で、vin君が宣言しましたので・・・きっと素晴らしいご夫婦になることでしょう。

とっても楽しい、良い経験をいたしました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/630-3d60aeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

菊花開(マラッカ観光) «  | BLOG TOP |  » 水始涸(懐石料理)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。