topimage

2017-08

blog 1000 flowers ( ワーグナー「ローエングリン」) - 2011.10.04 Tue

めっきり涼しくなって、過ごしやすくなりましたが、急な気温の変化で、体調を崩している人が多いようです。

1年に1回は、オペラを・・・などと思って、
3月15日には、フィレンツェ歌劇場ジュゼッペ・ヴェルディ作曲「運命の力」と
3月18日には、ズービン・メータが指揮をするヴェルディ「レクイエム」を聴く予定だったのに
東日本大震災のすぐ後で、メンバーが帰国してしまい、公演が中止になっちゃました。

バイエルン国立歌劇場の公演が10月にあるけど、放射能には異常な反応を示すドイツだから、
主要メンバーは、来ないわよ・・・というアドバイスで、
グルベローヴァのコンサートだけチケットをとり今年のオペラは、諦めていました。

すると、公演1ヶ月前に、プレミアエコノミー席の案内があって、申し込んだら・・・
なんと半額に近いお値段で、チケットをゲット。ラッキー(A´∇`)ホッ――*☆*

ところが、公演の2週間前に、『団員80人が日本公演拒否=放射能心配-独名門歌劇場』というニュース

ヨナス・カウフマン
 その上、お目当ての
 
 リヒャルト・ワーグナー作曲「ローエングリン」の主役、
 
 ローエングリンを演じるヨナス・カウフマンは、
 
 9月上旬に胸部リンパ節の切除の手術の為に、
 
 ヨハン・ボータが代役に決まった・・・と
 
 言うのです。
ヨハン・ボータ
 (; ̄ー ̄)...ン? ちょっと、疑っちゃうけど・・・

 代役のヨハン・ボータは、

 通常は何年も前から依頼しておかないと

 出演してもらうのは難しいテナーとか。

 日本公演の為に、他のすべての義務をキャンセルする事も

 厭わず引き受けてくれたのは、嬉しい事です。

オペラのあらすじは、概して恋愛物が多く、特に「ローエングリン」は、予備知識がなくっても楽しめるわよ・・・と友人が。
とは言え、「ローエングリン」のあらすじを、知っているのと知らないのとでは、ワクワク感が違いますね。
ちょっと、驚いた事は、ローエングリンとエルザの『婚礼の合唱』は、聞き及びのある曲でした。



魔法を使うオルトルート役のワルトラウト・マイヤーは、声でも役でもずば抜け、舞台の登場タイミングも面白かった。
エルザ役のエミリー・マギーより拍手が多かったのは、正直な客の反応なのでしょう。

ローエングリンのヨハン・ボータは、デッカイ共鳴体を持っているけど、騎士としては、太り過ぎ・・・
NHKホールに来る前に、西武デパート前で出会った小錦を思い出しちゃった。
舞台装置と衣装が、あまりにシンプルなのには、驚いた。
客席も、2F、3Fは、ガラガラ。プレミアエコノミーでゲットした席は、3Fのセンター3列目だったけど
スキスキなので、3幕目は、より見易い席に皆さん移動していたので、私も・・・・。
プレミアエコノミーの魅力をしってしまうと、なかなか正規の値段では、買えません。
大体において設定値段が、バブルの頃より高い。
正規値段で用意したグルベローヴァのコンサートも、未だ満席になっていないようで、昨日も案内が配信されてた。

そうそう開幕前に皇太子殿下を出迎えるファンファーレも聞いて、また思い出深い一日となりました。

<<<<<


アレンジメントのスタイルは、「PARALLEL」
この作品の意図は、並行の挿し方で非自然的なものを作ることにあるのです。
花材は、並行に挿されていて、一見すると生育的に見えますが、よく見ると・・・花の顔が正面を向いている、
他の花も植生的でなく、非自然的なものを作ることにあるのです。
特徴は、自然に即さないアシンメトリーである事、複数に焦点があって並行状、装飾的構成なのです。
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


             032kaju.jpg


                 まったく同じ風が 吹いていても

                  東に進む船もあれば

                   西に進む船もある。

               進路を決めるのは風向きではない

                  帆の張り方なのである。


                   デニス・ウェイトリー
                  








         blogram投票ボタン







スポンサーサイト

● COMMENT ●

プレミアエコノミーって、値段設定があるの?初めて知ったけど・・・。
やはり騎士の姿には一定の想定枠ってあるわよねえ(笑)でも、あの体があればこそ!かな。
オペラもちゃんと読ませてもらったけど、今日のは何よりも アレンジメント!
こんなの大好きなの。クラシックスタイルも好きだけど、今日のは素材も形も抜群、大好き!

ご無沙汰しております

バタバタの毎日でほぼダウン寸前です・・・。
お元気そうで何よりです。
季節柄お体ご自愛下さい。

PARALLEL

じょうちゃん、夕飯は、おばちゃんに何を作ってもらったの?
ホテルメシだったら、何処に行く気だったの?

オペラのチケットって、半年前に発売されるんだけど、今回のローエングリンは
S席が57000円、A席が50000円、B席が43000円、C席が36000円、D席が28000円なのよ。
プレオーダーで、どうしても見たいオペラだったら、奮発するけど、いつもB席位で我慢します。
放射能事情で、きっと出演者のキャンセルがでるだろうから・・・とチケットを取らなかった。
エコノミー席が10000円で出た時は、どうしよう?・・・と思ったけど

その後1週間待って、よかった。プレミアエコノミー席は、18000円でした。

隣の富山から来た~という家族も、この値段だから・・・と。
3F席だったけど、充分楽しめますよ。3幕目は、2F席まで移動しちゃいました。
今公演は、「ロベルト・デヴェリュー」も「ナクソス島のアリアドス」もあって
全部、聴きに行きたかったけど、予定が取れなくて
これからある10月9日の「エディタ・グルベローヴァのアリアの夕べ」も楽しみです。

大好きなパヴァロッティもちょっと???な体だったね。
ねえ、凄く残念の事があるのよ。
パヴァロッティ亡き後、期待していたサルヴァトーレ・リチートラが
オートバイ事故でパヴァロッティの命日の一日前に亡くなったんですって。
凄く、ショックです。

あらあら、今回のアレンジメントは、お気に召していただいて・・・有難うございます。
12月のアレンジメントの会に向けて、いろいろデザインを思案中です。
(。'-')(。,_,)ウンウン  この「PARALLEL」デザインの一つに取り入れよう。ありがとう。  

お互いに・・・

のぶぱぱも忙しそうですが、私も バタバタの毎日ですよ。
ダウンしなくていられるのは、例え10分でも、
お昼寝タイムが取れることでしょうかね。

今日も、風邪引きさんのお薬ばかりの用意で、疲れちゃいました。
でも、仲間が楽しいので・・・一日一日が新鮮で、おかげさまで
私も、元気でいられます。

のぶぱぱも、風邪などを召しませぬように・・・

海外からのオペラはもうこりごりです。
昨年も椿姫で、主役のゲオルギュウが代役の代役だったし、
今年の、メトロポリタン・オペラも大枚はたいて買っておいたのに、
いくら、放射能の件があるにせよ、代役の代役。そのまた代役。
私、個人としてはむしろ 来日を取りやめて欲しかったv-363
悔しい思いでした。

サルバトーレ・りチートレが亡くなったv-404v-361
ワ~ それは残念です。全然、知りませんでした。 アーメンv-259

また、いろんな情報を下さ~いませ。

Graceさん、有難う

Graceさんもいろんな意味で犠牲者ですね。
・・・とは言え、日本のプリマドンナでは、満足できないのでは?

ゲオルギューは、娘の手術に立ち会うので来れなかったんですよね。
あの時の最終公演 9月22日のヴィオレッタ役は、なんとアンナ・ネトレプコが演じたそうで、
それはそれで、素晴らしい代役だったのでは~?

> 私、個人としてはむしろ 来日を取りやめて欲しかったv-363
> 悔しい思いでした。
   初めから公演予定を組まないで・・・ということですね。
   その気持ち、とっても良く分かります。
   (。'-')(。,_,)ウンウン  いっそ、オペラ観賞旅行に海外に行きましょうか?

> サルバトーレ・りチートラが亡くなったv-404v-361
> ワ~ それは残念です。全然、知りませんでした。 アーメンv-259
   リチートラは、パバロッティの再来と思って、
   まだ無名の頃(7年前)日本でのデビューコンサート以来、追っかけだったのに・・・残念です。

Graceさん、お疲れでしょうが、
10月9日サントリーホールでグルベローヴァのコンサートがありますよ。
多分、当日券 残っていると思います。
グルベローヴァのコロコロと玉がころがるようなコロラトゥーラは、
あと何回聴けるかしら???という感じだから
是非、彼女の椿姫も聴いてみるとイイですよ。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/cat16/post-343.html
 
Graceさんには、是非 コメントが欲しかったので嬉しいです。
有難うございます。

放射能のせいで、日本公演をキャンセルするアーティストは多いですよね。
そんな中でも、日本のために・・と来てくれる方たちがいて
とってもありがたいなと思います。

「進路を決めるのは風向きではない。帆の張り方なのである。」という
今日の言葉、すごく心にグッときました!
大好きなハリー・ポッターの本にも、「人の価値は持っている能力で決まるのではない。自分がどんな選択をするかによるのだ」っていう言葉があって、(。'-')(。,_,)ウンウン と思って、心に残っています♪

いろいろ紆余曲折の末、結果的には普段難しい歌手の舞台を見ることが出来てラッキ~でしたね。
皇太子殿下とご一緒できたのも良い思い出になりましたね^^

ヨハン・ボータさん、見るからに声量がすごそう(笑)
パラレル・アレンジメントは、お花が擬人化されてるみたいです。
『ダリ』の絵画を連想しますねv

自分がどんな選択をするのか?

miyaさん、最近のドラマで、『それでも、生きて行く』と言うのがありましたが
内容は全く違いますが、私達は、地震・放射能など前代未聞の天災に会いながら
≪それでも、生きて行かなければなりません≫
我々に温かい人達に出会うと、有難く思いますね。

> 「進路を決めるのは風向きではない。帆の張り方なのである。」という
> 今日の言葉、すごく心にグッときました!
> 大好きなハリー・ポッターの本にも、「人の価値は持っている能力で決まるのではない。自分がどんな選択をするかによるのだ」っていう言葉があって、(。'-')(。,_,)ウンウン と思って、心に残っています♪
   
   miyaさんのheartを掴みましたか?!
   この言葉を選んだ時、なるほど・・・と、
   そして、良い風に乗るのも反るのも選ぶのは自分で
   その時の気の張り方次第だな~と思いました。
   運命って言うけど、運を作るのは自分。
   運命は、 いくらでも変えられる。
   一番大事なのは≪気付き≫なんだな~・・・と。
   
   自分がどんな選択をするのか?
   旨く言っている時って、気持ちが弾みますね。
   

シュルレアリスム・・・とな。

るおやんさん、騎士としてのヨハン・ボータは、魅力半減ですが
声は、確かにのびて、安心して聴いていられました。
いつぞやは、天皇陛下と皇后さまにもお会いしました。

Σo(*'o'*)oオオ!!パラレルに『ダリ』の絵画を連想する・・・って、
そこまで、芸術性を感じていただけましたか?! 有難う。
でも、「ダリ」って、シュルレアリスムの代表的な画家
シュルレアリスムについて、調べちゃいました。
  現実(約束事などに囚われた日常世界)に隣接した世界、
  またはその中に内包された世界で、
  現実から離れてしまった世界ではなく、
  夜の夢や見慣れた都市風景、むき出しの物事などの中から
  不意に感じられる「強度の強い現実」「上位の現実」である。

(。'-')(。,_,)ウンウン  確かに「PARALLEL」は、ダリの香りを漂わせている。
るおやんさん、また新しい境地に連れて行ってくれてありがとう。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自然、光陰、忍耐は、三大医師なり

鍵コメさん、今晩は。
 私のオペラ観賞デビューは、いつだろう・・・と考えましたが、分かりません。
 80,90歳になっても、オペラを楽しめる人でいたいワネ・・・と友人の声かけに
 いつしか1年に1度は、見に行こう・・・と恒例になってしまいました。
 周囲に刺激をしてくれる人がいる事は、嬉しい限りです。
 あの日は、妙齢のご夫婦が正装をして歩いている姿を、何組かお見受けしました。
 
オペラは、食わず嫌いの人が多いようですが、音楽があって、歌があって、舞台があって、人間が演じる
 ・・・という風に考えれば、ミュージカルや歌舞伎、あるいは演劇の舞台などと大きな差はないと言えます。
 ストーリーは、難しいものもありますが、字幕スーパーが出ますので、分かり易いです。
 結構、アリアは耳にした事があるものだったりして・・・いつか是非聴いてみてください。
 オペレッタ「コウモリ」などは、滑稽で楽しいですよ。

> こんなに人生を謳歌している人を見たことがありません
 すみません。これでも、悩み事は、人並みなんですよ。
 でも、私の人生。自分でなんとかできる事は、時を惜しまず、懸命に人事を尽くしました。
 今は、そのご褒美を頂いている時なんでしょうね。

 毎朝、通る道の掲示板に「自然、光陰、忍耐は、三大医師なり・・・イギリス俗諺
 ・・・と言うのが、ありました。
なるほどな~と思って、しばらくたって~自転車を漕ぎながら
 『「自然、時(光陰)」(。'-')(。,_,)ウンウン 分かる分かる・・・もう一つなんだっけ?」
 『忍耐』これがなかなか難しい。悩むのは、これが出来ないからですね。
  気迷って、焦る事は、禁物なのです。
  鍵コメさん、「餅は餅屋」に任せて、今は、見守る時ですね。
 
 
 うまくいくことを、祈ってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/289-e6519a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog 1000 flowers ( 棚卸)  «  | BLOG TOP |  » blog 1000 flowers ( 再び、シルバーウィーク )

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。