topimage

2017-07

monalisaのガーデンカフェ(薔薇に魅せられて・・・・④) - 2009.05.19 Tue

「名は体を表す」と言いますね。
言霊というように、言葉には魂があって、あるニュアンスを持って伝わって来ます。
ビジネスの世界では、ブランド名や商品名の違いだけで売上が大きく違ってくることがあるようです。
名前の持つ「印象」や「覚えやすさ」などが重視されたネーミング戦略
K(か行)・・・速い、骨っぽいイメージ
G(が行)・・・強いイメージ。怪獣の名前に多い。ゴジラ、ガメラ、ギャオス、ガッパなど
        これは、胸倉をつかまれたときに「ぐっ」となるところから
N(な行)・・・家庭的なイメージ
B(ば行)・・・醜い、汚いイメージ
P(ぱ行)・・・かわいらしく親しみやすいイメージ。(例:パピコ、ペコちゃん)
        ペ・ヨンジュンが日本で人気を得たのも起因しているとか
        「ベ」と呼ばれていたら韓流ブームはなかったそうですよ。

≪命名に際しての精神の働き ≫
どう呼ぶことにするかという行為は、
感性・感受性(どのように見える)による部分と、
知性(どう認識するかという発想・思想)による部分とがあって、
感性・感受性と知性の間には、どんなものかを把握しようとする想像力によって名付けられる。
 感性・感受性    想像力   知性
 受動  ← 精神の働き → 能動
バラ
7月に生まれてくる孫の性別が、なんとなく分かってきたようで、どんな名前にしようか・・・と
候補が上がっているようです。一生呼ばれる名前なので、運のいい、皆に愛される名前がいいですね

さて、我が家にも、気になる名前の薔薇がいくつかあります。
*****(17) Mona Lisa モナリザ*****
Fフロリパンダ/中大輪/半剣弁高芯咲き/花弁20~40枚/四季咲き/半横張り性/樹高1.2~1.7m/強香
1980年 ドイツ Reimer Kordes作出
別名【Australian Gold】
外弁がピンクがかるオレンジのあたたかな花色で大きめで美しい花形の花が房になり咲く
花形もよく、耐病性に優れ、香り高い・・・まさに、私にぴったりの薔薇でしょ。フフフッ!!
バラ バラ
バラ バラ
バラ

*****(18)Rhapsody in Blue ラプソディ・イン・ブルー*****
フロリパンダ/中輪半八重/クラスター咲き/花弁5~10枚/直立/樹高1~1.5m/微香(スパイス香)
1999年 イギリス Frank R.Cowlishaw作出
2000年「国際バラとガーデニングショー」で日本初登場となったそうです。
細長くツンとした蕾が開花すると、すぐに退色し始めますが、花付きがよく繰り返しよく咲き
2003年イギリスでRose of the Year受賞
王立英国バラ会の芳香賞 エドランド・メダル受賞
ベルファスト・インテーナショナル・ローゼン・ガーデンでRJフリゼール・メモリアル賞受賞
ガーシュイン作曲の『ラプソディ・イン・ブルー』と同じ名前の付いた薔薇ですね。
ガーシュインは、ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍のアメリカの作曲家で
『ラプソディ・イン・ブルー』はジャズとクラシックを融合させ「シンフォニック・ジャズ」として代表的な曲。
『巴里のアメリカ人』は、新しい感覚の、絵画的な曲で、ガーシュインは好きな作曲家の一人です。
バラ バラ
バラ
バラ

*****(19)Henri Matisse アンリ・マチス*****
ブッシュ系/大輪8~12cm/四季咲き/直立性/樹高1.2m/微香~中香(フランボワーズ香)
1995年 フランス デルバール社作出
マゼンダを帯びた深みのある赤色に白の絞りが入るバラで、ほのかに柔らかなフランボワーズ香あり
名前の由来は、19世紀後半に生まれ、20世紀を代表する芸術家、
自由で大胆な色彩が印象的な野獣派の芸術家【アンリ・マチス】に因んでいる。
画家「アンリ・マチス」に陶酔している知人がいます。この名のバラを見たら何と言うでしょうかね。
耐病性強、樹勢強、耐暑性強という育てやすい薔薇で、初心者にはお薦めです。
バラ バラ
バラ
バラ

*****(20)Sonia Rykiel ソニア・リキエル*****
ジェネロサ/大輪/花枝 長い/カップ咲き、ロゼット咲き/四季咲き/繰り返し咲き/樹高1.5m/強香
1995年 フランス ギョー&マサド
ジャン・ピエール・ギョーとドミニク・マサドとのコラボによるジェネロサシリーズの代表品種。
Generosa・・・イングリッシュローズに似ており、モダンローズにオールドローズの花容などを
        取り入れることを目指している
ソニア・リキエルは、ジェネロサのシンボルローズ(目指すすべての形質を兼ね備えた品種)
フランス人・ファッションデザイナーソニア・リキエルの功績を称えてギョーが命名。
「自分の名前が冠されることを誇りに思う」と、リキエルが謝意と共に許可した・・というエピソード。
香りは、ティーをベースにしたフルーツ香(バナナや南国の果物を髣髴させる)
花枝の分岐を促すように良質な芽で剪定し、大きく育てるようにすると、花数が増え、良花が得られる
花びらぎっしりのクオーター咲き。
花色は、ピンク色にゴールド・シルバー・琥珀色が溶け込む不思議な色
花色と言い、クオーター咲きの様は、モダンなファッションデザイナー、リキエルのイメージにぴったり。
こちらまで優雅な気分になるとっても愛おしい大好きなバラのひとつ。
バラ バラ
バラ
バラ

*****(21)Blue Moonブルームーン*****
HT/中輪/四季咲き/半剣弁高芯咲き/花色 藤色/花弁 25~30枚/花径 15cm/樹高1.5m/強香
1964年 ドイツ ダンタウ作出
耐病性があり、樹形は直立性が強く、青バラ独特の甘い香り(ブルー香)
バラらしいバラ、花持ちもよく、育てやすく世界中で最も愛されている品種だそうです。
6年前の「国際バラとガーデニングショウ」で、友人とお揃いで買いました。
バラ バラ
バラ

*****(22)William Shakespeare 2000 ウィリアム・シェイクスピア2000*****
S シュラブ/大輪 /四季咲き/半横張り性/クリムゾンレッド/樹高 1.1~1.2m/強香
2000年 イギリス デビット・オースチン 【交配親】 実生×The Dark Lady
≪今までの赤のイングリッシュローズの中でも最高級≫であることは、疑う余地のない薔薇という。
かの文豪に因んで命名。1987年に発表された同名の品種には、耐病性に問題があっ。たので
改良を加えられて2000年に再発表された。
花は、深いカップ咲き~クオーターロゼット咲きとなり、その間に深い紫色に変化していく。
オールドローズ香が素晴らしく、強く香る。
フラワーアレンジメントの佐々木先生から、薦められて5年前より育てている。
バラ バラ
バラ
バラ

*****(23)Lady Emma Hamiltonレディ・エマ・ハミルトン*****
S シュラブ/中輪/四季咲き/カップ咲き/半直立性/花色 オレンジ系/樹高1.2m/強香(フルーティー)
2005年 イギリス デビット・オースチン
イングリッシュローズの名花。2005年「国際バラとガーデニングショー」で初公開されたバラで、
日本市場に登場した2007年の秋に我が家の仲間入り。
花色は、赤みが勝ったオレンジの蕾から、アプリコットオレンジ~オレンジイエローへと変化していく
非常に強いフルーツ系の香りで、洋ナシとブドウ、シトラス系の香りが混ざり合った素晴らしい薔薇。
【レディ・エマ・ハミルトン】の品種名は
1805年のトラファルガー海戦でナポレオン軍に勝利した英国の英雄・ネルソン提督の恋人に因み、
トラファルガー海戦の200周年記念として命名されたそうです。
バラ バラ
バラ

今一番、興味のあるバラは、【シャポー ドゥ ナポレオン】です。
蕾を覆ったがくが 三角形をしていて、それがナポレオンの帽子に似ているのです。
薔薇の名前の命名は、その時の世情(人の魅力や業績、記念日)とも関わりがあるようですね。
印象深い名前の薔薇は、やはり特徴もはっきりしていて名花に相応しい愛すべき薔薇達です。

                                    To be contineud
スポンサーサイト

● COMMENT ●

奥が深いね~

 こんばんは~
 思ったより沢山育てていますね。
 ラプソディ・イン・ブルーとアンリ・マチス欲しいバラです。

 それにしてもバラってほんとに奥が深い”
 こんなにたくさんの種類があるんだといろんな人のを見てそう思います。
 
 明後日出かけるので、まだ開花していないお楽しみのバラもあるんのが
 心残りです。 では 行ってきますね~。
 あ~新型インフル、帰る頃はこっちの方にも広がってるかもね~。
 どこに居ても同じじゃ~ないの?
 でも、妊婦さんは気をつけないとね~。
 
 
 

いつも素敵な写真をアップしていただきありがとうございます。
本当に優雅な雰囲気が伝わってきます。
専門的な解説も、私にはまだ分からないことばかりですが、大変ためになります。
続けて、見させていただきます。
よろしくお願いします。

いってらっしゃい

りこぴんさん
  神戸は、9割がたマスクを着用しているそうです。
  
  お楽しみのバラ、UPできないのは残念ですね。
  気をつけて行ってらっしゃい。

バラに生かされて・・・

Sho-Budさん
  ようこそ、いらっしゃいませえ。
  家のバラは、まだまだあります。
  すっかり薔薇に生かされている今日この頃です。
  生活のバロメーターですね。
  夢中になれるものがあるって・・・素晴らしいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/51-8f6502d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フラワーアレンジメント(Crystal Bouquet) «  | BLOG TOP |  » monalisaのガーデン・カフェ(薔薇に魅せられて・・・③)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (10)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。