凛とmonalisa

2017-04

Rainy season in early summer - 2013.06.18 Tue

沖縄では、6月14日に、平年より9日早い梅雨明けだそうですね。
梅雨時に、一際元気なのが、アジサイです。
25-P1070646.jpg
我が家には、アジサイが、何本あるかしら?
3年前に挿し木から大きくなった「おたふくアジサイ」は、今年こそ・・・と楽しみにしていたんですが
アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けずに。
昨年の枝に花芽がつく(2年枝に花が付く)のだそうで~来年には、このコロコロした可愛い花が楽しみ!!
25-P1070648.jpg
アナベルは、咲き始めは、グリーンの可愛い花房。大きくなると真っ白で非常に大きな花房になるんです。
ほかのアジサイの仲間が、前年の夏に花芽がつくられるのとは違い、
‘アナベル’は春に花芽ができ、その年の夏に開花するので、冬でも剪定できます。
<<<<<

円錐形の花房とカシワのように深く裂けた葉が特徴の、カシワバアジサイもあります。
カシワバアジサイの葉は、秋には紅葉して綺麗なんですよ。
                                                          マウスオン
<


クレマチスに夢中になって、買い集めた小輪のヴィチセラ系
深みのある赤紫色のメアリーローズは、八重咲きよりも花弁の枚数が多い万重咲き。
25--P1070561.jpg
壺形、チューリップ形の花を節々に咲かせるのは、テキセンシス、ビオルナ系の品種のクリスパ・エンジェル。
芳香もある・・・これ、初めて知りました。
25-IMG_0490.jpg
こちらもテキセンシス、ビオルナ系のキングス・ドリーム
蔓バラ「ロココ」に絡みついて咲いています。
25-P1070657.jpg
日本間の前は、和風庭園に・・・なんて思って、築山には五葉の松、マキ、カイズカイブキ
リュウノヒゲ、コクリュウ・・・そしてトクサ(砥草、木賊)を植えてあります。
25-P1070254.jpg
表皮細胞の細胞壁にケイ酸が蓄積して硬化し、砥石に似て茎でものを研げるので、砥草と呼ばれるそうです。
高級な柘植櫛の歯や漆器の木地加工、木製品の作業工程などの磨き仕上げる工程に使用されていたり、
音楽家の滝廉太郎は、身だしなみに気を遣ったため、常々トクサで爪を磨いていたそうです。
クラリネットなどのリード楽器の竹製リードを磨いて調整するのにもトクサが用いられるんですって~

また、干した茎は木賊(もくぞく)と呼ばれる生薬で、
その煎液を飲用すると目の充血や涙目に効果がある・・・これ、知りませんでした。

    25-P1060636.jpg

デンファレ、トクサ、リキュウソウで『初夏を感じる modern arrangement』・・・いかがでしょうか?


blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん、

アジサイどれもとてもきれいですね。
おたふくって渦アジサイと同じでしょうか?
来年こそ咲きますように。

アナベルが冬にも選定していいとは知りませんでした。
友人があまり大きくは育たないけれど、アナベルを鉢で育てているので
私も育ててみようかと思っています。アジサイの中で一番好き・・・カモ。

トクサは爪やリードを磨くのに使われるって知りませんでした。この表皮は固そうですが、
内側で磨くのかしらね。

それを、アレンジに使うところなんぞ、monalisaさんすごい!素材として
面白いですね。


最も楽しみな薔薇のブログでしたが、
今年は私の体調不良のためかv-361あっという間に終わった感じです。
                                 
我が家の庭にも紫陽花はあるけど、何なんでしょうかv-293
美しさが違いすぎるのです。

結局はセンスの差かな~と モダンアレンジメントを観て、妙に納得しました。

秋の旅行の計画はまとまってきてますかv-361

monalisaに刺激され どこかに行きたくなり、
嫌がる主人を説得して、暑い暑い京都に祇園祭りを観に行くことにしました。

毎日 忙しそうなmonalisa様は何曜日が空いてるのでしょうか?
福島にお招きしたいわ~と思うのですが・・・

ikさん、今晩は~

最近、スマホのLINEゲームで遊びほうけているので、ブログ内容も、お粗末~
ikさん、お多福アジサイと、渦アジサイは、同じものですよ。
アジサイは、剪定の時期と場所が大事なようです。
ほんと~、来年咲いてくれると・・・嬉しい~わ。

アナベルは、人気があるそうですよ。
ikさん、最近ピンクのアナベルが市場に出回っているようですが
やっぱり、アナベルは、白に限りますよね!?

> トクサは爪やリードを磨くのに使われるって知りませんでした。この表皮は固そうですが、
> 内側で磨くのかしらね。
  トクサを干して、開いて、板などに張って、使うようですよ。
  
明日はダニエル・オストのフラワーレッスンがあるんですが
「花材が、トクサだから、背の高い袋を持参して~」と電話がありました。
オストが、どんなデザインをするのか・・・大いに楽しみです。

乞うご期待!!

Graceさん、今晩は~

(´▽`;)ゝあはは)、申し訳ありません。
昨年の暑さと、旅行中の管理不足で、消えた薔薇が・・・いっぱい。
地植えだと、心配も半減ですが・・・仕方がないです。

センスは、Graceさんのほうが・・・勝っていますよ。
ご心配なく!!

ハイ、当初、予定したウユニ塩湖は、雨季がとっても綺麗だそうで
乾季に行くのは、オーロラを時期外れに見に行くのと同じ!!~と知人が言ってましたので
。。(=_=)ウウッ! 諦めて、
60歳以上お薦めコース、イグアスの滝、マチュピチュ、ナスカの地上絵の~コースに決めました。

> monalisaに刺激され どこかに行きたくなり、
> 嫌がる主人を説得して、暑い暑い京都に祇園祭りを観に行くことにしました。
   良かったですね。
   祇園祭、楽しんできてくださいね。

> 毎日 忙しそうなmonalisa様は何曜日が空いてるのでしょうか?
> 福島にお招きしたいわ~と思うのですが・・・
   ありがとうございます。
   連絡しますね。

今日こちらは久しぶりにまとまった雨が降っています。
庭の紫陽花もきっと喜んでいることでしょ。
我が家にはカシワバアジサイはありません。
この種類の紫陽花もなかなかいいですね。
modern arrangement、いいですよ、最高です。

hotterさん、おはよう~

恵みの雨が降って・・・良かったですね。

modern arrangement、褒めて下さり・・・ありがとうございます。

昨日は、旅行の手続きをしたり、ベルギー大使館でのフラワーレッスン~
夜は、上司の還暦のお祝い・・・
台風情報もあって、朝からの強風に思いやられましたが
何とか、1日を無事にやり過ごし・・・気持ちの良い目覚めです。

アジサイは、種類が多くなって・・・
梅雨時は、アジサイが、やっぱり似合いますね。










> 今日こちらは久しぶりにまとまった雨が降っています。
> 庭の紫陽花もきっと喜んでいることでしょ。
> 我が家にはカシワバアジサイはありません。
> この種類の紫陽花もなかなかいいですね。
> modern arrangement、いいですよ、最高です。

こんばんは

雨にはやはりアジサイさんですね

わたくしあまり名前を知らなくて

いつも色でよんでますのよ

お恥ずかしい話ですが

地のままで行くことにします

wakasaママさん、今晩は~

実に、めでたい!!
先ほど、40001番目のキリ番を踏む人はどなたかしら?・・・と
楽しみにしていました。
明日の朝まで・・・イヤそれとも、知らないうちに踏まれちゃうかしら?~と。

ブロ友さんで、良かった~わ。

アジサイには、いろんな名前がついていますし種類も豊富。
色も、さまざまでしょう? 

特徴のはっきりしている品種は、覚えやすいけど・・・

どうぞ、地のままで~。

おはようございます。

ほのかに紫を帯びたやさしいブルー
中央は、ブルーの真珠のような
花びらも肉厚な高級感漂う「おたふくアジサイ」。
純白の‘アナベル’
葉っぱ色に同化したグリーンの花房から、
この純白に変化していく様子を毎日愛でられるナンテ、
ナンと、贅沢。。幸せ。。。

目で読んで書き写せnai横文字が続くおしゃれなお花も次々に咲いていますね。
doンダケ、東京のdo真ん中でお庭が広いんでsyoー・・・
“八重”より花弁が多い“万重咲き”
お写真を覗き込んでミマシタ~~

濃淡グリーン系onlyの『modern arrangement』
トテモ ステキな“空間”~~ ・・・・

chimさん、今晩は~

子供のころ、アジサイの色は、七変化する・・・移り気な花~と
教えられていた記憶があります。
このブルーのアジサイも、買い求めて植えたときは、ピンクだった筈なのに・・・

アジサイの色は、土壌中のPHで決まる・・・と言う説もありましたが
実は、土壌のアルミニウムイオンの量で変化するというのが現在の定説のようです。

アルカリ性土壌は,アルミニウムイオンをあまり含まず、
ヨーロッパのアジサイがピンクの理由がここにあるようで
また、日本の土壌は,ほとんど元から酸性土壌なので
酸性化するとアルミニウムイオンが溶出してくるので、青いものが多いようです。
そして、老化に伴う花びらの細胞の変化が、アジサイの花の色に変化を起こすのだそうです。

やっぱり純白のアナベルは、人気があるようですね。
>葉っぱ色に同化したグリーンの花房から、この純白に変化していく様子
お洒落でしょ?!


(´▽`;)ゝあはは、そんなに広くない庭ですが、
なんとか自分の世界を作って、楽しんでいます。


> 濃淡グリーン系onlyの『modern arrangement』
> トテモ ステキな“空間”~~ ・・・・
   chimさん、昨日、またトクサを使って素晴らしい、そしてとっても難しい
   arrangementに挑戦しました。
   カルチャーショックを受けた衝撃的な時間を過ごしました。
   まだまだ、学ぶことの多い・・・花の世界です。

素敵なコメント、ありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/493-4ecde85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

充実した日々 «  | BLOG TOP |  » 旬をいただく(十薬会)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。