topimage

2017-10

世界遺産 サンテミリオン地域 ( フランス大周遊 ⑫)6日目 - 2012.10.26 Fri

サンテミリオンは、8世紀に修行僧侶エミリオンが隠遁生活を送るための洞窟を掘ったのが、この街の始まり。
サンテミリオンの丘の上にある小さな街の周りには、遥か彼方までブドウ畑が広がり、ワイン一色の町。
「サン=テミリオン地域」の名で世界文化遺産に登録されています。旧市街地を散策です。
                                                          マウスオン
<

聖エミリオンの死後、弟子たちが地下の石灰岩をくりぬいて作ったモノリス教会
<<<<<<

街のどこからでも高くそびえ立った教会の鐘楼が見えます。
P1020599sa.jpg P1020605sa.jpg
P1020615.jpg P1020610.jpg

モノリス教会の聖エミリオン礼拝堂の下に聖エミリオンがこもっていたと言われるエルミタージュ洞窟。
ここで、聖エミリオンは、洗礼盤の泉の水を使って、盲目の女性の目が見えるようにしたとか、
不妊症の女性が、聖エミリオンの瞑想の椅子に座ると1年以内に懐妊したとか・・・
聖人エミリオンのミラクルの伝説がたくさんあるそうです。
P1020577s.jpg
石灰岩の薄ベージュ色に統一された街並みは、とても美しく洗練されたイメージ。町を見下ろすモノリス教会を
角度を変えて曲がりくねった石畳の道の両側には、ワインカーヴやカフェが並び、直接購入して、宅配で
海外まで送れるようですが配送可能な国旗が並ぶ中、中国はあったけど、日本はなく、世界情勢を知らされました。
                                                          マウスオン
<

サンテミリオンでも、床張り出しの税金対策を見かけました。
P1020595.jpg P1020596.jpg
サンテミリオンの町の入口で出会った自転車ツーリングのグループ。何処から見ても絵になりますね。
ツールド・フランスを思い起こしました。
                                                          マウスオン
<


サンテミリオンの旧市街地を散策後、「Chateau LANIOTE」(シャトー・ラニオット)の醸造所見学です。

オーク樽の中で。ワインは香り豊かに ヒンヤリとしたワイン工場の中で、ゆっくりと熟成されます。
この樽を使って葡萄をプレスしていたんです。 試飲の感想は・・・香り高いスモーキーさとフルーティーさ
でも、ちょっと、若かったかな~。 シャトー・ラニオットはファミリービジネス。ワインの 注文が入ってから
ワインボトルに手作業で エチケットを張り付けるそうで、手作りの温かみを感じられるワイナリーです。
グラスを時計と反対に回して、ワインを目ざませて、“眠っていた間の歴史を飲む”なんて~、お洒落だね。
<<<<<<

ワイン工場の庭に成っていたブルーベリーのような実を見たら、リベイルさんを思い出しました。
実は、結構固く、甘くなかったけど・・・ブルーベリーとは違うのかしら?
                                                          マウスオン
<


2時間の間に、サンテミリオン観光とボルドーワインの試飲。次は、ボルドーに向かいます。


ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

うわ~っ・・、今までmonalisaさんが訪問されていた中で、このシャトー・ラニオットの醸造所見学が一番羨ましい~・・、って言うと思いませんでした?
図星です!(爆)
いいな、いいな♪♪♪
こんなぶどう畑を見学できて、ワイン用の極甘ぶどうを試食なんかできたら、私なら、それだけで成仏できそうです(^人^)ナム~・・
畑の管理がとても行き届いていますね~。

>ワイン工場の庭に成っていたブルーベリーのような実を見たら、リベイルさんを思い出しました。
>実は、結構固く、甘くなかったけど・・・ブルーベリーとは違うのかしら?

ありがたや、ありがたや・・、思い出していただいて光栄です。(笑)
monalisaさん、これ樹高と実の粒の大きさはどれくらいですか?

ちなみに、この木は、残念ながらブルーベリーの木では、ありません。
でも、青い色と果粉の白さが美味しいそうですよね~。
monalisaさんが旅行していらした頃って、まだ半袖なのですね。
最初、ハスカップかしら・・・?と思ったのですが、フランスと言えば、すももの類いが多そうだから、プルーンなのかしら・・?でも、プルーンにしては葉っぱの形や柔らかさが少し違う様な気がしないでもありません。
ハスカップとプルーンは比較的似ていますが、ハスカップの方がプルーンより小さ目です。葉っぱもどちらかと言うとハスカップの方は少しブルーベリーの葉っぱに似ていて、プルーンの方がスモモの葉っぱに似ているはずなんですが・・、と言いつつも原種に近い品種まで入れると、プルーンもまん丸に近いもの、長いものなどなど、形も味も色もピンからキリまであるのでしょうね~。残念ながらこれに関しては、葉っぱを間近で見ないと何とも言えませんので、粒の大きさの返事を待ちます(笑)
monalisaさんがブルーベリーかと思ったくらい親指サイズ程度の小さい実ならハスカップ。スモモサイズならプルーンかもです。

Reveille さん

(゚д゚)(。_。)ウン!図星ですか?!
ここの醸造過程を、動画で撮ってきました。
ニコニコ動画でUPしようと思いましたが、
この技術が上手くいきませんでした。
何れ、旅行のDVDを作りますので、
その中に「葡萄栽培の様子と葡萄酒の工程」を、盛り込もうと思っています。
Reveilleさんには、是非、DVDを送りたいと思っていますので
待っていてくださいね。

> monalisaさん、これ樹高と実の粒の大きさはどれくらいですか?
   樹高は、2m位。実の粒は、ブルーベリー位。
   ハスカップのような楕円型でなく、真ん丸な粒です。
   ブルーベリーでないことは、実を食べた時に、種があったこと
   案外、渋めの味だった・・・・果物でないのかな?
   プルーンにしては、(実の大きさがブルーベリーぐらいだったから)小さいんです。
   実の大きさは、あくまでブルベリー位です。

DVDですか。あら!嬉しいです。(*^ ^*)ありがとうございます。ぶどう畑の風景、楽しみにしています!
小さい実、と言うことは、ハックルベリーかしら。。
こんな感じとは違いますよね・・???
http://blog.cottontulip.com/?eid=822193

ワイン好きはすごい!

monalisaさん、

ブドウをつぶす樽は、見学者のために展示してあったものですか?それとも実際に使われているものなんでしょうか?素敵なたるですね。
試飲して「う~んちょっと若かったかなぁ」といえるところがすごいです。甘味、酸味、苦味・・・と、それぞれに特徴があり、「私の最も好きなのは、これ」といえるようになるのでしょうね。
お酒の全くダメな私も、暑い日の夕食の時に夫からほんの一口もらったビールののど越しの良さはわかるようになっても、よそでちらっとなめてみるワインの味は全くわかりません。
私もワインを(含めてアルコール飲料すべて)を楽しめれば、もっと食いしん坊になるかもしれないです。
次のボルドーでは思いっきりワインを楽しめたんでしょうね。よかったですね。

リベイルさん

ただし、時間がかかるから…首を長~くして待っていてくださいね。
ハックッルベリー・・・・似ているような?
そう、まずかったです。種が大きめしたけど、そう、拙かったです。

へんな宿題を出してしまって、御免なさいね。
そこの持ち主に聞けば良かったですよね~。

悩ましてしまったって~m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・

ikさん、

葡萄を潰す樽、実際に使われている物です。
この樽、どういう風に使われると思いますか?
上の部分が、下に下りて押しつぶして・・・って、思うでしょう?!
驚くことに、下の部分が、上にのぼって行って押しつぶされた液が横から垂れるんですよ。

葡萄の作付から収穫、ワインの製作工程をビデオで流していましたのでDVDに収めて
皆さんにお見せしようと思いましたが、残念Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
ニコニコ動画のやり方が分からないんです。

ikサンハ、アルコールは全く駄目ですか?
甘めの白ワインなら・・・どうかしら?
ボルドーでは、思いっきりワインを楽しむ・・・これ、出来ませんでした。
ボルドーは、ランチの為にちょっと寄っただけなんです。
でも、いつかじっくり訪れたい所ではあります~よ。

こんにちは。
先日、楽しい時間をご一緒させていただきましたJyunです。
ありがとうございました。
お写真がとても綺麗で、美しい街並みにうっとりしています。
「グラスを時計と反対に回して・・・」というワインのお話も、なるほど~です。
旅行記、ゆっくり拝見させていただきますね。

Jyunさん

今晩は~。
銀座でお会いした時から、素敵な方・・・という印象を持っていましたが
今思えば、共通点がいくつかあって再会すべく運命にあったことを感じました~よ。
「芳光」では、ちょっと道に迷っていましたので、
good-timing な出会いにも感激です。
こちらこそ、楽しい一時をありがとうございました。

エノピンでは、ワインやチーズの事のレクチャーをいっぱい受けているはずですのに
ワインを頂いてしまったら・・・もう忘れちゃう~の連続。
「グラスを時計と反対に回して・・・」これも、よく言われますよね。
やってますか?回していますか?

まだまだ、フランスの旅は、続きます。
どうぞ、お楽しみください~ね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/421-642198be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハロウィンだよ «  | BLOG TOP |  » サンテミリオンの古城 ( フランス大周遊 ⑪)5~6日目

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。