topimage

2017-06

アルツハイマー(ディズニーランドの植物) - 2014.06.20 Fri

15日は「父の日」で、父親授業参観日が多かったらしく子供たちが振り替え休日?! 
それとも梅雨の中休みで「すわディズニーランド」とばかりに16日のディズニーランドは、すごい混みよう 。どのアトラクションを選ぶかは孫や娘任せ。 子守同然ですが、ジージも一緒だから、少し気が楽です。
26P1130819.jpg
白とピンクのベコニアでミッキーを・・・

私は、専らディズニーランドに咲いている花に惹かれ(年を取った証拠?!)カメラはそちら中心です。
26P1130829.jpg

ディズニーランドの植栽を紹介しながら、前回の続き・・・認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきたす「認知症」を 引き起こす原因でもっとも割合の多い疾患の「アルツハイマー」についてのレポートです。
26P1130837.jpg
寄せ植えには、食虫植物Nepenthes rafflesianaウツボカズラでしょうか?

前回の「糖質管理」で
アルツハイマー病とは脳の細胞が壊れ認知機能が衰える病気で、原因の一つが食べ過ぎ~でしたね。

脳内の記憶や学習をつかさどる「海馬」部分を調べるとアルツハイマー病の人は、インスリンを生成する遺伝子の働きが弱く、インスリンを作る酵素量もアルツハイマー病でない人の約1/2しかなく脳内が糖尿病状態になっているのです。血糖値を調整するインスリンの低下で脳内のエネルギー代謝が悪化した結果、神経細胞が死滅してアルツハイマー病が進行します。また糖尿病はアルツハイマー病の発症リスクを高めるだけでなく症状を悪化させるのです。
                                                       マウスオン
<
これはErythrina crista-galliアメリカデイゴ海紅豆(カイコウズ)でしょうか?

糖尿病は、インスリンの異常で血中のグルコース(ブドウ糖)が細胞に入っていけなくなる病気で、ブドウ糖などの栄養素が供給されなくなるので細胞の栄養失調状態が起こり、免疫不全となり感染症などを引き起こします。
26P1130848.jpg
この花の名は???

なぜインスリンが働かなくなるのでしょうか?
それは、インスリンは出ていても細胞表面の糖鎖との連携がうまくいっていないために起こります。つまり糖鎖が正常に働いてこそインスリンの役目が果たせるのです。
26P1130874.jpg
Justicia ベロベロネ(コエビソウ:イエロークイーン)

特に慢性的にインスリンが出過ぎてしまう人や、2型糖尿病の人、糖尿病予備軍・・・このような人は、気をつけないとインスリン分解酵素(sorLA)が炭水化物質の分解で使われ、アルツハイマー病の原因物質といわれる“アミロイドβ”の分解に回らず、脳内にたまりやすい・・・つまり、アルツハイマー病にかかりやすいのです。
                                                       マウスオン
<
赤い観葉植物、舌を噛みそうな名前のアナナスネオレゲリア。茎の中に紫の花が~

アルツハイマー病患者の脳内のインスリンの働きは糖鎖機能の回復によって改善するそうです。

実際に、糖鎖栄養素摂取により、初期のアルツハイマー病だった70歳女性が8年たった今でも、 健常者と変わりない会話で日常生活を送れているそうで、糖鎖栄養素を取り入れることで予防になるのです。 糖鎖栄養素は免疫力向上、抗酸化力向上、.解毒力の強化、.細胞の再生(脳神経・けが・肌再生)などに 役立つ・・・ということです。
26P1130849.jpg
我が家の庭にもありますAcanthusアカンサスモリス

人間の体には、約60兆個の細胞が存在すると言われていますが、その細胞1つ1つを見ていくと、 細胞の表面に約500本〜数10万本に及ぶ産毛のような形をしたものを確認することができるそうです。 この産毛のような形をしたものが「糖鎖」と呼ばれるもので、細胞同士の認識や相互作用に関する コミュニケーションの役割を担い、「アンテナ」又は「センサー」の働きをしているのです。
26P1130851.jpg
Strelitzia reginaeストレチア(ゴクラクチョウカ)

糖鎖はグルコース(ブドウ糖)を始めとする、8種類の糖質の複雑な組み合わせで出来ています。
糖鎖は、その先端が触れることで様々な情報を細胞内に取り入れています。 たとえば免疫細胞では、細菌やウイルス、毒素、癌細胞、その他様々な異物がやって来た時、 そのアンテナの先端が触れることでそれが何者なのかを判断しているのです。
26P1130870.jpg
Bougainvilleaブーゲンビリア

また最も重要なホルモン情報も、糖鎖のアンテナが取り入れています。それと細胞同士も、アンテナが 触れ合うことで、互いに話し合いをしています。細胞同士が連絡し合うことで、始めて正常に働ける訳です。 また、神経細胞の表面に糖鎖がないと脳のネットワークがうまくつくれない・・・というのです。
26P1130895.jpg
Agapanthus africanusムラサキクンシラン(アガパンサス)

私たちが、健康でいるためには、細胞表面にあるこの糖鎖、そしてそれを形作っている8種類の 糖質栄養素は、絶対に欠かせない存在なのです。

単糖名

含有食材

働き

グルコース(Glc)

ほとんどの植物・穀物、キノコ、
コロイド天然水 など

ブドウ糖、重荷エネルギー源、
免疫賦活作用

ガラクトース(Gal)

ツバメの巣、乳製品、キノコ、
増粘剤(カラギーナン) など

免疫系に重要、癌の成長・転移阻害、
腸内細菌の維持、Caの吸収の増加

マンノース(Man)

ツバメの巣、キノコ、アロエ、サボテン、
コロイド天然水、コンニャク など

免疫に重要、マクロファージ活性化、
細菌感染阻害

フコース(Fuc)

ツバメの巣、亜麻、
藻類(特にモズクやひじき) など

免疫系に重要、癌の成長・転移阻害、
気道感染症治療、抗炎症

キシロース(Xy)

穀物や植物の皮、キノコ、
コロイド天然水、メープルシロップ など

殺菌作用、病原体・
アレルゲンの結合阻害

N-アセチルグルコサミン
(GlcNAc)

ツバメの巣、甲殻類の甲羅
(カニ、エビ)など

変形性関節症治療、
グルコサミノクリガン形成、
癌の抑制、ヒアルロン酸の素

N-アセチルガラクトサミン
(GalNAc)

ツバメの巣、キノコ、
鮫軟骨、牛乳、ムコ多糖体 など

癌の増殖・転移に関与

N-アセチルノイラミン酸
(NANA)

ツバメの巣、母乳、
ホエイたんぱく など

脳の発育に必要、免疫系に関与、
粘膜の粘度調節(細菌感染防止)
シアル酸=コラーゲンの素


これらの事象を見ると、『ツバメの巣』って、素晴らしい食品なんですね。
26P1130909.jpg
Cotinus coggygriaスモークツリー

糖鎖栄養素は本来は食物から摂取されるはずですが、化学肥料や農薬などの大量使用によって、有機物を 分解するミミズやトビムシなどの土壌動物や土壌細菌の激減により土壌が疲弊し困難になっているのです。

現代の食環境ではグルコースは穀類やイモ類などからでんぷんとして、ガラクトースは乳製品などから ラクトースとして・・・残りの6種類の糖鎖栄養素はサプリメントなどから摂取せざるをえない・・・といいます。

糖鎖の数は、健康な人でおよそ10万本(部位によって異なる)。しかし、現代の食環境や不規則な睡眠や過剰なストレス、そして大気汚染をはじめとする様々な 化学物質等の影響で約3〜4万本に減っているとの報告です。
                                       参考:食添ライフより
26P1130844.jpgチャイナボイジャーのボイジャーセット(ローストチキンと水菜の冷やし中華麺とデザート)

8種類の糖鎖栄養素の表を見て、ツバメの巣は、実に6種類を含んでおり、糖鎖栄養素を補う食品としては最もふさわしい~と思いませんか?この食用の「ツバメの巣」は、中国では「燕窩(えんか)」と呼ばれ、東南アジアのごく一部の地域に生息するアナツバメという種類のツバメが、繁殖期に自らの唾液を吐いて固めて作った巣です。特別な唾液を太さ0.1ミリにも満たない糸のような状態にして、3週間かけて編み上げるんです。滋養にあふれた最高級の食材として珍重され、かの楊貴妃も、永遠の美貌を手に入れるためにツバメの巣を好んで食したと伝えられています。

実は、私は2年前にかの「菜香新館」で・・・頂きました。杏仁豆腐の上にゼリー状の塊りで入っていました。
26P1170274.jpg Ediblebirdsnest.jpg
ゼリー状のツバメの巣入り杏仁豆腐 

現代の食環境ではグルコースは穀類やイモ類などからでんぷんとして、ガラクトースは乳製品などから ラクトースとして・・・残りの6種類の糖鎖栄養素はサプリメントなどから摂取せざるをえない・・・からといってサプリメントをお薦めするコーナーではありません。食の意味を知って、よりよい栄養を摂取してほしい~この切なる思いからのレポートでした!!
26P1130881.jpg

所で、ディズニーランドの植栽をUPしながら、名前が分からないので調べているうちに
【東京ディズニーリゾートの庭師のおはなし 日経新聞7月19日文化欄 】と言うサイトに行き付きました。
東京ディズニーリゾートにはディズニーシーも含め約6000種類、64万本の植栽があるのだそうです。
散水用スプリンクラーは、2つのパークを合わせて約8000基。マツ類をはじめ塩に強い樹種を海側に配し弱い樹種を守るなど、塩害対策をしたり、 花壇のポットだけで年間70万鉢使って、常に満開状態にしたり花のコンビネーションを考え、ファンタジーの世界を演出しているそうです。ほかの遊園地や公立の公園と違って、低木や花壇以外の樹木はあまり剪定せずに、なるべく自然の姿を見せる。非日常の夢の世界だからこそ、リアルに演出・・・を心がけているようです。
26P1130847.jpg

講談社から社員の発案で「東京ディズニーリゾート植物ガイド」という本も出ているそうです。
巨大植物園の夏のパークで見どころの植物はタイサンボク、アガパンサス、シマトネリコ
記念樹と呼ぶ樹木は、パークのディズニーランドではホルトノキ、ディズニーシーではアコウだそうです。
26P1130930.jpg

珍しい植物がいっぱいありそうですね。バーバならではの「ディズニーリゾートの植栽めぐり」いかがでしたか?「東京ディズニーリゾート植物ガイド」を手にして次回はデイズニーシーを楽しんでみようと思います。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん、

2か月に一度の血液検査の結果に一喜一憂している糖尿病予備軍のふちまで来ている私には、すごくためになる話でしたよ。

お孫さん一家とご一緒の楽しいディズニーランドの楽しい写真と組み合わされた
この話、どうしても記事のほうに目が行ってしまいました。
ツバメの巣がいくらいいといっても日常生活ではなかなか摂取できないものですし、イモ類、キノコ等からとりたいと思います。

なんといっても、食物はまんべんなくいろんな食材を食べることが大事ですね。
1日33品目といわれている説には我が家の食生活は十分かなっていると思います。
大きな病気を経験してここまで元気にこられたのですから、これからも健康第一で頑張っていきたいと思います。

ところで、こうやって見せていただくと、ディズニーランドの植物もいろいろあるのね。久しくいっていませんが、あの雰囲気が味わえました。非日常の中にいられるし,楽しい場所ね。
ところで、何か乗り物乗りましたか?

ツバメの巣

中国人は机以外の四足ならば何でも食べる、と聞いた気がします。このような侮蔑的な例え話が日本だけで流布しているとしたら日本人は随分つまらぬ人種だと非難されても仕方ないですね。スズメの巣は中国でも高級食材のようですが、食べず嫌いの私はチャンスがあっても食べないでしょう。抵抗なく食べられるモナリザさんは大した食通!と改めて感心します。
机以外の四足の話は、長い歴史の中で、いろいろな食材に挑戦してきた文化の深さを例えた話、との見方もあるのかも知れませんが、この話に続けて、飛行機以外の飛ぶものは何でも食べる、とも言うようなので、どう贔屓目に見ても、ケチな人間が考えた例え話としか思えません。せめて大したグルメだ、と言うのが礼儀でしょう。所で、まさかグルメに侮蔑の意は含まれてないでしょうね、勿論、私には誓ってモナリザさんを侮蔑するつもりはありません!

ikさん、今晩は~

ikさんは、糖尿病予備軍のふちまで来ているんです~ね。
食いしん坊には、辛いですね。
私は、12歳の頃には今の身長と体重が・・・所謂『早生』という成長ぶり。
健康優良児として県で2位、表彰された身の上です。(これ、何回も言ってますか?)
今の所、健康診断で問題になる所は、肥満?!
やっぱり、食べ過ぎは今後に大きく影響するようですので玄米食に切り替えて10日余り。
積極的ウオーキングなどの運動もして成果を楽しみにしている所です。

ツバメの巣なんてどこで売っているのかしら?・・・ですよね。
やっぱり身近な食品で賢く心がけるが一番です。

> なんといっても、食物はまんべんなくいろんな食材を食べることが大事ですね。
> 1日33品目といわれている説には我が家の食生活は十分かなっていると思います。
> 大きな病気を経験してここまで元気にこられたのですから、これからも健康第一で頑張っていきたいと思います。
    ハイ、その通りです。
    33品目・・・あまり数えたことないけど
    御飯も白米✚玄米+16穀米・・・これだけで18品目ある~わね。

> ところで、何か乗り物乗りましたか?
    ちょっとガイドマップを見ながら行った所を探してみました。
    heroは、ディズニーランドを楽しむ年齢に達していませんし
    寝てしまったらベビーカーで・・・そんな状態ではどのアトラクションにも参加できません。
    私と『いないいないバ~(ババーじゃあない!!)』をやっていのが一番楽しいようでした。
    
    乗った乗り物は、光線銃で悪をやっつける「ハズ・ライトイアーのアストロブラスター」と
    heroも楽しめる「イッツ・ア・スモールワールド」です。
    3D眼鏡を掛けて風や水や匂いまで楽しめる『ミッキーのフィルハーマジック』も面白いですね。

    私が、ディズニーランドで好きなのは
    「魅惑のチキルーム」と「スイスファミリー・ツリーハウス」です。
    ツリーハウス現実に作りたい・・・夢です。

    兎に角、あの日は物凄い人出!!
    1つの乗り物に40分待ちはざらでしたので、木陰でheroと昼寝が気持ち良かったです。
    
来週は、heart-papaがトライアスロンに挑戦~なので、応援に行ってきます。
今月は、イベントが多くて忙しいです。
    
>     

お帰り~mystery hunter さん

>中国人は机以外の四足ならば何でも食べる、と聞いた気がします。
>このような侮蔑的な例え話が日本だけで流布しているとしたら
>日本人は随分つまらぬ人種だと非難されても仕方ないですね。
   中国生活をされ中国事情にお詳しいmystery hunterさんならではのご意見ですが
   それは、昔、広東省や福建省の華僑が、
   食品の行商、商売をするときに作り出したキャッチコピーで
   「我々はどんな食材でも商いできますよ!」という意味で
   決して、「中国人はなんでも食べる!」という意味ではないそうです。

   1昨年にフランス旅行をした際に、如何にもお金持ち風のご夫妻が
   『満漢全席』を食べたことがある・・・と言うのを聞いて
    食いしん坊の私は、カルチャーショックを受けました。
    『満漢全席』山八珍、陸八珍、海八珍の夫々~字面だけでも手が出ません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E6%BC%A2%E5%85%A8%E5%B8%AD
    
   『スズメの巣』ではなくて『ツバメの巣』ですが
   確かに2年目に食べに行った時のフレコミが
   「フカヒレ、北京ダク、アワビ、ツバメの巣の入ったコース」でしたが
   どこで食べたかしら・・・と思うくらい淡白な味でした。
   機会があって、出されたら貴方もきっと食べるでしょう。
   
大したグルメだ!!~に、侮辱を感じるよりも、その食文化を知らないことの方が驚きです。
何事も経験してからの判断の方がよろしいのでは~と思いますよ・・・食わず嫌いさん!!

ディズニーランドは子が小さい時に行ったきり、
まだディズニーシーなどなかったなぁ。
楽しく昔の思い出として残っています。

アルツハイマー病の予防にはツバメの巣がいいのですか。
これってプリン体、多いのかなぁ・・?

hotterさん、今晩は~

今年ディズニーランドは31周年だけど、ディズニーシーは12周年目だそうですよ!!
ディズイーシーは、お酒が飲めるから大人向き・・・と聞いています。
ディズニーシーには主人と一緒に1回、heart達と一緒に1回・・・都合2回行っています。

実はhotterさん、私は東京にディズニーが来る前にフロリダのディズニーワールドと
ロスアンゼルスのディズニーランドを楽しんでいる身でして
東京に出来た時は本当に嬉しかったです~よ。


> アルツハイマー病の予防にはツバメの巣がいいのですか。
> これってプリン体、多いのかなぁ・・?
   ここで言っているツバメの巣は、アナツバメの巣。
   皆さんがよく見るツバメとは種類が違います。
   タンパク質と多糖類が結合したムチンが主成分だそうです。
   プリン体の報道はなかったですよ。
   高級食材だから日常茶飯事にいただくことは出来ません。
   ツバメの巣を使ったサプリメントがあるようです。
   
ikさんのようにイモ類やきのこ類から糖鎖栄養素はお取りくださいね。

こんばんわ。
参観の振替でディズニーランド。
考えることはみんな同じなんですかね~
16日も混みましたか!
2日も激混みで180分待ちのアトラクションもありましたよ。
夢の国は、いつも満員御礼ですね。

ディズニーランドの植栽は、ほんと見事ですよね。
こうして改めてmonalisaさんのブログを通してみると、
植物のガイド本が出るのも「なるほど」って思います。
次回の楽しみがひとつ増えました。

アルツハイマー病は、よく耳にします。
やっぱり、日ごろの食生活って大事なんですね。
でも、ツバメの巣…なかなかお目にかかれない、いや、手が出ないです。

riomanさん、今晩は~

そうでした~ね。
われわれより一足早くriomanさん家族は、ディズニー入りしていたんですね。
180分待ちは、いやんなっちゃうね。
1日いたって、いくつものれないじゃあない?!
お父さんも一緒の家族連れが多くて、「お父さん何の仕事」と思いました。

植物のガイドブック出来ているなんて驚きでしょう?!

> アルツハイマー病は、よく耳にします。
> やっぱり、日ごろの食生活って大事なんですね。
> でも、ツバメの巣…なかなかお目にかかれない、いや、手が出ないです。
  ツバメの巣は、淡白。
  何処にでも売っている訳でなく、手も出ないのも事実
  でもこんな食品もあるんだ・・・と知っておくこともいいよね?!

基本は「食卓は、楽しく」ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/598-60d791a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第56回 東京南部会 «  | BLOG TOP |  » 糖質管理

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。