topimage

2017-06

梅雨とアジサイとクレマチス - 2014.06.10 Tue

6月5日、東京も梅雨入りしました。
庭の紫陽花も咲き始め、3年前に頂いて挿し木をした「渦巻き紫陽花」も今年は咲きました。萼片が内側に
コロッとまるまって渦を巻くように見え、可愛いでしょう?!これは、ウイルスに侵されたものが園芸品種と
して定着したそうです。「お多福紫陽花」とも呼ばれ通常はブルーの花ですが、中性土でピンク色に
咲かせたものは 「おかめ:梅花咲き」と呼ばれ、昔から愛されているそうです・・・そうよね?! ikさん
                                                       マウスオン
<


我が家の庭には、カタツムリまでお出ましになって、いよいよ梅雨本番。いつまで続くかしら?!
26P1130628.jpg

梅雨の季節になると、体調をくずしたりしますが、これを乗り切る最適な食品の1つが『梅干し』ですね。
梅干を見たり想像しただけで唾液が分泌されるのは、梅干を実際に食べてみて酸味を感じた経験から
おきる条件反射なんだそうです。唾液にはデンプンを糖化するプチアリンという酵素や、老化予防の
ホルモンとも若返りホルモンとも言われるパロチンが、骨や歯など全身の硬い組織に働きかけ、
新陳代謝を盛んにして細胞機能に活を入れて長寿がなりたっているのだそうです。
                                                       マウスオン
<
クレマチス ビチセラ ‘メアリーローズ’

梅に含まれているクエン酸の酸味は、胃液の分泌を高め殺菌効果から胃の中を綺麗にしたり、
大腸での良性細菌の増殖を促し、消化吸収を良くしますね。
また、血糖値の上昇を抑え、便秘の解消し 肝機能を高めて 酔いを防止する効果もあるのです。
療養時に米のおかゆと梅干し・・・これは脱水症状を防ぐ意味合いでもあるんです。
                                                       マウスオン
<
カシワバアジサイ

昔、近所のお婆さんが、こめかみに梅干しをつぶして貼り付けているのを見たことがありますが
梅肉エキスに含まれる「ベンジルβ‐D‐グルコピラノシド」という成分には、頭痛などの鎮痛効果があるそうで
その作用は、アスピリンと同じ程度だそうです。
                                                       マウスオン
<
アナベル

所で、片頭痛(=偏頭痛)の持病を持つ方は、こめかみの疼きや鈍色の雲の動き、風、天象の変化で雨が降る
気配を察知したり、すでに大気に含まれる水の重さを皮膚が吸い込んでいるので、僅かに肌が膨らんで・・・
片頭痛持ちや喘息持ちで過敏な方は、そんな天象でも雨が降る気配を感じるようです。
今でこそ起きませんが、思春期の頃、私もよく片頭痛が起きました。
ズッキンズッキンとこめかみが脈に合わせて痛み、酷い時には吐き気や嘔吐も伴います。
そんな時、いち早く『雨が降るわよ』と予言者のように友人に告げ驚かれました。
                                                       マウスオン
<
このクレマチスの名前・・・わかりません

片頭痛は脳血流が増える場合に生じる拍動性の痛みです。脳は絶えず多くの酸素を要求します。
梅雨の時期には気圧が低くなり空気中の酸素濃度が低下し、それを補うために脳血流が増えるのです。
飲酒や二日酔で頭痛がするのも、高山病で頭痛がするのも脳血流が増えるために生じるものです。
26P1130709.jpg
2つ目の多肉植物

片頭痛の特徴は~
1.脈拍に合致したズッキンズッキンとした痛みである。
2.痛みは頭の片側のことが多いが、両側性の時もある。
3.頭痛は、数日~数週間の間隔をおいて発作性に現れる。
4.一回の頭痛は数時間から3日間ほど続く。
5.前兆としてキラキラし見にくくなることがある。(閃輝暗点)
6.頭痛時に悪心(吐き気)や嘔吐などを伴うことが多い。
7.音や光、におい刺激で頭痛が生じたり強まることが多い。
8.明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。
9.頭痛の強い部分を手で圧迫すると痛みが和らぐ。
10.遅くとも30歳ころまでには発症する。
11.頭痛時に腹痛や下痢、発熱などの症状がでる。
12.血縁者の中に似たような頭痛を訴える人がいる。
26P1130617.jpg 26P1130629.jpg
クレマチス「キリテ・カナワ」

片頭痛の治療法の中心は薬物療法です。
片頭痛の薬物療法には大きく分けて二つの方法があります。
一つは頭痛発作が出る時のみに対処する方法で、
これには片頭痛の特効薬であるトリプタン剤やNSAIDSと言われる消炎鎮痛剤があります。
これに対し頭痛を予防するようなお薬もあります。
片頭痛の予防効果が認められている薬は、
抗うつ薬、β遮断薬、バルプロ酸、カルシウム拮抗薬、ビタミンB2などがありますが、
日本ではカルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンとバルプロ酸が保険適応となっています。
正確な診断と的確な薬物療法を行うことにより、片頭痛発作の著明な軽減が期待できます。
                             参考:片頭痛(つかだ内科クリニック)                                   
                                                       マウスオン
<
クレマチス「白万重」

薬物以外の物理療法や食事療法もあるんですよ。
私の場合、ラーメンを食べると・・・嘘のように片頭痛が治まるんです。
吐き気のある時は、吐いてしまいますが・・・お風呂に入ると治ったりもします。
26P1130708.jpg 26P1130651.jpg
ポタジェコーナー「ルッコラ・バジル・大葉・トマト「アイコ」など。コンパニオンプランツ・・・植えねば~ね。

ラーメンで片頭痛が治る・・・私と同じ思いをする人がいるかと思って検索したら
あにはからんや、『片頭痛持ちは、ラーメン禁止』というサイトに行きつきました。
中華料理に使われる化学調味料MSG摂取が引き金になる・・・とのことでしたが、
アメリカのJECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門委員会の調査の結果、
MSG(味の素)は問題はないと判断されたようです。
                                                       マウスオン
<
クレマチス「カシス」

雨の降る日・・・さて、なにをしようか?
こんな日こそお掃除、家中の床を水拭き。風水では、水拭き=厄落としと言われているので、
そのことを思いながら白い雑巾で床を水拭きすると、楽しい楽しい!~という加枝さん。
26P1130705.jpg
バラ「マチルダ」

食いしん坊の私は、台所に立って野菜のマリネを多めに作って冷蔵庫で保存して、節約節約です!!

blogram投票ボタン




スポンサーサイト

● COMMENT ●

我が家のアジサイは「墨田の花火」が咲き、クレマチスは終わりました。
以前頂いた薔薇の花、挿し木にしましたが全て失敗したようです。
こちらの梅雨は空梅雨になりそうな予感、程々に降ってほしいのですが・・
じめじめとしたいやな時期、早く明けてほしいです。

カタツムリ!
最近は、ちっとも見かけないんですが、
やっぱり、いるところにはいるんですね〜

いつの季節も、その季節のお花が充実してるお庭ですよね。
ハーブもいつでもお料理に使えていいです!

hotterさん、今晩は~

墨田の花火は、以前持っていました~よ。
クレマチスのヴィチセラ系は遅咲きですので、ボチボチ咲き出しています。
そう~「キリテ・カナワ」も「白万重」もそろそろ終わり~かも。

バラの挿し木・・・ですね。
妹は、挿し木が得意らしくいろんなバラを頂いて増やしています。
「花咲かばーさん」なんて自分で言っていますよ。

hoterさん、梅雨入りしたばかりです~よ。
もっとも東京の今日は、雨が降りませんでした。
16日は、孫たちとディズニーランドです。
その日は、晴れて欲しいです!!

riomanさん、今晩は~

見てみて~、ポタジェコーナーには、モンシロチョウも飛んできましたよ。
先日、一回りも二回りも小さなトノサマガエルも見つけちゃいました。
もう20年も前になりますが、玄関に「ヤマカカシ」がいて
息子がブリキ缶に傘で追い立てて・・・ペットショップに持って行きました。

隣が広い公園だからでしょうか?!

はい、ポタジェコーナーの収穫が楽しみです。

紫陽花の花言葉??

ネットで調べると「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」とネガティブな表現が並んでます。私に言わせると「奥ゆかしい女性(ここでは、ひと、と読みます)」となりますが、どんな権限のある誰が花言葉を決めたんでしょかねぇ?それがはっきりしないことには、普遍性・一般性・合理性のない、単なる言葉遊びでしかないですよね、としたら趣も味わいもありません。古典文学や歴史の中で紫陽花といえばあの人、と言えるような人(女性です)がいて、「なるほど、紫陽花のような人ね」だけでも話が通じるようになっていないと、受け入れられません。正直に言えば、何度聞いてもすぐ忘れてしまう、ってことですが。花言葉の起源と正当性について知っていたら教えてくれると助かります。

mystery hunter さん、こんにちは~

≧(´▽`)≦アハハハ、貴方らしいですね。
その性格では、不思議なことが世の中にいっぱいあるのでは?!
花言葉・・・確かに誰が決め、そんなことを言い伝える権利がどこにあるのか~と
不本意な表現を付けられたら思いますね。
wikiによると、植物に象徴的な意味を担わせる伝統は世界の多くの文化が持っているが、
現在行われているような花言葉の慣行は、とりわけ19世紀の西欧社会で盛んになった・・ということです。
その起源については不明な点が多いが、フランスの貴族社会では、19世紀初頭には草花を擬人化した詞華集が
人気を博し、草花と特定の意味の組み合わせ例を示した手書きの詩作ノートが貴族サークル内で回覧されていた。そうしたノートは、草花の性質にことよせて恋人の美しさを賞賛したり、あるいは不実や裏切りを非難するといった恋愛の駆け引きのために参照されたようですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%A8%80%E8%91%89

mystery hunterさんのように、自分のだったら~的な花言葉を思いついたらいかがですか?

私は、数年前にフジテレビのドラマ「風のガーデン」でルイと岳の祖父として登場する医師、白鳥貞三。
彼が作った365篇の独創的な花言葉を収録した倉本聰さんの花言葉集が大好きで、本まで買って読みました。
http://www.fg-musashi.co.jp/windygarden/

人それぞれの思い出のシーンで・・・是非貴方の花言葉集、作ってみてください~ね。

ちなみに、アジサイは色変わりがするから七変化。移り気は有名だから、人にはプレゼントしかねる花です。

mpnalisaさん、

こんばんは。全くよく降りますね。でも、庭の木々や草花が雨に打たれて、緑がひときわ増しているようです。

薄紫のキリテカナワ、 白万重の白、どれも見たことのないクレマチス、バラが好きな人は、クレマチス好きも多いといわれているのがわかる気がします。

白のアナベルはあこがれのアジサイです。でも我が家の狭い場所では増やせないので、たった1本渦アジサイだけを愛でています。色づいてきましたよ。

どういうわけか、2,3日前から片頭痛がしていました。若いころはよく頭痛に悩まされていたのですが、
(バッファリンをいつもハンドバッグにいれてました!)結婚以来嘘のように感じなくなりました。
それが、久しぶりにあのズッキンズッキンが始まり、ちょっと困っていましたが、今朝は熱い風呂を沸かして朝ぶろにゆっくり浸かったら解消されました。
monalisaさんのおっしゃる通り、気圧の関係でしょうか?朝からラーメンを試すわけにもいかず、血流を良くしてやればいいのかなと思った次第です。

雨の日・・・・迷わず午後から出かけました。

ikさん、今晩は~

今日みえた2人のご婦人が似たような症状で見えられ、気になりました。
そのうちの一人は、今まで低かった血圧が高くなって(150以上~)軽い降圧剤を飲んだら眩暈がして
立っていられない・・・という50代のご婦人。本当に辛そうでした。
もう一人は、首筋の後ろ側が張って頭が痛くて、血圧を測ったら、上が170だった・・・という70歳代のご婦人

ikさん、血圧は?
頭痛と血圧とは密接な関係があります。
繰り返すようなら、受診してみてくださいね。

≧(´▽`)≦アハハハ 朝からラーメンは、私なりの解消法で、
誰にでも通用するわけではありません~よ。

白いアナベルは、育てるの楽です。
我が家では、裏庭の日当たりの悪いところに植えてあります。
紫陽花のような剪定の時期、剪定の場所など拘りがなかったように思えます。

ロザリアンは、クレマチスも好きですよね。
消えてしまったクレマチス「紫子丸」「アバンギャルド」・・また欲しいので、また見つけてこようと思います。

ikさん、お大事に~ね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/589-80f01998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

糖質管理 «  | BLOG TOP |  » やっぱりバラが好き(十薬会)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。