凛とmonalisa

2017-05

南米浪漫紀行 ⑦ ( 9月24日 リマ~マチュピチュ村 ) - 2013.11.02 Sat

いよいよ、憧れのマチュピチュに向かう日です。
世界遺跡の街に立つリマ最大級のシェラトンホテル。ここでは、テレビの68チャンネルでNHKが見れます。
会場には、artificialな花、中身が気になるお洒落な保存瓶が飾ってありました。珍しい果物をチョイス
<<<<


Reveilleさんなら、この果物・・・知っているかしら?
みかんやバナナのように洗わずに、殻を割って、種もそのまま食べれて、食感もいいんですよ。
わずかに酸味のあるゼラチン質で、中の黒い種子は比較的柔らかいので、容易にかみ砕くことができるんです。
パッションフルーツに似ていますが、強い酸味はまったくなくて甘いんです。
もう一つ、スイカのような赤い果物は、サボテンの実だそうです。これは、種は食べれません~のよ。
グラナディージャとトゥーナ グラナディージャ
黄色い丸い果物は、Granadeilla(グラナディージャ)。トケイソウのような花の実なんです。
赤い実は、tuna。トゥーナには、緑色の実もあるようです。


搭乗手続きをして、リマ発9時の飛行機で、クスコまで、1時間20分。
機内では、簡単なスナックが配られましたが、drinkは、リマ空港で見かけたインカコーラにしてみました。
インカコーラは、ペルーの首都リマ市の建設400年を記念して1935年に発売され、甘味が強く
炭酸はあまり強くない黄色い飲み物です。
黄色は、「インカ帝国」が栄えた黄金文明と、インカの人々が崇めていた太陽を象徴しているとか~!
機内のスナック インカコーラ

クスコに着いて、一番先に目についたのが、「こうざんびょう の たいしょうほう」と
平仮名で書かれた薬『SOROJCHI PILLS』の宣伝です。
SORJCHI PILLS

そう言えば、ミゲルさんが、みんなが気にしている高山病の対処法を、指導してくれました。
          。,・~~・,。☆。,高山病対処法,。☆。,・~~・,。

  ①ゆっくり行動する(走らない)・・・ゆっくりでも3000mに来ているのが分かるそうです
  ②水を沢山飲む・・・アルコールは飲まない。
  ③コカ茶を飲む・・・現地の人は、コカ茶で、元気が出るそうです。
  ④腹八分目を心がける、消化の良いものを食べる。
  ⑤深呼吸をする
  ⑥ガス抜きをする(オナラをする)・・・階段を上るとき出しやすい
  ⑦精神的に負けない。考えすぎない

  「高山病にかかったら、どうなりますか?」・・・と、質問。
    高山病は、酸素が薄くなると自然に起きる現象で、病気ではない~と。
    精神的に弱い人は、別ですが・・・体内酸素で6時間は持つので、
    すぐ高山病にはならないそうです
    ボーっとする。頭痛がする。吐き気をもようす。眠気がおきる~んですって!!


           

でも高山病の重症の場合は高地脳浮腫や高地肺水腫を起こし、死に至るとのこと・・・侮れないですね。

SOROJCHI PILLS(ソローチ・ピル)
ソローチとは、アイマラ語百科(南米ボリビア,ペルー,チリなどで話されるアメリカ・インディアン諸語)の一つで
「高山病」を意味するそうで、
成分的にはアスピリンなどの頭痛薬にカフェインの作用をプラスしたもののようです。

主人は、ダイアモックスを用意してきました。
私ですか?!頭痛薬、制吐剤位は、用意しましたが
ミゲルさんの注意事項に則り・・・高山病(別名『山酔い』)を楽しんでみよう~と思いました。

クスコ空港に着いてから、バスに乗ってウルバンバ村のレストラン『TUNUPA』で、ランチです。
レストランの入り口には、カラフルなオウムが「こんにちは~」って、出迎えてくれます。
25IMG_0978.jpg 25IMG_0985.jpg

25P1090647.jpg 25P1090698.jpg

25P1090699.jpg 25IMG_0984.jpg

料理は、ビュッフェスタイル。
この店の一番のお薦めは、魚介のマリネの『セビチェ』その場で作ってくれます。
『セビチェ』って、ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネ・・・レシピは、☆☆☆
ペルーのレモンは、ライムに似ています。日本のレモンだと、酸味が足りない・・・かな?!
セビチェは、元々日本からの移民の人の作った酢の物が、はじまり~と言う説もあるようです。
セビーチェの材料 セビーチェ用調味料

お薦めのセビーチェとレンズマメのシチュー、アルパカのローズマリーソース、右はfish sushi
「アルパカ」のお肉は、臭みもなく、豚より美味しかったかな~(だんだん、記憶が薄れていってます)
25P1090670.jpg 25P1090672.jpg

デザートのライスプディングと「Mazamorra Morada(マサモラ・ モラダ)」
Mazamorra Moradaは、ムラサキ・トウモロコシ(チチャ)からとれるジュースで作ったデザート
作り方は簡単だそうで、チチャジュースに水で溶かした片栗粉を入れて固め、干ブドウ、プル-ンを加え
容器に盛り付けたらシナモンを ふりかける~のだそうです。

右は、コカの葉を干したもの数枚〜数十枚に熱い湯を注ぎ、しばらく待ってから飲む『コカ茶』。
コカ成分による覚醒作用で、「空腹を忘れさせる」という効果から、食前に飲まれることが多いようです。
コカの葉を直接口に入れて噛んだり、コカ茶を飲むと、コカの成分が体内に取り入れられて、
高山病の症状の頭痛、内臓の不快感などが、緩和するそうです。
実際に呑んだ感想は、単なるハーブティー。美味しくもなく、不味くも無く~です。
25P1090678.jpg 25P1090679.jpg

お店自体もすごく広くて、花の咲き乱れる庭に面して外にもテーブルが用意されている。
庭の先にはウルバンバ川の流れを望め、芝生には、アルパカやビクーニャが数頭繋がれていて、長閑な雰囲気です
<<<<<<


オリャンタイタンボ駅を15時37分に出発~マチュピチュ村のアグアス・カリエンテ駅には、17時2分に着きます。
ペルーレイルの手荷物許容量は、1人1個(縦・横・高さの3辺の和が157cm、重さ5kgまで)
スーツケースは、ウルバンバのホテルに預けるため、マチュピチュには、2泊分の荷物だけ・・・なんです。
列車は、豪華なハイラム・ビンガム号ではなくって、車両の側面と上部が大きな窓で囲まれたビスタドーム号
運よく最後尾の車両の左側の席。ウルバンバ川沿いをひたすら走る素晴らしい景色が堪能できるのです。
川の氾濫によって土砂崩れを起こした護岸修復の様子。対向列車とすれ違った後にポイントの切り替えをする
車掌さんの姿もパチリ~。列車内では、簡単なスナックと飲み物がサービスされ、お土産も売りに来ます。
ウルバンバ川が深く削った谷を進んでいって、段々畑とウニャイワイナ遺跡が見えたら
「もうすぐ終着駅アグアス・カリエンテス駅ですよ」とアナウンス
アグアス・カリエンテス駅とは「温かい水」駅の意味。マチュピチュ村は、文字通りちょっとした温泉保養地なんです。
<PERURAIL オリャンタイタンボ駅 >
<>
<>
<>
<>
<>
<><>
<>
<>
<>
<>
<><><><><><>


宿泊ホテルは、駅近くの INTI PUNKU
部屋に入ると、ベットの上にスワンを模ったバスタオルが置かれていて、ちょっと、びっくり?!
25P1090830.jpg 25P1090832.jpg

夕食は、インカ音楽 フォルクローレを聴きながら~
飲み物は、後味さっぱりのクスコの地ビール Cusqueña クスケーニャ
ツアー参加のsioさんは、フォルクローレの大ファン。「コンドルは飛んで行く」や「花祭り」をリクエスト
軽快だけどちょっと物悲しくて、懐かしい音楽に触れてちょっと夜の街に繰り出したい気持ちも山々~だけど
いよいよマチュピチュに登るんです。睡眠を十分とって、高山病対策をしなくっちゃ〰アね。
<<<<<



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。

ビスタードーム号からの眺め。
どのお写真もいいですね。
ウニャイワイナ遺跡。
思わず見上げてしまいマシタ。
monaさんが乗られている列車と正面顔の対抗列車。
Just。Catchできましたね。
対抗列車の車掌さんが自らポイント切り替えも面白い。。

ヤッパリ。南米。全く見た事がNAI果物があるんですね。
楽しめるんデスネ。
「アルパカ」のお肉も食べた事ありませんが、
臭みもなく、豚より美味しかった~なら、よかった。。

ウルバンバ村のレストラン。
雄大な眺めデスネ。
時間があったら、深呼吸しながら、散策してみたくなる眺めデスネ。
ここも、モー 空気が薄かったですか。

『コカ茶』
「空腹を忘れさせる」ッテ、 トテモありがたい作用デスネ。
これで、食を抑える。控える。ッテ、できたら、good。デスネ。
If。できてたら、トーにブームになってイマスね。

monalisaさん、

いよいよ旅も佳境ね。
知らない食べ物、飲み物がいっぱい。私は今「コカ茶」が欲しぃ~!
健康のためダイエットをしなくちゃと考えるそばから、食べたい欲求が
強くなり、そのせめぎあいに苦しんでます。

高山病になるならなってみる(ちょっと違う?)というmonalisaさんの強気に脱帽です。
高山病対処法面白かったです。ガス抜きって意識してできるのかしら・・・
炭酸飲料などは効くのでしょうか?

う~ん、やっぱり食べ物も興味あるけれど、旅先でそこの音楽に触れるのは最高ですね。
フォルクローレも大好き。チャランゴをかき鳴らし、「コンドルは飛んでゆく」も「花まつり」も
演奏していますよ。あと、「影になりたい」っていうとても良い曲があるの。まぁ、monalisaさんや
私はなれそうにありませんが・・・ね。フォルクローレはタンゴより、日本人にしみとおりやすい
音楽かもしれない。

高地を走る列車、高地のレストランなかなか目にすることがないので楽しんで見せていただきました。
楽しいわぁ~

>Reveilleさんなら、この果物・・・知っているかしら?

パッションはパッションでもイエローパッションかなぁ~・・???なんて思ったのですが、実際にイエローパッションは食べたことがないので違うかも知れません。(笑)(お手上げです~・・・^ ^)
ところ変われば品変わる、ですね。日本にはまだまだ海外からの珍しい果実で定着していないものがたくさんあるのですね。旅ブログは面白いです!見たことも聞いたこともない物を目にできるだけでも好奇心が湧いて来ます(^m^)
コカ茶の効能、面白いですね。高山病に良いのですか。
これがどうして日本に無いのかと思ったら、コカノキやコカの葉っぱが精製して濃度が高いものになると言う理由で麻薬原料植物に指定されているからなんですね。知らなかったです。でも、monalisaさんがいただいたものは民間で普段から飲まれている極薄いものだからその国で飲む分には全然問題ないわけですね。

ウルバンバ村はどのくらいの標高のところですか?
のどかな感じが素敵ですが、アルパカ等の動物達を見ると冬は寒そうなところですね。

chimさん、今日は~

> ビスタードーム号からの眺め。
> どのお写真もいいですね。
   ありがとうございます。
   やっぱり、1時間半の列車の旅は、流れで見て欲しいので
   また16枚・・・頑張ってしまいました。
   UPしたのが、4時ごろだから~
   早起きのchimさんは、もう起きたころでしょう。
> ウニャイワイナ遺跡。
> 思わず見上げてしまいマシタ。
   アナウンスは、スペイン語と英語と日本語でしてくれます。
   不思議にあちらでは韓国人中国人には会いませんでした。
ウニャイワイナ遺跡・・・なにやら段々畑があって~
   一瞬、あれがマチュピチュの一部?~と思っちゃいました。
   
> monaさんが乗られている列車と正面顔の対抗列車。
> Just。Catchできましたね。
> 対抗列車の車掌さんが自らポイント切り替えも面白い。。
   車掌さんが、下りて来た時は、何をするのかしら?~と思いました。
   カメラをいつも前にぶら下げて~すっかりトレードマークになっちゃいました。
   撮れば撮るほどに、欲が出て~
   趣味があるっていいですね。

   日本にもアルパカの肉は、食べさせてくれるレストランは無いでしょう
   ウルバンバも高地、空気が美味しかったですよ!!

> 『コカ茶』
> 「空腹を忘れさせる」ッテ、 トテモありがたい作用デスネ。
> これで、食を抑える。控える。ッテ、できたら、good。デスネ。
> If。できてたら、トーにブームになってイマスね。
   ペルーにいたら、いくらでもコカ茶は手に入ります。
   普通の店に置かれているんですもの。
   でも、日本には,持ち帰れないんです。
   疲れも取れて、空腹感も感じさせない・・・ダイエットに打って付けですよね。

今回も、早くから~ありがとうございました。

ikさん、今日は~

(´▽`;)ゝあはは)ikさん、私もよ~
実は、羽田の税関は、何も調べないで~パス
今思えば、スーツケースに忍ばせて来れたかも~です・・・が
違法行為をしてまで~ねェ。
そのうちに食べられなくなっちゃうかも?!
苦しむくらいなら~食べられる内は、何でも食べましょう!!

> 高山病になるならなってみる(ちょっと違う?)というmonalisaさんの強気に脱帽です。
> 高山病対処法面白かったです。ガス抜きって意識してできるのかしら・・・
> 炭酸飲料などは効くのでしょうか?
   高山病って、どんな風になるか知りたいじゃあないですか?!
   主人は、ダイアモックスを2日前から服用し始め、水も沢山飲んで
   そのうちに酷い下痢になって・・・ダイアモックスは、2回ぐらいしか服用していません。
   大騒ぎをしている姿が~面白くって!!
   私は、ミゲルさんが言っているように、基本的姿勢で対応
   特に、精神的に負けない、考えすぎない・・・これに~ガッテンです!!
   
   私はよく、ゲップや放屁が・・・どうやら、食事の際によく咀嚼しないで
   空気をたくさん飲みこんでいるから~とも言われます。
   走ったりすると腸の運動が活発になって、ガスが発生しやすくなりますよね。
   特に高い山に登ると、気圧が低くなってペットボトルやお菓子の袋とかが膨らむように
   おならが膨張してでやすくなるようです。
   「連れが、列の後尾にいたがる時は、おならがしたいときなんだと心得よ~」とも
   教えられました~よ。
   炭酸飲料は、もっともガスが発生しやすくなって・・・
   場合によっては、腹痛まで起こりやすくなるでしょう。   
   
> う~ん、やっぱり食べ物も興味あるけれど、旅先でそこの音楽に触れるのは最高ですね。
> フォルクローレも大好き。チャランゴをかき鳴らし、「コンドルは飛んでゆく」も「花まつり」も
> 演奏していますよ。あと、「影になりたい」っていうとても良い曲があるの。まぁ、monalisaさんや
> 私はなれそうにありませんが・・・ね。フォルクローレはタンゴより、日本人にしみとおりやすい
> 音楽かもしれない。
   ハイ、sioさんは、タンゴよりフォルクローレ・・・ってました。
   チャランゴ・・・検索しました。
   『影になりたい』イイ曲ですね。
   ・゚・(*ノ∀≦)ノ彡ahahaha★ ikさんには、すっかり見透かされちゃっていますね~私!!

> 楽しいわぁ~
   いつも、ありがとうございます。

Reveilleさん、今日は~

お手上げでしたか?!
グラナディージャ、日本では、売られていないようですね。
サボテンの実を食べるなんて、驚きでしょう?!

> コカ茶の効能、面白いですね。高山病に良いのですか。
> これがどうして日本に無いのかと思ったら、コカノキやコカの葉っぱが精製して濃度が高いものになると言う理由で麻薬原料植物に指定されているからなんですね。知らなかったです。でも、monalisaさんがいただいたものは民間で普段から飲まれている極薄いものだからその国で飲む分には全然問題ないわけですね。
  ハイ、コカの葉は、ペルーでは、どこでも売っています。
  高いところで仕事をする現地の人は、コカの葉を噛みながら仕事をする習慣があるそうで
  頬いっぱいにコカの葉を詰め込み、そのエキスを飲むことで、
  危険の恐怖を忘れ、疲労や空腹を癒しながら昼食もとらずに夕食まで、働き続けるそうです

> ウルバンバ村はどのくらいの標高のところですか?
> のどかな感じが素敵ですが、アルパカ等の動物達を見ると冬は寒そうなところですね。
  クスコ(3400m)⇒ウルバンバ(2800m)⇒オリャンタイタンボ(2400m)⇒
マチュピチュ村(2000m)⇒マチュピチュ遺跡(2400m)

  実は、マチュピチュよりもクスコの方が高いんです。
  2日後には、クスコまで戻ってくるんですが
  この旅程は、高山病予防のために取られているそうです。

Reveilleさん、お仕事はかどりましたか?
              

いよいよ、monalisaさん憧れのマチュピチュですね。
マチュピチュってそんなに高いところにあるって知りませんでした。
日本のマチュピチュと言われてる竹田城跡には行ったことがあるのですが・・
次の旅紀行を楽しみにしています。

hotterさん、今晩は~

ハイ、マチュピチュは、書くことが多いので~大変。
昨日、今日は雪隠詰めでした。

> 日本のマチュピチュと言われてる竹田城跡には行ったことがあるのですが・・
   日本のマチュピチュって、あるんですね?!
   何でも、日本のマチュピチュは、3か所ある・・・・っていう噂?!
   竹田城跡・・・そのうちに行って見たいです。

hotterさん、いつもありがとう!!
   


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/525-61158c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南米浪漫紀行 ⑧ ( 9月25日 マチュピチュ歴史保護地区観光 ) «  | BLOG TOP |  » 南米浪漫紀行 ⑥ ( 9月23日 ブエノスアイレス~リマ )

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (55)
レクイエム (8)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (8)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。