topimage

2017-10

愛しのオーリキュラ - 2013.04.09 Tue

春の到来を告げるかのように、春蘭が咲き、クレマチスの花も膨らみ、スズランの芽も動き出してきた。
春蘭は、食用になる・・・と聞いていたけど、塩漬けにして「春蘭茶」ぐらいしか用途がないのかしら?
                                                          マウスオン
<


寒さに強いプリムラ。
マラコイデス、ゴールドレース、ジュリア、ポリアンサスなど種類が豊富。サクラソウもプリムラ仲間ですね。
                                                          マウスオン
<


何より嬉しいのは、花屋さんで、プリムラ・オーリキュラを見つけた時・・・胸が高鳴ります。

【プリムラ・オーリキュラ】この名前を知ったのは、5年前かしら?
この花は、もともとはヨーロッパアルプス、カルパチカ山脈などの石灰岩地の高山に自生する 常緑多年草で、
葉は肉質が厚く、原種は散房花序に細めの黄色い花が咲き、 その繊細な立ち姿と、古典的な花から、
英国の王族・貴族の間で、かっては門外不出の花・・・として守り続けられ、
「生きる絵画」と言われ、 400年かけて職人達の手によって育種された幻の銘品なのです。可愛いでしょう?!
<<<<<<


【オーリキュラの定義】なるものがあるんです。
①円形に近く花弁がフラットで波打たない(花弁のゆがみは禁物で、幾何学的に美しい均整が重要)
②花弁の切込みが少ない
③短花柱花(おしべが見えない)・・・サクラ草属植物は、ほとんどが長花柱花(雌蕊が長く、雄蕊が短い)
④花弁の隙間がなく、中心円環が円形で歪みが無い事
⑤花弁が6枚以上あること
⑥エッジの部分が大きいこと
⑦粉が充分に分泌されていること
以上の約束事をクリアしたものだけが 「オーリキュラ」と呼べる銘品の株なんですって~
                                                          マウスオン
<


春が訪れるとキャベツのようにふくらんだ冬芽が開き、葉が開き始めます。
蕾がのぞき、やがて伸びて開花します。
花後に葉は大きく広がり、わき芽をふやしながら株が充実して夏を迎えます。
夏は暑さから身を守るために少し成長を止めているようです。
                                                          マウスオン
<


秋になると再び旺盛に成長して、冬前には花芽形成が始まり、
古葉が枯れて中心にしっかりとした冬芽が形成されるそうです。

去年買って残った株が1つ。生き残ってくれただけでも・・・嬉しいです。 

葉には、美しい粉(フラボン)があり、水をかけると流れてしまい、観賞価値が激変し
環境の変化に非常に弱く、水遣りなども葉に水をかけない、雨に当てないなどの 注意が必要なんです。
気難しい品種でしょう!?
湯沢園芸には、英国オーリキュラ協会認定のマニア溜飲の銘品が、10000鉢あるそうです。
『ガーデン・オーリキュラ』は、銘品ではありませんが、身近で十分楽しめます。
                                                          マウスオン
<


プリムラ・オーリキュラには、ガーデン・オーリキュラにはない、素晴らしい花色、形
そして、銘名を知ると、やっぱり、素敵な株が欲しくなります。(これ、病気!!)

プリムラ
年間スケジュールを知って、今年こそ冬越しさせて、増やしていきたいものです。

オーリキュラ
                                          fleur CREATIF DECO より


春になると「黄ベソ、赤ベソ」などと言いながら日日草を・・・
夏には、入院中知り合った友達が好きだったアメリカンブルーを思い出に育てている友人がいます。

皆さんには、好きな花、こだわりの花は、ありますか?



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaちゃん こんちは‥
わっちの花壇にはまだ咲き始めていません‥
ことしは咲くのか心配です~~ 先に見させてもらったわぁ~
へばねぇ~

まっちゃん、今晩は~

そうそう、まっちゃんちのロックガーデンに、オーリキュラがあって、
あの時は、驚いた~わ!!
知る人ぞ知る・・・そんな共通の話題を持っているって・・・嬉しいですね。

気候的に言ったら、そちらの方がオーリキュラにとっては過ごしやすいのでは?
咲くといいね。

monalisaさん、

プリムラの中でもこんなmonalisaさんを魅了する種類があったの?知りませんでした。管理が難しそうですね。

そういえば我が家でも、裏の隅っこにスズランが緑の葉をにょきにょきと出しているのに今朝気づきました。
どういうわけか、長年白い花ばかり好んで植えていました。・・・・でもなんだかさみしくなって1,2年前から
黄色、紫、ブルーの花を混ぜて育てるようになりました。
バラの赤い花は好きですが、どうも赤い花は強烈過ぎて・・・
よそ様の赤い花を楽しませていただいています。
広~いお庭だったら、色とりどりのお花を育てるかもしれないけれど、狭いところだと色を統一するほうがいいような気がして…・

ikさん、今晩は~

ハイ、めっちゃ気難しいプリムラです。
でも、この愛らしさ故に、出会うと一寸気持ちの高ぶりを感じます。

我が家のスズランも芽を出してきましたよ。
スズランって、増えるけど、移動するでしょう?!
白ばかりを集めて・・・そういう気持ちが働くときってありますね。
私も、バラは、赤よりピンク系が多いかしら?

白いバラは、アイスバーグだけ。
色の統一・・・素敵ですね。
でも、それって神経を使いませんか?
赤は、アクセントにちょっとあればいい!!


これからいろんな花が咲き乱れ、いよいよ百花繚乱。
庭に出るのが、楽しみになりますよね。

おはようございます。

今年もmonaさん“愛しのオーリキュラ”の季節がもう巡ってきたんですね。

“オーリキュラ”の2枚目5枚目6枚目。
高貴でやさしく包み込むyoな音色の金管楽器が
仲間で集まって楽しげに演奏してるヨウ・・

1枚目2枚目のやさしいやわらかい“紫”も好きt。and
深く濃い“紫”、
“陽の光”を浴びて“Do――”と誇らしげなワインカラーにも、惹かれます。
このひとときのため、
一年、愛情かけて育てられる事。
本当にすばらしい。。。デスw。

chimさん、今晩は~

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 chimさん、覚えてくれていましたね~。
サンキュ~

> “オーリキュラ”の2枚目5枚目6枚目。
> 高貴でやさしく包み込むyoな音色の金管楽器が
> 仲間で集まって楽しげに演奏してるヨウ・・
   chimさん、イメージが膨らみましたか?
   曲は、何かしら(*^-^)ニコ
 
   銘品ではなくても、十分可愛いでしょう?!
   

オーリキュラって開花期間が永いのですね。
我が家にはない花です。
何しろ庭の管理は全て女房、好きなようにしています。
女房はこじんまりとした小さな花を好むようです。

hotterさん、今晩は~

heartの家族とトーマスランドに出かけていましたので
すっかりPCから、離れてしまいました。

hotterさんに言われて気付きました。
本当~ね。年間スケジュールを見る限りでは・・・結構長いですね。

人それぞれにお気に入りの花ってあるんでしょうね。
今は、クレマチスの咲き揃う時を、待ち望んでいます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/477-6a709cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

祝入園 «  | BLOG TOP |  » クリスマスローズをアレンジ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。