topimage

2017-08

ファルスタッフ - 2013.09.13 Fri

オリンピック招致が、tokyoに決まって、大きな経済効果も期待されるため、
投資の分野でも影響があるのでは~と、主人は言いますが、
決して自分では、株に手を出さない代わりに、
私に『頭で、稼いでよ~』などと、虫にイイことを言います。

25P1080353.jpg

今日は、仕事のない日。

家にいると、こんなに時間があるのか~と思うほど、午前中いろんな事が出来ます。

株の動きに対して蘊蓄を語るhamaちゃんから、『不動産と電鉄を狙え』って、教えてもらったけど
この1~2日の動きから、自分なりに、投資する会社を探し出して、朝からPCで、指値注文。
25IMG_0822.jpg

参議院選の前には、「自民が勝つことはわかっているから、美味しい材料が、ないじゃん」といわれ、
その日のうちに、成り行きで、プラスになっているものは、売ってしまって、気持ちがすっきり。

参議院選後、下がった頃合いを見つけ、買い戻した株は、
このオリンピック招致で、確実に成長しているからウレシイ!!

はてさて、今日の仕込みは、どう動くかしら?!
25IMG_0801.jpg

久しぶりに、オペラ鑑賞です。
今回も、プレミアエコノミーが、開催1か月前に売り出され、半額ぐらいでget。
実際、いくらの席が、どのくらい安くなったか分かりませんが、これが東京に住んでいるウマミです。
25DSC_0259.jpg

そうそう、オペラに行く前に、日本円をドルに換えてきました。
いつも主人が換金してますので、初めての経験。ドキドキしました。
すべて新券で揃えた500ドルpackと300ドルpackがあって、便利です。
名前、住所、生年月日、電話の申告で、すぐ換金できました。
今日のレートは、1ドル=102.47円。
1ドル90円以下の時代もあった。もっと、早く換金しておけばよかったです。

お金の話は、ハシタナイ!!って言うけど、
賢く生み出して、賢く使って・・・これからの日本経済の発展を楽しみたいものです。
25DSC_0269.jpg


2013年のミラノ・スカラ座の引っ越し公演は、「リゴレット」と「ファルスタッフ」

今回は、「ファルスタッフ」を選びました。

【あらすじ】
かつては立派な騎士だったと自慢しているサー・ジョン・ファルスタッフ。
いまは太っちょの老人で金もない大酒飲みだ。
彼は同じ内容の恋文を人妻のアリーチェとメグに送りつける。

受け取った二人の人妻は彼を懲らしめようと策を練り、
まずはファルスタッフをメグの家におびき出すことにする。
アリーチェの夫フォードは妻を疑い、偽名を使ってファルスタッフに会い、 妙な頼みごとをする。
めかし込み、上機嫌でメグに会いにきたファルスタッフだが、
夫が帰って来たといわれ洗濯籠に閉じ込められて、川に放り投げられる。

真夜中の公園で、仮装した村人たちにさんざん痛めつけられるファルスタッフ。
フォードは娘のナンネッタを医師のカイウスと結婚させようとする。
しかしメグの計らいで、ナンネッタは恋人のフェントンと結婚できることになる。
妻たちの企みを知らされたファルスタッフは、「この世はすべて冗談だ」と笑いとばし、
全員でこの言葉を唱和してフィナーレを迎える。
scala_falstaff_main.jpg

『ファルスタッフ』は、喜劇だから、分かりやすくって、楽しかった。
アンブロージョ・マエストリは、太っちょのファルスタッフ役にピッタリ。素晴らしい共鳴板をもっている。
アリーチェ役のバルバラ・フリットリは、世界で五本の指に入るトップレベルのプリマドンナ。
あの3.11の後、来日予定の歌手がどんどんキャンセルするなかで、動じることなく来日を果たし、
素晴らしいパフォーマンスで感動を与えてくれた・・・この人も、ハンサム・ウーマンです。
25DSC_0265.jpg

ファルスタッフの原作はシェイクスピアの戯曲「ウインザーの陽気な女房たち」と「ヘンリー4世」。
3幕構成。80歳になったヴェルディ最後のオペラで、2作目の喜劇。
最晩年のヴェルディが到達した悟りの境地。それは~

   この世はすべて冗談。
  人は生まれながらの道化師,いつだって頭の中では理屈をこねる。
  そして,お互いあざけり笑う。でも,最後に笑った者が本当に笑う者。


25DSC_0267.jpg

blogram投票ボタン




スポンサーサイト

● COMMENT ●

まるで別世界

monalisaさん、

オペラは「椿姫」を一度見ただけの私には、まるで別世界。

大勢の登場人物、そして生のオーケストラですから迫力もすごく
引き込まれるんでしょうね。

喜劇は比較的理解しやすいのですか?

ヴェルディーの最晩年の心境、「この世はすべて冗談!」
ここに到達できるまではなかなかね。
ちょっとのことにおろおろ、あるいはちょっとのことで狂喜乱舞
私はまだまだです。

もう一時間後には京都に向かって出発です。行ってきま~す!

ミラノ座のオペラ ファルスタッフ 鑑賞してきましたね。
私は リゴレットを観たいと思いながらも、
やはり、スケジュールに無理ありて 断念しました。
東京は いいな~
何でも トライ出来て、本当に羨ましいv-237デス。

旅行会社から届いた、パンフレットの中に
来年の一月のメトで アンナ・ネトレプコのオペラを観るというツアーがあって
気になっています。

一月のニュヨークは寒いでしょうネ。

8月には新国立劇場で二期会公演のホフマン物語を観ました。
ウイーンのオペラ劇場で 初めて観た演目だったので、とても
感動しましたよ。
もっとも、字幕付きなので意味も良く分かるしネ・・・

お互いに 旅行したり 芸術鑑賞と忙しいですね。


震災の後 メトのオペラで アンナ・ネトレプコが来日せず、
代わりに歌ってくれたのが バルバラ・フりットリでした。

私は 三回 彼女の歌声を聞きました。
美人で声も良く 素敵な女性だと思っています。

オペラって いいですね~v-266v-238

monalisaさん、株もしていらっしゃいますか。自分はしたことがないからPCで何でもできちゃう人ってカッコイイ!
オペラ未体験の私。でも、見たいと思っていたらいつか見る機会があるでしょうか。^ ^
オペラって、世界中の方が観るとてもハイレベルなものなのでしょうね。

こんばんわ。

オペラのフィナーレの写真を見た王子が「シカさん、いっぱいいるね」ですって。
そんなコメントを聞いてたらワタシの目には『せんとくん』に見えてきてしまいました。
オペラのすごさを知らない、芸術に疎い親子の会話ですよね(笑)。

株、買いましたか!
建設関係や飲料系とかも来るかな?とか、パパとPC見てます。
株だけじゃなく、いろんな面でトウキョウオリンピックが楽しみです♪

ikさん、今晩は~

私には、オペラファンの友人が3人おります。
そのうちの1人、keisaさんは、ご夫婦でオペラファン。
『椿姫』での臨終のシーンでは、横になっても声量が衰えなかったグルベローバは、素晴らしい・・とか
『カルメン』をやらせたら、アグネス・バルツァの右に出る者はいない~などと、ファンならではの蘊蓄を
傾けられます。
もう一人のm-ariasさん。音大出ならではの、幅広い知識で、見どころ聴きどころを教えてくださいます
ブロ友のGraceさんとは、お互いにオペラファンであることを知って、旅先で意気投合。
2か月後の同じ日のオペラチケットを持っていたのは、奇遇。再会を余儀なくされた運命の人なのです。

今では,DVDやMETライブビューイングとして、
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラを映画館で上映しているので、
リーズナブルに見ることができますが、
やっぱり臨場感をたっぷり味わうには、生に限ります。
特に、喜劇は、す~っと、内容がつかめ、見ていて楽しいですよ。

ikさん、私は、ヴェルディーの最晩年の心境、「この世はすべて冗談!」・・・これに共感しています。

学生時代に、堀口大学作詞、清水徹作曲「月光とピエロ」を歌ったことがあるんですが
   人間はだれでも哀愁、深い悩み持っていて
   それを顔に出さずに笑顔で舞台に立つピエロ・・・と、心情をしっとり歌い上げる哲学的な名曲です。
人それぞれの交わりの中で、折り合いをつけて、自分なりの理屈つけて人生を納得していく。
しかし、納得のいかない事象も、「この世はすべて冗談!」
いつか、きっと今の苦が楽に変わるときが来るだろう。
そのための修行なのだ・・・と思えば、腑に落ちてしまうのです。

まだまだ悟りの境地には到達していませんし
ikさんのように、ちょっとのことで狂喜乱舞は、常です。
でも、その時を楽しむ・・・そんな器を持ち合わせたいと、いつも思って生きています。

ikさん、連休中は、京都ですか?!
台風が反れてくれるといいですね。

Graceさん、今晩は~

お茶会は、上手くいきました?
スタッフの皆さんにお点前を披露され、緊張されたことでしょう。
お疲れさま。

1月のニューヨークは、きっと寒いでしょうね。
でも、目的がオペラなら、それもいいではないでしょうか?!

Graceさん、二期会と言えば、姪(従妹の子)が、会員。
きっと歌っていたでしょう。

アンナ・ネトレプコ、イイですね。
私は、2010年の「マノン」で、素敵な声と魅力的な容姿に惚れ惚れしましたが、最近太ったそうですね。
バルバラ・フりットリ も、知的で素敵。

2014-2016の公演予定は
ローマ歌劇場の『ナブッコ』『シモン・ボッカ』
英国ロイヤル・オペラの『マクベス』『ドン・ジョヴァンニ』
ウイーン・フォルクスオーバーの『こうもり』『メリー・ウイドウ』『チャルダーシュの女王』
ウイーン国立歌劇場の『ばらの騎士』『ワルキューレ』
どんなオペラ歌手が来日するのか、楽しみですね。

Reveilleさん、今晩は~

もともと義母が「ちっとも儲からないから、あげる!!」っていって頂いた投資信託が始まりです。

今までは、証券マンの言いなりでしたが
PCで、売り買いができるようになって
経済や政治の動きにも、関心が行くようになって、ちょっと面白くなってきました。
リーマンショックや3・11で、目減りした分を、ちょっとだけ取り戻して気を良くしています。

> オペラって、世界中の方が観るとてもハイレベルなものなのでしょうね。
  私は、コーラスをやっていたので
  オペラなどには抵抗がありませんが
  人によっては、ミュージカルやオペラを敬遠されます。
  音楽が好きなら、きっと聞いたことのある曲が流れてきたりするものです。
  機会があったら・・・どうぞ~
  オペラの臨場感とそこに集まる人々の雰囲気・・・きっと虜になりますよ。

riomanさん、今晩は~

「シカさん、いっぱいいるね」・・・王子様らしくって、いいな~
鹿の角は雄の欲望の象徴。 嫉妬に燃える夫の 頭には角が生える・・・
これはシェークスピアの「真夏の夜の夢」を文字っているのだそうです。

> 株、買いましたか!
> 建設関係や飲料系とかも来るかな?とか、パパとPC見てます。
> 株だけじゃなく、いろんな面でトウキョウオリンピックが楽しみです♪
   riomanさんのところも株やってますか?!
   yahoo!japanのファイナンスのポートフォリオに銘柄と株数、購入額を記入しておくと
   +-が、一目瞭然。
   毎日、ニュースが楽しみです~よ。
   飲料系ですか?!
   (゚ー゚)(。_。)ウンウン 検討してみよう~

monalisaさん、コーラスをされていたのですか。
おおっ、偶然ですね。私も学生の時、コーラス部だったりします。もちろん、週1回しかなかったので他の部もかけもちでしたが。
コンコーネでしたっけ、あ~あ~あ~♪なんて発声練習をやっていましたよ。
でも大会とかに出るほどはなくて趣味程度。文化祭に出場するくらいでしたが、monalisaさんのところは気合が入っていそうな気がします。(笑)

Reveilleさん、今晩は~

コンコーネ・・・ウンヌンは、高校生時代。「月光とピエロ」もこの頃、歌いました。

大学時代は、ミサ曲中心で、バッハ、ベートーベン、モーツアルト、ケルビーニ
そして、結婚後、地域のコーラスでは
プロのオケを従えて、東京芸術劇場、紀尾井ホール、などと名だたるコンサートホールで
バッハのマタイ受難曲やヨハネ受難曲、モーツアルトのレクイエム、ベートーベンのミサ・ソレムニス
ヴェルディのレクイエムなどの演奏会をしました。

財産なんです。凄いでしょう!!
だから、私の棺には、それらの楽譜を入れて欲しい~と思っているんですが・・・

不思議なことに、ベートーベンの第九は、舞台で歌ったことがないんです。

コーラスをなさった方なら、知っていますよね?!
上手くハモッタ時にできる・・・天使の輪(倍音が聞こえてくるんです)

このところ、ミサ曲は、卒業して、ジャズでも習おうかと・・・reveilleさんは、どうですか?!

monalisaさん、子守お疲れ様でした。
自分の子供をみるのとお孫さんをみるのって、気疲れが違うでしょうね。
娘さん、無事に退院できて良かったですね。(*^-^*)
旅行、お気を付けていってらっしゃ~い(^ ^)/

Reveilleさん、ありがとう~ね。

娘は、経過がよく、出発の日の午前中に退院できました。

早めの入院が、功を奏したようで、もう少し遅かったら、窒息死も起こりかねない症状だったようです。
heartが、「早く治ってくれて、ありがとう~ネ。ママ」って言ったんですって!!
泣かせるでしょう?!

今日は、お休みだったけど、昨日は、1日仕事。
まだ、時差ぼけのはっきりしない状況でしたが、スタッフに助けられ、1日を無事にやり過ごしました。

明日から、またミッチリ~と、予定を入れられています。

マチュピチュのホテルで、自分のブログを見ることができ、
reveilleさんのコメント、嬉しかったです。

ありがとうございます。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/512-48c86148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葉っぱで彩るリース «  | BLOG TOP |  » 忘れないうちに~

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。