topimage

2017-08

blog 1000 flowers ( 書は人なり・・・スイスの花 ⑥ ) - 2011.09.06 Tue

台風12号の記録的な豪雨で、紀伊半島中心に甚大な被害を引き起こして、日本海に立ち去って行きました。
被害が拡大した理由は、北からの大きな高気圧に阻まれて動きがゆっくりだったので、海からの湿った空気を
含みやすくなった事によるようです。私の住んでいる所は、時々、バケツの水をひっくり返したような豪雨かと
思えば、サ~ッと、止んで・・・被害は、特にありませんでしたが、皆さんの所は、いかがでしたか?
P1160185.jpg

義母が、亡くなって1年経ちました。1年て、早いものですね。特に、今年は、感じます。
一周忌には、母の親戚の方も集まりました。heartより1ヶ月早く生まれたスズちゃんと、背比べ
P1160260.jpg

一生懸命、でんぐり返しを披露しようとするけど・・・
子供がこういう恰好をする時は、次の子が・・・と、母がよく言っていましたが・・・まだ兆候はありません。
P1160246.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ 書は、人なり
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
菩提寺には、歴代総理大臣の書が展示されています。
書

人気があって長期政権になったのは中曽根康弘、小泉純一郎両元首相ぐらいとか。
書

どじょう内閣が発足しましたね。辻説法で鍛えた弁論家。菅さんよりマシカ…と思いますが
「書は、人となり」と言われます。第95代首相野田佳彦は、どんな書をしたためるのでしょうか?

この頃、書に親しむ時間もなく、ご無沙汰ですが、我が師、古屋育子先生が、個展を開く・・・というのです。
                  古屋育子・・・時空をこえて    

       時空をこえて

             今秋,東京銀座画廊・美術館にて梵字の曼荼羅をメインに,
           絵画のような書等 古典から現代風の書の作品を展示致します。
                  よりアート的な個展をお楽しみください。

                   9月27日(火)と10月1日(土)は、
                   中国人琵琶奏者の鮑捷さんによる
                      一日生演奏が有ります。

              日時:平成23年9月27日(火)~10月2日(日)
               (am10:00~pm6:30 最終日のみam10:00~pm5:00)

              場所:東京銀座画廊・美術館 8階 Aルーム(24坪)

            〒104-0061
            東京都中央区銀座2-7-18 銀座貿易ビル 8階
          Tel 03-3564-1644(銀座松屋、伊東屋 隣 メルサ2のビル右側)

      交通機関:
      JR「有楽町線」(山手線、京浜東北線)下車5分
      地下鉄「銀座駅」(銀座線、日比谷線、丸ノ内線)下車A13番出口 3分
      地下鉄「銀座一丁目駅」(有楽町線)下車 9番出口 当ビル地下一階


 

「書は人なり」とは、書には、その人の性格や雰囲気が忠実に表されるものだという意味だそうですが
私の字は、その日の気分によっても、大分違いが出ています。人間が出来あがっていない証拠でしょうか?
綺麗でなくてもいい、個性のある人格がにじみ出るような字が書きたい・・・といつも思っています。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ スイスの花 ⑥ ( グリムゼル峠とサースフェー)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サースフェーはスイス第2の高峰ドム、テーシュホルン等のミシャベル山群やアラリンホルン、
アルプフーベルと言った4000m級の高峰に囲まれた谷間のリゾート地。
スイス・アルプス_1436

氷河の村として知られるこの村は19世紀半ばに、この村の登山ガイドであり、ホテル経営者でもあった牧師に
よって観光地として発展し、周囲をぐるりと氷河に取り囲まれて、今にも押し潰されそう。
村には一般自動車は入れなく、電気自動車だけが走っている。バスターミナルから、坂を下がって行くと
右手に木造の古めかしい小屋があった。これは17~18世紀に立てられたシュタデルと呼ばれる干し草小屋で、
サース谷の各地方から集められ、移築したもので、ネズミ返しの造りになっているのです。
スイス・アルプス_1442

≪グリムゼル峠の花とサースフェーの花≫
フォトチャンネルを使って、花のスライドショー。なんとか、UPする方法を会得しました。


サースフェーの街のデルフィニュームは、ひっそりと咲いている高山植物と違って、見事でした。
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


         スイス・アルプス_1448

                     人生の目的は

              すべてをやりとげることではなく

              その一歩ずつの過程を楽しみながら

              愛情のある暮らしを送ることにある。

                
                  リチャード・カールソン 




  
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

litz3.jpg
  
    銅版画作家 Litz の作品が展示されています。

          「花と女展」
  
      2011年9月3日(土)~9月25日(日)
     
         湘南西脇画廊 

神奈川県藤沢市鵠沼松ヶ丘4−17−15 ウエストサイド松ヶ岡1F
         Tel.0466−22−5792  
       10:00am ~ 5:30pm 木曜定休

美を彩る「花と女」をテーマに油彩・水彩・版画の企画展です。

 展示作家/草間弥生・上村松園・小泉淳作・中川一政・
 野田哲也・宮本三郎・織田広比古・代永良子・山宮律子 他

お近くにお住まいの方、興味のある方、お時間のある方は、是非見に行ってやってください。




         blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

中曽根・小泉、2人共個性が強くて一部の党員からは嫌われ者の存在?(中曽根さんのことはよく知らないけど)全方位ではだめなんですよね。期日をズラしながらも、靖国参拝を続けたことだけでも、中国・韓国にたいする抑止力になっていたはず。飯島元秘書みたいな人が傍にいれば・・・。
heartちゃんは、お兄ちゃんらしい素振りをしてる?そうやってオトナになるんでしょうか?
お兄ちゃんになった時が楽しみで~す。

おはよう。こんばんは。

強烈な印象で記憶に新しい小泉さんの尖った字は、書家 武田双雲氏によると、
しっかりとためて筆を置くのではなく、シャッツ、シャッツと、刀で切るような鋭い線質が個性的。
「刺すのが上手い」・・・という性格の鋭さ、潔さが見てとれるようです。

飯島元秘書みたいな人・・・(。'-')(。,_,)ウンウン  分かる分かる。
父や祖父が政治を熱く語っていた頃のナンバー2は、瀬島龍三さんだったけど、野田首相には、誰かいるのかしら?

heartとすずちゃん。二人の会話は、ちっとも成り立たないけど、楽しそうだった。
heartのおもちゃを「heartの・・・」と言って貸してあげられない所は、まだまだ・・・。

小さい子のでんぐり返しって可愛いですd(^v^*)ね♪
できそうで、なかなかできなかったりして
このポーズばかりしていたり・・(-^▽^-)あはは

字には性格が出るとよくいいますよね。
最近、文字を書くことが減って、昔より字が下手になってきました~^-^;
メールばかりじゃダメですね!(w_-; ウゥ・・

こどもがでんぐり返しをすると。。。

って話ホントですか?
我が家のこどもたち3人は2歳前後になるとでんぐり返しをするようになりました。
月齢も2歳になる前に次々とこどもが生まれ、今では3人の子宝。
王子もでんぐり返しをするんですよね。

でも。
もちろん兆候はないし、あっては体力的にも経済的にも困りますぅ(笑)。


heartくんがお兄ちゃんになる日もそう遠くないんですかね。

miyaさん、

そうなのよ~~~♪(≧∇≦)~~~♪
ちょっと、お尻を押してあげれば・・・でも、満足感が、充実感が・・・きっと違うでしょう。
先日、私まででんぐり返しをして、お手本を見せちゃった・・・・゚・(*ノ∀≦)ノ彡ahahaha★
こんなチョッとした行動でも、なんだか子供に戻ったような感覚なるのは不思議。
普通、きっかけがないと、やらないものね。

miyaさんの字って、どうなの?
いつも、同じような字を書ける?
仕事柄、決まった枠に書かされる字は、カクカクした、角ばった字。
手紙などで、広めの縦型に書く字は、流れるような優雅な字。

字には性格が出る・・・と言ったら、私の字からは、八方美人と言う所かしら?
歳をとると、頑固になる・・・という話だヮ。
八方美人でいられるうちは、認知症とも縁がない・・・と言う事にしておこうかな(爆

こんばんは。

riomanさんは、ある意味実証済みなデングリ。
でも、王子がデングリをしても、今は?

4人目は、計画にもありませんか?

子宝って、よくいったものです。
体力、経済力・・・なんとかなるわョ。
riomanさんのようなお母さんには、是非多くの子供の母親になって欲しいな。

heartは、まだまだお兄ちゃんになれそうにもありません。
デングリもポーズだけ、まだ転がれない

先日はどうも有り難うございました。
おいらも昔、書はならってたんだけど、7ー8年。で、おいらの先生は凄く有名になって
日本を代表する書家に。名前は言えないけど、でもそろそろ90才かニャ。数年前に朝日
新聞で久しぶりに顔を見て懐かしかった。
スイスのボーデン湖で2ー3泊しようと思ってたんだけど、予約を入れるのが遅かった。
次回かニャ。

CHIBIさん、こんにちは

へ~、日本を代表する書家の先生って、誰だろう?
笑われるかもしれないけど、私って、このまま過ごして行ったら、120歳まで生きそうなの。
皆と、ワイワイやって過ごすのもいいけど、結構、一人で過ごす時間も大切にしたい人なの。

ボーデン湖、調べてみたヮ。サンモリッツ、マインフェルトにも近いんですね。
レマン湖みたいに、ワイン作りにも適した地なんですね。

こうしてスイスを振り返ってみると・・・次回は、完璧にガイド出来そう。

こんばんは!

早いですね! 一周忌もheartくんの成長も・・・
ひぃおばあちゃんももっとheartくんの成長を見たかったでしょうね。
一年前のご実家で撮られた写真が頭の中に浮かんできています。
お兄ちゃんらしい顔立ちと体つきになってきましたね。
でんぐり返しのことは知らなかったのですが(恥ずかしい~)、そろそろかな?
私は、二人子供が欲しいと思ったり、長女が産まれたときには二人なら次は同性の子を。
そして二人ならなるべく年も近い方が良いと一人で考えていました。
“きょうだいという世界”を大切に思っていたので・・・
きっとお嬢さんご夫妻もいろいろなことを考えられていらっしゃるでしょうね、楽しみです 。o@(^-^)@o。

「書は、人となり」・・・昨年も同じことを書いたかもしれませんが、字が下手です。
なるべく書きたくないと思うとどんどん下手になります (-x-;)
今では文明の利器があふれていて助かるのですが、このような書を見ると利器は利器
心が通うものが素晴らしく思えます。
先生の書、本当に墨絵のような芸術を感じます。

氷河の村、私も長野で行った《千畳敷カール》を思い出しました。
自然が生み出す風景は偉大で素晴らしいですね!
ネズミ返しの造りの干し草小屋、面白いですね。

フォトチャンネル、素晴らしい!!!!!です。
なんとか・・・UP、大変でしたか?
monalisaさんの努力に感服しました (o^∇^o)ノ
私はgooブログなので難なくでき、字数の問題も解消できるので便利に使っています。
でも見ていただく側の方はどんなふうに思っているのか気になっていました。
良かったと思いました。
素晴らしい写真の数々、良い思い出になりますよね o(*^▽^*)o

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mammyさん、有難うございます

昨日、娘からデングリ返しは、長崎にいる時から出来ているのよ・・・とメールが来ました。
長崎に・・・って、4月頃のことだから、
2人目は、女の子が、いい~なんて、勝手なことを思ってますが
一人位、女の子がいた方が、将来的にイイと思いませんか?

「弘法筆を選ばず」と言いますが、字って、筆、鉛筆、ボールペン、万年質・・・それぞれ道具に寄って
違うと思いませんか?
どうもボールペンの字は、好きになれない・・・というか上手く書けません。
仕事柄、一目瞭然な字を書くことが多いので、芸術的ではない。
「へたうま」っていう言葉があるように、味わい深い字を書けるようになりたいです。

mammyさんに教えていただいた、5枚、6枚、16枚のスライドショーは、
枚数制限があるので、今度の様なスイスの花では、どうしたものかと思ってしまいました。
このページで、挑戦。
並び順をあれこれ、試行錯誤していたら、『1日UPする画像の量 100枚を超えてしまいました』と
表示されちゃいました( 同じものを、何パターンも作ってしまったのです)
fc2は、字数制限はないのかしら?
mammyさんの仰るように、見る側は・・・ の問題もありますよね。
枚数に寄って、使い分けが良いかな。
また、いろいろ教えてくださいね。
有難うございました。

鍵コメさん、有難うございます

サイズの件、検討してみますね。
ありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/281-4fca880b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog 1000 flowers ( ツーリング・・・スイスの花 ⑦ ) «  | BLOG TOP |  » blog 1000 flowers ( 芸術の秋・・・スイスの花 ⑤ )

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。