凛とmonalisa

2017-04

花の命は・・・・ - 2014.04.27 Sun

花の命は短くて苦しきことのみ多かりき~とは、林芙美子さんが色紙などに好んで書いた短詩だそうですね。
女性を花にたとえ、楽しい若い時代は短く、苦しいときが多かった自らの半生をうたったものだそうです。
26P1120618.jpg

『花の命は短くて・・・』 は、長い間原典が謎とされていたようですが、
林芙美子さんより朝ドラの『花子とアン』の主人公・村岡花子さんに贈った未発表の詩だったそうです。
              『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』村岡恵理 著 より

  風も吹くなり 雲も光るなり 

  生きてゐる幸福(しあわせ)は 波間の鷗のごとく 漂渺(ひょうびょう)とたゞよひ

  生きてゐる幸福(こうふく)は あなたも知ってゐる 私もよく知ってゐる

  花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かれど

  風も吹くなり 雲も光るなり

                            林芙美子




林芙美子さんや村岡花子さんが生きた時代と今は随分違って、女性の社会進出は極当たり前になっています。
『男は生産の生き物、女性は消費の生き物』という男が外で稼ぎ女性がそれを消費に使う時代でもなくなって
います。もっとも我が家は、倹約家の主人の恩恵に預かって『あなたの物は私の物。私の物は私の物』 
自由で有難い私です。
26P1120606.jpg

男性の描く理想の女性像は、『一緒にいて楽しい明るい人』 『よく喋って話が合う人』 『安心出来る人』
『家庭的でしっかりしてる人』 だそうですが、はてさて我が家の主人から見て私は理想像だったでしょうか?
自由奔放な私でも60余年も生きてると「楽ありゃ苦もあるさ」 で、決して平坦な人生ではなかったです。
                                                       マウスオン


多くの方々と出会う環境にいると、“ああなりたい”“こうありたい”と言う理想の女性に何人か出会います。
豊かで、幸せな人生を送るためには…? 6つの大切な考え方』があるといいいます。
①「どっちでもいいこと」にこだわらない
②時間は自分のために使う
③周りの人に依存しない
④「状況は変化する」ことを認識する
⑤コンプレックスとしっかり向き合う
⑥学ぶ姿勢を常に忘れない
なんとなく目指している自分の姿が、その中にありました。
26P1120591.jpg

牡丹の花が見ごろになりました。妹のブログによると
江戸中期の花譜には
牡丹の見ごろ時間は『午前9時から11時』
「これ以降は開きすぎ花の精神衰へ力なし午時より後に見るは牡丹を知らざるなり」・・・とあるそうです。

木曜日は仕事がなかったので庭仕事をしながら、ちょっと時系列でその姿を見てみました。
  4/19 7:41  4/24 7:13  4/24 8:37  4/24 9:33  4/24 10:57  4/24 12:52   
午時より後に見るは牡丹を知らざるなり~まさにその通りでした。

昨年出雲に旅行した折に牡丹の里『由志園』で、花数を増やすには寒肥を必ずやってください~と。
教わった通りにしたら赤い牡丹「太陽」は3輪から4輪に、白い牡丹「白王獅子」も大輪に咲き揃いました。
                                                       マウスオン


牡丹のゴールデンルールは
 日当たり・排水の良い地を選ぶ。
 夏の西日は避けるほうがよい。
 牡丹苗は接木(つぎき)で作る。
 花後は株の衰弱を防ぐために、図1のように首の部分から切り落とし、お礼肥を施す。
 夏には休眠するので、葉は取る。
 植え付けや株をいじるのは、9月下旬から10月下旬が適している。
 土は腐葉土をたくさん含んだ肥沃なものを使用する。
 3月、5月、9月の年3回、有機肥料を与える。
 花が終わって翌年の3月頃に花芽が出て来るので図2のように下部の2~3芽を残し、上部の芽を切り取る。
 芽かきをする際、外側の芽を残すと枝が外に伸びバランスの良い株になる。
 残した2~3芽が次回開花時の花芽になり、4月~5月に開花する。
 花が咲き終わった後、11~12月頃に図3のように剪定を行う
 牡丹1 牡丹2
 春に台木から伸びた芍薬の芽は、すぐに摘み取る。放置すると接木された牡丹の生育の妨げとなり、
 最悪の場合、牡丹が枯死して完全に芍薬の株に戻ってしまう・・・と言うのです。
26P1120613.jpg

我々の世界では、牡丹の根の樹皮部分は「牡丹皮」として、大黄牡丹皮湯、六味地黄丸、八味丸など漢方薬の原料。
その薬効成分は消炎・止血・鎮痛などに効くベオノールなのです。
26P1120703.jpg

mic-macさんから房総の地物「ソラマメ」がどっさり送られてきました。
早速、塩茹でにして酒のアテにして、今日は、ちょっと手の込んだ品を作ってみようかな?!
26P1120625.jpg

1つ目は、『ホクホクそら豆と新玉ねぎのチーズ焼き』レシピは⇒☆☆☆
チーズ大好きな私にピッタリのご馳走です
26P1120713.jpg

もう一つは、『そら豆とザーサイの炊き込みご飯 』レシピは⇒☆☆☆
26P1120712.jpg

こうして食卓に並べてみると蛋白質が足りなそう?!
26日は、 クイーンズ伊勢丹のリニューアルオープン日でした。
面白い食材を見付けてきました。サイボク『のど自慢 美味しい軟骨スモーク』です。
軟骨スモークは、肉のへばりついた軟骨を薄切りにしてスモークしたものでこりこりと歯ごたえがよく、美味。
以前は埼玉県日高市のサイボクの本拠地でしかなかったそうですがクイーンズ伊勢丹にも品揃えしてます。
26P1120714.jpg

こう美味しい食材が揃ったなら・・・やっぱりワインでもいただきましょうか?!
選んだワインは『MONTE ALPHA』濃いルビーの色調で、熟したベリーとヴァニラ香の豊かな香り。
こしが強く、しっかりとしたボディとたっぷりの果実味が楽しいカベルネ ソーヴィニヨン。チリワインの傑作です
                                                       マウスオン
<

こんな食卓を囲んで、主人に意地悪な質問です。
「私を選んで正解?!」 「いちいち言わなくても分かっているだろう?!」・・・だって~


blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

牡丹をネットで調べました。

中国原産のようです。唐以前のボタンは今ならヤブコウジという植物で、この根が薬草として有名だったが、希少なので今のボタンが牡丹として薬草だけでなく観賞用としてもてはやされるようになったのが唐代からのようです。立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、とは美人の様子を表現する句ですが本来は薬草の効用を説明するもので、牡丹の座ればというのは「すわる」という症状がでたら牡丹の根を煎じて飲むと好いと言っているらしい。monalisaさんも沢山おいしい物を食べているようですから、食べた後にすわる(座って動けなくなる)症状がでることがあるとしたら牡丹の根を試してみたらどうでしょうか?因みに中国の牡丹の花言葉は富貴のようですね。
・・・私の新しいブログで唐代詩人孟郊の登科後(科挙試験合格後)を紹介させて頂きましたので何かの縁かと思い、今回は牡丹づくしのコメントでした。

mystery hunter さん、今晩は~

牡丹についての追記、ありがとうございます。

『立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花』の解釈で、
薬草の効用を説明するもの・・・というのは、面白いですね。

では「立てば芍薬」の”立てば”はイライラとし気のたっている女性を意味し、
芍薬の根を使って、痛みを取ったり、筋肉のこわばりを取ったりします。
確かによく処方される芍薬甘草湯は、こむら返りのような足がつる症状改善に使われますね。

「座れば牡丹」の”座れば”はペタンと座ってばかりいるような女性を意味しているそうですが
食べた後にすわる(座って動けなくなる)症状って、どういう状態を言うのかしら?
殆ど立ち仕事の日常生活ですので、ペタンと座ってばかりいるようなこともなく、冷え性でもないので
血流が悪く滞りがちな瘀血の心配も私には在りません~よ。

因みに「歩く姿は百合の花」は百合の花のようにナヨナヨとして歩いている様子を表現していて
心身症のような状態を意味し、その場合には百合の球根を用いる・・・と言う事のようですね。
百合根饅頭は、お正月料理に作りますが、1個食べた位では効果はどうでしょう?

私としては、そんな生薬の用い方の譬より
「芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。
百合は、風を受けて揺れるさまが美しい。」ということから
「芍薬は立って見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが
 一番美しい」という説のほうが好きです。

今の所、成人病の心配は全くなく薬とは無縁の生活を送っていますのでご心配ご無用。
もっとも私にとって一番の処方は「百薬の長」かな?!

monalisaさん、

お庭の花たちの間にちりばめられた貴重なお言葉の数々、いつもながらじっくりと読ませていただきました。

<男性の描く理想の女性像は、『一緒にいて楽しい明るい人』 『よく喋って話が合う人』 『安心出来る人』
  『家庭的でしっかりしてる人』<
あれ、これって自分で言うのもなんだけれど、私のことじゃないの…???
なんて自己満足していた私ですが、今日は何が気に障ったか、休日出勤した夫が夕食の時に
急に怒り出し、普段穏やかな人なのでびっくり!なかなか理想の女性にはなれないようです・・・・

牡丹の花の時系列で並べた写真、とても興味深く拝見しました。
牡丹をご自宅で丹精込めてこんなに立派に咲かせているなんて、信じられないくらい
驚きです。紅白どちらもよく咲きましたね。
牡丹は午前中に見に行かなくてはね。

サイボクの豚の軟骨スモークにこころ惹かれたので昨日藤沢駅にあるクイーンズ伊勢丹に寄ってみましたが、
こちらのほうでは売っていませんでした。

ikさん、おはようございます~

昨日は、結婚40周年記念日でした。
友人が集まって、6月に行われる同郷の南部会の案内発送の仕事をしてから、何時ものように麻雀をしました。
夕食の支度をしている間に、主人が代わりにゲームを楽しむわけですが
こんな気の置けない友人を持っている私が羨ましいようです。
お蔭様で、賑やかな記念日になりました~よ。

ikさんも『自分の事』って思いましたか?!
ご主人は、何が気に入らなかったんでしょう?!
コンサートでお会いした時、初対面の私たちにもにこやかに接してくださりあの笑顔は忘れません。
幸せな生活を送るための6か条のうちの
①「どっちでもいいこと」にこだわらない
④「状況は変化する」ことを認識する・・・を教えてあげてください。
気兼ねなく鬱憤を晴らせる環境を作ってあげられる貴女は、
間違いなくご主人の理想の女性でしょう!!
   
赤い牡丹は、散ってしまい昨日は白い牡丹が咲き誇っていましたが
生憎午後から雨になって、今朝はうなだれています。
牡丹は、薔薇と同じで肥料食い。
今年は、しっかりお世話して来年はもっと素敵に咲かせて見せましょう。

ikさんのお住まい近くにもクイーズ伊勢丹がありますか?
石神井は、26日にリニューアルオープン。
今、品数多く買い物が楽しみです。
コラーゲンたっぷりなミミガワ入りもあります~よ。
そのうちにきっと出会えるでしょう。
お店に人に伺ってみてください~ね。

今日は、介護施設の人々のお薬作り。
錠剤をつぶして粉にしたり、服用時点に一包化してクリップで纏めたり
ちょっと気遣いが必要な仕事です。
行ってきま~す!!

いいこと教わりました

monalisaさん、

<幸せな生活を送るための6か条のうちの
 ①「どっちでもいいこと」にこだわらない
 ④「状況は変化する」ことを認識する・・・を教えてあげてください。<
これってまさに私が守っていれば、夫はきっと怒らなかったんです。
夕食時間にこだわったのがわたし。それなのに約束の帰宅時間を守らなかったのが夫。
いつも最高の条件で食事を出したい私は自分のこだわりが台無しになったので
つい不機嫌だったのでしょう。
こんなに大人になっているのに「状況は変化する」に対応できないのは
ダメでしたね。
「遅くなったのは僕だけれど、揚げたてのものが冷めても、それは本人が悪いんだから
ほっておけばいいんじゃない?」と言われました!
はずかしい!

ikさん、今晩は~

仕事から帰って夕食の支度・・・私にとってはとても負担です。
我が家も最近お互いに忙しいので
食べられればいい~位の達観した気持ちになっています。

ikさん、御免なさい。
事情もよく知らず、差し出がましいことを言ってしまったようです~ね。

でも、美味しものを最高の条件で食べさせたいikさんの気持ちがちゃんと伝わり
冷めたのを食べる羽目になっても仕方がない・・・というご主人の気持ちも分かって~
昨日の出来事は、お互いの意思の疎通が出来て良かったのでは?

牡丹のお話、興味深いですね。
ちょっとしたことにでも気に留めてみると、発見があるんだなって思いました。
牡丹を時系列で追ったmonalisaさんの実行力に脱帽です。

monalisaさんご夫妻は、ご結婚40周年を迎えられたんですね。
おめでとうございます!
いい意味で力の抜けた、素敵なご夫妻ですよね。
憧れちゃいますw

riomanさん、今晩は~

GWは、山梨で~
先ほど東京に戻ってきました。
自分のことを「heartくん」と言っていたのに「おれ」に変わり
敵とか味方とか言って行動も戦闘態勢
急に男の子らしくなって・・・(@_@)

> 牡丹のお話、興味深いですね。
> ちょっとしたことにでも気に留めてみると、発見があるんだなって思いました。
> 牡丹を時系列で追ったmonalisaさんの実行力に脱帽です。
  妹のブログに数年前に書いてあった事柄
  いつか調べてみようと思っていました。
  実証出来て嬉しかったです~よ。

> monalisaさんご夫妻は、ご結婚40周年を迎えられたんですね。
> おめでとうございます!
> いい意味で力の抜けた、素敵なご夫妻ですよね。
> 憧れちゃいますw
  riomanさん、ありがとうございます。
  実は結婚41周年でした(笑
  本当にすっかり空気のような存在です。
  heartからは、「バーバは、ジージに優しくない!!」って見透かされています。
  大丈夫。riomanさんご夫婦なら我々以上のカップルになれますよ!!
  3人の素晴らしいお子さんたちが、その要となってくれるでしょう。
  
  
  

一番上の写真、インバクトが強いです。とっても素敵な花ですね。何と言う花ですか?
大分では見たことがありません。種で育つものなのでしょうか。

>「私を選んで正解?!」 「いちいち言わなくても分かっているだろう?!」・・・だって~

うふふ、美味しそうなご馳走もご主人様の決めゼリフも、どちらもご馳走様でした~。(^人^)
monalisaさん、かっこいい~♪

Reveilleさん、今晩は~

最近は、1時前には寝るようにしていますので、見過ごすところでした。
一番上の写真は「バイモユリ」といいます。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%A6%E3%83%AA

4月10日『花冷えの頃』にも、ア-ルヌーボー風な花と言う事でブログUPしました。
http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-date-20140410.html

ユリの仲間なので球根で育つようです。
http://flower777.mimoza.jp/article/36535598.html

デパートの山野草コーナーで買って庭に植えました。
来年も咲いてくれることを祈ってます。

>「いちいち言わなくても分かっているだろう?!」
  このセリフ、どこかで聞いたことがあると思ったら
  heartがママに言った言葉と同じ
  サテハ、ジージが教えたのかしら?!

Reveilleさん、ご主人の胃袋、掴んでいますか?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/562-9006b8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春霞 «  | BLOG TOP |  » 花で春を楽しむ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。