凛とmonalisa

2017-04

愛しのオーリキュラ - 2012.05.15 Tue

いよいよ、バラの季節になりましたね。
毎年、一番先に咲くのが、オールドローズ、四季咲きのLouis XIV ルイ14世
バラの花を愛でたルイ14世に ちなんで付けられた名前だそうです。
〝深いクリムゾンレッド″と言われますが、最もダークな魅力的な黒赤いバラ
花弁数は多くありませんが、すぐに花弁のフチが外側に折れ曲がり、 一枚一枚の花びらがとんがった形になります。
                                                            マウスオン
<

ほぼ同じころに咲き始めるのが、Francis Deubreuil フランシス デュブリュイ
フランシス メイアン(ピースを作出した人)の祖父が世に送り出し、自分の名前を付けたのだそうです。
やはり、黒味を帯びた深い赤色。これぞバラ・・・と言えるダマスクの豊富な香り、
枝が細くしなやかで、横張り性で返り咲く大好きなバラです。                       
                                                            マウスオン
<


太陽王と名を冠したバラ・ルイ14世の深みのあるクリムゾンレッド色の花がカップ咲きで咲き始め、
すぐに花弁が反り、ロゼット咲きになると、黄色いおしべが濃い黒赤の花弁の中心に黄金色に輝くように見え、
コントラストが美しいです。次々と咲き出したダマスクの香り豊かなフランシス・デュブリュイとのコラボです。
     arrange1.jpg

超レアーなバラかと秘かに愛でているのがIrene Watts True イレーヌ・ワッツ・トゥルー by Peter Beals
チャイナ系オールドローズで、「ピンク・グルース・アン・アーヘン」を「イレーヌ・ワッツ」と間違えて
判定した一人のピーター・ピールズさんが 「Hybrid China Rose (True) IRENE WATTS」とタグをつけて
ある販売者に送ってきた株・・・とのフレコミの≪憧れのバラ苗≫、育て始めて6年目です。
ややアンズ色を含む白色系、甘くやわらかな香りがあり、とげがほとんどないのが特徴、
咲き出すと、語りかけたくなるほどボリュームがあり 存在感十分な可愛いい薔薇です。
                                                            マウスオン
<


1株だけ年越ししたので、仲間を増やしてあげたい~と、近くのshopで見つけたのは、ガーデン・オーリキュラ。
葉に美しい粉(フラボン)があって、水をかけると流れてしまい、観賞価値が激変し、 環境の変化に非常に弱く、
水遣りなども葉に水をかけない、雨に当てない・・・などの 注意が必要な代物です。
                                                            マウスオン
<


元々、オーリキュラは、
アルプス、アベニン、カルパチカ山脈などの石灰岩地のに生える原種の厚葉桜草(花色は黄色で中心部が白)と、
生息地の重なるアルプス、ピレネーに生えるプリムラ・ヒルスタP.hirsuta(花色は淡いピンク~ローズ)の
自然交雑種がプリムラ・プベスケンスP.pubescensです。
この個体が変異に富んで面白いことから16世紀頃の英国では人工的にブベスケンス交配が、
産業革命時の職工を中心とする育種家によって盛んに行われたそうです。
本来、銘品オーリキュラは植物分類上、プベスケンスと変わりないのですが、
園芸種として一定の約束事に沿って交配育種された品種をアルファベット大文字で書き始めるAuriculaとし、
原種と差別したオーリキュラ群とする文化が生まれ、16世紀より昔から継承され伝統的な園芸植物として
現在まで根付いているのだそうです。

下の花は、ガーデンオーリキュラです。
<<<<<


古典的な花姿から、英国の王族・貴族の間で、かっては門外不出の花・・・として守り続けられ、「生きる絵画とも言われ、
イギリスでは古くから愛され、毎年品評会が開かれるほど。
いくつかの条件を満たし、品評会で認められた銘花にのみ名前がつけられるそうです。
花色が豊かで集める楽しみもある植物。他の植物では見られないような神秘的な色味を持っているんですよ。
一つ一つの花がまるで子供のころ描いた絵のような小さなお花の様
400年かけて職人達の手によって育種された幻の花ですが、中には高価なお値段が着いた銘品もあります。
こちらは、“マニア垂涎”の銘品と言われる『プリムラ・オーリキュラ』です。
やっぱり銘品も育ててみたい・・・と、北海道の湯沢園芸からお取り寄せしました。
<<<<<<<

オーリキュラの魅力のひとつは「お粉」です。
葉や茎に吹く白い粉(フラボン)、中にはガクや花首、花びらにも粉が吹き
この粉が、観賞用には勿論のこと、育成(水分の蒸発予防)にも関係してくるのだそうです。
【オーリキュラの定義】なるものがあるそうです。
①円形に近く花弁がフラットで波打たないこと (花弁のゆがみは禁物で、幾何学的に美しい均整が重要である)
②花弁の切込みが少ないこと
③短花柱花(おしべが見えない)であること
 ・・・サクラ草属植物の花は、ほとんどが長花柱花(めしべが長く、おしべが短い)・・・
④花弁の隙間がなく、中心円環が円形で歪みが無い事
⑤花弁が6枚以上あること
⑥エッジの部分が大きいこと
⑦粉が充分に分泌されていること
以上の約束事をクリアした「プペスケンス」だけが 「オーリキュラ」と呼べる銘品の株・・・との事。

どう?ガーデンオーリキュラですが、球形に咲きましたよ。
            wreath_2628.jpg
1年を通して雨を避けられる場所を選んで、水加減ができるような置き場所で管理できることが大切だそうです。
結構 気難しいお花ですが、育てがいがあります。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

5月13日は、『母の日』でしたね。
娘からは、「寄せ植えを一緒に楽しみましょう~」とお気に入りの本が贈られてきました。
寄せ植え
季節ごとに楽しめるモダンな寄せ植えもアレンジメント感覚で、楽しめそうですね。
端境期の夏が来るまでに、十分楽しめ、heartにも喜んでもらえるような寄せ植え・・・やってみようかな!!

先日のハランで作った器。母の日に相応しく、カーネーションとコデマリ、ヒペリカムで作ってみました。
arrange060.jpg


ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

『オーリキュラ』かわいい花ですよね!
家にも2種類あるのですが 今年は1種類だけ咲きました‥‥
近々載せたいと思っています。
『オーリキュラ』集める楽しみのある花です

お庭の薔薇、咲き始めましたね。
我が家の薔薇は1株だけですが元木は古く、
半世紀以上頑張って毎年咲いてくれますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嬉しいです。

ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!まっちゃんも『オーリキュラ』育てているの?!
凄い!!w(゚o゚)w オオー! 近親感、いっぱいです
オーリキュラに出会えたら、きっと誰もが。o@(^-^)@o。ニコッ♪・・・となるよね。
だって、幼いころ画用紙に書いた花のような・・・懐かしさがあるんだよね。

> 近々載せたいと思っています。
> 『オーリキュラ』集める楽しみのある花です
  バラより難しい花かもしれませんね。
  オーリキュラを知った時から、オーリキュラ病が始まりましたよ。
  
まっちゃん、ブログUP待ってます。
  
   

記念樹

hotterさんのお宅の薔薇は、何年ものですか?
我が家の一番古いバラは、30年もの。
環境さえよければ、共に育つ・・・記念樹になりますね。

半世紀以上ですか~
大切にしたいですね。

イケる口で~す

鍵コメさん、本当ですか?!

二人とも、イケる口です。

厚かましいですが・・・待っていま~す。

感じます~~

monaさんが>大好きなバラ>
>超レアーなバラ>
>≪憧れのバラ苗≫>
>語りかけたくなるほど・・・>
>存在感十分な可愛いい・・>
>・・・注意が必要な代物・・・>
>銘品オーリキュラ>
>・・・英国の王族・貴族・・・>
>・・・・門外不出の花・・・>
>・・「生きる絵画・・>
>他の植物では見られないような神秘的な色味を持って・・>
>子供のころ描いた絵のような小さなお花・・・>
>高価なお値段が着いた銘品>
>中心円環が円形で歪みが無い>>球形に咲き>
>葉に水をかけない>>水遣り>
>1年を通して雨を避けられる場所を選んで・・・>
>水加減ができるような置き場所で>
>・・・気難しいお花・・・>
monaさんの“思い入れ”“奥深さ”“大事に”“大切に”だけでも、こんなにこんなにありました。
monaさんが>1年を通して>どれだけ、“思い入れ”“奥深く”“大事に”“大切に”育てられてきたか、
”自分で育てる“事を全く知らnai私にも、たーくさん。伝わってきました。。。

お嬢さんと、heartちゃんと>寄せ植え・・>楽しみですね。いいです~~
お近くで、お嬢さんと、heartちゃんと過ごせる時間。とっても羨ましいです~~

新しい自分を発見

chimchimさん、こんばんは。
主人が、パソコンに新しいソフトをインストールしてから
PCの調子が悪くなって、フリーズしたり、セキュリティー上の問題も起きて・・・四苦八苦です。

なんとか、コメ返できるようになりましたホッ…(*゚д`)=з
chimchimさん、薔薇といい、オーリキュラといい

例え、植物であろうとも、お気に入りがあると、生活に潤いとハリが生まれます。
夜更かしの私でも、早朝の庭仕事が楽しくてありません。
だから、お昼寝は、例え15分でも・・・大切な時間です。

chimchimさんの大好きな花は、何かしら?
ちょっと挑戦してみて~オネガイッ…(*゚。゚)m。★.::・'゜☆
今までしたことがないことをする・・・って、新しい発見があるかもよ((o(^∇^)o))わくわく

こんにちは

素敵なのばかりで、

知らないのばかりで、

まるで別世界ですわ、

ハランカーネーション良いですね。

ありがとうtございますk

wakasaママさん、こんばんは。
ママさんの光あふれるガーデンで育った植物に比べたら
小さな鉢植えで育てられ、ちょっと可愛そうですが
雨に弱いオーリキュラにとっては、そんな生き方が都合がいいようです。

可愛いでしょう?
人それぞれなように、花もそれぞれですね。
知らないことを知る。それが、ブログのよさかしら?
私も、wakasaママさんから、教えられること・・・多いですよ~

ハランカーネーションは、再加工です。
とはいえ、カーネーションは時期にお高いですね。
だから、節約節約です。何とかなるもんですね

ありがとうございます。

monalisaさん

┏━━━━━━━━★┃   
(。・∀・)ノ゛おっはっぴ~

おぉ~バラシリーズの登場ですね!
もう そんな時期ですか
忙しいモナリンだけど丹精込めて育ててみえる様子が伝わりますne 

寄せ植えは大変難しいdesyou
娘さんと一緒に作られるの?
同じ趣味で盛り上がりそーね
何度も失敗しているワタシなので 市販のものを飾りたいと思うようになりました^^;
と 言うより 庭に手を付けていないので荒れてます(゚m゚*)プッ
その中でも ばら(バレリーナ)が幾つか花開き 玄関先を飾ってくれてます
ホントにありがたや~~のバラさんThanks(v^-^v)♪

ハランで作ったカーネーション モナリンの世界!って感じで素晴らしい~~desu

やっと昨日 旅日記 少しだけ載せました
今回はめちゃスローペース でも最後まで頑張るッ(`∩´)Ω
           ┃★━━━━━━━━┛

愛するお花たち ♪

ご無沙汰しました。いつもありがとうございました。
仕事とブログ、再開しました。
またどうぞよろしくお願いします。

monalisaさんのブログがどんどん進化していますね!
とっても素敵です!!
初めてmonalisaさんがオーリキュラをアップした時のことを思い出しました。
そして私も探しに行きました。
かわいいですね!

komamichiさ~ん

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━☆┃   

コマちゃん、 (。・∀・)ノ゛おっはっぴ~
エジプト、トルコから、お帰りなさ~い
もしかして、クレオパトラ気分、醸し出していませんか?

> 忙しいモナリンだけど丹精込めて育ててみえる様子が伝わりますne 
  (^▽^* Ξ *^▽^) イエイエ♪ 虫食いだらけの葉を見たら
  いかにいい加減にやっているか・・・
  毎年、いくつか消えてしまい
  私についてこれる薔薇しか残っていないのが実情です。
  でも、薔薇たちは健気に素晴らしい表情を・・・全くもって、サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/ですよ。

> 寄せ植えは大変難しいdesyou
> 娘さんと一緒に作られるの?
  市販のものは、高価でしょ。
  我が家の寄せ植えは今3鉢ありますが、
  3年目のものもありますよ。
  
  水管理が難しいかもね。
  同じ環境のものを選んであげないと~ね☆

> その中でも ばら(バレリーナ)が幾つか花開き 玄関先を飾ってくれてます
> ホントにありがたや~~のバラさんThanks(v^-^v)♪
  環境に合えば・・・、コマちゃんが毎日語りかければ・・・
  薔薇は永遠だったりします。
  我が家にも、30年物の薔薇が2本ありますが、やはり地植えです。
  
> ハランで作ったカーネーション モナリンの世界!って感じで素晴らしい~~desu
  これは、コマちゃんが旅行中に作ったグリーン個性的なアレンジメントのリニューアル版です。
  http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-entry-362.html
  
> やっと昨日 旅日記 少しだけ載せました
> 今回はめちゃスローペース でも最後まで頑張るッ(`∩´)Ω
  旅行記として、ブログは最適。
  スローペースでもいいから、自分のために仕上げてくださいね。
  そして、私にも楽しませて・・・チョンマゲ (((o(^。^")o)))ワクワク

           ┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

お久しぶり~

mammyさん、お久しぶり~
最新コメント:mammyの文字に、目を凝らして・・・驚きました。

> 仕事とブログ、再開しました。
  運命とはいえ、過酷な1年間でしたね。
  この辛さをの乗り越えたmammyさんは、もう怖いものなしだワ~
  そして、これ以上の事が身に降りかからないことを祈るばかりです。
  仕事があって、よかったですね。
  もっともっと、キャリアーアップして、mammyさんの世界が広がっていく事、期待しますよ。
   
> monalisaさんのブログがどんどん進化していますね!
> とっても素敵です!!
  ありがとうございます。
  自分の写真を1面にUPできるようにしたいと・・・まえから思っていました。
  私らしい、そしてmammyさん受け売りの〝Let's Challenge!!″ですよ~
  でもこのテンプレには、ひとつ難点があります。
  右側に記事を書く画像編集が、今までのようには行かないのです。
  mammyさんに教えていただいたスライドショーも
  7枚まで、一列で・・・やった~♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

> 初めてmonalisaさんがオーリキュラをアップした時のことを思い出しました。
> そして私も探しに行きました。
> かわいいですね!
  あらあら~mammyさんも、オーリキュラを育てていますか?
  ちょっと気難し存在ですが、たかがオーリキュラ、されどオーリキュラ
  私にとっては、薔薇と同じくらい気になる愛しのオーリキュラです。
  オーリキュラ談義、いつか何処かでしましょうか?
  もちろん、ご招待しますよ。

どうにもならないことには、そっと心を置くだけにして
前向きに〝Let's Challenge!!″といきましょう。

深紅のバラって高貴でステキですよね。
実家の近くにあるバラ公園を思い出します。
オールドローズがとっても多い公園で、
薔薇の中を歩いているとなんとなく優雅な気分になったものでした。
monalisaさんのお庭には、ホントにたくさんの植物があって、きっと広いお庭なんでしょうな。
ベストな状態を保つためのお世話は大変でしょうが、きれいに咲いてくれた時は癒されそうです。

heartママからの寄せ植えの本も、表紙を見ただけでセンスの良さが伺えます♪
ステキな寄せ植えのUPを楽しみにしてます~

サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

riomanさん、今晩は。

今日は、朝から元気溌剌な女史と
過酷な状況にありながら少しずつ自分を取り戻しつつある賢明な女史と
遥々、自作の新茶と大好きな「百薬の長」を届けてくださったボーイフレンド
そして、将来日本を背負っていくであろう素晴らしいお子さんを育てている…貴女。
皆さんの訪問によって、私にとっては、今日は素晴らしい日になったワ~

> 深紅のバラって高貴でステキですよね。
> 実家の近くにあるバラ公園を思い出します。
> オールドローズがとっても多い公園で、
> 薔薇の中を歩いているとなんとなく優雅な気分になったものでした。
  深紅の薔薇は、気難しですが、
  庭をザ~と眺めると・・・なんと、赤いバラの多いこと!!

> monalisaさんのお庭には、ホントにたくさんの植物があって、きっと広いお庭なんでしょうな。
> ベストな状態を保つためのお世話は大変でしょうが、きれいに咲いてくれた時は癒されそうです。
  写真って、マジック。
  決して、広くはありませんが、縦から横から眺めて
  フォトジェニック・・・心がけています~よ☆
  ベランダ園芸でも、素晴らしい植物を育てていらっしゃる方もいますし
  花育・バラ育・・・育てる人の気持ち次第ですね。
  
heart-mamaは、「heartも、花に水をあげる」・・・という言葉に感激して
我が家のチューリップ鉢を持ち帰りました。
ビオラ、パンジー、チューリップも終わった鉢植えですので
そろそろ新しい寄せ植えを考えねば・・・ですね。

お互いに忙しい身、素敵な寄せ植え・・・待ててね~ サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/376-a3247a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バラできれいになる «  | BLOG TOP |  » 間奏曲

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。