topimage

2017-08

ラヴェンダーと江戸崎カボチャ - 2014.07.10 Thu

7月と言えば、ベンダーの季節ですね。
micmacさんが、クール・ド・ラヴァンド(ラベンダースティック)と江戸崎南瓜を送ってくださいました。いつもの2色使いと変わり編みの3本。micmacさんとは2008年の婦人画報主催のラベンダーの講義と『クール・ド・ラヴァンド』のパーティー以来のお付き合いです。
26P1130976.jpg

紫色の可憐な花を咲かせるラベンダー(lavender、lavandula)は、シソ科の背丈の低い常緑樹の1属で、学名でラヴァンドゥラ、ラヴァンデュラともいいます。
殺菌・防虫効果は、古代から知られていて、 南仏では刈り込んだラベンダーを 色とりどりのリボンで織り上げたラベンダースティック を 【クール・ド・ラヴァンド(ラベンダーの心)】と呼んでいて 、嫁ぐ娘に母が持たせる婚礼道具の一つとして、また婚礼の引き出物に使われているそうです。属名の Lavandula は「洗う」という意味のラテン語に由来し・・・これはローマ人達が入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだためだそうです。
26P1130978.jpg

紫色の花が最もポピュラーですが、白、ピンク色の花を咲かせる品種もあるそうです。
ヨーロッパ各地で盛んに品種改良が行われたことや、交雑種を生じやすい性質のために、品種名や学名はかなり混乱していて、また植物学上の分類では同一品種であっても産地により抽出されるオイルの成分構成や香りが異なる事から、生産地名を加えて区分しているものもあるのだそうです。
コモン・ラベンダー コモン・ラベンダー
 英:Common lavender、English Lavender、
 学名:Lavandula angustifolia
 一般にイングリッシュラベンダーと称され、
 耐寒性は良いのですが、耐暑性は低く
 高温高湿が苦手です。
 北海道富良野のラベンダーとして有名な、
 「おかむらさき」もこの系統だそうです。
 我が家のラベンダーもこの種類です。
 ラバンジン
 英:Lavandin、Dutch lavender
 学名:Lavandula x intermedia
 コモンラベンダーとスパイクラベンダーを交配した、
 夏の暑さに強い種類です。
 タネがつきにくいのも特徴。
ラバンジン width=300
フレンチ ラベンダー width=300 フレンチ・ラベンダー
 英:French lavender、Spanish lavender
 学名:Lavandula stoechas
 フレンチラベンダーの種類で、観賞用に人気がある。
 耐暑性は強いのですが、耐寒性がやや弱いです。
 冷涼地は、防寒対策をします。
 花穂の上に大きな苞がリボンのようでかわいい。


 
 デンタータ・ラベンダー
 英:Topped lavender、
 学名:Lavandula dentata
 デンタータラベンダーは、
 地中海沿岸の原産で、葉の切れ込みが深く、
 四季咲き性があるのが魅力です。耐寒性が
 弱かったラベンダーを、日本で改良し、
 耐寒・耐暑性を備えた品種が出ている
 フリンジラベンダーとも呼ばれ、
 ちょっとスパイシーな香りが人気です。
 初心者に、育てやすいラベンダーです。
デンタータ・ラベンダー 
スパイク・ラベンダー  スパイク・ラベンダー
 英:Spike Lavender、
 学名:Lavandula latifolia
 葉の幅が広く茎が長く、萼が目立ちます。
 原種ラベンダーで、耐寒性が良いです。

 ムルチフィダ・ラベンダー
 英:Fernleaf lavender、Egyptian lavender、
 学名:Lavandula multifida
 地中海西部沿岸のイタリアやスペインに分布
 海岸の砂礫地に生え、高さは60~90cm。
 葉は灰緑色で、「シダ」のような羽状の深い
 切れ込みがある
 淡い紫色の花を咲かせ、ほのかな香りがあります。
 別名で「レースラベンダー」とも呼ばれます。
ムルチフィダ・ラベンダー width=300


ラベンダーには「ハーブの女王」や「香りの女王」などの異名があって、その清らかな香りは、イライラや情緒不安定などに効果があり、乾燥させたラベンダーを枕元に置けば不眠症の人にも効果があるとされています。また、暑苦しさを和らげ、涼感をイメージさせるラベンダーの青色は、落ち着きを促し、心身の回復力を高める鎮静効果(リラックス効果)によって血圧降下の効力もある・・・と言われていて、高血圧治療のために病室にさりげなく青色のものを取り入れている病院もあるそうです。
26P1140304.jpg
我が家で咲いたラベンダーは、そのまま束にして・・・

micmacさんといえば、『シーグラス』です。『ビーチコーミング』という遊びを知ったのも彼女から。
『シーグラス』『ビーチコーミング』については、ここ→☆☆☆をご覧ください。今まで集めたシーグラスで、テーブルを作った・・・と写真を送ってくださいました。どのくらいのシーグラスを使ったのでしょうか?
いつの日かこのテーブルがどのくらい立派なのか!? 実物を見せて頂くのが楽しみです。
seaglass.jpg

さて、ラベンダーと一緒に頂戴した江戸崎南瓜ですが、この南瓜・・・ご存知ですか?
micmacさんは、昨年カボチャプリンをたくさん作って・・・また一回り成長しちゃったそうですが、私が「そんな名前の南瓜知らない!!」と言ったので、今年は送ってくださいました。

『江戸崎南瓜』は、茨城県南部にある稲敷大地の関東ローム層で35年以上栽培され、昭和57年度に茨城県銘柄産地に指定され、堆肥による土作りをし、一本の蔓から一個の南瓜を作り、畑で完熟するのを待って収穫するので、たっぷりと太陽光を浴びて甘さも、栄養価も抜群。出荷期間は5月下旬より7月上旬までだそうですが、この名称の南瓜は、なかなかスーパーで見つけることができません。また、大きなしっかりした南瓜を切り開くのは、難儀でした。さて、カボチャプリンは、私も、これ以上ちょっと横に成長するのが心配なので、どう料理しようかしら?たまたま目に入ったレシピ『簡単ずぼらラタトィユ』は、私にピッタリ。肉なしで作ってみました。珍しい青トマトピクルスとモッツァレラ、トモサンカクのローストビーフで、ご馳走です。簡単ずぼらラタトィユは、沢山作ったので翌日は、カレーに変身です。
忙しい時短人には有難いです。
<<<<<<


野菜たっぷりが・・・嬉しいですね。もう一つは、ブロ友viviさんお薦めの『カボチャサラダ』です。

南瓜は8分ぐらいレンジでチン。きゅうりの輪切りを加えて、クルミ、干しぶどう、ブルサンアーユ、南瓜、マヨネーズ、レモン汁を加え味の調節(決して、つまみ食いではありません!?でも、美味し過ぎて、何度も試食・・・これは、つまみ食いになりますね (´▽`;)ゝあはは)
<<<<<


クルミは・・・常食すると腎臓の機能を高め、肌を美しくするなどのさまざまな健康美容効果が期待でき
レーズンは・・・塩分の多い食事のバランスを改善する成分としても注目されているカリウムの他に、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルをバランスよく含んでいますが、脂質は低く、気になるコレステロールはゼロなんです。
26P7020031ka.jpg

さて、南イタリア旅行を4日後に控え最終打ち合わせに、麻雀を兼ねてメンバーが集まりました。ターキッシュエアライン利用ですのでイスタンブール経由。オプションでイスタンブール市内観光もsetされているようです。「今度の旅は、世界遺産ばかり。blogが忙しくなるわね!?」と黙聴 (ダ マテン)の幸ちゃん~。嵌張待ち(カンチャンマチ)が多く、なかなか手が読めないので時として高得点を狙うキヨミちゃん。寝不足で冴えない雀士姉御。そして結構綺麗な手を狙うmonalisaこと私は、この日は珍しく三色同順狙いの配牌が多く、運も手伝って楽しい1日を過ごしました。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

江戸崎南瓜、初めて知りました。
お料理上手なmonalisaさんの手にかかれば、
美味しさも最大限に引き出されたことかと思います。
もう、見るからに美味しそうな食卓!
これは、お酒も進みますね。

ラベンダーって、種類が意外にあるんですんね。

riomanさん、今晩は~

いつもカボチャは、1/4個で買うので、南瓜を切るのに苦労しました。
クイーンズ伊勢丹では、宮崎産とか熊本産が多いので、
この江戸崎南瓜は、お初にお目にかかります~です。

クルミとレーズンとブルサンチーズと南瓜・・・結構ボリュウムがあります~ね。
レモンとマヨネーズで味付け!! これ、とっても美味しいですよ。

いつかriomanさんラベンダーステックを・・・・と思いつつ
なかなか時間のないmonalisaです。

micmacさんの作品、いいですね!

ラベンダースティック、初めて観ました。茎を綺麗に編み上げる工夫は日本人が思いついたのでは?と疑ってしまいましたが、ラベンダーが咲く欧州で昔から楽しまれていたようですね、ネットによると。

ビーチコーミングで採取した、たわいもないガラスや貝の破片などで見事なテーブルを造るなど、独創ではないのかもしれませんが、製品は素晴らしい出来だと思います。これは、やはりプロですね!ネットでmicmacさんのホームページを探したのですが見つかりません。知っていたら教えて下さい。製品の販売もしてるんですかね?としたらどこで実物を見ることができるのでしょうか?こういうものは、写真じゃなくて実物で観賞してみたい気分です。いい知人を持っていて幸せですね、monalisaさんは!

雀友も大切に。たまには勝ちを譲ることも必要でしょう、一方的っていうのは、何でも良くないと思います、お釈迦様も言っていなかったかな???

mystery hunter さん、今晩は~

5年前にmicmacさんに誘われて「ラベンダースティックを作る会」に参加しましたが、毎年作っている方は綺麗に作りますね。今年は、変わり編みもあって・・・イイでしょう!?
香りが薄れたらこの膨らんだ部分をキュッツキュッツと揉むとまたいい香りが漂ってきます。
誰でもラベンダースティックは作れますが、このマラカスのようにぷっくりと膨らんだラベンダースティックはちょっとした工夫が必要なんです。
我が家のラベンダーで1本作ってみましたが、2色使いは、作り方・・・忘れていました。

故郷では、台風の過ぎ去った後には、流木が岸に打ち上げられて・・・それが木の根だったりすると
洗い流され面白い形だったりしますが、ビーチコーミングでは、こんなお宝が見つかるんですね。
海に行くと、私も捜し歩きますが、ある決まったところに集中して打ち上げられるんだそうです。

micmacさんからは2点ほど作品を頂戴しました。
mystery hunterさん、blog中の☆☆☆をクリックしてみましたか?
彼女の作品が3点載せてあります。残念なことに、彼女はブログをやっていませんし、作品の販売などもしていません。普通の奥様です。でも、考え方がとてもワイルド。

「庭に、南アルプスを作りました。見に来てください」とも2年前にお誘いを受け・・・まだ約束をはたしていません。近いうちにこのテーブルも見たいのでお邪魔してみようと思っています。
雀友とも持ちつ持たれつ・・・ハイ、友達は宝です。

monalisaさん、

ジャン友は女性ばかりですか?この頃麻雀を楽しむ女性も増えてきましたね。
私はもっぱらPC上のゲームで楽しんでいます。結婚したての頃舅、姑やらと楽しんだ家庭麻雀が懐かしいです。

ラベンダーステイックを作る友達がいて、私もいただきました。
乾燥したラベンダー入りの小さなクッションはかわいいハート形。
これもいただきものです。枕元に置いて爽快な眠りを誘ってくれています

江戸崎かぼちゃというのは初めて聞いた名前です。
カットするのは苦労ですが、おいしそうなカボチャサラダが出来ましたね。
レーズンはよくいれますが、くるみも美肌効果があるなんて・・・・次回には
ぜひ加えます。クルミは大好きでそのまま袋から出して、ポリポリしていますよ。

ikさん、おはようございます

ハイ、ジャン友は郷里の幼馴染の女性3人です。
日本橋三越には麻雀を楽しむクラブがあるようですよ。
雀牌は、父が使っていた象牙のビンテージものです。
ikさん、家庭麻雀はもうやらないんですか?

私は、幼稚園児位の時に母方の祖父母と花札をして遊びました。
点数の数え方、役も教えてもらい、今考えると素晴らしい英才教育を受けていたんですね!?

ikさんもラベンダーステックはプレゼントされるんですね。
お近くにお住でしたら一緒に作りたいものです。

ジャン友も、クルミを毎日食べているようです。
あの形が、脳にイイ~イメージありますね。
チーズは、クリームチーズでもイイですが
ブルサンを見付けて・・・これを入れてみてください。
きっとご主人も喜ばれ・・・病みつきになりますよ。
味付けは、塩とマヨネーズとレモン汁で・・・お好みに~
南瓜は、レンジで8分~10分ぐらいです。

そうそう、この間無印のお薦めのグリーンカレー食べました。
ちょっとヒリヒリ~。これも癖になりますね。

再び麻雀のこと

monalisaさん、

おはようございます。

あら、monalisaさんは花札でしたか?私も実は幼稚園時代から
麻雀を父、母に教えてもらい兄弟5人いましたが、
お正月のみやっていいとお許しが出ていました。
ただ、パイのみを縦に並べる簡単なゲームも楽しみましたし
そのうちに大きくなると役満を習ったり、
だから結婚するころにはかなり2ハン縛りでも上がれるくらい
の腕は持っていました。
たまたま嫁ぎ先の姑さんが大の麻雀好きで
同居していた主人の弟も仲間に入れて朝からやったこともあります。

今は義父母ともなくなり、家庭麻雀も子供が次々に生まれてからは
しなくなり、PC上で楽しむばかりです。
いくら待っていても、自分だけにいい配牌になるわけもなく・・・
でも、たまに目の前にそんなパイが転がり込んだ時の喜びは
かたりつくせませんね。

3色同順は結局夢でしたか・・・・?

クルミの形状がいかにも「脳にいい」って笑えました。
ほんとね!

ikさん、今日は~

我が子が幼いころには『ドンジャラ』という漫画チックな麻雀ゲームがありましたが
ikさんが幼稚園時代から麻雀牌に触れていたのは、驚きですね。

> ただ、パイのみを縦に並べる簡単なゲームも楽しみましたし
 これ、heart達にもできますかね?
 トランプ感覚ですね。

> そのうちに大きくなると役満を習ったり、
> だから結婚するころにはかなり2ハン縛りでも上がれるくらい
> の腕は持っていました。
 オ~ウ、専門用語が出てきましたね。
 2ハン縛りは、難しくなりますね。
 習いたての頃は、『鳴きjun』と言うくらい安い手で上がって
 ベテランさんたちにつまらない麻雀を強いていました。

> 3色同順は結局夢でしたか・・・・?
 ikさん「昨日?そんな過去は忘れた~わ。明日?そんな未来は分からない!!」なんて
  言ったら叱られますね。
 とにかく半チャンを2回やって、2回ともトップでした。
 役満は3回ぐらいしたかな~。
 (。'-')(。,_,)ウンウン 3色同順は1回はできたと・・・思い出しました。
  なにせ、私には後半は皆さんの夕飯を作る・・・というお役もあり、途中から主人に交代。
   皆さんとも打ち解けて、明日からの南イタリア旅行にも主人が参加。
   
> クルミの形状がいかにも「脳にいい」って笑えました。
> ほんとね!
 これ、昔どこかで聞いた覚えがあります~が
 ネット検索したら、こんな非科学的なことを言っている人・・・いました~よ。
『 更年期の養生訓 』
 http://www.kashiwashobo.co.jp/new_web/column/rensai/r11-07.html
   
さて、そろそろ旅行の支度を始めなくては~
ikさん、今回PC持参です。wifi使用可能なところからメッセージ送るかもしれません。

では、行ってきま~す。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/601-b6ea01cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶とキャロブハニー «  | BLOG TOP |  » トライアスロン

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。