topimage

2017-06

南米浪漫紀行 ⑫ ( 9/29 リマーロスー 10/1 東京  ) - 2013.11.21 Thu

リマのシェラトンホテルには、今回の旅行で、2回目の宿泊です。
朝食時 6:30から、和食のビュッフェがある・・・という事でしたので、楽しみに朝食会場へ~

6:50過ぎになったので、和食コーナーは、こんな感じ~で、一足遅かった?!みんな、和食に飢えていたの?!
2日後には、日本に着くから諦めようか~とも思ったけど、和食が世界無形文化遺産に選ばれたことだし
ピンクのヌードルとブロッコリー、人参、カリフラワーで頂くうどん風を試してみることにしました。
味は、言わずもがな~です。フランスで「寿司ポリス」があったけど、冒険的なアレンジしすぎは問題です。
25P1100758.jpg 25P1100759.jpg

こんな料理は、初めて見ると思いませんか?
トウモロコシの粉を練って、トウモロコシの皮で包んで蒸したメキシコ料理の1つで、TAMALESと言います。
アステカ文明の頃から少しずつ形を変えて、伝わってきた伝統的な料理で、お祝いの時によく食べるそうです。
25P1100751.jpg 25P1100760.jpg

パンケーキには、メープルシロップをたっぷり~と。
グラナディージャもトゥーナも、日本ではもう食べれないから・・・ちょっと、食べ過ぎですか?!
25P1100750.jpg

最後の観光は、『ラファエル・ラルコ・エレラ博物館
gergamo P1100786 - コピー

ペルーの古代文明の陶器や織物、宗教画、神事に使った器や装飾品、戦いの道具、身分が高い人の装飾品等々
モチェやチムー、ナスカなどの時代別に、また土器が種類によって展示されています。
gergamo P1100783.jpg

P1100780.jpg P1100782.jpg

ペルー犬(ペルビアン・へアレスドッグ)がお出迎え。このヘアレス犬は、初期は食用犬種でしたが、
足元にいて、温めてくれるので、後に高貴な人のためのペットとして飼われるようになったそうです。
P1100774.jpg P1100776.jpg

パラカス(ネクロパリス/集団埋葬期)形成期(紀元前13世紀半ー起源後1世紀)
幾何学模様が通常あるいはネガティブ技法で彩色されている。
橋型双注口壺はパラカスや後のナスカの文化にも共通する南部土器の特徴。
25P1100797.jpg

パラカス(カベルナス/洞穴型地下墓地期)形成期(紀元前13世紀半ー起源後1世紀)
刻線装飾の施された形成期の土器。彩色は焼成後に施されたもので、緑がちの茶色や赤、黒、淡い青、白
黄色などの染色が厚く色付けされた。擬人化し様式化されたネコ科動物の表現方法はクビスニケ文化に類似
2P1100799.jpg

ナスカA 地方発展期(紀元前1世紀ー紀元後8世紀)
ナスカAあるいはナスカ記念型碑土器は、自然主義的かつ多色彩であり、土器全体が彩色されている
橋型双注土器が最も多く、象形土器は少ない
ナスカ土器には、周囲の動植物や果物が巧みな描写力と技術をもって表現されている
絵付けの題材は、漁師や農民の他、狩猟や戦闘の場面。また、断頭されている神々が表現されているほか
首級(頭のトロフィー)は、煩雑に扱われたテーマです。
擬人化されたネコ科動物の神や、ネコ科動物と鳥、ヘビが癒合した神の姿が多くの器に表現されている
25P1100802.jpg

①パラカスの大布
 25P1100806.jpg
 ・古代アンデスでは、死者信仰は大きな意味があり、
  パラカスの大布は、死体を包んだり、死体と共に死後の世界に旅立った~と考えられる。
 ・パラカス文化では、遺体はかごの中に胎児の姿勢で安置された後、複数の布で幾重にも巻かれた。
  また、遺体以外にも土器やマテ(装飾を施した土器)、染色道具、農耕用具などが布に巻かれ副葬品とされた。
 ・遺体に一番近い布は、質・技法共に最も優れた布であることから、
  埋葬される人物の儀礼の装いを示しているものと考えられる。
25P1100809.jpg
 ・これらの大布では、豊かな図像はさることながら洗練された技法が用いられている。
  金で何らかの意味合いが持たせてあり、適当に配置されているのではないことが分かる。
  職人らは、図案が象徴する宗教的な意味合いを考慮しつつ技術的な決定を行っていた。
 ・パラカスの大布では、図案の位置や方向、パターン、色の配置などのすべてに意味が込められている。
25P1100807.jpg

②染色の技術
 ・古代アンデスの製織や紡績の主な材料は、木綿。アルパカ、ピクーニャ等の獣毛だった。
  これらの素材の白から茶色に至る豊かな自然色をしようされるとともに、
  鉱物、動植物の染料による染色も行われた
P1100816.jpg
 ・紡績には、ピルーロと呼ばれる紡鍾環をはめた紡鍾が用いられた。その環が紡鍾の回転力を高め、
  糸の寄りを強める役割を果たしている。紡ぐ際、指先の滑りを良くするための粉を使用した。
P1100817.jpg
 ・出来上がった糸は紡鍾から外して綛にした後、染色された。
  製織にはこのようにして作られた球状の糸玉や綛が使われた。
 ・製織には、腰機や水平機などが用いられ、緯糸を経糸の間に通す杼(ひ)も使われた。
  織り手は、へらを手前に強く打ち込んで布地を仕立てたほか、糸を整えるための櫛状の道具も用いられた
  現在でも、ペルー北部の海岸や山岳地方では、伝統的な技法を用い続けて機を織る女性が見られる
 ・副葬品として墓の中から発見されたこれらの籠には、古代アンデスの紡績、製織の材料や道具が収められていた
P1100815.jpg

インカでは、文字の代わりに、キープと呼ばれる計算記録用具が用いられていた。
キープは、リャマの毛を紡いで作られた親紐に、何本もの細い補助紐を付けたもの。
十進法の位ごとに結ぶ位置が決められていて、そこに1~9までの数を表す結び目を付ける。
また、色、結び目の形、結び目と結び目の間の距離、縄の長さといった組み合わせで暦、人口、利用可能な
労働力、作物収穫量、さなざまな資源、兵士の数、記録すべき出来事、歴史などのデータを保存していた。
これを組立て、保存し、判読できる人物は、「キープカマヨック」と呼ばれる限られた専門の人間だけ。
25P1100819.jpg

戦いの終わりと敗者の行列。モチェ文化ー地方発展期(紀元前1世紀ー紀元後8世紀)
・モチェの戦士たちは、棍棒(ポーラ)と盾を使って戦った。
 一対一の勝負は、海岸地帯の砂漠などの広い場所を舞台としていた。
25P1100820.jpg
・勝負では、相手の兜をとり髪を掴んだ者が勝者となった。敗者は、装身具を奪われ、武器や衣装と共に縛られた。
・勝者は、敗者の首に巻いた縄を引いて、生け贄の儀式へと向かった。
25P1100825.jpg

頭蓋骨の穿孔手術は、儀礼の戦いや戦闘の際に起こった内出血、骨折した頭がい骨の破損部分を取り除くなどの
外科手術だったほか、頭痛を和らげるために行われることもあった。
穿孔手術には、黒曜石のナイフや金属製ナイフ(銅または同合金)が使用された。
他にも、頭がい骨の変形が行われていて、独特の形に変形された頭がい骨は、社会的身分を示している。
25P1100833.jpg

モチェ文化の首飾り
黄金の冠、首飾り、胸当て。モチェ文化の飾りはリソコラやソーダライト、トルコ石などの宝石を使っている
25P1100836.jpg
25P1100837.jpg 25P1100838.jpg
                                      以上の解説は、展示品の日本語の解説を転記したものです。
別館には、インカ時代のエロティックな土器も展示されていたようです。

こうして異文化に接して歴史に疎い自分が恥ずかしいですが、インカ・アンデス文化の年表をUPしてみました。
アンデス文化
                                                      「るるぶ」より
陶器は兎も角、染色や織物には、特に興味を持ちました。

アンデス文明は、他との交流がないまま~リャマ、アルパカ等の獣毛と、海島綿の原種の毛足の長いワタ等の
細くしなやかな糸を巧みに紡いで、手の込んだ素晴らしい織物に作り上げたことに驚きました。
文字を持たない代わりに、イメージを表現・伝達するメデイアとして織物が重要な役割を果していたんですね。

織物こそがアンデス美術の原点で、織物は、金銀と同等の価値を持っていたのではないでしょうか?!
また衣装の機能だけでなく、ミイラ包みとして、宗教的思想やメッセージを死後の世界へ伝達する手段として
用いられていたんです。その上、為政者に対する献上品とされたり、社会的身分を区別する手段にもなったんです。

今日、世界中の服飾メーカーが、ペルー綿を使用し、ペルー人の誇りになっているとか。
また、極細のアルパカやビクーニャなどの獣毛は、防寒性に優れ、高い撥水性もあるので、
これらも評価されているんです。
古代アンデスの女性たちは、紡ぎ、染め、織り、刺繍の技術を身に着けていたんです。

博物館での、これらの発色のいい織物を見ながら、ウルバンバ村のランチレストラン『TUNUPA』の帰り道
道端に沢山のウチワサボテンが植わっていのを見て、ダニエルさんが
「ウチワサボテンに寄生した昆虫カイガラムシの一種のコチニールから、赤、紫、さらに灰色に近い茶色などを
発色させることができることから、中南米を征服したスペイン帝国はこの優れた染料をヨーロッパで独占販売し、
巨万の富を得た人もいるんですよ」と言っていたことを思い出しました。
P1090692.jpg

ウチワサボテン コチニール

博物館を後にして、リマのホルヘ・チャベス国際空港へ~
空港で荷物ラッピングをする「 True Star:Securebag 」を見て、水浸しになった衣類の事を思い出しました。
30年使い慣れたスーツケース。まだまだ使えそう~koideちゃんのようにビニール袋に入れて・・・使い切ろう!!
P1100841.jpg25P1100844.jpg

リマからロスアンゼルスまで、8時間40分。LAN航空の機内食
P1100850.jpg

ロスアンゼルスの入国審査は、相変わらず手間取って、特に中国人系の旅行者には、入念なcheck。
ロスから東京までは、ANAビジネスクラスの利用なので、スターアライアンスラウンジの利用を楽しみに~

保安検査場を過ぎたすぐそばにラウンジの入り口があります。
エレベータに乗り5階がこのターミナルから発着するスターアライアンス所属の全日空・シンガポール航空・アシアナ航空・スイス航空・ルフトハンザドイツ航空・タイ国際航空のラウンジ。
4階は、JAL、大韓航空を初めとしたスカイチームのラウンジです。
ダイナースカードを持っていれば搭乗クラスに関係なく4階のラウンジを利用できるのだそうです。
<<<<<<


ラウンジでゆっくりもしたいし、免税店でお土産も買いたい~。
wine売り場に行ったら、20歳ぐらいのイケメン君が「すみません、日本人ですか? 父親へのお土産に
ウイスキーを買いたいけど、1万円ぐらいの予算で、どれがお薦めですか?」と聞いて来た。
一応、知っている名前を挙げて、これなら~と言うものを、教えてあげたら喜んでいたけど
後から来たkoideくんが、「昔と違って、免税店でお酒を買うメリットが無くなっているんですよ。
買うなら、30年物とか、銀座のバーでも、1杯数千円もするウオッカなんて、見つけたら、お買い得!!」って
言うんですが、そのウオッカが、なんていう銘柄か?・・・koideくんは、思い出してくれなかった。

仰る通りで、お土産に買ってきたお酒は、ネット検索したら、免税店より安くなっていました。

ロスから東京までは、足を延ばして眠れるビジネスクラス。
キャビンクルーが、「お疲れさまでした!!XXさま」と深々と頭を下げたので、まさか訃報でも・・・と思ったけど
ビジネスクラスならではの「お・も・て・な・し」 一眠りした後は、温かい日本茶のサービスが・・・嬉しかった。

機内エンターテイメントプログラムは、新進気鋭のフラワーアーティスト「ニコライバーグマン」の作品を鑑賞
ちょっと、「ダニエル・オスト」の技法が、かぶって見えたのは、私だけ?!
25P1100893.jpg

隣の外人さんが、美味しそうに博多・一風堂のラーメンを すすっていた。
知人は、海外旅行はビジネスに限る~って言ってたけど、こんなサービスを受けたら、仕方がないだろう。
東京に着く4時間前に出た機内食は、やっぱり目にも優しい和食。
メニューには、北海道と言えば・・・この魚。ホッケの一夜干し(241kcal)とありましたが、懐かしい味でした。
25P1100922.jpg 25P1100926.jpg

10月1日朝5時に東京着。外は、雨模様でした。
入国審査は、なんのチェックもなくって~拍子抜けでした。

14日間、南米浪漫紀行・・・長いこと、お付き合いくださり、ありがとうございました。

次回は、書き忘れたこととお土産のあれこれを~
 

blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん、

力作の南米旅行記、もう残すところ1回になりましたね!
行く先々でいろいろな珍しいものを見て、旅行も長くなると
集中力が衰えてきませんでしたか?
リマ・シェラトンホテルのピンクのヌードル…和食とは名ばかり?
トウモロコシの粉を練ってトウモロコシの皮で包んで蒸したものは主食でしょうか?
蒸しパンのようなものかしら・・・
ペルビアン・ヘアレスドッグはごく短い毛が生えているのですか?それとも
何も生えていないの?<食用犬<って私たちには犬を食用とする習慣がないから
ちょっとびっくりしました。でも、正直あまり可愛くナイ。
死者を埋葬するときに包んだという大きな布は見ごたえがありますね。
ウチワサボテンの寄生虫のカイガラムシの1種から染料が取れるっていう話も
面白かったです。

南米から、ロス、そして日本へと進むにつれて、「お疲れ様、お帰りなさい」
という気分になりました。どっぷり南米旅行をご一緒しました。



ikさん、今晩は~

最後をどう纏めるか苦心しました。

> 行く先々でいろいろな珍しいものを見て、旅行も長くなると、集中力が衰えてきませんでしたか?
  仰る通りです。もともと、文章を書くことが苦手なので、
  途中で逃げ出したくなって~、でも もう少しだからって・・・自分に言い聞かせて!!
  自分だけの日記なら兎も角,ikさんのように励ましてくださる方がいればこそ~
  それなりに仕上げなくてはなりませんから~ね。

> リマ・シェラトンホテルのピンクのヌードル…和食とは名ばかり?
  きし麺の様なピンクのヌードルは、トマトテーストだったように思います。
  所変われば~でも、・・・面白いですよね。
  お寿司の『カルフォルニアロール』だって、初めて見たときは、驚きでした。
  
> トウモロコシの粉を練ってトウモロコシの皮で包んで蒸したものは主食でしょうか?
> 蒸しパンのようなものかしら・・・
  トウモロコシの粉を蒸した感じそのものです。
  味付けによって変わってくるかもしれませんが
  何分に朝食の1品。癖のない味付けだったように思います。

> ペルビアン・ヘアレスドッグはごく短い毛が生えているのですか?それとも
> 何も生えていないの?<食用犬<って私たちには犬を食用とする習慣がないから
> ちょっとびっくりしました。でも、正直あまり可愛くナイ。
  全然、毛がないわけではありません~で、
  目の上の感覚毛とヒゲ以外の毛が無いのだそうですが
  ミゲルさん曰く・・・ペルー人も、ひげが濃くないんだそうです。
  髭をそる習慣がないとも言っていました~よ。

> 死者を埋葬するときに包んだという大きな布は見ごたえがありますね。
> ウチワサボテンの寄生虫のカイガラムシの1種から染料が取れるっていう話も
> 面白かったです。
  このウチワサボテン、どこかに書き記したかったです。
  これで、この回の内容が締まった・・・でしょ?!
  でも、カイガラムシから染料を~なんて考えた人は、凄い~と思います。
  
> 南米から、ロス、そして日本へと進むにつれて、「お疲れ様、お帰りなさい」
> という気分になりました。どっぷり南米旅行をご一緒しました。
  ikさん、お疲れさま~
  そして、ありがとうございます。
  

長い南米旅行お疲れ様でした。
長いと思っていても、旅された方は、
早朝から夜遅くまで、アッという間だったのでは。

>空港で荷物ラッピングをする>サービス? 有料デモ、
ビニール袋に入れた方がいい。事。シッカリ。覚えておきます。

日本の入国審査。
あれで大丈夫なのか、心配になったり・・ デス・・

chimさんも、ありがとう~

> 長い南米旅行お疲れ様でした。
   ハイ、旅行の跡は、整理が大変。
   chimさんも、お付き合いくださり・・・お疲れさま。
   そして、ありがとうございました。

> >空港で荷物ラッピングをする>サービス? 有料デモ、
> ビニール袋に入れた方がいい。事。シッカリ。覚えておきます。
   これは、スーツケース次第でしょう。
   私の使っているものは、30余年前に、買ったもので
   皆さんに言わせると、「昔の物の方がしっかりしていた」・・・と。
   昨年の旅行で、一か所凹んだところがあって
   内側から叩いたら、治ったものですから~
   それでヨシとしていたことが、良くなかったようです。
   もうちょっと、使ってみようかな~なんて、欲が出てきました。
   来年は、一工夫をして、またスーツケースさんに頑張ってもらいますね。

> 日本の入国審査。
> あれで大丈夫なのか、心配になったり・・ デス・・
   ツアーのバッチを付けていたからでしょうか?!
   あまりに簡単で、拍子抜けです。
   タバコだって、もっと買ってきてあげればよかった~なんてね。

でも、そう思って行動していると・・・態度にも出て~オナワになっちゃうかも~ね。

chimさんも、何処か旅の予定ありますか?!
日本を外から眺めなおすのも・・・・たまにはイイですよ?!

長い旅紀行、お疲れ様でした。monalisaさん家の宝物ですよ。

ペルー犬(ペルビアン・へアレスドッグ)
気持ち悪そうな犬ですね、日本ではあまり見かけないような・・
毛がなくてもペルーの気候に合うのでしょうかね。
人ごと(犬ごと)ながら心配します。

hotterさん、今晩は~

ハイ、ありがとうございます。
お蔭様で~、年々、宝ものが増えていってます。

> ペルー犬(ペルビアン・へアレスドッグ)
> 気持ち悪そうな犬ですね、日本ではあまり見かけないような・・
> 毛がなくてもペルーの気候に合うのでしょうかね。
> 人ごと(犬ごと)ながら心配します。
  他人事ですか?!
  一緒に旅行した知人のご主人によると「近所で見た事がある」とのことです。
  確かにキモワルイですね。

  きっと、この世界には、まだ見ぬ知らない生物が、沢山あることでしょう~ね。
  



  

>「ウチワサボテンに寄生した昆虫カイガラムシの一種のコチニールから、赤、紫、さらに灰色に近い茶色などを
発色させることができることから、中南米を征服したスペイン帝国はこの優れた染料をヨーロッパで独占販売し、

面白いですね・・。今回の記事は見どころがいっぱいすぎて何度かコメントを入れるかも知れません。
でも栽培する人にとってはこの一文は興味深かったです。^ ^

Reveilleさん、今日は~

>>「ウチワサボテンに寄生した昆虫カイガラムシの一種のコチニールから、
>>赤、紫、さらに灰色に近い茶色などを
>>発色させることができることから、中南米を征服したスペイン帝国は
>>この優れた染料をヨーロッパで独占販売し、
 > 面白いですね・・。今回の記事は見どころがいっぱいすぎて何度かコメントを入れるかも知れません。
  > でも栽培する人にとってはこの一文は興味深かったです。^ ^

  この話、Reveilleさんは、きっと興味を持たれる・・・と思いましたよ。
  樹木にとっては、迷惑な害虫として、扱われるものも
  種類によっては、分泌する体被覆物質や体内に蓄積される色素が重要な経済資源になるって~
  これを考えた人は、素晴らしいですね。
  
Reveilleさん、いろいろ多忙の中、コメありがとうございます。
一応、旅行記は、書き上げまして・・・ちょっと、燃え尽き症候群状態です。

あれもしなくっちゃあ~、これもしなくっちゃあ~
12月からは、新境地に立たされそう。
気を引き締めて、あれこれと、事に当たっていこうと思っています


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/531-37a0a0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南米浪漫紀行 ⑬ (土産=エケコ人形) «  | BLOG TOP |  » 南米浪漫紀行 ⑪ ( 9月28日 パラカスーリマ  )

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。