topimage

2017-08

十薬会 (国立科学博物館自然教育園) - 2012.06.26 Tue

「十薬会」の楽しみは、食事の後のお喋り。
「白金劉安」を後にして、目指した所は、自然あふれる『国立科学博物館自然教育園』です。
10人もいると、思い出話も様々。40年も前の事を、あれこれ思い出すのも、この会の主旨なのです。

『自然教育園』の隣の児童公園で、キングサリのような珍しい黄色の花をいっぱいつけた木を見つけました。
<<<<<

木を見上げると、まるでブドウの房のように、ふわふわした黄色い花がたくさん咲いていました。
この花は雄花で花びらを持たず、長くのびた雄しべがよく目立ちます。
「なんの花かしら?」と、気になったら、分かるまで気持ちが悪いものです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ 国立科学博物館自然教育園
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明治時代には陸・海軍の火薬庫、大正時代には白金御料地として皇室の持ち物だったことから、
この森には、一般の人々が立ち入れず、“自然の宝庫”として残されたのだそうです。
IMG_1816.jpg
ここは一般的な公園と違い、できる限り人の手を入れず、本来東京にあった自然の姿に近い状態で森を残そう~と
自然保護の為、入園者が同時に300人を超えないよう入場制限をしており、入園時にピンクのリボンを渡されます。

入口で、職員の方に、「隣の児童公園にあったいい香りのする黄色い花の木はなんですか?」と伺うと、
植物に詳しい係員を紹介され「多分、イイギリだと思います。園内にも数か所ありますよ。」との事。

路傍植物園を突き進んでいくと、名札と共に見覚えのある植物や可愛い植物が・・・
ガマズミの実を使ったフラワーアレンジメントはしたことがありますが、花を見るのは、初めてです。
ガマズミは、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。この「ガマ」という名前の由来は不明だそうですが
「ズミ」は酸実(酸っぱい実)に由来するのではと言われているそうです。
秋に実は赤く熟し、鳥の餌となり、タネが鳥により散布され、路傍植物園など園内各所で見られるそうです
<<<<<

路傍植物園と武蔵野植物園で見られたのが、マルバウツギの花です。
マルバウツギはユキノシタ科ウツギ属の落葉低木。名前は同じ仲間のウツギに似て葉が丸いという意味で
また、ウツギは「空木」と書き、茎が中空という意味だそうです。
マルバウツギの白い花は、「卯の花」と呼ばれるウツギより早く花を咲かせるそうです。
IMG_1871.jpg

シイの巨木
IMG_1836.jpg

自然教育園には珍しい野鳥も数多く生息。翡翠が繁殖し、オシドリやアオバズクもやって来るとか。
都内ではほとんど見ることができないゲンジボタルやメダカ、また、ヤマカガシなどのヘビも生息しているそうです。
子供の頃、五反田に住んでいた悦ちゃんは、この自然公園が遊び場だったそうで、
ドングリや松ぼっくりを拾って帰ろうとしたら、係員に「これらの実は、
ここに住む動物たちの餌になりますので持ち帰らないでください」・・・と、呼び止められたそうです。
メモを片手に、葉の裏側をチェックしている係員に「何をしているのですか?」と尋ねたら
「葉を食い荒らしている虫を調べている」とのこと。しかし、よほどの虫でない限り殺虫しないとか
<<<<<

水鳥の沼
IMG_1852.jpg

「コナラ林」では、何組かの家族に出会いました。子供が遊ぶ設備などはありませんが、
親子連れの楽しそうな様子からは、都内でありながら自然に触れる素晴らしい環境だと思いませんか。
IMG_1863.jpg

この大きな松は、「大蛇の松」と言って、江戸時代の松平讃岐守の下屋敷の面影を残す樹齢300年の松
IMG_1861.jpg

園内で、さわやかな初夏の風とともに甘い香りが漂ってきました。これです。これです。
地面に目を落とすと、イイギリの雄花が多数落下し園路を黄色に埋め尽くしているのです。
イイギリはイイギリ科イイギリ属の落葉高木で、北海道を除く日本全国と、中国、朝鮮などの暖地に自生します。
植栽されたものが鳥の散布により広がり、都市部の公園などでもよく生育していて、石神井公園にもありました。
「飯桐」と書き、葉が桐の葉に似ていて、昔、この葉でご飯をくるんだことが名前の由来です。
雌雄異株で、雌株は秋から冬にかけて房状の赤い実が目立ち、ヒヨドリやツグミなどの野鳥のえさになるのです。
<<<<<

4~5枚目は、今年の1月に、石神井公園で撮ったイイギリの実です。

園内を散策しながら、40年前の記憶を辿って、思い出話に夢中になって、草花も愛でて、
プルプルになるであろう明日に希望を持って・・・来年の十薬会まで、健康で再会できるよう~約束です。


ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます

自然の宝庫の植物園とは

なんて素敵なんでしょう

一日の入場制限までされて自然を、

守って貰えてこの森の植物さんたちは幸せですね。

我が実家辺りの最近の田舎の山々なんかでは動物の天下ですよ

集落の山すそには防護柵が設けられたおかげで、人間さまが入らなくなった山は

イノシシ、シカ、サル、アライグマなんかに荒らされまくっているらしいですわ。

都会では何百年からの樹齢の物も守られて、良い事ですね。

お散歩楽しませて頂きました。

林の移り変わり

wakasaママさん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ
一日の入場制限までしての自然保護、都心ならではの光景でしょうね。
食物連鎖、子供の頃学びましたよね。
結局、強いものが勝つのか~というイメージでしたが
そうですか~イノシシやシカに食い荒らされまくって・・・増え放題。
自然のまま・・・というのも程度があって、難しいですね。

> 都会では何百年からの樹齢の物も守られて、良い事ですね。
  この公園は、1950年ごろは松林だったそうです。
  でも、自然教育園になって、下刈りをやめるとミズキ・イイギリなどの落葉樹や
  スタジイ・タブノキなどの常緑樹が松林の下に育ってきて
  1963年頃には、松は下から生えてきた落葉樹に光を奪われて枯れ始め
  今では、その落葉樹も、成長が遅かった常緑樹が高くなるにつれて
  下枝が枯れ始めていっているそうです。
  そのうちにこの林は、長い年月の間に常緑樹林に変わっていくだろう…とのことです。
  何れはコナラ林もいずれは常緑樹林に変わっていくであろう林の移り変わりの表示を
  見ると、ちょっとセンチに~。
  
> お散歩楽しませて頂きました。
  wakasaママさん、ちょっと端折った部分もあって、
  十分なご案内も出来なく申し訳ありません。
  機会があったら、是非。
  また、こんなサイトもありますよ。
  http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/sizenen/walk/all.html
  お時間があったら、どうぞ('-'*)ヨロシク♪

ありがとうございます。

いいとこ(すてき)ですね~
また!来年も皆さん元気で会えるといいですね‥。

東京に残る自然

そのまま自然を残している「国立科学博物館自然教育園」いいですね。なくなっていくからこそ、このように保護して自然を残していく・・・日本の役所もまだ捨てたものではありません。

植物が自然のまま残されているからこそ、鳥たちも、虫も集まる・・・最近私もはまっている境川遊水地公園も同じ趣旨です。大事にしなくちゃ・・・

虫食いだらけの大きな葉っぱの写真、印象的です。

イイギリも、お散歩途中で出会えるかもしれない。
しっかり観察してみます。

興味深い話題ありがとうございました。

十人十色

まっちゃん、年一度のこの会を、皆さん楽しみにしていますのよ。
食事は、二の次。
本当の楽しみは、思い出話のようです。

十人十色と言われるように、それぞれ人格が違いますし
一人も欠けたら、十薬会の旨味が出ないんですよ。
同じ釜の飯…と言うように、ある目的をもって集まった仲間ですので
それぞれの役割も自然と決まっています。
それが、心地よい雰囲気なので、この会は、永遠に続くでしょう。

自然の摂理

ikさん、食事の後は、東京都庭園美術館でも・・・と思っていましたが
生憎、改装中で、入館できなかったので、こちらの自然教育園に行きました。
東京のど真ん中に・・・驚きの自然の宝庫。
お天気も良かったので、2時間ぐらいの散策が、とても気持ちがよかったです。

> そのまま自然を残している「国立科学博物館自然教育園」いいですね。なくなっていくからこそ、
このように保護して自然を残していく・・・日本の役所もまだ捨てたものではありません。

> 植物が自然のまま残されているからこそ、鳥たちも、虫も集まる・・・
 最近私もはまっている境川遊水地公園も同じ趣旨です。大事にしなくちゃ・・・
  (゚ー゚)(。_。)ウンウン、最近似たような光景に出くわしました。
  近くの公園での事ですが、家庭のペットとして買えなくなったカメや
  捕獲してきた魚が、本来のその公園の池にあるはずのない外来種・・・ということで
  外来種の捕獲運動でした。
  規制を行うのは、やはり行政の仕事。
  「あってしかるべき」と、痛感しました。

私も、このブログを書くことによって
見過ごしてしまう自然の摂理を考え直すよい機会を得ることが出来ました。
ikさん、お付き合いくださってありがとうございます。

素敵な十薬会

monalisaさん、こんにちは!
前回の記事にはコメントを入れたつもりになっていました。
サボっていてすみません。
まだ、ブログをやる気になれないでいます。
でも、少しづつ元気をもらって・・・頑張らないといけないと思っています。

“十薬会”素敵な会だと思います。
同じ志を持った仲間のそんな集いがもう何年も何十年も続いている、歴史ある会になっていますよね!
薬膳料理も自然教育園のお話も興味深く読ませていただきました。
仕事柄、今回のメニューもとっても良かったですね。
10名のどんな方がいらっしゃるのかもわからないのに、会の様子が想像できちゃう感じです。
薬膳に興味がなかった頃、銀座のお店で食べたことがありました。
今なら・・・残念です。

何度も送信しましたが、入りませんでした。
今度こそ送信できますように・・・(-。-;)

mammyさん、何度も送信を・・・御免なさいね。
Fc2には、よくそんなトラブルがある・・・という事を聞いています。
折角、書いたコメが・・・がっかりですよね。

mammyさんのブログをやれない気持ち、当然の事です。
それで、いいんですよ。きっと、ご主人からの指令が下ってくるでしょうから、待っていましょうね。

“十薬会”の皆さんは、その道のオーソリティー。
年に1度とは言え、仕事上の話題が、ツーカーで通じるのは嬉しいことです。
漢方のなんたるかも学んでいますので、皆さん興味津々でしたよ。
薬膳、凄く興味あるんですよ。
今の仕事を終えたら、薬膳料理でも・・・なんて夢があってもいいかな?!
その時は、mammyさんを是非、ご招待しましょう。(夢のまま・・・かも)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/384-54fd8968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

望遠だよ~ワイルドだよ~ «  | BLOG TOP |  » 十薬会 『白金劉安』

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。