topimage

2017-06

サンテミリオンの古城 ( フランス大周遊 ⑪)5~6日目 - 2012.10.22 Mon

ツアーは、一番いい時期に移動するからもったいない・・・って言ってたねえ~mammyさん。
本当だワァ~。カルカッソンヌからサンテミリオンまで、4時間半。昼日中の移動は、言われる通りもったいない。

途中見かけた畑は9月だからか? 最盛期を過ぎたひまわりが、収穫時を待っていました。
葡萄の木が見え出すと、一面が、葡萄畑。日本の棚式でなくって太陽を浴びる量が期待できる垣根式の葡萄畑。

この旅行のキャッチフレーズは、≪世界遺産サンテミリオンの古城ホテルに泊まるフランス大周遊≫
古城ホテルは、葡萄畑の中にスクッと建っているシャトーグランバライユ
P1020492g.jpg

ホテルに着く前に、バスの中で、『是非、ホテル内の部屋ツアーは、しないように』とのご注意を受けた。
却って、気になるものだ。ロビーのインテリアは、ハイセンスですっきりしていて気持ちがイイ
P1020421g.jpg P1020418g.jpg

P1020489s.jpg
古城ホテルとは、お城のお部屋を改装し、ホテルとして 利用している宿泊施設。
自然に囲まれた雰囲気たっぷりな上に、1つとして同じタイプの 部屋がなく、広さや装飾、設備はさまざま。
バスの中で「是非、お部屋ツアーは、しないように」・・・との注意があったが、却って気になっちゃうものだ
我々の部屋は、ベージュを基調にしたチェック柄の壁とベットカバー。部屋からの葡萄畑の眺めも素晴らしい~。
                                                          マウスオン
<


「ホテルには、スパがありますので、水着をご用意ください」と出発前にluckygirlょり 連絡があったけど、
ホテル内での食事のドレスコードは、連絡がなかった。万が一を考えて、気映えのする上着とロングスカートで、
ディナーに出かけたが、luckygirlに嵌められたのか?! 13名のそれぞれに思い出深い夕食となった。    P1020470.jpg P1020474.jpg
P1020477.jpg P1020478.jpg
夕食後、luckygirlの得意とする似顔絵を描いていただきましたが、どうかしら?
知る人ぞ知る我が夫と私です。マカロンは、ホテルからのサービス。
マカロンはアーモンドパウダー、砂糖、卵白で作った生地を丸く絞って焼いた菓子。
サン・テミリオンのものは、13世紀にウルスラ会の修道女が作ったお菓子が起源なんだそうです。
P1020480.jpg
朝食では、タイマーをかけて、自ら茹で卵を作る電気器具が面白かった。チョイスも上手になったでしょう?
P1020481.jpg P1020484.jpg

P1020485.jpg P1020488.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ 葡 萄 と 薔 薇
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━
ブドウ畑の端に、バラが植わっているシーンを、よく見かけました。
P1020521.jpg
これは「バラは灰色かび病やうどんこ病の指標になるので、葡萄苗木を植える前に、薔薇を植えて病気が
発生するかどうか調べた」という説を教えていただきましたが、「バラはデリケートな植物なので、
寄生虫や病気が流行ると、真っ先に罹って、葡萄の健康状態を教えてくれる」という説もあるようです。
P1020490.jpg
今では、農業技術も進んだので、薔薇に頼らなくなっているようですが、昔ながらの伝統を守りたいとか、
バラが咲いているときれいだから、植えている・・・というのも一理ありますし、
無農薬栽培と昔ながらの農法(月の満ち干によって農作業を行うなど)でブドウを育てる「BIO(ビオ)」と
呼ばれる自然農業を行っている農家のブドウ畑では、今でも薔薇が一緒に植わっているようです。



ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
相変わらず読み逃げばかりですみません。^^;

景色とかももちろん素敵ですが、思わず似顔絵に反応してしまいました。
いや~、美しい奥様ですね。^^
そして爽やかな旦那様♪

うちは夫が昔から童顔で、いつも三つ下の私が歳上に見られるので
並びたくありませ~~ん。><

tenkoさん、

今晩は~。いつも、ボチッと~ありがとうございます。
読み逃げは、お互い様です。

この似顔絵、40年前なら~と思わせるくらい若いですね。

似顔絵の極意は、その人の特徴を掴んで【強調】と【省略】をすること・・・だそうです。
主人は、退職後、似顔絵を習っていましたので
主人の描いた似顔絵も合わせて、見てみてください。
http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-entry-86.html

ご主人って、童顔?!
tenkoさんが年上に見られるって…辛いね。
でも、人の目って、人それぞれ。
人によっては、10歳ぐらい年の差があるように見られているのに
先日、「ご主人は同級生?」と言われちゃって・・・ショックでした。
私が、年相応になっちゃったのかな o(〃^▽^〃)oあははっ♪

う~ん・・、お似合いのカップルです。(^ ^)v
monalisaさんの正装も、旦那様の爽やか笑顔も素敵ですね~。
そして、さすがフランス。薔薇とぶどう畑にお城は、これまた素敵ですね。
栽培をしていると、このぶどうの品種は何なのだろう・・?とか、ついついヤボなことをついつい考えてしまいますよ。(笑)

monalisaさんとご主人との似顔絵
いい旅の思い出になりましたね。
この絵は額に入れて、リビングに飾っているのでしょうね。

葡萄とバラの関係って、こういうことだったんですね。
実家近くにあるワイナリーの見学工場の葡萄畑は、この写真とそっくりです。
単に綺麗でおしゃれだからバラが植えてあるのかと思ってました。
知れば納得ですね~

古城ホテルも洒落ていて、あちこち見学するなって方が無理ですよね~
こんなステキな場所にぴったりな似顔絵!
この絵をもとにmonalisaさんを探しまーす。

Reveille さん

実物とは、ほど遠いです~よ。
そうですね。リベイルさんならではの、探究心。
そこの所を端折ってしまいました。
サン・テミリオンは、赤ワインのみが認められる産地。
サンテミリオンはコート(高台の意)とグラーヴ(砂利の意)と呼ばれるふたつの区域に大別され、
コートでは粘土石灰質土壌のため主にメルローが。
グラーヴでは砂利質のためカベルネが栽培されている・・・そうで、
さしずめ、写真の葡萄は、高台にある葡萄畑。メルローということになります~ね。

hotterさん

luckygirlさんは、13人の似顔絵を描いていました。
他の人の似顔は見ていませんので、何とも言えませんが
ちょっと、若く描きすぎです。

> この絵は額に入れて、リビングに飾っているのでしょうね。
   考えてもいませんでした。
   そうね、旅の思い出に・・・アリかな?!

葡萄畑の中の“古城ホテル” 
その“古城ホテル”の中から葡萄畑を眺める。
湖面に映った“古城ホテル”
私。イメージの世界で、完全に王女様。王妃様。。気分~~。

monaさん。ショートヘヤーでしたka。
いつか、頂いたお写真にショートヘヤーの方はいらっしゃらなかった?(記憶違いカモ)
私は、何故daカ。ロングヘヤーだと思い込んでいましたッ。
モダンなショートブローヘヤーのmonaさんもステキです。。
眼鏡の奥の優しいまなざしで、正装姿のご主人。
私の空想世界の、完全に憧れの“彼”ですyo。

ご自分でも希少価値・高級品種の薔薇を育てられてるmonaさんだからこその葡萄畑に薔薇の視点。
どれも納得の>説>でした。

riomanさん~

ご実家近くのワイナリーに薔薇が・・・・本当ですか?!
葡萄と薔薇…それだけで、ロマンがありますのに、結構な意味合いがあったんですよね。
私のイメージでは、日本の葡萄畑は、湿気の関係で棚方式だとばかり思っていましたが
最近は、垣根式も増えているんですね。

> 古城ホテルも洒落ていて、あちこち見学するなって方が無理ですよね~
   実はね、部屋に格差があって、苦情を出させまいとする先手を食らったのです。
   「古城ホテルって言っても、なんだか山小屋見たいですね」とharuさんと言っていました。
   バルコニーがついている部屋・・・入ってみたかったです~よ。

> こんなステキな場所にぴったりな似顔絵!
> この絵をもとにmonalisaさんを探しまーす。
   riomanさん、40年前なら・・・の似顔絵です故、探しても無理です。
   どちらかといったら、heart似をイメージした方がいいかも~よ。

chimさ~ん

一面の葡萄畑は、見事でした。
お城って言うだけで、お姫様が現れそう。
湖面に写る古城、確かに夢のよう。
ドレスUPして、お姫様気分もアリかな・・・とも思っていましたが、
ここは、周りの雰囲気も鑑みなければ・・・ね。

chimさんは、ロングヘヤーですか?
小学4年生の頃一度だけ、ロングヘヤーにしたことがありますが
髪が肩まで下がると、鬱陶しいのと野暮ったい感じに映ってしまうので
ショートヘヤーオンリーです。
そうそう、モダンな・・・という響き、大好きです。

chimさん、薔薇は、旅行中に何本か消えてしまいました。
ガーデニングに対する姿勢、考え直さねば~と思っています。
植物の為にも、私の精神衛生の為にも・・・です。
あるがままに・・・が一番ですもの~ね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさ~ん

今晩は~。苦い思い出をさせてしまって・・・御免なさいね。
私は、水着姿、思いだすだけで・・・めまいが~ ニゲニゲ,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

この旅行の出発前に、ブロ友さんから「ドレスコードは?」って聞かれました。
こういったツアー旅行では、1日だけドレスUPして、会食の機会が持たれますが
今、振り返ると流石に、スペインの時は、インフォメーションがありましたが
スイスもオランダ・ベルギーも、そんな機会がありませんでした。

大丈夫。「知らなかった」、それですんでしまう事だから。
次は、ばっちり~ね(v^-')★
でも、マキさんが、おっしゃるように『やり過ぎ』は、却って~ね。
私は、何処に行ってもあの「ケンゾウ」が『ケンゾウ』であった頃のあのスタイルで・・・・

ブログを早く書き上げて、DVDに残すための整理も・・・って、思っています。
今年いっぱい、かかりそうよ。

お互いに、良い旅になって、よかったね。

monalisaさん、

秋のバラもそろそろ見頃でしょうか?ブドウ畑にお役目を持って植えられている薔薇をご覧になって、留守宅のお花たちが気になられたのでは…・?

サンテミリオンの古城ホテル、おとぎ話のお城のようです。盛装してお出かけのディナーさぞかし素晴らしい一夜だったでしょうね。
monalisa さんはなぜかしら、ロングヘアーで、アルカイックスマイルを浮かべている神秘な女性を想像していました…な~んてウソ!!
ショートヘアーは想定外だったけれど、何となく雰囲気は想像していた雰囲気をお持ちです。優しそうなご主人ですね。
ご主人が描かれた似顔絵ものぞいてみました。お上手ですこと。周りにこういうご趣味の方はいないので驚きです。

ikさん、

今晩は~。
主の心を感じてか、我が家の薔薇たちは、寂しさのあまり、すっかり元気をなくしています。
出かける前に、肥料は充分施していったつもりですが
毎朝のご機嫌伺いが・・・たかが薔薇、されど薔薇~でした。

このツアーは「世界遺産サンテミリオンの古城ホテルに泊まるフランス大周遊」と銘打っていましたので
それなりに期待していましたが、思いのほかお城は狭かった・・・です。
「シャトー」は、「城」という意味と「醸造所」という意味も持っている・・・って、言い得て妙です。

アルカイックスマイルですか?!
怪しい微笑と言う雰囲気は、お手の物よ ☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆ウフフ♪
なんだかねェ~もうちょっと、柔和な雰囲気・・・目指しま~す。
ikさん、いつもありがとう。

>小学4年生の頃一度だけ、ロングヘヤーに>
そうでしたか。
ドラえもんポッケで見に行ってきますーー
monaさんのロングヘヤーも“モダン”がピッタリッ。。。
私は完全にイメージできます。yo。

私も伸ばしたのは、
かの“南沙織”さん世代なので、
彼女の“17歳”を常に口ずさんでいた頃only。デス。

>薔薇は、旅行中に何本か消えてしまい・・・・>
ブログでだけですが、
monaさんの“薔薇”への“思い”を少しダケ読ませて頂いていたので、
(全く育てた事がない私には、本当は解らない事だと思います。)
monaさんのお気持ちは、いかばかりかと・・・・
この後言葉が続かず、ゴメンナサイ・・

chimさ~ん

>小学4年生の頃一度だけ、ロングヘヤーに>
  これ、何故覚えているか?・・・といったら
  担任の先生からスゴック可愛がられていて(所謂、贔屓)
  試験中に、先生は私の髪をとかして、三つ編みにしたんです。
  今なら、モンスターペアレンツに吊し上げられるような先生の行為((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ
  何故なんだろう?!不思議な先生でした。
  このシーンだけ、いまだに鮮明によみがえってきます。

あらあら、chimさんもショートヘアーでしたか?!

> monaさんのお気持ちは、いかばかりかと・・・・
> この後言葉が続かず、ゴメンナサイ・・
  形あるものは、何時かは消えるもの。
  友人の「薔薇は、手がかかるから・・・。薔薇からは、卒業しました!!」と
  きっぱりとした言葉を思い出します。
  ゆっくりとガーデニングを楽しめる時期がいずれ来るでしょう・・・から
  大丈夫よ~。心配しないで~ね。
  
それより、chimさんのお気持ち、嬉しいです。
ありがとうございます。  

風邪をこじらせた事務スタッフが、9日からお休みしていて
その為、ワタクシの出番が多くなり、くたびれております。

来月、5日からの旅行を控えているのですが、今は、
毎日 仕事に追われて  今日 久しぶりに monalisaのブログを
見ております。

カルかッソンヌは 夜も朝もしっかり観たのですねv-360
私は 前にも言ったけど、素敵なホテルで お姫様気分に浸っただけでした。v-332
monalisaの映したドラ・シテの外観を見たら 是非 もう一度行きたいと
思います。もちろん、お宿はドラ・シテで。そして、城壁内をもっとよく観てみたいです。

サン・テミリオンの古城ホテルe-514私も楽しみにしてましたよ。
お部屋はシックでワタクシ好みですが、いろんな部屋を見てみたいよね~
マドリードのホテルで、monalisa 夫妻のお部屋で過ごした時間は 
今も、いい思い出ですもの[絵文字:e-420

それと、1~2回くらい、お洒落する機会は欲しいですねv-324v-325
お洒落なmonalisaのアクセサリー使いに刺激を受けたものv-256

私はいよいよ 11月5日から10日間の旅に出ます。
ベネチアのサンテルチア駅からロンドンのビィクトリア駅まで
憧れのオリエント急行に乗ります。
こちらはドレスコードありなので、ワクワクしてますe-343

急に 寒くなってきたので 洋服のチョイスが大変ですが、
楽しんで参りますね~

では、旅行記の続き 宜しくね。

Graceさん~

お疲れ様~。5日からって、出発は、10日後ですね。
スタッフさんは、回復しましたか?
こちらは、インフルエンザらしい症状の患者さんもチラホラ。
ウィルス性胃腸炎も、流行りだしました~よ。

ねえ~、Graceさん、ロマンを感じるのは、城外からの光景だと思いませんか。
夜景も素敵。朝焼けも素敵・・・ですよ。
私も、勿論、Hotel de la Cite Carcassonneに泊まってみたい。
そして、今度は、街の様子をじっくり楽しみたい~です。

Graceさんも、もしかして、サンテミリオンでは、このホテルでしたか?
色んな部屋を見てみたい・・・これ、皆さんの本心だと思います。
計らずも、スペインの時は、素晴らしい部屋に泊まることが出来たね。
部屋の中の備品まで、エルメスで揃えられていて、驚いたね~。

> それと、1~2回くらい、お洒落する機会は欲しいですねv-324v-325
> お洒落なmonalisaのアクセサリー使いに刺激を受けたものv-256
  (゚ー゚)(。_。)ウンウン、スペインでは、何度か機会があったね。
  そうだった?!アクセサリーを交換したんだったっけ?!
  思い出は,いっぱいあった方がイイね。
  特に、女性はこんな時は飛び切りなお洒落もしてみたいね~。
  
> 私はいよいよ 11月5日から10日間の旅に出ます。
> ベネチアのサンテルチア駅からロンドンのビィクトリア駅まで
> 憧れのオリエント急行に乗ります。
> こちらはドレスコードありなので、ワクワクしてますe-343
   Graceさんは、何処に行ってもお姫様然としていて、それが似合っているから、羨ましい。
   今回も、きっと楽しんでくるだろうね。
   オリエント急行~かァ。
   我々は、いつ追いつけるのかな?

体に気を付けて、行ってらっしゃいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/420-4b24aa81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界遺産 サンテミリオン地域 ( フランス大周遊 ⑫)6日目 «  | BLOG TOP |  » サンテミリオンのマカロン

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。