topimage

2017-08

東京国際キルトフェスティバル2013-① - 2013.01.31 Thu

heartの幼稚園のpic-upを頼まれ、2時間のお昼休み中に、月曜日と火曜日は、無事に目的達成。
人手が足りないから・・・と、仕事の要請があったけど、水曜日は きっぱり断ってしまった。
何故って水曜日は「東京ドーム」に行ってから heartを迎えに行くことに決めていたから~。

東京ドームでは1月24日から30日まで「東京国際キルトフェスティバル」が行われていて、水曜日の30日は最終日。
妹が『額絵キルト部門』で奨励賞を頂いた・・・っていうんですもの、どうしても見に行かなくっちゃ~

ドイツ旅行を経て、心の中に一つの風景として残りったメルヘンチックな中世の町並みローテンブルグと
現代的なミュンヘンのストリートミュージシャンの様子を縦横50cmぐらいに収めた作品でした。
P1050287.jpg
昨年も入選していましたが、妹の額絵キルトは「レンガ色の屋根が連なる街とリスボンのテージョ川」と
「印象的なカラフルな日よけ窓と黄色の壁と赤煉瓦の屋根のイタリア」でしたね


今年の額絵キルト部門の1位は「土の鼓動」この雰囲気、去年も1位だったかな!?
2位は「白樹林」 3位「朝市」 私的に興味を持ったのは「きれいになりたい」
それから、見かけは恐ろしいワニだけど心の中は、憧れでいっぱいという娘さんが保育園の時に描いた絵を
パッチワークで表現。子供たちの未来がキラキラ輝く楽しい日々でありますように・・・という願いを込めた
「ゆめみるワニ」 子供の絵って、本当に夢いっぱいですものね。
<<<<<


皆が、群がって「こんなタペストリー、1枚欲しい」「よっぽど猫好きな方が作ったんじゃあない」と言っていた
「猫町2丁目1番地」 萩原朔太郎の「猫町」がヒントになったそうですが、創作部門で3位でした。
P1050339.jpg

猫が、この中に何匹いると思いますか?
                                                          マウスオン
<

缶ビールが好きで、缶チューハイが好きで、お菓子も大好きな猫の世界があったら覗いてみたい・・・と作家さん。
「やっぱり、北海道の人だわ~。雪の中で、じっくり制作する時間があるのね」というガッテンな声。


blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん、

今日は久しぶりにのんびりと一日家にいます。
パソコンを開けたら、素敵なキルトの世界。一度もこういう場所には行ったことがないのですが、
じっくり、こういうものに取り組んでいられる方がたくさんいらっしゃることがわかりました。
そのアイデアと根気に脱帽です。monalisaさんの妹さんも毎年入選とはすごい!
ストリートミュージッシャンの顔の表情などはペン書きで?
演奏者の右端の男の人の持っている楽器は何?弓を持っているけれど、バイオリンでもなさそうだし・・・・
アコーデオンが加わった編成だと、何か軽快な3拍子のリズムの音楽が聞こえてきそうです。

キルトというと幾何学模様のものばかり想像しますが、このように絵になるものもあるんですね。
スナック菓子をおつまみに猫ちゃんがビールをという発想面白い。人間様の私にできないことを
猫ちゃんがやるなんて!!

ikさん、今晩は~♪(*'-^)‐☆

ikさん、のんびりできて良かったですね。
私も、仕事がない日にPCに向かっていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
あの日は、1時半には,heartのお迎えがあったので
後楽園駅を何時に出発したら、お迎えに間に合うか…とか
逆算して、パッチワーク展には、何時から見ようか・・・なんて
1日をフル活用すべく時間配分をしました。
主人が、夕食を要らなかったので、heartのお迎え後、たっぷり一緒に遊ぶ時間があって
久しぶりに、『神経衰弱』(このゲーム知っていますか)をして遊びました。

> パソコンを開けたら、素敵なキルトの世界。一度もこういう場所には行ったことがないのですが、
> じっくり、こういうものに取り組んでいられる方がたくさんいらっしゃることがわかりました。
  はい、私も主人がアメリカに留学中、一緒に子供連れで付いて行って
  することがないので、あちらでキットを買ったりして、始めました。
  妹より、キルト開始は早いんですよ。
  パッチワークキルトをしている姿を見て、母は
  「1枚の切れをそんなに切り刻んで・・・勿体ない~」なんて言っていましたが
  その後、母もてなぐさみに初めて・・・やはり、じっくり取り組む時間が、創作意欲を掻き立てますね。

> ストリートミュージッシャンの顔の表情などはペン書きで?
> 演奏者の右端の男の人の持っている楽器は何?弓を持っているけれど、バイオリンでもなさそうだし・・・・
> アコーデオンが加わった編成だと、何か軽快な3拍子のリズムの音楽が聞こえてきそうです。
  これは、ミシンキルトだと思います。
  よくわかりませんが、ミシンのフリーモーションという機能を使って
  〇や、波模様や、葉っぱなどを描いているようで、細かいところはピンセット作業のようです。
  妹のブログには
  『ドイツミュンヘンにはストリートミュージシャンをよく見かけてしかも一流と思える程の演奏でした。
  しばし聴き入った曲の名が何だったか?甘く切ない曲だったのですがその曲の名を題名に
  したかったのですが???』とありますので、さて、その雰囲気 醸し出せていますかね。

> キルトというと幾何学模様のものばかり想像しますが、このように絵になるものもあるんですね。
> スナック菓子をおつまみに猫ちゃんがビールをという発想面白い。人間様の私にできないことを
> 猫ちゃんがやるなんて!!
  ikさん、この「猫町2丁目1番地」は、実物を見るに限る代物です。
  凄く、猫の表情をよく捉えていて、いつまで見ていても退屈しない面白い発見を見いだせる作品です。
  萩原朔太郎「猫町」
  瞬間。万象が急に静止し、底の知れない沈黙が横たわった。何事かわからなかった。
  だが次の瞬間には、何人なんぴとにも想像されない、世にも奇怪な、恐ろしい異変事が現象した。
  見れば町の街路に充満して、猫の大集団がうようよと歩いているのだ。猫、猫、猫、猫、猫、猫、猫。
  どこを見ても猫ばかりだ。そして家々の窓口からは、髭ひげの生はえた猫の顔が、
  額縁の中の絵のようにして、大きく浮き出して現れていた。

  こんな散文詩風な小説を元に、表現できるって、素晴らしい。
  作者の人間性まで、魅力を感じる作品でした。

凄い!凄い!凄い~!!!
こんな世界があったのですか。monalisaさんもされていたのですね。過去記事にありますか?
妹さんの昨年、今年の作品、素晴らしいですね。昨年のも良いですが、今年の作品好きです♡(笑)
5枚のキルトは、もの凄く惹きつけるものがありますね。そして、発想を形にできるって、これまた凄いことですよね。
そして、ねこちゃんの作品、いいなぁ~・・。私もこの作品の前でなら何時間でも立ち止まって見てしまいそうです。これ、持って帰りたい、って思った方、多いでしょうね~。(笑)

おはようございます。

monalisaさん。
もう一年経ちましたか。早いですね。
妹さん。今年も入選とは、スゴイ。。 Great!!
家々の屋根・壁・ドア・窓・お花san達・・・
ホントにコマカク細かく繊細に描かれて・・・
大小様々な水玉のお空・空間を群れて飛ぶ白い鳥san達も、
“ストリートミュージシャン”san達の平和な演奏を物語っているヨウです。
遠い異国で聞く、
>甘く切ない>一流と思える>その曲。
心に響きますね~~・・・

私は、やはり、私の“原風景”と重なる「白樹林」。and
「きれいになりたい」も面白いッ。and and
>・・・娘さんが・・描いた絵を・・・>
>子供たちの未来がキラキラ輝く楽しい日々でありますように・・・>の
「ゆめみるワニ」
こんな形で、子供達の幼少期を残せたら、最高ですw。。。

一日、思う存分遊べたheartちゃん。大満足だった。。。事でsyoー。

妹さん、『額絵キルト部門』の奨励賞おめでとうございます。
なかなかの力作ですね、そりゃ見に行かなくっては・・
以前、母親もやっていましたが、今は歳でしていません。
押し入れの中に、キルト用端切れが沢山残っています。
どうするのかなぁ・・・?

Reveilleさん、(。・ω・)ノ゙ 今晩は~

私の作品は、ブログUPしていない?かも・・・です。
娘の学校が、カトリック系の学校でしたので、学校のバザーには、手作りの作品を出さねばいけないので
毎年、夏の暑い時期にコタツカバーを、作っていました~よ。

> そして、ねこちゃんの作品、いいなぁ~・・。私もこの作品の前でなら何時間でも立ち止まって見てしまいそうです。これ、持って帰りたい、って思った方、多いでしょうね~。(笑)
  そうなの~そうなの~、「これ欲しい」って言っている人、数人いましたよ。
  猫の一つ一つの表情を見ていると、・・・・飽きないのよ~
  みんなが群がって来るので、なかなか全体の写真が撮れなくって、苦労しました

chimchimさん、(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

ハイ!?chimさん、1年たちました。
少しずつステップUP。
来年こそは・・・なんて、プレッシャー与えちゃったら可哀想ね。
きっと沢山の応募の中から、高倍率で選ばれたんだから・・・

> 妹さん。今年も入選とは、スゴイ。。 Great!!
> 家々の屋根・壁・ドア・窓・お花san達・・・
> ホントにコマカク細かく繊細に描かれて・・・
> 大小様々な水玉のお空・空間を群れて飛ぶ白い鳥san達も、
> “ストリートミュージシャン”san達の平和な演奏を物語っているヨウです。
> 遠い異国で聞く、
> >甘く切ない>一流と思える>その曲。
> 心に響きますね~~・・・
  細かいところは、ピンセット作業とのこと。
  chimさんの感想、妹もきっと喜ぶでしょう。

chimさんも経験ありませんか?
お嬢さんたちの絵の純粋な感性を永遠に残しておきたい・・・と思ったこと。
私は、今でも子供達が幼稚園児絵の時に描いた絵をとってありますよ。

> 一日、思う存分遊べたheartちゃん。大満足だった。。。事でsyoー。
  ハイ、お昼寝もせず遊んだので、夕食もトロトロしながら・・・
  バーバの腕枕で、赤ちゃんのように眠ってしまいました。
  こんな時間を一緒に過ごせることは、バーバにとっても、ありがたいことです。 

hotterさん、今晩は~

ありがとうございます。
チケットも頂いていたので、是非~是非~です。

> 以前、母親もやっていましたが、今は歳でしていません。
> 押し入れの中に、キルト用端切れが沢山残っています。
> どうするのかなぁ・・・?
   あら~、hotterさんどうしましょう!?
   私は、仕事をしなくなったら
   庭いじりや編み物、パッチワークなどで時間を楽しもうと思っていましたが・・・
   『歳で』って、やっぱりダメなんでしょうか~ね。
   気力が萎えてしまうかしら!?

monalisaさんの家系ってホントすごいですね~
妹さん、受賞おめでとうございます!

「ゆめみるわに」には癒されました~
こういう発想力が素晴らしいのはもちろんですが、それをキルトにしちゃうママにも脱帽デス。
いつまでも残る作品ですね。

猫ちゃんのキルトも人気があるのがよーく分かります。
猫の自由人的行動が出ていてとてもいいですね~

器用でセンスのある方に拍手☆

riomanさん、(*・ェ・*)ノ~☆おはよう~♪

riomanさん、ありがとうございます。

私以外は、何故か美術系。
誰に似たのかしら?って、いつも思うんですけど
父は、よく膝に子供を載せて、動物の絵を描いてみせたり
マッチ棒を使って、ゲームをして見せてくれたり
取引先にまで、子連れで行くほど、『子煩悩』でした。
(自営業とは言え)だって、おむつ持参で連れ歩くなんて、凄すぎませんか!?
母も、お洒落。結構、色遣いにウルサイ人でした。
弟もデザインの仕事をしているんですが
ある会社のカレンダーをデザインした時に
母の着物を思い出して作った・・・って、ちょっと大正ロマンを感じる雰囲気でしたよ。

時間がなくて、興味のあるところしか見てこなかったけど
トラディショナルな大作は、根気の良さに感動
やっぱり、躍動感のある作品が、見ていて楽しいね。
見過ごした作品もいっぱい。
1日ゆっくり、じっくり時間をかけて見たいものです。

姫1号さんのお猿さんの絵、可愛かったね。

riomanさんもパパも子供好き。
いろいろ刺激してあげられるセンスをお持ちで
お子さんたちも、素晴らしい才能を持っていらっしゃるから、楽しみだわ~
うんと、いい環境を取り揃えてあげて~ね。
   

こんちわぁ~ monalisaちゃぁ~ん とても素敵なパッチワークですね 時間かかるでしょうねぇ~
まっちゃんはパッチワークしませんが 見るのがとてもすきです~~
ねこちゃん!数えちゃったけど~ 20匹最低でもいるような感じでしたぁ-ガハガハ!
良い作品を見せてくれてありがとうさんでしたぁ~ ではではまたね!  monalisaちゃぁ~ん

まっちゃん~、今晩は~

まっちゃんは、こぎん刺繍でしたっけ~?
パッチワークしないんですか!?
はい、パッチワークもこぎん刺繍も時間のかかる作業ですね。

猫ちゃん、数えてくれたの?
画面が小さいから、数えにくいけど、私が数えたところ、26匹いましたよ。
まっちゃんにお似合いの刺し子のバッグも見っけてきたよ。
次回のブログでUPするから・・・見てね~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/456-7876250f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京国際キルトフェスティバル2013-② «  | BLOG TOP |  » 私のバーバ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。