凛とmonalisa

2017-04

夏のスイスアルプス Ⅴ  ( インターラーケン~ツェルマット) - 2011.07.31 Sun

インターラーケンからヴィルダーヴィルに向かって出発。
5日目の予定は、インターラーケン→シーニゲプラッツ→サースフェー→ツェルマットです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ シーニゲプラッツ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
シーニゲプラッツ・・・と言えば、前日ヴィルダースヴィル駅で見た指さしているsignboard が印象的でした。
P1150158.jpg

ヴィルダースヴィルからシーニゲプラッツまで、約1時間。トゥーン湖とプリエンツ湖を見て『インターラーケン』を確認。
スイス・アルプス_1277

トンネルを抜けると急にベルナーオーバラーランド3山が!! 天気に恵まれて・・・全員記念撮影
山頂駅そばには約600種類もの高山植物を楽しめるスイス随一の高山植物園花の見頃は、7月下旬~9月上旬。
スイス・アルプス_1284

フリータイムになってアルプスのパノラマを背に湖やグリンテルワルトの谷が見下ろせるハイキングコースの
パノラマウエグ・シーニゲプラッテに出かけた人もいましたが、花の写真撮りに夢中になってしまいました。
花を前に、遠くにアイガーの北壁を・・・標高1987mまで犬をお伴に~スイスでも、犬は家族の立派な一員です。
<
<
<<<

さァ、このシーニゲプラッツ高山植物園で、見かけた代表的な花をUPしましょう。
いくつ名前が判るかしら?これらの「スイスの花」は、いずれ纏める事にしましょう。
スイス・アルプス_1300 スイス・アルプス_1360 スイス・アルプス_1305
スイス・アルプス_1309 スイス・アルプス_1338 スイス・アルプス_1359

こんな風に逆さにグラスに写るベルナーオーバラーランド3山を楽しみながら“SCHYNIGE PLATTE”でランチ
P1150259.jpg
野菜スープ、アルペンマカロニ、ヨーグルトムースのランチ・・・~~(>▽<;;今日も・・でしょ。
P1150261.jpg P1150266.jpg P1150268.jpg

昼食後下山してバスに乗って、次なる目的地に向かって出発。みんな 爆睡

プリエンツ湖の南を通り、ハスリ谷Haslitalへ入り山道を登ると、氷河が流れ込むダム湖(グリムゼル湖)がある
ダム湖の半島のようなノッレン岩には、ダム湖に沈んだ修道院を模して建てられたグリムゼルホスピッツが
スイス・アルプス_1393

クリムゼル峠に15:00。標高2165mのクリムゼル峠にてトイレ休憩。駐車場のすぐ脇の斜面にある小さな檻の中では
マーモットが飼われているようですが、風が出て寒かったので、マーモットは見かけませんでした。
スイス・アルプス_1404

2時間ごとのトイレ休憩では、有料の場合もあって、レストラン利用や商品を買ったりすると、無料。
スイス・アルプス_1407 旅行中、アルコールがイケない人がこぞって注文するのが
 スイスの国民的飲み物のコレ!
 一度は飲んでみたい、不思議な味の「rivella(リベッラ)」の
 成分は、牛乳のホエイ(乳清)から出来ていて3つの味が楽しめます
 スポーツ時の喉の渇きに→赤のリベッラ(オリジナル)
 軽くて食事に合う→青のリベッラ(低カロリー)
 糖分50%オフでビタミン入り→緑のリベッラ(緑茶入り)
 緑茶入りという緑のリヴェラ~ファンタよりきめ細かな味でした
スイス・アルプス_1406


先ほどの白く濁ったグリムセル湖と違い、青い水をたたえたトーテンゼー(トーテン湖:死者の湖)をかすめ出発
スイス・アルプス_1409

遠くにローヌ川またライン川の源流“ローヌ氷河”を見ながら、つづれ折りに道を下りて行くとゴムスの谷に入る
スイス・アルプス_1411
ここのニーダーワルトという小さな村は、ホテル王で有名なセザール・りッツが生まれた場所でもあります。

私達は、一部しか乗れませんでしたが、ゴムスの谷を氷河特急も走っていました。
スイス・アルプス_1463

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ サースフェー
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
サースフェーに17:30に到着、お手洗い休憩をしましたが、便座がなかったのは、驚きでした。
パノラマ橋展望台まで行って、サースフェーの特徴である『町に覆いかぶさるような氷河(フェー氷河)』と
スヌーピーが横を向いているようなミシャベルアルプス連山の一つアラリンホルン(4027m)を眺める。
<<<<<<

お店が18:00に閉店する・・・というので、駆け足で町中の様子を見て回ると雨が降ってきた。

サースフェーからテーシュ駅までの間に、左側に大きな山崩れの跡が見えてきた。
これは、1991年に山が突然大崩壊し、岩石と土砂が川、鉄道、道路を埋め尽くしたヘルブルンゲンの山崩れ。
川はすぐに池を形成し始め、ツェルマットまでが水没するとの報道で、一時世界を驚かせたようですが、
スイス軍が出動、総力を挙げて復旧したという。現在でも細かい砂礫の崩壊跡が見える。
スイス・アルプス_1468
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ ツェルマット
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
サースフェー以上にツェルマットは、車やバスの侵入を禁止。長野県上高地のようですね。
テーシュの駅では、男性軍が、ワゴンに3~4人分の荷物を持って、列車に乗り換える
ツェルマットに19:50到着後、ホテル“アレックス”へ
スイス・アルプス_1517
20:30ホテルで夕食。スープ、インゲン豆とマッシュポテト添えのビーフ・ステーキ、ウォームベリーとアイスクリーム
P1150286.jpg P1150288.jpg P1150290.jpg

ホテルの外は、土砂降り状態。もう1本列車が遅かったら~と・・・胸を撫で下ろすのは、ヤブッチ
22:00 雨がやんだので、深夜徘徊。メイン・ストリートのショップやレストランの案内をしてもらう。
P1150291.jpgP1150293.jpg
 5★ホテル“モン・セルヴァン・パレス”、
 ツェルマッターホープやマッターホルン
 初登頂者エドワード・ウインパー
 定宿だった4★“モンテローザ”を教えてもらう。
 ウインパーのレリーフを見て、マーモットの噴水、
 日本との友好の碑や墓を見て、『橋へ』
 夜でも月明かりにほんのりと照らされ・・・
 マッターホルンが、ほぼ全て見えていました。

 「明日は、ピーカンの良い天気になりますように」


シーニゲプラッツに咲いていたヨーロッパ・アルプスの象徴“アルプスの星”と言われる『エーデルワイス』
ウスユキソウ属の属名 Leontopodiumはギリシャ語のleon(ライオン)とpodium(足)。
星型に開いた苞葉に囲まれた花の姿をライオンの足に見立てたもの。和名は、ウスユキソウ
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


            スイス・アルプス_1376

                     学べば学ぶほど、

          自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。

               自分の無知に気付けば気付くほど、

                 よりいっそう学びたくなる。


                アルベルト・アインシュタイン



 

  


         blogram投票ボタン










スポンサーサイト

● COMMENT ●

高山植物園があるっていいな~、そんなところをじっくり時間をかけて歩きたい。
ハタキみたいなの、去年こちらの丘に行った時、写したのと同じみたいだけど、なんだったか忘れちゃった。
ぬぬっ、便座がないって?! ただのアナ? 超怖いじゃん、ヤダヤダ。
翠寿8本ゲット。みんな遠慮してわたし専用になったよ~。
明日は出かけるから、おやすみなさ~い。

翠寿8本ゲットだって、凄過ぎだね。

CHIBIさん、ボストン経由かもよ。

高山植物園では、沢山の花の写真を撮りましたけど、あとで纏めてUPします。

> ハタキみたいなの、去年こちらの丘に行った時、写したのと同じみたいだけど、なんだったか忘れちゃった。
   「アルペン・アネモネ」の表示があったけど、もしかしたら花の後かも。

> ぬぬっ、便座がないって?! ただのアナ? 超怖いじゃん、ヤダヤダ。
   私の入ったトイレは、便座がなくって・・・
   お婆さんが、農道でしゃがんでするように・・・ちょっとお尻を持ち上げて~
   アラアラ、なんてことを書かせるのよ~。
   ヤブッチが、今度来る時は、便座を持ってきます・・・と言っていたから
   苦情が出たんでしょうね。

皆さんにも、おいしい翠寿と酒の肴を振る舞ってやってくださ~い。

(*'▽'*)うわぁ♪ いいお天気に恵まれて、素晴らしい風景ですね!
雄大な山々を背景にしたハイキングコースも気持ちよさそう♪
これがあの有名な アイガー北壁・・ 新田次郎の小説を思い出します。

(・"・;) ウッ お手洗いに便座がないなんて~~!?
海外のトイレって、けっこうヒドイですね!
ハワイの海辺のトイレでドアがなかったことがあります・・・・( ×_☆
イギリスでは2,3人続けて入ると、もう水が流れなかったし。。^-^;
日本に帰ってトイレに入ると、水は豊富に流れるし
温水便座や、立ち上がったら勝手に水が流れてくれるところもあったりして
スゴイなぁ~って感心しちゃいます。贅沢なことですよね。
トイレにも日本の技術が濃縮されてるかも・・?(≧∇≦)あはっ

なんて書いたらいいのやら悩んだわ。そして決めた!スイスはいいけど、山の方には行かないって。トイレって大切な場所だもの。そこがそうじゃやっぱりダメだわ。
monaちゃんのブログで行ったつもりになっちゃおう(笑)

お天気次第

miyaさん、これまでがよいお天気でした。
日本で、ネット検索した通り~これからどう変化するか?
晴れ男、晴れ女の神通力で解決できるか?神様の思し召し通りか?

山登りは、お天気次第で、気持ちも変わるものですね。
シーニゲプラッツの植物園は、ベルナーオーバラーランド3山を目の前にして
気持ちが良かったですよ。

新田次郎さんって、山を題材にした小説が多いですね。
先日も主人と「八甲田山」の事を話したばかりです。

> (・"・;) ウッ お手洗いに便座がないなんて~~!?
  たまたま入ったトイレになかっただけだったようです。
  全てがそうではありませんよ。
  日本は、至れり尽くせり
  ホテルでも、ウォシュレットなのが当たり前な日本ですものね。
  ドアのないトイレは、あり得ないですよね。
  最近の日本の進んだトイレは、人が入るとトイレの電気がついて、
  トイレの蓋も自動で上がって・・・終わると必要量の水が流れて・・・
  『やり過ぎ~!!』ですよね。

  miyaさん、思い出話を有難うございます。

トイレ事情、どこもそうじゃあないわよ


我々の安いツアーだから・・・かも。
貴女が、スイスに行く場合は、入念に調査して(調査させて)
きっと、最高の旅が出来るでしょから、心配しないで・・・。
大体、登山電車になんか乗らずに、セスナでインターラーケンから一っ飛び・・・じゃあない?
持てる人は、違うんだから・・・ ̄(〃゜o ゜〃) ̄わぉ!

イヤダ~私のブログで、行ったつもりに・・・って、充分満足させられるものではないでしょに~~♪(≧∇≦)~~~♪
残りの旅行記 .+:。(o^∇^o)ノ!頑張らねば~♪


2枚目のお写真、良いアングルですね^^

便座が無いってどんなトイレなんだろう・・・日本の和式みたいな感じかしら?(汗)ヨ~ロッパだから当然座り式だと思ってたのに^^;
サースフェーの町は山と氷河が迫りくるって感じですね、建物の前の柱に掛かっている何かの顔、これはおまじないでしょうか?ちょっとコワイです。
エーデルワイスの花、花びらだと思っていた部分は苞葉だったんですね。想像していたより肉厚っぽいですv


エーデルワイスの種

2枚目の写真は、実際には望めなかったので、webから拝借しました。
こんな逆さマッターホルン、見たかったですよん。

> 便座が無いってどんなトイレなんだろう・・・
   よく、男性が洋式トイレで、用を足すときに中蓋(女性が座る時にお尻に当たるU字部分)を
   上げるでしょ。あの便座がなかったんですよ。
   悪戯で取ったのか、壊れていたのか?

氷河と山々が迫るサースフェー、時間がなかったのが残念です。
知人も、るおやんさんと同じことを言っていました。
流木を利用して、造られた道案内だったり、お店の看板だったり・・・お呪いではなさそうでした。

> エーデルワイス 想像していたより肉厚っぽいですv
   エーデルワイス、不思議な花ですね。
   野生のエーデルワイスは もっと痩せています。
   肉厚に見えるエーデルワイスは、園芸種でしょう。
   日本と環境が違うのですが、エーデルワイスの花の種を買ってきました。
   新たな挑戦です。

   


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/273-b87cea89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏のスイスアルプス Ⅵ (ツェルマット・・・スイス6日目) «  | BLOG TOP |  » 夏のスイスアルプス Ⅳ (インターラーケン )

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。