topimage

2017-08

世界遺産 ポン・デュ・ガール(フランス大周遊 ⑦)4日目 - 2012.10.10 Wed

アヴィニョンのホテル・メルキュール シテ デパップの朝食は、振り返ってみると、品数豊富で良かった。
その上、名前がついているので、分かりやすく、何しろ、ここで、息子からのお土産を思い出したんです。
「お土産は、チーズがイイ。コンテと熟成しているミモレ。それと珍しい雑貨」・・・って。
チーズのコンテもミモレも知らないので、ホテルの名前表示に、感激。「これだよ~『コンテ』って、お父さん」
P1010768.jpg P1010770.jpgP1010769.jpg P1010771.jpg
旅行も4日目となると、旅慣れて、朝食の摂り方もniceでしょう~~♪(*^-゚)vィェィ♪
4日目は、世界遺産を3つ観光するから、しっかり、エネルギーチャージ
P1010775.jpg P1010779.jpg

アヴィニョンから世界遺産≪ポン・デュ・ガール≫までは、28km、バスで40分。
                                                          マウスオン
<


朝から曇っていて、いよいよ怪しく「12日の内に1~2度の雨は仕方ないでしょう」なんて言う声と
「monalisaさん、朝のお祈りは、ちゃんとしてくださいましたか?」なんて言う声も ♪(*'-^)‐☆
P1010800.jpg P1010802.jpg

古代ローマの遺跡に触れれば、プロヴァンス地方の歴史を垣間見る・・・と言われますが
ポン・デュ・ガールは、ニームの北東、ガルドン川にかかるローマ時代の水道橋で、高さ49m、長さ275m
紀元前19年、ローマ帝国は、ユゼス山地の水源カラ、ニームに水を流すために約50kmの導水路を建造
高低差はわずか17mだったけど、水が滞りなく流れるように平均1kmあたり24cmの微妙な勾配をつけて造られた。
ローマ人が、わずか5年で設計、建設したという技術水準の高さは、脅威に値しますね~。
ポン・デュ・ガールは、3層のアーチで構成されていて、最大で1つ6tの石材は総重量5万tを超えるらしい。
川の上でどのように築いたか?ローマ帝国の英知が結集した巨大遺跡の迫力に圧倒されます。
                                                          マウスオン
<

驚異的な光景をうたいあげた作家・芸術家・考古学者は数知れないとか。
18世紀の思想家J.J.ルソーはこの巨大な橋を前にした時、
「この3層からなる素晴らしい建造物の上を歩き回ったが、敬意からほとんど足を踏めないほどであった。
自分をまったく卑小なものと思いながらも、何か魂を高揚させてくれるものを感じて、
なぜローマ人に生まれなかったのかとつぶやいていたのだった」・・・と驚きを語ったそうです。
私は、このローマ時代の水道橋は、5年前に行ったスペインのゼゴビアでも見ています。
トルコのイスタンブールにもあるそうです~ね。コマちゃん、知っていましたか?

30分の間に、霧が晴れて・・・見事な古代遺跡≪ポン・デュ・ガール≫の力強く美しい姿を楽しみました。
<<<<<<

ガルドン川散策中に、珍しい花とカタツムリ、木の実、花の後・・・を。
カタツムリと言えば、フランス料理として有名なエスカルゴ(escargot)は、専用のブドウ畑や穀類で
寄生虫がつかないよう衛生的に養殖されたリンゴマイマイ科(Helicidae)のカタツムリの一種だそうです。
P1010831.jpg P1010835.jpg
P1010858.jpg P1010862.jpg

アヴィニョンやポン・デュ・ガールの土産物屋で気になったのが、セミの形をしたハーブのセッケンや
セミの陶器の置物。フランス語で”Cigale”とは 蝉(せみ)という意味です。
プロバンス地方で生息している蝉は、フランスでは古くから魔を寄せ付けないお守りとして言い伝えられ、
また、セミが多くなく年は豊作になるそうで、豊作を知らせてくっれる虫、幸運を招く虫とされているとか。
パリなどの都心にはセミは、生息していないのだそうです~よ。
P1040193.jpg P1040374.jpg



ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

下から見上げる“ポン・デュ・ガール”圧巻ですね。
写真でも、“巨大遺跡の迫力”を充分感じられます。yo。
少し靄ってる所も空想の世界で、
“古代ローマ”にタイムスリップするには、ちょうどgood。
おーー。霧が晴れてきましたka。
ん~~。圧巻です。圧倒です。。力強い。。。 美しい。。。。
現実にその地に立ったら、
>・・・何か魂を高揚させてくれる・・>
魂の揺さぶられ方が違う。。。。事でしょう。
遺跡の右から2番目のお写真の巨大岩石は
私。「こりゃナンダーー。。。。」状態です。
小人san(笑)が一人二人写りこんでる所が、いかに遺跡が巨大なのかがよく解ります。

“蝉”が>魔を寄せ付けないお守り>
>豊作を知らせてくれる虫、幸運を招く虫>とは面白い。。
所変われば。ですね。
>セミの形をしたセッケン>ってイメージできまsyen。
monaさん。沢山あるヨウだから、送って頂こうカシラ・・・・(笑 sure sure joke)

chimさ~ん

やっとchimさんの心を動かす“ポン・デュ・ガール”のレポートになりましたか(笑
“巨大遺跡の迫力”・・・あの橋下のアールの部分に、建築の英知の結集を感じます。

> 少し靄ってる所も空想の世界で、
> “古代ローマ”にタイムスリップするには、ちょうどgood。
   (゚ー゚)(。_。)ウンウン そうかもしれない。
   こんな、五里霧中な雰囲気が、ある意味凄い演出になって
   旅は、いよいよ面白くなるのです。


   
   霧が晴れてくる・・・なんて、どう?ドラマチックでしょう?
   やっぱり、我々は、ついている。持っている・・・と自信を持たせてくれます。
   
   「こりゃナンダーー。。。。」の岩。chimさんの見た通り・・・小人みたいな雰囲気です~ね。

蝉がこのように珍重されているって、不思議でした。
お土産…心得ました~。(笑
   

世界遺産 ポン・デュ・ガール(フランス大周遊 ⑦)4日目

おはようございます!
アヴィニョンのホテルの朝食、絵になる素敵な光景ですね (゚▽゚*)♪
海外の朝食はありきたりの朝食が多いですよね?
朝から元気が出るような朝食、良かったですね!
ポン・デュ・ガールの地図、素敵ですね~
緑の中にあるその水道橋、重厚で圧巻ですね!
今の日本では蛇口からすぐに飲めるほどの良質の水が不自由なく出る環境で考えると
水道橋の存在すら身近になくて考えさせられました。
かつて京都の南禅寺で水道橋(水路閣)を、下からそして上から見学して
その建造がいかに大変だったかレンガを触りながら考えたものでした。
そして、その橋は琵琶湖まで続いている?
でもこのポン・デュ・ガールはその比ではないですね w(゚o゚*)w
まさにローマ帝国の英知が結集した巨大遺跡ですね。
霧のベールに覆われた姿もいいですね!
私も旅行がしたくなりました。

石鹸といえば今年の妹の土産が、アレッポの石鹸でした。
オリーブオイル、ローレルオイルで作られた無添加の石鹸です。
妹は髪までそれで洗っているとか (・・;)
私は洗顔に使っていますが良質な石鹸だと実感しています。
ハーブやオリーブはヨーロッパの生活に根差したものなんですよね。
幸運を招く蝉、かわいいですね (o^∇^o)ノ

monalisaさん

┏━━━━━━━━★┃        
(。・∀・)ノ゛おっはっぴょ~~ん

晴れ女 どーした!?
やっぱ朝のお祈りを手抜きしたのねアハ

水道橋 ヨーロッパにはたくさんありますね
トルコではイスタンブールの新市街と旧市街を架けるようにあるらしいけど行かなかったのよ
コースに入ってなかったので仕方ないけど 写真撮りたかったな、、  
スペインの水道橋は 下から見上げて何枚も撮って ブログに写真を載せたよ(^o^)v
古代の知恵には 〝゚~゚"マジ脱帽ざんす

エスカルゴはね 勇気を出して食べたんだよ
何だか ガーリックオリーブ味の『タニシ』って感じだった(゚m゚*)プッ

モナリンのコメント返事にも書いたけど
今日の人間ドッグは延期:-)
自分で作った おにぎりに当たって ゲロちゃんだぬぁんて
ホント珍しいことなんだよ 選りにもよって、、
       ┃★━━━━━━━━┛

すご~い!

monalisaさん、

月並みだけれど、「すご~い!」としか表現できない。
二重になったアーチ、想像を絶する高さですね。
どれだけの人足の力が結集して作り上げたのでしょう。
それも紀元前というのですから、本当に「口をあんぐりして見上げる」
ってところでしょうか

「霧がだんだんと晴れて、そこに世界遺産が表れてくる」この状況は
のぞんでもなかなか与えられるものではありません。
超ラッキーでしたね。
そして私たちもそのオショウバンができるってわけ。
ああ、幸せです。

セミが「魔を寄せ付けないお守り」として尊重されてるということ
とても面白かったです。
それにしても、雑貨がかわいいこと。息子さんにお好みのチーズと
この雑貨、渡されて、大喜びだったことでしょう。

mammyさん

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようございま~す
訪れる所々のホテルの朝食
ホテルの格によっても内容が違うので、ある意味楽しみなんですよ。
品数沢山だと、目移りしてしまいますよね。
普段、しっかり朝食らしきものを摂っていないので
胃袋もビックリ。
いつの日だったか忘れちゃいましたが、珍しく胃薬をのんだほどです。

(゚ー゚)(。_。)ウンウン 私も、ポン・デュ・ガールと京都の南禅寺の琵琶湖疎水を結びつけて考えていました。

当時、ローマの都市ネマウススでは人口が増え、大浴場などの公共の施設で使う水が不足し、
水源地のユゼスから水を引く必要に迫られていたそうです。
でも、ユゼスからネマウススの標高差はわずか12メートルしかなく、
水道は平らな地形に沿って大きく迂回した上に、ガール川を渡るためには、
高さ49メートルもの巨大な橋を架ける必要があったのでだそうで・・・
はからずもここで、機内で見た「テルマエ・ロマネ」の大浴場のシーンが目に浮かんだわけです。

旅の思い出は、晴れもヨシ。雨もヨシ。そして霧の中に微かに垣間見るシーンもよし。
全くもって『一期一会』なんです。

観光地には、カラフルな石鹸を沢山見かけましたが
ふっと浮かんでくるのは、重量制限。
アレッポの石鹸、無添加って、嬉しいですね。

今日は、久しぶりの『懐石料理』のお稽古の日なんです。
みなさんへのお土産に、お手頃な、蝉付きのラヴェンダーのサシェと石鹸選びました。
mammyさん、よろしく~ね。

komamichiさん

 ┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━☆┃        
(b*^0)d (ノ*^▽)ノ オッハー♪>

> 晴れ女 どーした!?
> やっぱ朝のお祈りを手抜きしたのねアハ
   ハイ、お祈りもテルテル坊主も・・・ね。
   それでも、私が外に出て、天を仰げば・・・(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

> 水道橋 ヨーロッパにはたくさんありますね
> トルコではイスタンブールの新市街と旧市街を架けるようにあるらしいけど行かなかったのよ
> コースに入ってなかったので仕方ないけど 写真撮りたかったな、、  
> スペインの水道橋は 下から見上げて何枚も撮って ブログに写真を載せたよ(^o^)v
> 古代の知恵には 〝゚~゚"マジ脱帽ざんす
   (゚ー゚)(。_。)ウンウン セゴビアの下から見上げる見事な水道橋には、度肝を抜かれた~ね☆
   日本のように地震が多かったら、考えも及ばない建造物だよね。
   
> エスカルゴはね 勇気を出して食べたんだよ
> 何だか ガーリックオリーブ味の『タニシ』って感じだった(゚m゚*)プッ
   そうなんだ~。タニシは、子供の頃よくみそ汁の具に入っていた。
   泥臭いけど、懐かしい味だワ~

> モナリンのコメント返事にも書いたけど
> 今日の人間ドッグは延期:-)
> 自分で作った おにぎりに当たって ゲロちゃんだぬぁんて
> ホント珍しいことなんだよ 選りにもよって、、
   (゚ー゚)(。_。)ウンウン 先ほど、コマちゃんの所に行って読んで驚いた~よ。
   具は、何だったの? おにぎりで、、、って滅多にないことよね。

名古屋行、楽しみにしています。
コマちゃんに、会いたいようなo(^o^)o ワクワク
気恥ずかしいような(;^ω^A テレテレ
もうちょっと、時間があるので、計画が決まったらお知らせいたします~ダ

今回も、コメありがとう。 お大事にヾ(@~▽~@)ノ
 
       ┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

ikさん

アレ?二重?? ikさん、よく見て`s(・'・;) エートォ...三重なんですよ。
「自分をまったく卑小なものと思いながらも、何か魂を高揚させてくれるものを感じて、
なぜローマ人に生まれなかったのか」とつぶやいていた・・・
あのルソーをして、そう思わせたのも凄いですよね。

> 「霧がだんだんと晴れて、そこに世界遺産が表れてくる」この状況は
> のぞんでもなかなか与えられるものではありません。
> 超ラッキーでしたね。
> そして私たちもそのオショウバンができるってわけ。ああ、幸せです。
   ikさんのお気持ち、こうして旅行記を書いているととっても嬉しいですよ。
   霧がだんだん晴れて・・・思わせぶりなこんなシーンは一生忘れられない~わ。
   期待以上の感動が貰えましたよ。

> セミが「魔を寄せ付けないお守り」として尊重されてるということ
> とても面白かったです。
> それにしても、雑貨がかわいいこと。息子さんにお好みのチーズと
> この雑貨、渡されて、大喜びだったことでしょう。
   旅での土産物って、いろいろ大変。
   でも、こんな風にその地での言い伝えも添えられたら・・・と
   まだまだ、荷物の整理がつかないんですよ。
   まあ、旅行記が終わらないと、片付かない・・・ごもっとも~です。

ikさん、今回もありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

励ましのお言葉、有難うございます。
結構、このブログUPって、大変。
途中で挫けそうになりますが、乗りかかった船。
目的貫通まで、何日かかるかしら? 

一緒に同じ目線で旅のリプレイをしてくださっている・・・嬉しいです。頑張りまっす~。


フタタビ 

monalisaさん、

ほんと!水道橋は三重なのね。上についている小さいアーチは飾りかと思っちゃった!
観察不足・・・・失礼しました。

ikさん、

(*゚ー゚)vオハヨ♪

再びのコメント、有難うございます。

ikさんの几帳面な性格、∩(´∀`)∩ワァイ♪ 大~好き。

昨日今日と仕事がなくって、家でマッタリしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/413-0b29173a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴッホの町 アルル «  | BLOG TOP |  » アヴィニョンの橋を・・・♪(フランス大周遊 ⑥)3日目 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。