凛とmonalisa

2017-05

トマトを植えました - 2013.06.28 Fri

ガーデニング感覚で花と一緒に野菜を育てる・・・是非やってみたい!!

こんな思いは、ブロ友のviviさんやwakasaママさん,Reveilleさん達に刺激されて・・・だったり
某雑誌のコンテナで作る『キッチンガーデン』・・・という記事からでもあります。

去年、庭の片隅にミニトマトを2本 植えたら・・・毎日、小粒ながら美味しい新鮮なトマトを沢山収穫したので
今年は、気を良くして・・・「桃太郎」という種類のトマトを、植えてみました。

トマトは、日当たりと乾燥気味の環境を好んで、雨除けのあるベランダは、好条件とか?!

ブロックで、1坪ほどのコーナーを作ってコンパニオンプランツのマリーゴールドも一緒に植えました。

このコンパニオンプランツは、お互いの生育を良くしたり、味がよくなったり、
におい成分で害虫を遠ざけたりする効果があるばかりでなく、
場の雰囲気を華やかにしてくれているようです。

バランスのとれた植栽は、自然の力がいいように働いてエコでストレスフリーになるのだそうです。
                                                          マウスオン
<


viviさんから、
>ミニトマトは、初級者でも手軽に栽培出来ますが、
>大玉トマトは家庭菜園の中でも中級クラスレベルで、ちょっと難しいんです。
>脇芽はすぐに摘み取って下さいね。
>もし大きな脇芽があったら、挿木ができますので鋭利な刃物でカットし
 ダメ元で、挿し木で増やして楽しむ方法もあります。
>もしよかったら、参考にして下さい。 ↓
http://www.sc-engei.co.jp/plant/vegetable/cultivate/55.html
>窒素よりもリンやカリの多い肥料を与えるほうが うまくいきます。
>赤くなった実に雨が当たると、実割れしますので(←かなり悲しい!です)
>雨が降りそうな時はピンク色になったら早採りし、家の中で追熟すると良い・・・とのアドバイスを頂きました。

アジャ~、ミニトマトにすればよかった・・・と、言う思いイッパイです。
定植してしてから約1か月ほど。
葉っぱと主軸の間から次々と脇芽が出てきて、これを手で摘み取って、支柱に誘引。
この作業が大事なようで・・・またまた、自分で忙しくしている私が、ここにいます。

これからどんどん収穫・・・楽しみです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは

大きくなってきましたね

これから楽しみですやん

出来かけたら早いですから

安全で甘くて美味しいのを

思い切り食べて下さいな。


wakasaママさん、今晩は~

ちょっとね~、成長が遅いでは・・・と心配していましたが

〃⌒ー⌒〃これからなんですね~☆・:.;*

脇芽を摘み取ったり、支柱に誘引したり・・・手間暇がかかりますね。

でも、美味しいトマトが出来るなら O( ^ - ^〃 )O”がんばっ!~

wakasaママさん、もう一つ・・・貴女に刺激されて~

ドクダミが、そろそろ干しあがります。

これで、快調スル~?!。

お蔭様で、鬱陶しい梅雨なんて、感じていられません。

これからも宜しくお願いいたしますね~☆

おはようございます。

おお! マリーゴールドの中に青いトマトがかわいいですね!
色づいてくると、本当にワクワクしますよ!

今年は去年よりも病気が上がってくるのが早く、
大玉トマトの収穫量が少ない見込みのウチの家庭菜園です。
それでも毎日2~3個ずつ食べられるので、ありがたいです。

今朝も夫は朝の5時前から畑仕事に出ています。
なので、今の時間はのんびりタイム。
(朝食は8時の予定です)
今日も暑くなりそうですね~。

☆Hey!ヽ('ー'#)/ Hello!☆ viviさん~

トマトを作ろう・・・と思って準備したのが5月の下旬なので
ちょっと遅かったかしら~と、ミニトマトに比べ成長がゆっくりなので心配してます。

でも、これからなんですね。

コンパニオンプランツのことも、viviさんに教わって・・・
viviさんの所は、たしかバジルを植えてありましたよね。

> 今年は去年よりも病気が上がってくるのが早く、
   本当ですか?!
   これ対策もしなくっちゃあいけないですね。
   7月は、少しゆっくりできるかしら・・・と思ったけど
   相変わらず、スケジュール満載。
   でも、ご主人の様に出勤前に一仕事すればいいわけですよね。

我が家は,vivi家とは、反対で、主人は、まだ寝ています。
生きざまがダンプカーとミニカーほどの差があるカップルなんです。
まあ、古希を迎えたんだから、細く長く・・・のんびり生きていてほしいです。

今日は、娘婿が鯵船に乗って・・・大漁旗期待です!!
御呼ばれしていますので、ナメロウでも作ってみようかな~と思ってます。 

我が家ではトマトの脇芽をカットしたものは水挿しをします。花瓶などに水を入れて挿しておくと1週間で立派な根が出ますので、1本しかないトマトの保険苗となります。こうして増やして新しい苗を作っておくと、枯れかけた時に新しい苗に更新していくことで、品種『イエローアイコ』などは12月まで収獲できたことがありますよ。なかなかエコでしょう。(笑)

おはようございます。

お忙しいノニ、
>・・・次々と脇芽が出て・・・>
お世話が大変な“トマト”まで、植えチャイましたか。
収穫が楽しみですね。
heartちゃんもトマト好きですか。
安心して沢山、食べられますね。

スゴイ量の“七夕飾り”
パァッと気持ちが明るくなりマシタ。
沢山の願いが叶うといいですね。

流石~,reveilleさん!!

>脇芽をカットしたものは水挿しをします。花瓶などに水を入れて挿しておくと1週間で立派な根が出ますので、1本しかないトマトの保険苗となります。
  日ごろ、栽培に勤しんでいる人ならではの、作業ですね。流石・・・です。
  今年は、桃太郎に挑戦。
  これ、ミニトマトより難しいんですってね。
  収穫は、あまり期待しないでおこうと思っています。 
  何事も、べんきょうですから~ね。

「イエローアイコ」を12月まで・・・なかなかエコですね。

そうそう、昨年頂いたブルベリーで漬けたお酒、毎晩チビチビ楽しんでますよ。

ブルーベリーの鉢植えもやってみようかしら?
種類は、選んだ方がいいのかな?
初心者向きって・・・あるんですか?

chimさん、おはよう~

ハイ、今年は、ちょっと大きめの桃太郎~に挑戦。
これ、初心者向きではないみたいで・・・ヒヤヒヤものです。

昨日、娘の所に行ったら、やっぱりベランダで、ミニトマトを育て始めていました。
heartが、水を揚げているそうですが 、
heartは、好き嫌いが多くって・・・折角料理したもの「いらない~!!」って
娘が、イライラしています。

> スゴイ量の“七夕飾り”
> パァッと気持ちが明るくなりマシタ。
> 沢山の願いが叶うといいですね。
  これは、石神井公園に飾られている近くの幼稚園生の七夕飾りです。
  子供の頃の夢って、限りないから・・・イイですね。
  私が、願う事・・・と言ったら、ただ一つ。
  chimさんだったら、どんな願い事をしますか?

>ブルベリー、鉢植えで育ちますか?
>品種は、選んだ方がいいですか?

鉢植えでも大丈夫ですよ。土もホームセンターでブルーベリー専用土と言う強い味方があります。あれにココチップまたは、鹿沼土を少し追加してあげると根張りが良くなります。

ご自分で苗を選ぶ時は、同じ品種なら茎がしっかりしていて、シュートが太いものを選んで下さい。
はっぱがあるものなら、斑点とかがないものの方がベストです。
そして、ここがポイントなんですが、ポットから根を引きぬいてみて下さい。根が全体に回っていて、より根の状態が良いものを選ぶのがコツです。

上手に育てるコツは、最初の2年は絶対花を摘み取ってしまうことです。
苗を選ぶ時も、花や実が付いているものは絶対に買わないで下さいね~。

あれは小学生に子供を産ませている様なもの、夏も越せない可愛そうな木になってしまいがちです。
小さいうちから花を付けたものは何年たってもなかなか木が大きくなりきれないんです。

品種は、一番最初に植えられるなら、ラビットアイのティフブルーとバルトウィンの組み合わせあたりから始められると良いのではないでしょうか。植えるのをあと2年待てるなら我が家が今年挿し木したものでも宜しければ何か適当に組みあわせて送ってあげられるのですけど・・。

monalisaさん

野菜作りのほうへ手を伸ばしましたか…お世話がなかなか大変そうですが、こちらは収穫して、食べられるという楽しみがありますから、一生懸命になれますね。
桃太郎トマトはよく買ってきますが、それが育っているなんて、驚きです。
私は、一応、ナス、トマトと育てたことはあるのですが、水やり具合がよくわからず
あまり苦労した割には、収穫もできず「野菜作りは、もうや~めた!」とあきらめてしまいました。
でも、ミニトマトの「アイコ」は大好きなのでもう一度挑戦してみたくなりました。

Reveilleさん、今晩は~

分かりやすく教えてくださって・・・ありがとうございます。
ご注意に沿って・・・園芸店に行って~と思っていましたが
最後の
>植えるのをあと2年待てるなら我が家が今年挿し木したものでも宜しければ
>何か適当に組みあわせて送ってあげられるのですけど・・。
  このお言葉に反応してしまいました。
  待ちますとも!!

> 上手に育てるコツは、最初の2年は絶対花を摘み取ってしまうことです。
> 苗を選ぶ時も、花や実が付いているものは絶対に買わないで下さいね~。

    これって、凄くだいじなことだよね。
    以前(もう20年ぐらい前)スグリ、ブルーベリーなどを育ててみましたが
    こんなことやっていませんでした。     

ハ~イ、2年は長いけど・・・手ぐすね引いて~待っています!(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

ikさん、今晩は~

・゚・(*ノ∀≦)ノ彡ahahaha★ 短い手をいっぱい伸ばして~トマトの収穫を夢見ています。
ミニトマトにすればよかった~。
ちょっと、欲張ってしまいました。

私も、ナスは育てたことがあります。
母が、存命中にランターで・・・
ミニトマトの種類は忘れてしまいましたが
地植えでしたので、水遣りは苦労しませんでしたが
今回は、コンテナの中だから・・・水遣り、大変ですね。

ikさんも、ミニトマトで挑戦してみませんか?!

トマトの挿木

おはようございます。
偶然、職場の方から「トマトの挿木」について質問されました。
たまたま見つけた記事に、すごく丁寧に書かれた物があったので
それを印刷して、昨日、渡しました。

宜しかったら参考にして下さい。(ベストアンサーに選ばれた答えです)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1244605827

実は私もトマトの挿木をしたことがあります。
結構、上手くいくもんですよ。(笑)
今、ベランダにある「トゥインクル」の背が高くなり
そろそろ主枝をカットし、挿木しようかと思っているところです。
上手に育てれば、年内はミニトマトを買わずに済むかもしれない・・・と、
今から皮算用しているところです。(笑)

viviさん、今晩は~

ベランダのミニトマト、威勢がいいですね。
もう背丈ほどになりましたか?
お友達も、トマトを作っているんですね。
お心にかけてくださって・・・ありがとうございます。

いや~、つくづくミニトマトにしておけばよかった~と思う毎日です。

今日、仕事場で「NHK 趣味の園芸」に、
脇芽は、すべて取り、1本仕立てとする
3段目の花が咲いたら、2週に1度、1株当たり10gの化学肥料を追肥
主枝が支柱の先端に届いたら手が届く高さで摘心~書かれいるのを見つけました。

viviさんの所も、摘心の時期が来ているんですね。

>年内はミニトマトを買わずに済むかもしれない・・・と
  そんなこと出来たら、最高ジャン!!
  今年は、仕方がない!!
  なんとか頑張ってみます。
  ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん~、今晩は。

やっちまいました?!
折角の気持ちを・・・Σo(*'o'*)oオオ!! お互いに無にしてしまいましたね。

これから気を付けます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/383-d1f2571f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思い出の花々 «  | BLOG TOP |  » 充実した日々

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (55)
レクイエム (8)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (8)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。