topimage

2017-08

夢のパリ ( フランス大周遊 ⑲ )10日目 - 2012.11.22 Thu

パリの宿泊は、老舗ホテルの≪ラディソン BLU アンバサダー
パリのオペラ ガルニエから 3ブロックのところに位置していて、ギャラリー ラファイエット高級百貨店からも
3ブロック・・・という嬉しい立地条件。10日目の午後からは、自由時間なんですよ~。
早く気が付けば、オペラ座での、オペラの鑑賞も叶ったのに、パリに疎いので思いつくのが遅かったんです。
また再び、パリに来ることがあったら、ここを定宿に・・・と思ったほどホテルも気に入りました。
63チャンネルだったかしら?  NHK放送も見ることができ、久しぶりの日本語放送にホッとしました~よ。
ra084.jpg ra085.jpg
ra087.jpg ra089.jpg

パリ現地のガイドさんは、日本にも居たことのある日本大好きなアニーさん。
パリでは、スリや引ったくり、詐欺に注意するように、身振り手振りで表情たっぷりに注意。
paris095.jpg paris096.jpg

9年前は、オプションでモン・サン・ミッシェルを選んだので、ルーブル美術館は、初めて。
ガラスのピラミッドの下が美術館の入口ですが、
長蛇の列に並ばずに入るには、ライオン像が目印のポルト・デ・リオンの入り口や
美術館に接している地下ショッピングセンター「カルーゼル・デュ・ルーヴル」方の入口がお薦めなんですって。
paris180.jpg paris097.jpg

世界で最も有名な“美の殿堂”ルーヴル美術館。ここでは、ガイドのアニーさんが、代表的な作品だけを
チョイスして、説明してくださいます。全部見たかったら、自由時間に回って頂戴・・・という事でした。
人類の至宝といえる代表作品の「ミロのビーナス」


レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナ・リザ」は、77X53cm。
思ったより、小さくって、大勢の人だかり。 写真も思うように取れませんでした。↓は、絵葉書から
                monalisapa.jpg

コマちゃんから聞いていた「サモトラケのニケ」
羽根を付けた勝利の女神は、サモトラケ島にあった偉大なる神々の神殿に張り出していた船の船首に立っていた。この建造物は、前2世紀初頭の海戦の勝利を記念するため、ロードス島民が奉納品として献上したもの・・・という
ru149.jpg ru151.jpg

姿勢の劇的効果、動きの力強さ、力動感あふれる襞・・・ここが見どころ。想像していたより大きな作品です。
          ru152.jpg

ルーブル美術館は、アニーさんの有名どころを紹介してくださる作品を、目で追って・・・駆け足鑑賞。


ルーブル美術館からシテ島の中心に立つ「パリのへそ」とも言われる『ノートル・ダム大聖堂』に向う。
バスを降りたら、アニーさんが「アッツ!!あそこにいますよ。向こうのバスに隠れています。気を付けて!!」
スリや引ったくりが、日常茶飯事に起き、最近は、たちの悪いルーマニアからのジプシーが増えているそうです。
ノートル・ダム大聖堂を見上げるセーヌ河下りを楽しむ人々。
no189.jpg

ノートル・ダム大聖堂は、12世紀に始まり、完成までに200年を要したゴシック建築の代表的な寺院。
ノートルダムは、『我らの貴婦人』っていう意味。聖母マリアを讃えるための聖堂として建てられたんですって~
大聖堂の正面のレリーフは、中心にお馴染みの最後の審判、左の門には聖母マリア、右の門には聖マリアンナが
描かれています。私としては、屋根の上の、ブロンズ製の聖人たちが気になる所です。
塔上部に上ることができるそうで、回廊からはパリの町を一望できるようなので、機会があったら是非!!
<<<<<<


キリストの受難前夜までの生涯を刻んだ彩色のキリストのレリーフ
                                                          マウスオン
<


花びらが広がるような形から『バラ窓』と呼ばれている。
                                                          マウスオン
<


バラ窓から差し込む光が、祭壇までの直線を幻想的で荘厳な雰囲気に醸し出す。ここにも、ジャンヌ・ダルクが~
no195.jpg no197.jpg

もともとはルイ15世の騎馬隊を置くために整備されたコンコルド広場。
360度に視界が開けた開放的な空間で、凱旋門、エッフェル塔など主なモニュメントが見渡せる。
                                                          マウスオン
<


ランチタイムからは、自由時間。バスの中で、色々アドバイスを受けたけど、何を食べようか?
あと2日もすれば、日本に帰る・・・と、思えば思うほど恋しい"お寿司、ラーメン、うどん”
パリには、数回来ているmakiさんに伺ったら、下調べをした雑誌のスクラップを見せてくれて、
「昼は、これにして、夜は、うどんの『国虎』にしようと思っているの」・・・と。
paris241.jpg

こういう情報は、旅慣れた人に添うのが一番。「一緒に連れてって~」
『ギャラリー・ラファイエット』は、ヨーロッパ最大の百貨店。アール・ヌーヴォーの美しい吹き抜けの建物に
圧倒される。本館地下1階には、日本人スタッフが常駐していて、免税手続きも手伝ってもらえます。
paris222.jpg paris256.jpg

夏季限定の屋上テラス『La Terrasse』では、すぐ傍のパレ・ガニエルは勿論ですが、凱旋門やエッフェル塔、
ドーム教会、遠くにはモン・マルトルのサクレ・クール聖堂など、パリの街並みが一望できます。
<<<<<<


さあ~、お待ちかねのランチは、狐野扶実子さんプロデュースのオマールエビのサラダ、マッシュルームと椎茸の
クリームスープ、フミコ風お好み焼き・・・・゚・(*ノ∀≦)ノ彡ahahaha★ お薦めのまんま~です。
流石~、ピルスナーも w( ▼o▼ )w オオォォ!! お洒落じゃあないですかァ~。
これ、お好み焼きですか? (゚ー゚)(。_。)ウンウン、フミコ風~ね。パンケーキの上に、何かがのっています~よ。
laf246.jpg laf247.jpg

メニューには、〝Okonomiyaki" par Fumiko  
Buckweat pancakes with a sweet and sour japanese sauce,shredded cabbage,prawans
and chickin,sesame seeds. とありました。
私の知っているお好み焼きとは、ちょっと違うけど、話題性があってお洒落。
エビがド~ンとのっていて、お客様のおもてなし・・・前菜の一品になりますね。
paris248.jpg

次のマッシュルームスープが、とっても美味しかったんです。これも、是非、再現してみたいです。
メニューには、〝Veliute de champignons de Paris et Shiitake"
creame of mushroom soup made with field mushrooms and shiitake mushrooms・・・と。
マッシュルームと椎茸が材料なんですね。
paris249.jpg
そして、オマールエビのサラダ
laf251.jpg laf252.jpg
ちょっと、違ったアングルで La salade de homard を見てみて~
メニューには、"Lobster salad" green beens,tomatoes,egg mimosa,black olives・・・と。
paris250.jpg

4人で、シェアーし合って頂いて、程よく満足して・・・ホテルに戻って、午睡。
さて、午後は、何処に行きましょうかね(((o(〃⌒ー⌒〃)o)))ワクワク!


ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

いよいよ終盤、花の巴里!

monalisaさん、

なぜかおしゃれな巴里はこんな漢字で書いてみたくなりました。

ルーブル美術館、一度は訪れてみたいです。
「ミロのビーナス」ね!例の石神井公園の彼と学生時代、確か上野の美術館に見に行きました。
遠巻きに列を作り、なんだかブルーの照明の中に神秘的に立っていたのを思いだしました。

「サモトラのニケ」はこんな大きなものだったんですね。
横から撮った写真で身体のそり具合がよくわかります。
もうちょっとそれば、「イナバウアー」ね。

ノートル・ダム大聖堂の「バラ窓」のステンドグラスは色も最高です。ここから差し込む光の下で祈りをささげてみたいです。
教会もここまで天井が高いと冬など暖房は行き届くのでしょうか?
母校(高校)の教会にずいぶん長いこと足を運んでいないのですが、素敵なお写真を見ながら、
もっとこじんまりではありますが、神に近づける場所としての礼拝堂に行ってみたくなりました。

ヨーロッパ最大級の百貨店「ギャラリー・ラファイエット」はこれで百貨店?と言いたくなるほど
素敵なドーム天井の建物ですね。

お好み焼きとは似て非なるデコレーションパンケーキ、キノコのスープ、そしてオマールエビのサラダ、さすが、パリのランチはおしゃれですこと!それにしても、お好み焼き(パンケーキ)のsweet and sour Japanese sauceというのはいったいどんなお味でした?

ああ、やっぱりパリはルーブル美術館なんですね!
ミロのヴィーナスのお尻、初めて見ましたー!

街並みもステキだし、ランチもオシャレですね~
さすが、パリですね。

ikさん

花の巴里~ね。
そういえば、バラも薔薇の方が、モダンな感じがするから・・・・不思議。

ikさん、「学生時代の彼」なんて、公言して大丈夫?!
結構、大きいですよね。ミロのビーナスも。
ブルーの照明まで覚えているなんて・・・凄いです~ね、
「サモトラケのニケ」も大きかったのよ。
日本でもあちこちにサモトラケのニケのレプリカがあるようです~ね。
そんなに有名だったんですね Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!

教会にも暖房の設備はあるようですが・・・
こう天井が高いと~ね。寒いでしょうね。
でも、寒いくらいが、身が引き締まって、厳粛な雰囲気が高まるかも~よ。
ステンドグラスには、キリスト誕生から色々なシーンが図案化されているようですが
これが、文盲の信者さん達にも分かりやすく教えるためのものでもあるようです。
ikさんの母校って、カトリック?もうすぐ、クリスマス。
イブには、教会などに行かれますか?

巴里のランチは、今でも思いだすほど衝撃的なものでした。
お値段も、よろしいのですが、4人でシェアーし合うのにも、丁度良い量でしたよ。
お好み焼きのソースは、想像していたのと、全く違って
甘酸っぱいものだったような???・・・ちょっと表現が難しい~。m( ̄ー ̄)m ゴメン

riomanさん、今晩は~

ルーブル美術館は、とっても広くって、1~2時間では、時間が足りません。
絵画も彫刻もゴロゴロ。
ミロのヴィーナスのお尻・・・ヾ(@^(∞)^@)ノわはは UPして良かった!!

ハイ、街並みも、ちょっと銀座とはちがっていますでしょう?!
パリ、大好きな町になっちゃいました。

ついに10日目、最後の日の午後からを残すだけ。
壮大な旅日記、あと少し頑張ってください。

hotterさん

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
本当~に、最後の日の午後からを残すだけ・・・となりました。
パリの午後は独り立ちを余儀なくされ、
結構なパリを、味わわせていただきました~よ。
この事実から、もう数回行って、パリを自分のものにしたい・・・とおもいました~よ。

> 壮大な旅日記、あと少し頑張ってください。
   ありがとうございます。
   なんだかね~、空の巣状態になったらどうしようかと?!
   次の、ネタをさがしますか~ね。

「ミロのビーナス」大きいーー。
私のパソコン画面では、全く入りきれません。
左右・バックから見たのは、初めて。
とても新鮮w。

複製ではnai「モナ・リザ」を目の前で。
きっと、惹きつけるオーラが、全く違う事でsyo――。

ノートル・ダム大聖堂。
その場で、全体の大きさ。>・・・200年も要した>重み。
正面の細かいレリーフ。“聖母マリア”様を感じてみたい。。。

『バラ窓』のこの2枚の写真。
同じステンドグラスとは思えない違い。
きっと、何かをお祈りしたくなると・・・・

chimさん

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
今夜は、友人と食事に出かけ、私もクリスマスイルミネーションを見てきました~よ。
東京には、至る所にこんな風景を見かけますので
不景気の筈の今の様子からは、オイルショックの頃の節電が、嘘のように思えますね。

ハイ、ミロのビーナスの大きさを感じていただこうと思って
四方八方から写真を撮りましたが、この企みは、上手くいきましたね。
「モナ・リザ」が、あんなに小さいものとは、ビックリでした。
おまけに大勢の人だかりで・・・望遠レンズを駆使して撮影しました。

chimさん、ごめんなさい。
ノートルダム大聖堂の左の門の聖母マリアの写真、探してみましたが、
説明だけ受けて、撮ってこなかったようです。

ステンドグラスには、字の読めない人でもキリストの教えが分かるように、絵で表されているそうです。
聖母マリアは、別名「奇(くす)しきバラの花」ともいわれて、
教会や大聖堂でのバラ窓はしばしば聖母マリアを暗示しているそうです、
・・・きっと、chimさんは、マリア様から何かを受けたんでしょうね。

chimさん、いよいよフランス大周遊もあと半日分を記すれば終わりなんです。
長いことお付き合いくださいまして、有難うございました。


この旅行の一番の見どころ、食べ処、な感じですね。絵画も彫刻も素晴らしい!の一言。
さすが、お料理もお洒落で、見せてくれますね。美味しそうです・・。
マッシュルームとしいたけのスープ、興味深々です。一体何でだしを取っているのでしょう。キノコだけじゃなくて、色んな野菜・肉などでしょうか。これまでの記事の中で、目の前にあったら真っ先にお味見してみたい1品でした。
それから、ルーブル博物館にある彫刻の整ったお顔、美しい・・。衣服のひだや鳥の羽の質感も半端ないですね。間近で見たら、きっと感動ものでしょう。

Reveilleさん、お早うございます

ほらね ☆~(ゝ。∂)、こんな素敵で見た目もお洒落で、ドキドキする盛り合わせ・・・魅かれるでしょう。
大胆なエビの乗っかり方・・・ソースもパンケーキも予想外な味でしたので
これが、パリ風なのかな~と。

> マッシュルームとしいたけのスープ、興味深々です。一体何でだしを取っているのでしょう。
 キノコだけじゃなくて、色んな野菜・肉などでしょうか。
 これまでの記事の中で、目の前にあったら真っ先にお味見してみたい1品でした。
   (o^・^o) ウンウン 、これ絶対、自分のものにしたいね。
   ベースは、コンソメ味(多分椎茸も、コンソメで味つけしてスライス)
   色的には、マッシュルーム、玉ねぎ、牛乳、生クリーム?
   ネ^-^v 想像に難い。
   ここに及んで、狐野扶実子さんの姿勢を学んでみたくなりました (((o(〃⌒ー⌒〃)o)))ワクワク!

> それから、ルーブル博物館にある彫刻の整ったお顔、美しい・・。
 衣服のひだや鳥の羽の質感も半端ないですね。間近で見たら、きっと感動ものでしょう。
   リベイルさん、今思うと、予習が足りなかったです。
   1時間で、さ~っと流し見は、良くないですよね。
   この作品も、とっても大きかったんですよ。
   機会があったら、是非是非 ~~♪(*^-゚)vィェィ♪

リベイルさん、あと1ページで、フランス大周遊も終わりです。
12日間でしたが、こうして綴った旅の様子は、2か月余り
お付き合いくださって、有難うございます。

monalisaさん

┏━━━━━━━━★┃  
o(*'皿^)oこんにち@・.・@{ワン!

3年前だと言うのに スッカリ記憶が薄れちゃって
こーしてモナリンの写真と記事で 「あーそーだった そーよねー」 なぁーんて独り言を言いながら
楽しませてもらってます巴里♡パリ♡

オペラ座観賞については何度も前を通りながら 全くワタシも後悔^^
そこまで気が回りませんでしたね
オペラ座観賞ツァーってのも あるよーですからチャンスガあればご一緒に
きっと楽しいパリの旅になりそーね って マチュピチュもあったね
その時のために 健康でいてねモナリンご夫婦さん

ルーブル美術館は生涯忘れられないです
数々の彫刻群の中で突然 眼前に現れた!!『ミロのヴィーナス』 
あの時は意味がわからなかった『サモトラケのニケ』勝利の女神像
モナリンの説明で やっとわかりました(遅っ!!)
そして又もや突然に それは現れた!!『モナリザの微笑み』レオナルド・ダ・ヴィンチ
ナポレオンの戴冠式(レプリカはベルサイユ宮殿で) 両方の見分け方も聞きました

ノートル・ダム大聖堂は行けませんでしたが
ローマのサンピエトロ ロンドンのセントポールetc ヨーロッパには有名な教会が多いですけど
どこも同じように感じるのはワタシだけですか?

海外のフリータイムは ドキドキですが めちゃ楽しいですよね
特にモナリンは 有名処をちゃんと押さえてるよーに思います
皆さんにも頼られたんじゃないですか?
あと1回になりました
先程 見させてもらって素晴らしい!! コメントしたいことが いっぱい(^o^)v
でも出かけるので 後程ne Thanks(v^-^v)♪
             ┃★━━━━━━━━┛

Re: monalisaさん

┏━━━━━━━━★┃  
☆Hey!ヽ('ー'#)/ Hello!☆
3年前 私は、孫のheartが生まれたので、海外旅行しなかったかも~。
行った処って、スッゴク身近に感じて・・・旅番組を見ていてもワクワクしますよね。

> オペラ座観賞ツァーってのも あるよーですからチャンスガあればご一緒に
> きっと楽しいパリの旅になりそーね って マチュピチュもあったね
> その時のために 健康でいてねモナリンご夫婦さん
  アラアラ~嬉しいお誘いです事。
  ぜひぜひ・・・ハイ、きっと素晴らしい旅になるでしょう。
  出来得るなら、ブロ友さん皆さんにお声を掛けましょうか~?

コマちゃん、「サモトラケのニケ」って、レプリカが結構あって
日本でも数か所で、見れるそうですよ。

> そして又もや突然に それは現れた!!『モナリザの微笑み』レオナルド・ダ・ヴィンチ
> ナポレオンの戴冠式(レプリカはベルサイユ宮殿で) 両方の見分け方も聞きました
  ハイ、今回は、ベルサイユ宮殿に行きませんでしたが、あちらがレプリカなんですよね。

w( ▼o▼ )w オオォォ!!、ノートルダム大聖堂には、行ってないんですか?!
これまた、珍しい。あそこ、上まで昇って、パリ中を見渡せるそうですよ。
次回には、是非~ね。
私は、写真を撮るのに夢中で、列からはぐれてしまい・・・キョロキョロ
一瞬、心細くって・・・泣きそうになりました~よ。

> ローマのサンピエトロ ロンドンのセントポールetc ヨーロッパには有名な教会が多いですけど
> どこも同じように感じるのはワタシだけですか?
   ハイ、どこも似ていますよね。
   迷子になった時、脳裏に浮かんだのは、ローマのサンピエトロ寺院でした~よ。
   あそこは、夏だったのでタンクトップは、ダメでしたよねえ。
   その理由は、肌を見せては行けない・・・と言うわけで、スカーフをかけて肌を隠していたわ~。

コマちゃん、フリータイムは、私、欲張りだから疲れちゃう~。
皆さん、有効に使って楽しんで来たかしら???。
これから、お出かけですか?
今日もありがとう。待っています~ね。

             ┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/434-690fd17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

憧れのパリ ( フランス大周遊 ⑳ )10日目~12日目 «  | BLOG TOP |  » モネとジヴェルニー ( フランス大周遊 ⑱ )9日目

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。