topimage

2017-06

春霞 - 2014.05.06 Tue

GWの渋滞覚悟。故郷でheartの家族達と過ごしてきました。

立春から数えて八十八日目の5月2日は「夏も近づく八十八夜」香り豊かな新茶の季節です。
故郷は温暖な気候に恵まれ、また降水量も多いのでヤブキタ茶が栽培されています。
道の駅「とみざわ」では、新茶やタケノコ、コゴミ、タラの芽、コシアブラがとってもリーズナブルなお値段で
販売されていました。(実は、足柄ドライブインでこれらの山菜は買ってきちゃいました!!)
26P1120731.jpg

お茶と言えば静岡が生産高では日本一ですね。
高校時代、母校の運動会では浴衣を着て「茶っきり節」を踊るのが恒例でしたが今はどうかしら?
「唄はちやっきりぶし、男は次郎長、花はたちばな、夏はたちばな、茶のかをり。
ちやっきり ちやっきりちやっきりよ、きやァるが啼くから雨づらよ」という静岡民謡ですが
この「ちゃっきり節」は北原白秋作詞 町田 佳聲作曲で、1章から30章まであるって~驚きです!!
26P1120742.jpg

お茶は「養生の仙薬、延齢の妙術」として飲まれ、さわやかに香りたつ新茶は旬の味わいとともに
「無病息災長寿目出度の茶」の縁起物として珍重されていますね。

長らく抹茶のみだった日本茶文化にあって、葉茶を瑞々しい緑色に煎じて飲料用に供する煎茶の技法を
編み出したのは、江戸中期の宇治の永谷宋円と言う人だそうです。
Camellia_sinensis_-_Köhler–s_Medizinal-Pflanzen-025

江戸の頃、毎年新茶の季節になると将軍に献上するお茶を宇治から江戸に運ぶ「お茶つぼ道中」は、
大名行列でさえ道を譲らなければならず、茶壷行列が通る時、子供達は、家から出るのを禁じられて
いたそうで「茶つぼに追われてとっぴんしゃん ぬけたらどんどこしょ」という童謡にあるように
「お茶壷様が来たら戸をピシャンとしめ、ごま味噌でもなめてじっとしていよう。お茶壷様が通りぬけたら、
どんどこしょと戸を開けて外で遊ぼうよ」と、
お茶つぼ道中の障りになるのを恐れ家中の戸を全て閉ざしてやり過ごしたそうです
26P1120744.jpg

実家に着くと香典返しのお茶が届いていました。
お茶は「土に還る」という意味合いや飲みながら故人を偲ぶという事で不祝儀などによく使われますね。
また、お茶の木は丈夫かつ長寿で地中深く真直ぐに根を張る事から、嫁ぎ先にしっかり根をおろして
欲しい~との願いを込めて結納にも用いられ結納茶には、新芽をつみ取った残りの茶葉で作られる番茶が
使われますが「番茶は一度しか出ない。嫁も家を出るのは嫁ぐ時の一度だけ」の縁起をかついでいるそうです。

ところで、お茶と言えば、紅茶、緑茶、中国茶などがありますが、チャノキ(茶樹)は同じで、
発酵のさせ方により、酸化発酵を行った紅茶と行わない緑茶のように分かれているそうです。

683px-Camellia_sinensis_Japan.jpg

茶葉に含まれる酵素が、茶葉の中のカテキンなど300種類以上の成分と反応するにつれ、
テアフラビンなどが生成しこれらの成分によって茶の味や香りが左右され、酸化発酵が進むにつれ、
葉緑素も酸化されるため、色は緑から暗色に変化していくのです。
中国茶では、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶の大きく6種類の区別があるそうです。
  緑茶
 中国茶の緑茶は茶葉を摘み取ったあとに加熱処理を
 行ない酸化発酵を止めた茶、無発酵茶である。
 加熱の際に茶葉を蒸さずに釜炒りする方法が主流
 (日本茶の緑茶は蒸す方法が主流であるが、
 釜炒り茶も一部に存在する)。基本的には無発酵だが
 雲峰などの一部の緑茶ではダージリンの春摘み茶や
 烏龍茶や紅茶で行われる萎凋(わずかな発酵)を
 施すものもある。
 「龍井茶」「黄山毛峰」「信陽毛尖」など
緑茶
白茶  白茶
 弱発酵茶。中国福建特産の希少な茶。
 原料は茶葉の芽に白い産毛がびっしりと生えて
 いるもの(白毫)を用いる。
 摘採後、萎凋(放置して水分を飛ばすとともに
 酸化発酵を行わせる)のみを行い、
 火入れして酸化発酵を止める
 白茶は宿酔い、夏ばてに効き解熱作用もあるとか
 「白毫銀針」「白牡丹」「寿眉」など
  黄茶
 弱後発酵茶。白茶同様希少な茶である。
 萎凋を経ずに加熱処理を行うが、その際、低い
 温度から始め、徐々に温度を上げ、その後
 徐々に温度を下げることにより、一定の酸化発
 酵を行わせる。その後、高温多湿の場所に置い
 て悶黄と呼ばれる後発酵を行わせる
 この悶黄は、酸化酵素や微生物の働きによらず
 高温多湿の環境でポリフェノールや
 クロロフィル(葉緑素)を酸化する過程であり
 これにより葉は黄色くなる
 「君山銀針」「霍山黄芽」など
黄茶 width=300
青茶  青茶
 半発酵茶。烏龍茶に代表される。萎凋を行い、
 その途中で茶葉を撹拌する揺青という工程を
 加えることにより、発酵を助長する。
 釜炒りで酸化発酵を止めた(殺青)後、茶葉の
 香りと味を引き出すため茶葉を揉み(揉捻)、
 最後に焙じて仕上げる
 「凍頂烏龍茶」「東方美人」「武夷岩茶」
 「鉄観音」など
  紅茶
 完全発酵茶(全発酵茶)。
 萎凋を行った後、揉捻を行うことにより、
 茶葉の細胞組織を壊し、酸化発酵を進行させる。
 さらに、温度、湿度、通気を調整し、
 茶葉が赤褐色になるまで急速な酸化発酵を行わ
 せる(転色)。最後に乾燥・加熱して仕上げる
 「祁門紅茶」など
紅茶
黒茶  黒茶
 後発酵茶。中国雲南省を中心に作られ、
 緑茶と同様、摘採後すぐに加熱して
 酸化発酵を止め(殺青)揉捻する。
 その後、高温多湿の場所に茶葉を
 積み上げて(渥堆)、微生物による発酵を行わ
 せる。この点で、茶葉自体に含まれる酸化酵素の
 働きにより発酵させる烏龍茶、紅茶などと異なる。
 再び揉捻(復揉)した後、乾燥させて仕上げる
 「プアール茶」が有名
 
  花茶
 以上6種に加え、花で茶に香りを付けたものを
 花茶と呼ぶ。緑茶、青茶、黒茶、紅茶などの茶葉に
 花自体を混ぜたもの、花の香りだけを移したものが
 ある(花自体を茶として飲むものもあるが、
 これは茶外茶である)
 ジャスミン茶(茉莉花茶)が知られている
花茶
                                           (参考:wiki)

渋滞回避で朝4時半に東京を出てドライブインで朝食を取ったりして9時に実家に着き、部屋の掃除をして
11人分の夜具の支度。庭の藤の木。藤色は咲き切ってしまいましたが、白い藤は今が盛りで綺麗でした。
                                          マウスオン


駐車場の柵が布団干しの格好の場所に~鯉のぼりではなくって「布団のぼり」
風に煽られ布団が揺れ通り過ぎる人の目を引きました。9か月閉めっぱなしの部屋に置かれた布団ですので、
緑茶成分を配合し、嫌なカビ臭さの元を取り除くファブリーズで消臭します。
緑茶の香りには、お茶をいれたときの香りと5月ごろの茶畑の香りがありますが
茶畑のアロマには、森林浴と同じフィトンチットという殺菌作用のある成分が含まれているそうです。
フィトンチットは、現代人のストレス緩和にも効果があるのだそうです
                                          マウスオン


お茶と言えば、hotterさんから「健康診断の・血圧・肥満度・肝機能・LDLと総コレステロール・中性脂肪の
基準値が緩和されますね」の耳寄りな情報。
平成23年に人間ドックを受診した約150万人の中から、重大な既往歴(がんや肝臓病、腎臓病)がない
▽薬物治療をしていない▽BMI(体格指数=体重「キロ」を身長「メートル」の2乗で割った数値)25未満
▽たばこを吸わない▽1合以上飲酒しない▽血圧が130/85未満-などの条件を満たした30~65歳の
健康な約1万~1万5千人の検査値から基準範囲を決めたのだそうです。
血圧や肝機能、脂質代謝を調べたら 血圧が140位、BMIも25以上でも健康な人が多かったようで
6月ごろには、この指標値を明確にしてこれからの健康診断に反映するそうです。因みに新基準値は
ba79f8530136c419b8f2caa361a89ba0 (1)
だそうです。(hotterさん、コピーさせてもらいました)クリックすると図が拡大します。

最近発売された伊右衛門「特茶」は、脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体の働きにより、体脂肪を
減らすのを助けるので、体脂肪が気になる方に適しているそうで、トクホ(特定保健用食品)として他の種類と
共に販売されていますね。8週目から脂肪面積の低減が認められるそうです。
気になる方は、お茶を飲む習慣を増やしましょう。
                                 

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

夏も近づく・・5日は立夏でしたね。
車の渋滞、大変でしたでしょう・・?

本当は尼崎市の「健康結果チャート」表の鮮明画がほしかったのですが
検索しても小さなものしかありませんでした、残念!

hotterさん、今日は~

ハイ、5月5日は立夏でしたが、冬に逆戻りしたかのように寒く雨も降って
身延山のロープウエイで奥の院まで登りましたが、ガスってしまい素晴らしい景色を望めませんでした。
雨が降ると行動が規制されますね。
途中休憩も入れて行きは4.5時間、帰りは6時間。
ダラダラと長い渋滞に巻き込まれました。
6日は、家でゆっくりしたい・・・これ誰もが思っていることのようです。

> 本当は尼崎市の「健康結果チャート」表の鮮明画がほしかったのですが
> 検索しても小さなものしかありませんでした、残念!
  お断りして・・・とブログコメントを仕掛けようとしたら
  hotterさんからのコメに気付き・・・これにて許可を得たことといたします。
  仕事仲間でも知らない人がほとんど~
  ちょっと優越感に浸りました。
  
  健診基準が厳しいと異常者が多くなり、医療機関の受診者が増え
  それが健康保険を圧迫するため、健診異常者に「今の数値を超えていても大丈夫」という印象を
  与え、受診を抑制してもらおう…などと新基準値に穿った見方をする人もいるようです。
  
hotterさん、耳寄りな情報ありがとうございました。

monalisaさんの故郷はお茶の産地のようですが、お茶といえば、やはり中国でしょうね。最も高価なお茶は鉄観音のようですが、花茶が一番普及しているかも。摘んできた花にお湯をかければ出来上がり、という感じの手軽さがありますからね。もっともポピュラーなマオリーフーチャ(茉莉花茶)は茶葉と花を一緒に炒って揉んで造るようなので純粋な花茶ではないですねぇ。
花茶は見ても綺麗なお茶です。
http://image.baidu.com/i?tn=baiduimage&ct=201326592&lm=-1&cl=2&fr=ala1&word=%BB%A8%B2%E8%CD%BC%C6%AC
そういえば青茶の代表格ともいえる鉄観音も味わい深い色をしています。お茶は味や香りなどの風味だけでなく見た目の美しさも重要な要素に違いありません。となると茶道具の良し悪しも大切ですねぇ。
http://image.baidu.com/i?tn=baiduimage&ct=201326592&lm=-1&cl=2&fr=ala1&word=%B2%E8%BE%DF%CD%BC%C6%AC
来月訪問するウズベキスタンでは湯呑を売っているかな?カップぐらいはあるでしょう!ラピスラズリかトルコ石のような色をした容器を探してみます。

mystery hunter さん、今晩は~

> 最も高価なお茶は鉄観音のようですが・・・
  私は、一番高価な中国茶は、幻のお茶、武夷岩茶の大紅袍だと記憶していますよ。
  香りと言い味と言い忘れられないお茶です。

花茶も、珍しくって話題性がありますね。
友人が遊びに来る月1度の麻雀の時には、色々なお茶を飲みながらゲームを楽しみます。
中国茶は、日本茶や紅茶とも違う作法がありますね。
入れ方と茶器は、ガラス器だったり蓋碗だったり磁器の茶壷だったり・・・
10年前に台湾旅行をした折に、中国茶を楽しむ時間がほしくて一通り用意はしてあります~よ。
これを機にもう一度挑戦してみようかしら~なんて思っています。
今日は、新宿伊勢丹に出かける用があってtea-timeに珍しい『フレッシュミントジンジャーtea」を
頂きました。急須は鉄瓶でした。
  
> 来月訪問するウズベキスタンでは湯呑を売っているかな?カップぐらいはあるでしょう!ラピスラズリかトルコ石のような色をした容器を探してみます。
  ラピスラズリかトルコ石の湯のみですか?
  ご執心ですね。

ご無沙汰しておりました。
故郷でゆっくりと過ごされた様で良かったですね。
お茶にも色々ですね。
ブルーベリーリーフティも緑茶と同じ製法で作るのが一番有効成分が取り出せるのだそうです。
温度や製法で、成分が変わってしまうから、昔の方の知恵って凄いですよね。

Reveilleさん、おはようございます~

「ブルーベリーリーフティ」なんてあるんですか?

そのお味は、紅茶に近い?緑茶に近い?


お茶に関する情報が満載でお勉強になりました。江戸中期までは
抹茶がのまれていて、現在の茶葉を飲む習慣がなかったというのは知りませんでした。

健康診断の基準が変わるのは報道されていましたが、昨年度の健康診断の中で「健康」な
人たちの検査数値をもとにしていたとは知りませんでした。私はまず一番目の基準から
アウトですね。血圧の薬を常用していますから・・・・あっ!それよりも年齢でまず省かれる!

山梨のご実家はいつもは無人で年に2回ぐらい行かれるのですね。
家に風を通したり、お庭の整備、等々お手入れが大変でしょう。

ikさん、こんにちは~

普段見逃していることも折に触れて調べると
面白いことをたくさん知ることができ、PCが身近にあるとイイですね。
子供の頃遊んで歌った「ずいずいずっころばし」も歌に歴史が刻まれていて驚きです。
 
> 健康診断の基準が変わるのは報道されていましたが、昨年度の健康診断の中で「健康」な
> 人たちの検査数値をもとにしていたとは知りませんでした。私はまず一番目の基準から
> アウトですね。血圧の薬を常用していますから・・・・あっ!それよりも年齢でまず省かれる!
  私は、未だに日々成長しています
  縦にではなく横にね(笑
  田舎の温泉で出会った幼馴染に「イメージが違う」と言われ
  どう違うのか伺えずにいましたが
  自分なりに・・・痩せなければ~と痛感している所です。

> 山梨のご実家はいつもは無人で年に2回ぐらい行かれるのですね。
> 家に風を通したり、お庭の整備、等々お手入れが大変でしょう。
  近くに叔母が住んでいまして管理をしてもらっています。
  5月3日に行く~と言ってありましたので
  着いたら家中の窓を開けて風を通していてくれました。
  先日の集中豪雨で梅の木が裂けたそうで
  古木でしたので切り捨てたそうですが
  家がすっきりしていて、ちょっとイメージが変わっていました。

  そうそう湯沸かし器のコンセントを切って来たかどうか?
  これから電話して確認してもらいッましょう。

  案外オッチョコチョイな私です。
  みんなに助けられています。

ikさん、思い出させてくれて~ありがとう(*^¬^*)
  


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/569-85dfc685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

由比の桜エビ «  | BLOG TOP |  » 花の命は・・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。