topimage

2017-10

までいの心 - 2012.03.11 Sun

2011年3月11日。皆さんは、何処で、地震に出会いましたか?
私は、午前中は仕事でしたので、地震のあった午後2時46分ごろは、家でブログを書いたり、読んだりしていて
突然の大揺れに、泣き叫ぶ愛犬の凛ちゃんを抱きしめて「これって、地震?」と呑気にしていました。
隣の家から物凄い警告音・・・ベンツの盗難防止用の音でした。
タクシーも拾えず、やっと乗れてもノロノロ運転で、普段の数倍の時間が掛ったとか、ゾロゾロとみんな歩いて
帰ったとか、近くの学校に泊まったとか・・・帰宅難民の様々な苦労を耳にしました。

TVからは、津波に呑まれる街や車の様子が流れ、『まさか』の東電の二次災害
報道関係者に知人のいる人からは、heart達は、避難させた方がイイ・・・というお話で、heartと娘は、
長崎で2ヶ月間、生活。あちらのジージ、バーバにとっては思い掛けないheartとの生活だったようです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ までいの心が日本を救う (ニューヨークで講演する菅野典雄・飯舘村長)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京電力の福島第一原発事故の影響で全村避難が続く福島県飯舘村の菅野典雄村長(65)が2月18日、
米ニューヨークで講演し、「次の世代のために、前を向いてふるさとを取り戻さなければいけない」などと
TKY201202190157.jpg 復興への思いを語ったそうです。
 
 菅野村長といとこの関係にあるMFJの三浦尚之代表が
 「村のためにできることを」と持ちかけ、
 講演は、日本の伝統音楽などを海外に紹介してきた
 「ミュージック・フロム・ジャパン(MFJ)」の
 コンサートの一環として行われた・・・と言う事です。

 講演のタイトルは「までいの心が日本を救う」。
 「までい」は「丁寧に」「心を込めて」などを意味する
 方言で、菅野村長は通訳を通しながら、
 村が進める「までいライフ」を説明。

 「高度経済成長の終わりに起きた原発事故は、
 快適さを求めて物を充足させるのではなく、命や心を
 大切にする機会を、天が日本に与えてくれたとも思う」と
 述べた・・・そうです。

 「絆」「寄り添う」「友達」「丁寧に」「心をこめて」
 東日本大震災で再確認した日本人の心です。

『東京ドーム、テーブルウェアフェスティバル2012』で見かけた、かっては農家の冬仕事であった藁仕事。
翌年に使用する藁やムシロ、1年分のワラジやアシナカを編みあげて冬を過ごし、その手法を今に伝えている
伊藤佐吉さんの仕事は、まさに「までいの心」と言えましょう。
昔から山形で作られてきた卵の包装「卵つと」は、1964年に「日本の伝統パッケージ展」で発表された際には
その優れた機能美が、世界中の注目と賞賛を集めたそうです。こんな、虫籠も子供の頃、あったよね~
<<<<

わら細工による干支・・・申・寅・兎・辰 分かりますか?
石川清治さんが、40年以上前にわら民具を参考に独特に創作したものを、奥さんが受け継いで制作したもの。
素朴な味わいの中に、動物を詳しく観察して得られた形態ともち米のワラ、シュロ縄など質感の違う藁を
様々に加工し細かく使い分けボリューム感ある毛並みに仕上げています。

あれから1年。被害に合われて、惜しくも命を亡くされた方々のご冥福と被災地の復興をお祈り申し上げます。
主人は、被災地に出向いてボランティア活動をしていますが、私は、それを支えるのみです。
「4年以内に震度7の首都直下型の地震が起こるの確率70%」「富士山の複雑噴火が起こる」というニュースです。
不安な気持ちを抱きつつ生きていくしかありませんが、万が一の地震の為の防災グッズの用意はしなくってはね。
ブロ友komamichiさんからのアドバイスは、
「水・防災グッズ・集合場所確認・171確認・随時 食料を買い替え・地震保険 あとは簡易トイレの準備 ・・・と
設計図1枚あれば診れる耐震審査をしておきましょう」・・・ということです。
不安に怯えることなく、毎日をその日しかなかったかのように、丁寧に心をこめて生きていこう・・・と思います
            。,・~~・,。☆。,Cymbidium,。☆。,・~~・,。


        cymbidium_2393.jpg

                一日の労苦は、一日で足りる

           明日のことは、明日が思いわずらえばよい

                     マタイ



         

ハランとシンビジュームを使ったシンプル・モダンなアレンジメントです。
三越本店のホールにある「天女(まごころ)像」のようでしょ?


仕事仲間と行ったカラオケで、yukiちゃんが選んだ中島みゆきの『時代』は、今の心境にピッタリ・・・かな。




ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
去年の震災時、姫1号は幼稚園、パパは会社。
姫2号とスゴイ揺れに青ざめてたけど、王子はずっとお昼寝してました。
強烈な印象だったせいか、を鮮明に覚えているものですね。

先日の夜、NHKニュースで『絆』について特集していました。
これまでは「家族や地域とのきずなが強くなった」という人が多かったけれど、
今回フォーカスされていたのは「絆なんて、ない」ということ。
そう、アンケートに答えた被災者が多かったことに驚きました。
「繋がれる人がいない」
「ほいいものがあっても、欲しいと言っていいのか分からない」
「同い年を持つ子を亡くした友達に子供の話をもうできなくて疎遠になった」
繋がる絆と薄れる絆。
両方ともあると思いました。

光のあたる部分もあれば、当らない部分もあるんだなって考えさせられました。

繋がる絆と薄れる絆

riomanさん、今日は、あれから1年経ちましたね。
確かにすごい揺れ、姫2号さんは、お母様と一緒でホッとしたでしょうね。

凛と主人と・・・あの時の事は、今でも思い出せます~ね。
幸か不幸か、家にいてであった出来事でしたので
交通の便が、悪くなっている事だけは、分かっていましたが・・・
こんなに多くの被災者とに二次災害の放射能汚染で辛い生活を強いられる人が
多く出るとは、・・・想像を遥かに越す歴史に残る出来事になりましたね。

そうですか。
> 今回フォーカスされていたのは「絆なんて、ない」ということ。
> そう、アンケートに答えた被災者が多かったことに驚きました。
> 「繋がれる人がいない」
> 「ほいいものがあっても、欲しいと言っていいのか分からない」
> 「同い年を持つ子を亡くした友達に子供の話をもうできなくて疎遠になった」
アンケートの正直な気持ち、辛いですね。
riomanさんの仰るっとおり「 繋がる絆と薄れる絆」当然長い年月には起きてきちゃいますね。

近年中に起こりうるとされている首都直下地震への覚悟と地震対応対策、
忘れずに行おうと思います。

riomanさん、貴重な被災者のアンケートからの分析、有難うございます。

もう一年経ってしまったんですね。
遠く離れた九州に住む私達は、何を言葉にしても、東北や福島の方々のお気持ちには程遠いように思え、言葉にするのが申し訳ない様な気持ちです。
勿論風化させず、伝えていかなければいけない事なので、言葉にしなければならない。。 ですガ。
それにしても、これだけの未曾有の大災害でも、この一年、政府の対応が遅々として進まないように、離れていても、思えて仕方ないのですが、
今この国を動かす事ができる方々には、一刻も早く、未来の日本を考えた被災地の復興ができないものかと只思うばかりです。

>Heartちゃん達は、避難>
>長崎で2ヶ月間、>
あの時は、ずっとアメリカのCNNやABCばかり見ていました。
アメリカの報道では、かなり原子力が危険だとの報道がされていましたので、
東京も放射能汚染されるのではないか。
それを政府が隠している。もしくは、
政府も東電から、本当の事を聞かされていない。
のではないかと案じていました。
何せ、原子力が破壊されているのに、一民間企業だけが、その処理をしていた訳ですから。
お子さんがいらっしゃるご家庭は、できる事なら、できる事なら、>遠くに避難>が一番だと思います。
笑って話せるように、一刻も早く放射能問題も押さえ込んでほしいと願うばかりです。

>までい>初めて聞きました。
>「丁寧に」「心を込めて」>いい方言ですね。
>「までいライフ」>>命や心を大切にする>
>「絆」「寄り添う」「友達」・・日本人の心>
心がけたい。心がけなければ。。です。

>卵の包装>こちらも初めて見ました。
卵パックが「土」にかえる事ができる。。
>世界中の・・賞賛> 自然のサイクルで循環できるパック。納得です。
>わら細工による干支>も実によくできています。。ネ。 
>農家の冬仕事であったわら仕事>では豊かな生活は絶対できない。。事は目の当りにしてきたけれど、
>自然の中で循環できる>事と>程々の豊かさが共存できる接点を見つけられたら等と都合のいい事を思っています。

>ハランとシンビジューム・・・モダンなアレンジメント>
写真に納まりきらない位、豪華ですね。
こんなアレンジメントがあるだけで、とっても優雅な空間になりますね。

気づきませんでしたが、
>中島みゆきsanの「時代」>は
>・・・前向きに生きてい>かなければならない震災後の日本の心情にホントにピッタリでしたね。

時代

chimchimさん、おはようございます。
本当に政府レベルでやってほしい事ばかりなのに、記録までないなんて・・・・
言葉のアヤで、どちらにも取れるような表現をして
逃げ道ばかりを作って、本道を外れている政治家ばかりです~ね。

主人が、被災地にボラに出向いた時に、東北の人の気丈さに驚いたそうです。
勿論、政府も動くべきだけど
兎に角、民間レベルで、出来る人が出来ることをやって行くしかない・・・。
当時、放射能処理に当たった方々には、頭がさがります。
報道を見ながら、皆さんいろいろな策をねられたのでしょう。
主人の知人が、タービン建屋の消火方法を自分なりに考えて、ある機関に進言したそうですが
一向に取り扱ってくれないので、元armyの主人を頼ってきて、「topに知らせてほしい」と・・・。
事が、地震だけでなく面倒な放射能まで絡んでいるので、厄介な事です。
すめば都・・・とは言え、仮設住宅での生活は、悲し過ぎます。
一時でも早く、安心して住める日本になってほしいですね。
一番心配なことは、日本で生きて行くしかない人々の健康です。

卵パックに見るエコライフ、藁細工にも「までいの心」伺われるでしょう?
丁寧に、心をこめて・・・ょっとした失敗も許されない職人気質の「までいの心」
物作りを生業としている東北の人々の辛抱強さを表わしているんでしょうね。

> 気づきませんでしたが、
> >中島みゆきsanの「時代」>は
> >・・・前向きに生きてい>かなければならない震災後の日本の心情にホントにピッタリでしたね。
  chimchimさん、ありがとうございます。
  中島みゆきの『時代』、昨日の朝、削除してしまい、再登場です。
  「時間が薬」と言われますが、被災地、被災者への特効薬は、一時も早く欲しいですね。
  

足りる。

monalisaさん。
 
 こんにちは。
 「一日の労苦は、一日で足りる
  明日のことは、明日が思いわずらえばよい」
 とてもじんと来る言葉で有り難く思います。
 手帳にメモさせて頂きました。
 
 卵を藁細工で包んだ写真がありますが、これを真似て作ろうと思っています。
 藁もあります、ココだけの話ですがニワトリさんが卵を産んでくれてまして。
 スーパーで見かける透明な包みよりも美味しく感じた次第です。
 までいを大切にしなければと感じます。
 先人の残した知恵や教訓を後世に伝えることが一生なのでしょう。
 やれることをやっていきたいと思います。

 追伸:我が家はかなりの田舎でございます。
 

あの日は・・・
あの日のブログにも書いていますが
用事を済ませ三宮をブラブラ
夕方、家に戻ってニュースを見てびっくり
それまで全く気付かないのんき者でした。
こちらでもほんの少し揺れたらしいですが・・

足るを知る

monalisahitomiさん、今日は。
確かに、先々の描く夢は抱いてもいいけど、
明日や明後日・・・いやいや数年先の事を思い悩んだって仕方ないよね。
今を精一杯生きて、力尽きてしまったら、それはそれで仕方がない事。
ナントかなることには、労苦を惜しまず・・・
どうにもならない事は、そのままにしておいても・・・そのうちになんとかなっちゃうさ。

 
>  卵を藁細工で包んだ写真がありますが、これを真似て作ろうと思っています。
>  藁もあります、ココだけの話ですがニワトリさんが卵を産んでくれてまして。
>  スーパーで見かける透明な包みよりも美味しく感じた次第です。
>  までいを大切にしなければと感じます。
>  先人の残した知恵や教訓を後世に伝えることが一生なのでしょう。
>  やれることをやっていきたいと思います。
    (≧∇≦)b ヒャー、ニワトリさんが卵を・・・
    藁も、あるなんて~なんと素晴らしいスローライフをなさっている事、羨ましいです~よ。
    どう?マネして出来そうですか?
    そんなに難しそうではないワネ。
    保存用唐辛子も素敵じゃあない ☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!
    出来上がったらブログUPしてくださいね。

(@^∇゜)ノファイト♪

hotterさんも私も、運がイイ・・・いい星の下に生まれた人間かな?
今回の東日本大震災は、ほんの少し揺れた・・・くらいでしたでしょうが
阪神淡路大震災の時は、大変だったでしょうね。

仕方がないね。地震大国に生まれ育ったんだから。
今を精いっぱい生きて行こう (@^∇゜)ノファイト♪

こんばんは、1年が経ちましたね。

福島はいわば日本の食糧庫、特に飯館村は村民が自分たちの努力で荒地を開拓してブランド牛まで育て上げたのに今回の無念さは察するに余りある思いです。 何年かかってもいつの日にか必ず元の村に戻ることを願います。

わら細工、手が込んでますね。『卵つと』は面白いですね、これぞ究極のエコでしょうか。(だって、資源ごみの卵パックって結構かさばるんだもん;;)
唐辛子はこのまま戸口に提げると魔除けになりそうですね♪

いろいろと憶測が飛び交いますが、ビクビクして暮らしてもどうにもなりませんし、それよりも生き生きと暮らしたいですね^^

感謝して

るおやんさん、今晩は。
るおやんさんとのお約束、焼きリンゴは、次回にUPしますね。

> 福島はいわば日本の食糧庫、特に飯館村は村民が自分たちの努力で荒地を開拓してブランド牛まで
 育て上げたのに今回の無念さは察するに余りある思いです。 
 何年かかってもいつの日にか必ず元の村に戻ることを願います。
   るおやんさんのコメは、Σo(*'o'*)o 深い~!! 
   こんな苦労を、一瞬にして今回の災害は、かき消してしまって・・・
   スローライフから「までいの心」を再確認して
皮肉にも、より村民の結束を強固にしているのは、嬉しいですね。
   
> わら細工、手が込んでますね。『卵つと』は面白いですね、これぞ究極のエコでしょうか。
(だって、資源ごみの卵パックって結構かさばるんだもん;;)
> 唐辛子はこのまま戸口に提げると魔除けになりそうですね♪
   『卵つと』も唐辛子も、デザイン性 ☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!
何故か使いたくない、ず~と飾っておきたいです。
   魔除けは、面白いですね。

>生き生きと暮らしたいですね
   受けたトラウマは、人それぞれ
   るおやんさんのおっしゃる通りよ。
   余儀ない生活を強いられている人々は、辛いでしょうが
   今ある事に感謝して生き生きと暮らしたいですね。
   


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/351-e56b0403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

和名は、「カンシャクヤク」 «  | BLOG TOP |  » 和の雰囲気で・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。