topimage

2017-10

やっぱりバラが好き(十薬会) - 2014.06.05 Thu

我が家にもう一種類、昨年第一園芸のgift券で買った河本純子さん作出のバラがありました。
それは『コラーユ ジュレ』Corail gelee
P1070367r.jpg

3月から4月の芽を出す時に急激な寒さにあたったり、曇りや雨続きで日照時間が少なかったり、
根づまりを起こしている鉢植えのバラに起こりやすいブラインドになってしまって花が咲きませんでした。
ブラインドは、枝そのものがダメになったワケでなく、花芽の分化が不完全で蕾が作られず、枝も伸びなく
なっただけなので、枝先を取ってしまえば脇から芽が伸びだして花が咲く・・・ということで
ブラインドは放置していても花が咲かないので、充実した5枚葉の少し上をピンチしました。
26P1070381.jpg
そんな訳で・・・私の『 La Vie en Rose 』は、限りなく続くのです~。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~    

人によっては「まだ仕事をしているの?!」状態で叱咤激励されますが、同級生が集まれば
現役バリバリです。そんなpharmacist 10人の会『十薬会』が今年は、横浜でありました。
26P1130407.jpg

会場選びは≪絶対外さない人≫・・・のお声高いmonalisaです(それだけ遊び人・・・と言う事?!)
実は、銀座、日本橋あたりにお連れしたかったんですが、5月の日曜日は結婚式で貸し切り状態で
予約できず横浜中華街の『菜香新館』にお連れしました。
26P1130359.jpg 26P1130358.jpg

某雑誌に、『獅門酒楼』『京華楼』と並んで横浜中華街 最新の三ツ星店として紹介されていましたが、
実は2年半前にも来ていて下見済みです。『菜香新館』は横浜中華街ではじめ本格的な香港スタイルの
飲茶を打ち出したお店~だそうで、入り口近くには行列ができ45分待ちのプラカードがかかっていました。

おしゃべりなオバちゃんたちですので個室で・・・選んだメニューは【 25周年記念コース 】  
2年半前は、フカヒレ、北京ダク、アワビ、ツバメの巣など。今回は何がでるか?
中華ならではの円卓が嬉しい~と、気心知れている仲間ですので定年退職して悠々自適な伴侶から
行動を管理されている事への不満や両親の介護での苦労話で盛り上がりました。

またお薬は熟知している面々ですので「あれを服用し続けるとパーキンソンになっちゃうわよ~」とか
「新発売された糖尿病の薬は、尿路感染症の副作用がある」とか「あれで痩せられる」とかワイワイガヤガヤ。
「炭水化物を食べ続けると認知症になる」なんて「ほんまでっか?!」クラスの話まで・・・
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ 前菜:菜香玉寶盆(旬の彩り前菜 菜香プレート
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ピータンって、どうやって作るんだろう。黒色のゼリーで固めたのでは?」と興味深々
皮蛋は、アヒルの卵を強いアルカリ性の条件で熟成させて製造する中国の食品。
レンゲにのせられた大きさからは鶏卵でつくられた様子です。

記録によると、明代初期にアヒルの卵を灰の中に埋めて忘れてしまい、二ヵ月後に発見された卵が
熟成していたことから偶然に製法が発見されたそうです。
石灰や木炭を混ぜた粘土を卵殻に塗りつけ、さらにその上から籾殻をまぶした物を、土中ないし甕の中に
いれ、2~3ヶ月程冷暗所に貯蔵。殻の表面に塗りつけた石灰などのアルカリ成分が徐々に殻の内部に
浸透し、卵の成分がタンパク変性を起こして固化するのだそうです。
白身部分は黒色のゼリー状、黄身部分は翡翠色になるのです。
26P1130360.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃頂湯毛鹿中勾(気仙沼産 特厚毛鹿ふかひれの姿煮)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毛鹿鮫(もうかざめ)は英語名Salmon sharkとも呼ばれ、よく鮭を好んで食べるサメだそうです。ふつう、
日本で「ふかひれ」というと吉切鮫(よしきりざめ)のヒレが多く、毛鹿はその約3割しか捕れず最盛期は
夏場で、冬になると水揚げは少なく、夏季でも一日に1000匹も上がると珍しく、少ないときは数匹しか
水揚げされず、通年で漁がある吉切鮫とは違い、数量を確保するのが難しいフカヒレなんですって~
毛鹿鮫のヒレは、吉切鮫よりゼラチンが柔らかいのが特徴。そのため形が崩れやすいのは難点!!
大皿に広がったヒレは迫力があり、目で楽しみ、香りで楽しみ、味わって楽しむという食の醍醐味を
堪能でき、フカヒレ料理を特に好む人はわざわざ毛鹿ふかひれを指定して注文するそうです。
26P1130362.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃金陵北京填鴨(北京ダック 菜香スタイル)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お仲間の一人、Nさんのご主人贔屓のお店だったようで、「来週は主人もここで会合があるのよ。
北京ダックって、下処理したアヒルの皮を窯の中でパリパリに焼いて、皮を削ぎ切りにしてネギ、胡瓜や
甜麺醤と共に「薄餅」に包んで食べる料理でしょう?!この皮を剥いだ後のガラから素晴らしいスープが
取れるのよ!!主人が前に頂いて来た時、貰って来たから、くださるんじゃあないかしら?!」と
言うので、早速ウエイターさんにお願いしましたが、無理でした。
26P1130364.jpg
アラ?!たった2枚・・・と思いましたが、余分な脂を落として焼き上げ、パリパリになった皮の香ばしさ。
薄っすらと残った身肉のコクが絶妙のバランスで、脂っぽさを醤をつけた黄ニラや胡瓜の辛さが
味を引き締めて、サッパリとした良いお味でした。
26P1130368.jpg
北京ダックの有名店で、本当のダックも皮だけ出てくる店はほとんどなく、ダックの皮にバランス良く
薄く削ぐ様を目の前でデモンストレーション。残った身肉と骨でスープを取ります(鴨湯ヤタン)。
同時に注文すれば、タダで出してもらえて、このスープに香草を入れて飲むのが北京流だそうです。
広東流では、本当にダックの皮だけ(全く身の付いていない)だそうで、「菜香新館」は広東流でした。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃海皇香港麺(活はまぐりと蟹爪の特製海鮮香港麺)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラゲのような幅広の麺で、「あら?!麺と言ってもスープも量も少な目で上品なお味!!」
前菜から麺まで1時間半。このお店は、スローテンポで料理が出て来るのでお喋りでゆっくりしたい我々には
都合がいいのですが、流石に満腹!!満足!!
26P1130369.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃鮮果凍杏仁(特製なめらか杏仁豆腐 季節のフルーツソース)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季節のフルーツソースは、マンゴーでした。
26P1130370.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃特選中国茶(蜜蘭香単叢)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後は、オーナーお薦めの特選中国茶(蜜蘭香単叢)です。「蜜蘭香(みつらんこう:Mi Lan Xiang)」は、
ライチの香りとでもいうような、とてもしとやかで、その名の通り強い蜜香りがあります。
比較的苦味の出にくい、香りと味のバランスのとても良く取れたお茶だそうです。


学生時代の思い出話や娘、息子、孫の話など・・・どのくらいお喋りをしたでしょうか? 
計画ではヨコハマおもしろ水族館に行く予定でしたが、もっとお喋りがしたい・・・と、
お土産に鹹蛋五目粽(塩漬けタマゴ入り五目ちまき)を買ってローズホテル横浜でtea-timeです。
26P1130356.jpg 26P1130408.jpg
某雑誌に掲載さた『菜香新館』お薦めの料理は、「海老入り蒸しクレープ」「上海小籠包」「大根パイ」
「骨付きアヒル肉のあぶり焼き」「蟹肉入り三食蒸し餃子」「皮付き豚バラ肉の塩炙り焼き」です。


山下公園に繰り出して、ここでも綺麗な薔薇を見ながらも・・・限りなくお喋りは続きます。

我が家のバラ「モナ リサ」は咲かなかったですが、山下公園で出会いました。
バラMona Lisa モナ・リザの花色はオレンジ黄色で、外側に向かうに従って弁先に桃色がさします。
半剣弁高芯咲きで、開花するにつれ花弁が波打ち、平咲きになるり、甘く強い芳香があるります。
フロリバンダの中では大型で、樹勢は極めて強く、耐病性も高いので、初心者にも向く・・・これで
思い出しました。我が家のバラ「モナリサ」は、今年の春、地植えしたんです。
<<<<<


「匂いのないバラの事を『笑わぬ貴婦人』って言うそうよ」と競走馬のドーピング検査が仕事だったESちゃん。
閑職となった今は、某大学農学部の受講生になって植物の事を勉強中なんです。
「変化朝顔」などという朝顔の種類があることも、彼女から教えて頂きましたが、今回は、薔薇に恋して
ロザリアンになってしまったカメラマンの鈴木せつ子さん著の本「わたしだけの愛しのバラ」を持参です。
この本には、日本人の名前からイメージするままにあなたの名前に似合うバラ100コ、誕生日のバラ365コを
著者の目線で分類記載しています。因みに、私の名前に似合うバラは『ランブリングレクター』だそうです。
26P1130405.jpg 26P1130404.jpg
ESさんからこの本をプレゼントしていただきました。
もっとバラの事を知って、我が家のバラで花束を作ってプレゼントしたい・・・こんな思いでいっぱいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。

monalisaさんの『十薬会』で行かれるお店。
毎回、スッゴク楽しみなんです。
いつもいつも、とってもセンスが良くて、味もさることながら目でも楽しめるお料理はとっても後学になります。

中華街は、世代を問わず楽しめる街のひとつですよね。
東横線直結にもなってるので、
ママ友さんと「折を見て、美味しいものを食べに行きたいよね」って言ってるところです。

お薬の話は特に、こどもたちが何かと臆するにはお世話になっているので
ちょっと会話も聞き耳を立てて聞きたいくらい、興味があります…笑。

riomanさん、今晩は~

当初の予定では、あきる野の『燈々庵』か『井中居』の予定でした。
『燈々庵』は、メンバーがもう一度行きたい・・・と言うほど素敵なお店ですよ。
ちょっと遠いですが、料理と言い演出が素晴らしいです。
山形からご両親が出ていらっしゃったら是非お連れしてみてください!!

横浜の『菜香新館』はheart達と2年前にいきました。
今回もサプライズがいくつかあって~知らない世界を知るって嬉しいですよね。

riomanさんは、銀座の「サンダンデロ」には行かれましたか?
郷里のお友達と・・・きっと皆さん喜ばれますよ。


> 中華街は、世代を問わず楽しめる街のひとつですよね。
> 東横線直結にもなってるので、
> ママ友さんと「折を見て、美味しいものを食べに行きたいよね」って言ってるところです。
   私の最寄り駅からは、約1時間ちょっと。
   本当に近くなて嬉しいね!!
   
> お薬の話は特に、こどもたちが何かと臆するにはお世話になっているので
> ちょっと会話も聞き耳を立てて聞きたいくらい、興味があります…笑。
   聞き耳って、とっても気になる時ってありますね。
   riomanさん、気になることがあったら どうぞメールください~ね。

メルアド:rin_monalisa6246@jewel.ocn.ne.jp

分かる範囲でお教えいたします。
   
                                  

卒業後何年もたっているのに仲良し10人で会えるなんて幸せね。
そうか、薬剤師さんの働く場所に<競馬馬のドーピング検査<
というのもありなんですか。
薬剤師さんて年齢に関係なく働く意思があれば、長く続けられる
お仕事で素晴らしいと思います。前にもお話しましたが、
亡き母が私の進路を<薬剤師<と言い続けましたが、
親不孝者で英文学などのほうへ進んでしまいました。

北京ダックの皮をそいだ後は、料理人さんがあの肉を食べてるなんて言う人
もありますが、もったいない気がしますね。皮だけを食べるなんて贅沢。
でも、ネギと甜麺醤でくるんで・・・・あぁ、おいしそう。中華街にはよくいきますが、
ごく庶民的な料理ばかりで、しばらく北京ダックは食べていません。


ikさん、今晩は~

> 卒業後何年もたっているのに仲良し10人で会えるなんて幸せね。
   我々は、オーム事件の時にサリン中毒のことでよくテレビ出演していた先生の下で
   卒業研究としてキャベツやイチゴの残留農薬を分析していました。
   この10人が大学4年目に1年間一緒に研究室で朝から実験
   夕方には『軽い心』というビヤホールで・・・
   卒業後、集まるとあの頃の話を毎年繰り返しています。
   卒業しても会を続けているのは我々だけのようで
   実は、一緒の研究室でなかった友人も2名、最近は参加しています。

> そうか、薬剤師さんの働く場所に<競馬馬のドーピング検査<
> というのもありなんですか。
   ハイ、卒業当初は医薬分業の走り
   薬剤師として働くには大きな病院しかなく
   私も、医学部の実験助手(ラボランチン)として働いていました。
   ここ30年ぐらいでしょうか?
   医薬分業が進んで薬剤師の免許を持っていてよかった~?!と思えるようになったのは!!

> 薬剤師さんて年齢に関係なく働く意思があれば、長く続けられる
> お仕事で素晴らしいと思います。前にもお話しましたが、
> 亡き母が私の進路を<薬剤師<と言い続けましたが、
> 親不孝者で英文学などのほうへ進んでしまいました。
   親不孝ですか?!決してそんなことないと思いますよ?!
   でもお母様は、何故薬剤師にさせたかったのでしょう?
   私は、叔母が薬剤師で幸せな生活を送っていたので叔母の生き方に憧れていました。
   
   ikさんの息子さんが薬剤師をお嫁さんにされて・・・そこで、お母様の思いは、叶っていますね。
   
> 北京ダックの皮をそいだ後は、料理人さんがあの肉を食べてるなんて言う人
> もありますが、もったいない気がしますね。皮だけを食べるなんて贅沢。
   この想像をする人、いましたが、ウエイターさんは、この鴨は肉は少ない・・と言っていました。
   ブログにも書きましたように、北京料理と広東料理とでは、使う鴨が違うのかしら?
   
   ikさん、この皮は、コラーゲン豊富
   我々は、フカヒレと言い北京ダックと言い、翌日はお肌プルプル状態~よ。
   たった2枚でしたが、甜麺醤のお味もよく・・満足満足です。
   
> でも、ネギと甜麺醤でくるんで・・・・あぁ、おいしそう。中華街にはよくいきますが、
> ごく庶民的な料理ばかりで、しばらく北京ダックは食べていません。
   ikさん、「菜香新館」の「海老入り蒸し餃子」はえびたっぷりでプリプリ
   「大根パイ」はサクサク生地とトロリとした大根餡の取り合わせが絶妙だそうです。
   次回は、この2種は外さないで注文したいと思いますよ。

   ところでikさん行きつけのお店はどこですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何故中華料理は世界遺産にならないのか?

「中華料理・世界遺産」でネット検索すると、中華料理が世界遺産に登録されないのは食の安全が保証されていない、という書き込みが見つかりました。でもmonalisaさんのブログの写真を見ると、本場の中華料理は見て楽しむところが少ないからではないのかな、と思います。
北京ではかならず行くレストランは外国人向けの味付け、盛り付けですが、やっぱり中華で、量と種類の多さが自慢です。特に田舎では食べきれないほど盛り付けるのがもてなす側の礼儀だった、と聞いたことがあります。
しかし、横浜中華街の中華料理はエレガントな盛り付けだし、色も控えめでどぎつくなくて、本場と全く異なる、日本式中華と言えるのでは。これなら好き嫌いの多い私でも食べられそうで、世界遺産登録も間違いないと思います。よく行く「一品香」の焼きそば、チャーハン、野菜湯麵も、中国人が食べたら、日本の中華の方がよほど美味しい!と驚くに違いりません。

やっぱり薔薇が大変お好きのですね。
女房は薔薇には棘があるのであまり好きではないようです。

横浜中華街の『菜香新館』の料理、私には目の毒です。

鍵コメさん、今晩は~

横浜中華街の情報・・・嬉しいです。
同発の別館は、私にとっても思い出深いお店です。
大三元酒家の冷やしネギ蕎麦
おかゆなら謝甜記
焼きそばなら梅蘭
餃子の皮をはじめ中華食材は永楽製麺所ですか?

我々が大学に通う1960年代は「女子大生亡国論」まで出ていて
資格習得のための必要性がなければ、親も学費を出してくれなかった時代です。
鍵コメさんも素晴らしい資格をお持ちで・・・・やっぱり「親の苦言と茄子の花は~」ですね。

娘さんもそんな母親の後ろ姿をしっかり見て育って・・・
(。'-')(。,_,)ウンウン  我々は、しっかり後輩を育てていますね。

mystery hunterさん、今晩は~

世界一の幸せ者って、ドイツ人のメイドさん、中国人の料理人、日本人の妻を持っている男性~と
いう事を昔聞いた覚えがあります。

どの国に行っても中華街はあるような~?

私も、料理のレパートリーに困ったら中華!!
炒めたり蒸したり茹でてレトルトパウチで味付けをすれば、立派な1品が出来てしまうからです。
とっても手軽にしかもリーズナブルに用意できますから中華は主婦感覚では一番の食材。
でも、油分が多いのでカロリーオーバーになり勝ちなんですよね。

『世界遺産登録』フムフム~もし、投票性なら是非味部門で1票入れます。

「一品香」の焼きそば、チャーハン、野菜湯麵がお薦めすか?!
ねえ~、酸辣湯麺大好きなんですが・・・それ、メニューにありますか?

hotterさん、今晩は~

Every rose has its thorn.
棘ですね?!確かに~
先日、ツルバラの剪定をして腕にひっかき傷をたくさん作って
「如何したんですか?その傷?」って聞かれてしまいました。

でも、綺麗は綺麗です!!

> 横浜中華街の『菜香新館』の料理、私には目の毒です。
  hotterさん、「目の保養にもならなくって~お気の毒」でした。
  

おはようございます。
メルアドありがとうございます^_^
これでいつでも疑問解消!できます。
お守りメルアドみたいで嬉しいです。

riomanさん、今日は~

>これでいつでも疑問解消!できます。
>お守りメルアドみたいで嬉しいです。
  お役に立てば・・・ですが
  実際我々の仕事って縁がないほうが幸せな事ってありますものね。  
  



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/583-e051a5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

梅雨とアジサイとクレマチス «  | BLOG TOP |  » 私のLa Vie en Rose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。