凛とmonalisa

2017-04

一緒に、遠足に行って~ - 2013.05.22 Wed

こんなお願いは、嬉しいけど・・・緊張して、いつもより早く目覚めた。
だって、『heartの遠足に、付いて行って?! お母さんには、heroのシッターを頼みたいの!!』ですって。
私のイケないところは、余裕をもってではなくって、いつもギリギリの生活。
この日は、遅刻しないように・・・予定より、1時間も早く、目的地の『井之頭自然文化園』に着いちゃった。
公園には、ジョギングする人、犬と散歩する人、孫の見送りに行く人・・・夫々の日常が垣間見える。

<<<<<<

『この花は、アヤメだよ』
『アメが降ると咲くの?』
『いや、アヤメって言う名前の花なんだ』
『じゃあ~、イカリソウは?』
『イカリソウは、薬になるんだよ』・・・
こんなお爺ちゃんと男の子の会話は、微笑ましい~ね。
イカリソウ・・・はて?  アラアラ~お爺ちゃま、お世話になったんですか?
                                                          マウスオン
<

バックに入れたはずのスマホがない!!
連絡の取りようがないじゃん!!・・・こんなドジは、しょっちゅう\((;◎_◎)/ 
確か、集合は9時20分(携帯メールに・・・こう書いてあった)
10分前ぐらいに、heart と ママ達がニコニコしながらやってきた。
                                                          マウスオン
<

heroをベビーカーに乗せて、付かず離れず~の状態で、heartの遠足に追随する。
シカ、モルモット、カモ、ハクビシン、カピバラ、フェネックなどの動物がいて、子供たちは大はしゃぎ。

井之頭自然文化園にいるハクビシンは、調布市や府中市で、保護された都会生まれのハクビシン
夜行性で、日中は巣箱や木の上で休んでいるそうです。
ハクビシンと言えば、重症急性呼吸器症候群(SARS)が騒動となった時、
ハクビシンがSARSウイルスの自然宿主ではないかと疑われましたね。でも、その後の調査で、
ハクビシンではなく、キクガシラコウモリというコウモリの一種が自然宿主であることが判明したそうです。
IMG_0322i.jpg
世界一手のかかるゾウの花子は、日本国内最高齢66歳。
                                                          マウスオン
<

砂漠で暮らす夜行性のフェネックの大きな耳は、小さな音も聞き逃さないように、
暑いときに体の熱を外に逃がす役目をし、足は、熱く柔らかい砂の上も歩けるように足先は幅広く
足の裏も毛でおおわれているんだそうです。
                                                          マウスオン
<

サルの群れを眺めたり、鶏のエサを何とかして取ろうと懸命な山羊の姿は、微笑ましい
たまには動物園に来てみるのもいいもんだ~

<<<<<<

中国原産の落葉高木で、楷樹、孔子木ともいうカイノキ(とねりばはぜのき)別名のクシノキ
山東省曲阜にある孔子の墓所「孔林」に弟子の子貢が植えたこの木が代々植え継がれていることに由来するで、
また各地の孔子廟にも植えられているそうです。
孔子と縁が深く、科挙の進士に合格したものに楷の笏を送ったことから、学問の聖木とされてもいるようです。
木や葉が整然としているので、書道の楷書の語源ともなったそうです。
                                                          マウスオン
<

heroが、ぐずり出したので、おむつ替えをしていたら、ママが、お弁当の時間で、授乳もしたい~と呼びに来た。
heartやお友達やお母様方と一緒に、ママの作ったお弁当を頂き、heartのお弁当をのぞいたら・・・
かわいいお握りが3個。「heartは、ママのような大きなお握りが食べたかった~」とか、
「ウインナーもっと食べたい」とか・・・みんなと一緒だと、食がすすむんですね。
IMG_0368.jpg
突然,heartが「バーバ、何故ここにいるの(。´・ω・)?」って~
それはないぜ~、heartさん。
バーバは、heartがママと十分遠足が楽しめるようにheroをお守りしていたんでしょう?!
こんなショックは、孫の成長と共にこれからも何回もあるでしょうね。



blogram投票ボタン





スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。

井の頭公園、息子達が小さい頃によく行きました~。
ああ、懐かしいな、と思いながら拝見しました。

heroのお守り、お疲れ様でした。
hero君、大きくなりましたね~。笑顔がとっても可愛いです。
子供が二人になると、どこへ行くのにも大変ですから
monalisaさんの力強いサポートは、ありがたかったことでしょう。

>イカリソウ
薬効を知らなかったので、早速調べてしまいました。
あら、やるわねぇ~、お爺ちゃん。(笑)

viviさん、おはようございます~

> 井の頭公園、息子達が小さい頃によく行きました~。
> ああ、懐かしいな、と思いながら拝見しました。
   以前此方近くにお住まいでしたか?
   自然文化園には、始めていきましたので、
   我が家から、吉祥寺まではバスで1本。
   便利だったのに、来ていないな~と・・・

> heroのお守り、お疲れ様でした。
> hero君、大きくなりましたね~。笑顔がとっても可愛いです。
> 子供が二人になると、どこへ行くのにも大変ですから
> monalisaさんの力強いサポートは、ありがたかったことでしょう。
   ハイ、ありがとうございます。
   真ん丸お顔。「お盆に目鼻」っていう言葉がありましたね。
   heartも、このころこんなでした。
   
> >イカリソウ
> 薬効を知らなかったので、早速調べてしまいました。
> あら、やるわねぇ~、お爺ちゃん。(笑) 
   最後の後ろ姿の写真の二人連れ。
   こんな物知りなお爺ちゃんに育てられたお孫さんは、どんな人に・・・
   イカリソウの薬効。私も気になりました。 
   「僕は、・低血圧症・食欲不振・不眠症・健胃~として利用しました」なんて外されそう・・・。
   ・滋養強壮・疲労回復・美容・健忘症・・・あらあら~
   今からでも、遅くない。
   イカリソウ茶、ためして見ようかしら!?
   

monalisaさん、

お孫さんと一緒の遠足は楽しいけれど、疲れるのよねぇ~
動物を見たり、一緒にお弁当をひろげたり・・・・楽しさが直に伝わってきました。
heart君お箸もトレーニング中?…大好きな機関車トーマスの水筒で
食も進み、最高の一日だったことでしょう。monalisaさんの貢献度ですね。

実は私が通っていた小学校は井の頭公園の隣の駅にあり、1年生の遠足は歩き遠足で井の頭公園だったの。
懐かしい!ずいぶん長い間行っていないなぁ…

暑い中、heart君の付き添い、お疲れさんでした。
井の頭公園の近くに、昔妹夫婦が住んでいたなぁ。
一度通り過ぎただけですが、ずいぶん変わったでしょうね。

ikさん、今晩は~

この頃、腰が痛くってね~
原因の一つには、heroやheartの抱っこや負んぶ・・・かも。
ママ達は、若いから~とは言え、きっと同じ悩みを持っているでしょうね。

> heart君お箸もトレーニング中?
   そうそう、こんなグッズが・・・考えるもんですよね~
   
> 実は私が通っていた小学校は井の頭公園の隣の駅にあり、1年生の遠足は歩き遠足で井の頭公園だったの。
> 懐かしい!ずいぶん長い間行っていないなぁ…
   石神井公園と言い、井之頭公園と言い~
   ikさんの思い出の場所を・・・これも、縁ですね。
   歩き遠足の思い出を再現してみませんか?!
   お付き合いしますよ。
   

hotterさん、今晩は~

> 暑い中、heart君の付き添い、お疲れさんでした。
> 井の頭公園の近くに、昔妹夫婦が住んでいたなぁ。
> 一度通り過ぎただけですが、ずいぶん変わったでしょうね。
   ありがとうございます。
   我が家は、石神井公園の傍にありますので
   井之頭公園までは、なかなか出かけませんが~
   広いから、1日中楽しめますよね。
   
   きっと、変わっているでしょうね。

遠足のお伴、お疲れ様でした!
心強いサポートのおかげで、きっとママも安心の遠足だったでしょうね。

今年、井の頭公園には姫1号も遠足で出かけたので、その参考資料が教室にたくさん掲示してありました。
その中にぞうの花子の新聞記事もありました。
はな子の人生っていろいろあったんだな…と、涙する記事とともに、飼育員の山川さんの愛情を知りました。

動物園の動物は、動物園で飼育されているっていう時点で他の同じ仲間と違う人生ですもんね。
こどものころは「像だー!」「ライオンだー!」って無邪気に喜んでましたが、
いろんなことを知るとさらに深く動物園を楽しめるんだなって思いました。
もちろん、今も童心に帰って喜んで動物を見てます♪

「バーバ、何故ここにいるの?」って一言。
はい、こういうこと、これから何度か出没します(笑)。

riomanさん、今晩は~

「象の花子」さんの話は、知れば知るほど・・・かわいそうな人生~でなかった象生でしたね。
姫1号さん位には、とてもよい教材になるでしょう。
象の歯も展示されていましたし、「はなこ」の動きに違和感を覚えましたので
こんな風に、繋がれている時期があったんだな~と驚きました。

なにせ、heroのお守りで行ってましたので・・・・
さらっと、目を通すぐらいで~
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%AA%E5%AD%90

> 「バーバ、何故ここにいるの?」って一言。
> はい、こういうこと、これから何度か出没します(笑)。
  あらあら~先輩からのお言葉ですね。
  肝に銘じておきます。
  ショックの数だけ、heartは、成長していくんだね!!

monalisaさん、こんばんは。
お疲れ様でした。お忙しい中を子守で大変だったと思いますが、たまには動物園も良いですね。
何か可愛いです。私までもが癒されてしまいましたよ。ありがとうございます。

農家にとっては猿もきつねもハクビシンも畑の中にはあまり歓迎しない害獣ですが、動物園でこんなに可愛らしい姿で、お客さんを喜ばせているのですね、びっくりです。ただの害獣って思っていた自分が情けないです。

> 「バーバ、何故ここにいるの?」って一言。

言われたら、ショックですね。
heart君の弁護はできませんけれど、ちょっとだけ弁護。これでmonalisaさんの気持ちが軽くなると良いのですが・・(笑)

言ってる本人は悪意とかあるわけではなく、わからないから聞いているだけです。
『なぜここにいるのかわからなかった』ただそれだけなんですよ。

だって、

過去にmonalisaさんが来てくれることなんてなかった

なのに今日はいるはずのないmonalisaさんが来てくれている

どうして・・?何かあったの?う~・・なぜなんだ、聞きたい!

それが「バーバ、何故ここにいるの?」って言葉になっただけ。
この言葉には感情はありません。
わからないからちょっと心がモヤモヤして落ち着かない、だから言葉に出してみたのですよ。

heart君はmonalisaさんに似て、疑問があるとモヤモヤしちゃうからすぐに解決してすっきりしたい性格の子供さんなのではありませんか?
だから聞かずにはいられないのだと思います。
今回のことは、子供にはわからない大人の事情ですから、どうして来ているなんて子供にとってはわからない方が当たり前なんですね、きっと。(^ -)-☆

下に兄弟ができると上のお兄ちゃんお姉ちゃんが急に大きくなった気がしますし、大人も子供にお兄ちゃん、お姉ちゃんになって欲しいと期待するものです。でも、まだ心は年齢相応に発達段階の子供のままなんですよ。

monalisaさんも長女だったから、下に妹さんや弟さんが生まれた時に、きっとmonalisaさんもご親族さんに質問攻めにされていたのではないかと思います。
だからこそ今のmonalisaさんがあるのだと思います。^ ^

"三つ子の魂、100まで"ですよ~。
こんな疑問に思うことを知りたいと言う探究心は神様からの授かり物です。
生き延びる為の知恵を手に入れる為の子供の武器なのですよ。^ ^

今のmonalisaさんは、彼が手に入れている武器をheart君の将来の仕事人として働くのに必要なアイテムを揃える為のものなんだと思えば、何と言うことはないと思いますよ。

・・・って、こんな弁明はいかがでしょう。

質問されたら、にっこり笑って、感情を出さずに質問の答えだけを答える、それだけでheart君の心はすっきりしてくると思いますし、heart君にそう言う風に言われるとmonalisaさんが困る時だけは
『ばーばはこんな言い方をされると腹が立つから今度からはこう言う言い方にしてね。』ときちんと理由を説明してあげて方向修正してあげれば、monalisaさんもheart君もお互いにストレスがたまらなくて良いのではないでしょうかねぇ・・。
『ばーば』と言う言葉もmonalisaさんの気持ちの表れを形にしたものでしょうから、それと同じに考えてみるのも二度目の子育てを楽しまれるmonalisaさんには面白いかも知れません。

monalisaさん、私は姉のところのある事情があって最近『崎尾 英子』さんのカウンセリングの本を読んでいます。子供の心理の壁にぶち当たった時はお勧めの本です。
私のブロ友さんから教えていただきました。

私、思うのですけれど、monalisaさんが子供さんを子育て中は、ここのところをmonalisaさんのご両親が(つまりmonalisaさんの子供さんにとってはおじいちゃんとおばあちゃん)が同じ様にmonalisaさんの子供さんへの精神的サポートを担ってくれていたのでは、と思います。

今度はmonalisaさんの番なのかも知れません。今の対応でheart君の性格も仕事も決まるのかも知れません。

heart君の将来の性格づくりを担う立場になられたのですね。
頑張って下さいね。(^ ^)/

Reveilleさん、今晩は~

何だか、カウンセリングを受けているようで・・・
真摯な気持ちで、読ませていただきました。

野生の猿や狐、ハクビシンは、確かに、害獣。
柵の中にいるから、可愛い~なんて言っていられるんですよね。
   
Reveilleさんの分析には、ちょっと状況判断にズレがあります~が
子供の疑問は、大人が思いあぐねる物でなく、単なる疑問なんでしょう。
ハイ~、決して悪意など・・・ありません~よね。

>今回のことは、子供にはわからない大人の事情ですから・・・
>どうして来ているなんて子供にとってはわからない方が当たり前なんですね、きっと。(^ -)-☆

>"三つ子の魂、100まで"ですよ~。
>こんな疑問に思うことを知りたいと言う探究心は神様からの授かり物です。
>生き延びる為の知恵を手に入れる為の子供の武器なのですよ。^ ^
  Reveilleさん、確かにheartは、「何故(。´・ω・)?」「如何して?」の質問が多いかな?!
  息子や娘では、経験しなかったほど~
  これは、嬉しい悲鳴ね。
  
  


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/487-f89b79db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バラをあしらった造形的アレンジメント «  | BLOG TOP |  » 第」15回国際バラとガーデニングショウ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。