topimage

2017-08

古代稀なり - 2013.06.06 Thu

『古代稀なり』という70歳の年祝い『古希』って、何処から来るのかな~って、調べてみた。

中国の杜甫の「曲江(きょくこう)」の詩にある「 酒債尋常行處有 人生七十古来稀」の語句に基づいているらしい。

Kanshi89H.gif

「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」って・・・

朝廷から戻ってくると、毎日のように春着を質に入れ、
いつも、曲江のほとりで泥酔して帰るのである
酒代(さかだい)の借金は普通のことで、行く先々にある。
この人生、七十まで長生きすることは滅多にないのだから、
今のうちにせいぜい楽しんでおきたいのだ。

花の間を縫って飛びながら蜜を吸うアゲハチョウは、奥のほうに見え、
水面に軽く尾を叩いているトンボは、ゆるやかに飛んでいる。
私は自然に対して言づてしたい、
「そなたも私とともに流れて行くのだから、ほんの暫くの間でもいいから、
お互いに愛で合って、そむくことのないようにしようではないか」・・・の一節なんですね。
                                                          マウスオン
<

                                                       キリテ・カナワ

『還暦』では赤色の祝い着。我が家では、赤いネクタイで祝ったけど・・・『古希』の祝いの色は、紫色とか。
紫色の花や衣服、寝具などを贈るというのも一つの考えのようですが
主人は、これからも仕事上使えるA4の書類が入るカバンがいい・・・と、娘にリクエスト。
                                                          マウスオン
<

                                                        カシス
heartからは、『いつまでも、長生きをしてください』と絵や折り紙を貼った色紙をプレゼント。
主人は、「『長生きをしてください』って言われる年になったんだな~」と感慨深かったようです。
                                                          マウスオン
<


お料理はどうしようか?と、2~3日前から思いあぐねていたら、娘からメール

お兄ちゃんから次のようなメールがきました。

「料理ですが、下記の会席料理の流れで~
・先付……酒の肴の意味を持つものです。少し酒を飲んでから食べ始めます。
     料亭では先付に季節にちなんだ趣向をこらす場合が多いので、そのことにも注目してください。
・吸物……お吸い物。
・向付……刺身の場合が多いです。
・煮物……料亭と料理人のレベルが分かるとも言われる大切なものです。
     
・揚物……天ぷらなど、油で揚げたもの。
・焼物……季節の焼魚です。例えば夏ならば鮎というように。
・蒸物……茶碗蒸しなど。蒸らしたもの。
・ご飯・香の物……香の物は漬物。
・止め椀……止め椀はみそ汁のこと。ご飯と一緒に出ます。
・水物……食後の果物のこと。

どうやら、息子は、手料理で・・・しかも、会席料理に挑戦しようというらしいんです。
                                                          マウスオン
<


私は、この時期ならではの「和久傳のお取り寄せ『花山椒と鶏肉鍋』」が食べたい~のだ。
本当は、幸村の『花山椒の牛肉しゃぶしゃぶ』を食べに行きたかったけど・・・高価すぎて、手が出ない。
『花山椒と鶏肉鍋』を蒸し物の1品にしてもらって・・・私としては、気楽な会席となった。
                                                          マウスオン
<


木の芽や実は売っているけど、花山椒をこんなにどっさりと・・・
鶏肉、三つ葉、牛蒡、餅麩、南瓜麩と、特製だしで~
花山椒の繊細な香りが、鼻に抜け、いつまでも舌がしびれ、口の中は爽快感でいっぱい。何とも不思議な感覚。

山奥に育つ山椒の木には、実の成る雌木と、実は成らない雄木あって、
雌木に成る開花直後の山椒の花だけを摘み取ったものを花山椒と呼んで、食されているようです。
知る人ぞ知る・・・市場に出回らない花山椒のお取り寄せサイト☆☆☆知りました。
来年は『花山椒の牛肉しゃぶしゃぶ』に挑戦してみようと思いました。


blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

古希のお祝い
皆が集まってワイワイガヤガヤが一番ですよね。
ご子息の料理の出来栄えは如何でしたか?
還暦の赤は有名ですが、古希は紫ですか・・?

ご主人様の古希、おめでとうございます

「古希」の出典ご披露いただきありがとうございます。
みなさまお集まりのお祝い、さぞ楽しかったでしょうね。
写真にさりげなく紫のお花を登場させて、monalisaさんの心遣いにくいです。

今では70歳は稀でもなんでもなく、昨年秋に古希を迎えた私も、まだまだ行けますよ。
まぁ、沈没しない程度に突っ走っています(笑)

お祝いのお料理、息子さんの手料理だったのですか?

hotterさん、今晩は~

ハイ、孫たちが、マゴマゴしている時 (*^o^*)ですから、おうちご飯が一番気楽。
ワイワイガヤガヤ~
hetだって、乾杯には参加したけど、後は、何していたかしら???(覚えていません)

> ご子息の料理の出来栄えは如何でしたか?
  台所でゴソゴソ作っている姿は、たまに見ますが
  会席料理に挑むなんて、驚きでしたが、まだまだ手際が悪いし
  出来た料理をどのように配膳するか・・・イメージが出来ていませんでしたので
  ヒヤヒヤものでした。
  ただ、どの料理も、『あじよし』・・・さすが~我が子です(*^¬^*)な~んちゃって!!
> 還暦の赤は有名ですが、古希は紫ですか・・?
  hotterさんもご存じなかったですか?!
  喜寿も紫だそうです。
  
  紫が似合う主人なら、今からでも何かを買い与えますが。。。
  

こんばんは

楽しい会食の様子に感動しています

わたくしの母方の祖父も何か事があるたびに

半紙に墨字で献立を書き長いのを貼ってあったのを

懐かしく思い出しましたわ。

そして花山椒が美味しそうですね

うちのは実も葉も幹の皮まで柔らかく煮ますよ。

ikさん、今晩は~

> 「古希」の出典ご披露いただきありがとうございます。
> みなさまお集まりのお祝い、さぞ楽しかったでしょうね。
> 写真にさりげなく紫のお花を登場させて、monalisaさんの心遣いにくいです。
  もっと早く知ればよかった~
  そうしたら、紫尽くめにしてあげるのに!!
  我が家の花は、結構紫(ブルー)が多いです。
  ちょっと、こだわりの一工夫。
  感じ取ってくださって、ありがとうございます。

> 今では70歳は稀でもなんでもなく、昨年秋に古希を迎えた私も、まだまだ行けますよ。
> まぁ、沈没しない程度に突っ走っています(笑)
  本当ね~
  私も、いずれ~。まだまだ・・・ですよ。
  その意気で行きましょう。

> お祝いのお料理、息子さんの手料理だったのですか?
  息子は前菜と焼き物を妹に任せて、最後の水菓子まで、
  自分演出でおこなうつもりだったようです。
  食材も、残っていたので、翌日の夕食も作ってもらって、
  至福の時を過ごしました。
  彼は、出汁は、鰹節をサクサクと削って、昆布出汁もじっくり水出しして
  作ったお吸い物は、とっても味がよかったです。

  みんなから、感嘆の声を浴びて・・・彼も、良い経験をしたことでしょう。
因みに
・先付……蛸のマリネ(娘婿担当)
・吸物……鯛とほうれん草のお吸い物。
・向付……鮪、蛸、鯛の刺身
・煮物……揚げ出し茄子の肉ソボロ餡かけ
・焼物……鯵のパン粉焼き(娘婿担当)
・蒸物……花山椒の鶏肉鍋
・香の物……和久傳の漬物
・水物・・・和久傳の蓮根餅

末恐ろしい!!
負けないように、しょうじんしまっす。

wakasaママさん、今晩は~

ありがとうございます。

> わたくしの母方の祖父も何か事があるたびに
> 半紙に墨字で献立を書き長いのを貼ってあったのを
> 懐かしく思い出しましたわ。
  あらあら~、筆で献立なんて・・・粋なお爺様ですね。

> そして花山椒が美味しそうですね
> うちのは実も葉も幹の皮まで柔らかく煮ますよ。
  うわ~ァ、そのレシピ、知りたいです。
  どんな料理が、出来上がりますか?
  保存がききますか?

さすがはmonalisaさんのご子息様!
やることが並じゃありませんね~
お品書きもすばらしい!
これからも記念すべき日には、目を見張るものが登場するんでしょうね。

ワタシの祖父に、父方の兄弟が紫色の組布団を祖母の分と揃いで贈ったのを覚えています。
ツヤツヤと光沢ある触り心地のいい生地の感触をなぜか今でも覚えています。
今になって思えば、あれが古希祝いだったんでしょうね、きっと。

節目の年の色があるっておもしろいですね。

riomanさん、今晩は~

> さすがはmonalisaさんのご子息様!
> やることが並じゃありませんね~
> お品書きもすばらしい!
> これからも記念すべき日には、目を見張るものが登場するんでしょうね。
  それがね・・・私のDNAを受け継いだ息子ですゆえ
  気まぐれなところも、しっかり受け継いでいます。
  10年前の還暦の時は、彼は京都在住でしたので
  鶴亀の絵を焼き付けた清水焼の大皿を作ってプレゼントしてました。
  僻むわけではないけど、私の還暦には何のプレゼントもなかった~よ。
  不思議でしょう?!

> ワタシの祖父に、父方の兄弟が紫色の組布団を祖母の分と揃いで贈ったのを覚えています。
> ツヤツヤと光沢ある触り心地のいい生地の感触をなぜか今でも覚えています。
> 今になって思えば、あれが古希祝いだったんでしょうね、きっと。
  そう言えば・・・私にもそんな記憶が~
  段々、そういう風習がなくなっていってるのね。
  大体、還暦に「赤いちゃんちゃんこ」って、今時~ちっともいかしてないものね。
  
> 節目の年の色があるっておもしろいですね。
  この次の喜寿(77歳)も、紫だそうですよ。
  紫色の組布団は、その時にしようかしら?

ご主人様 古希を迎えられたとの事 おめでとうございます。

優しく ユーモアのあるご主人の笑顔を思い出しております。

スペイン旅行から6年経ちましたネ。

今年はぺルーに行かれるとの事、いい記念になりますネ。

私は5月半ばから2日前まで 体調不良で寝込んでおりました。

元気印だったはずのワタクシでしたが、還暦からずっと
腰が痛いv-292熱が出たv-412
そして、今回は 腹痛と下痢と倦怠感。

痩せなくちゃ、痩せたいv-363と言ってたくせに
いざ、体重が減ると いい事は考えず、落ち込むばかりでした。
痩せたらナイスバディになるのかと思っていたら、しわとたるみがのさばるだけで
醜くなるだけでしたよ。

体力が落ちると、気力も落ちてしまうものなんですね。
monalisaの薔薇v-254が観たくて やっとブログを開いたら
マチュピチュ行きの計画を知り 元気をもらいました。

今年は体力を充電して monalisaに続ける私に戻りたいと思います。

旅行記を楽しみにしています。 何時 いらっつしゃるのかしら~v-362v-233

Graceさん、今晩は~

スペイン旅行は、私の還暦祝いで・・・でした。
今年は、何処に行こうか?
マチュピチュ、ウユニ塩湖、ナスカの地上絵。

9月後半の予定だからか、今の所、我々しか希望者がいないんだそうで、
催行されるかどうか?
別な候補も出しておいたほうがいいかも~ね。

アラアラ~、寝込んじゃったんですか?

ハイ、私も痩せたい思いは、やまやまですけど、
下手な努力は、少しもいい結果を生んでこない事を知った今は、
自然体で生きようと思っています。

>しわとたるみが・・・
   これが、気力減退の始まりね。
   気力、体力の補充には、やっぱり美味しいもの、綺麗なもの、珍しいもの
   素敵なお洋服・・・などなど
   出かけなくっちゃァ~

気力と言えば、今日は、半日仕事でしたので、
トマトの苗を3本植えました。
美味しいトマトの収穫が・・・楽しみです。

そうか~、時間を作って・・・福島まで会いに行こうかな?!

おめでとうございます。

ご長男が作られた、拘りの“お祝い会席”を、
heart ちゃん・hereちゃんお二人の可愛いお声を聞きながらのご家族皆様での“会食”
これ以上にない最高の“お祝い”デシタね。

ご主人の『古希』のお祝いに、
ご自分で育てられた“紫のお花”をupできるナンテ、
いつも丹精込めてお世話をされているからこそですネ。

chimさん、今晩は~

みんなで集うっていいことですよね。
主人の嬉しそうな顔、忘れられません。
主人は、幸せ者だと・・・思います。

『紫と言う色で、お祝い』と言うことは、このコーナーを書くときに知りました。
早速、紫色の花を探しました。

ハイ、身近に花があるって・・・素敵でしょう!!

素敵な会になって、よかったよねv-254
ちなみに、揚物・・・サトイモのあんかけ が抜けてたよ。
量が多すぎて、ご飯物まで行かずに終わってしまったのが残念。
お兄ちゃんの考える「おかゆ」が食べたかった!

ビックちゃん、今晩は~

今日は、例の会があって、朝から忙しく
その上、昨日刈り取った、ドクダミの処理をしておかなければ・・・と
今、終わりました。

「忙しいのに、よくやるわね~」って、皆さん褒めてくださいましたが
あれもこれも、修行だと思っています。

そうだったね~
『揚げ里芋の餡かけ』がありましたね。
一人であれだけの品数を・・・しかも初めて~驚いたね。

> 量が多すぎて、ご飯物まで行かずに終わってしまったのが残念。
> お兄ちゃんの考える「おかゆ」が食べたかった!
   翌日、こごみやコシアブラ、大葉、海老などのてんぷらをしていたので
   「ご馳走して~」って、おねだり・・・。
   鯵のたたきもあって・・・すっかり、作ってもらっちゃって。楽をしちゃった。
   「海老って、プロが作ると丸まらないのに、どうして丸まっちゃうんだろう?」っていたので
   腹に、切り目を入れるんだよ~って、教えてあげたのよ。

「おかゆ」また今度作ってもらおうね~。   

monalisaさん、ご主人様の古希のお祝い、おめでとうございます。
息子さんの手作りのお料理だなんて、凄いですね。うちの息子ではそんなことをしようなんてきっと思いつきもしません。

>雌木に成る開花直後の山椒の花だけを摘み取ったものを花山椒と呼んで、食されているようです。

なるほど、花山椒って名前は聞いたことがありますが、開花直後のものをそう呼んでいましたか。勉強になります。φ(^ ^)

ちなみに、息子さんはどこかでお料理学校に通うか、または修業をしていらっしゃるのですか?

リベイルさん、今晩は~

ありがとうございます。
息子は、『手作り』で、お祝いを示したかったようです。

彼は、ipod片手に、レシピ検索して料理していますので
学校には、行っていないと思います。
IT関係の仕事ゆえ、料理が気分転換になっているようです。
先ほども、鯵を三枚におろして、「鯵のたたき」を作っていました~よ。

リベイルさんは、山椒の木をお持ちですか?
来年の開花期に摘み取って、お料理してみてくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/490-b6086df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旬をいただく(十薬会) «  | BLOG TOP |  » 実は~ね。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。