topimage

2017-08

blog 1000 flowers (  エアープランツ ) - 2011.06.21 Tue

2011 山手西洋館フェスタJUNE~花と器のハーモニー~

      「横濱Style」山手234番館とエリスマン邸 です。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ 山手234番館 「 ある洋館での暮らし 」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
山手234番館は、昭和2年頃に朝香吉蔵氏によって建設された外国人向けの共同住宅として建設された左右対称の建物。
山手234番館 山手234番館「ある洋館での暮らし」は、・・・・ 
 止まらない時間の変化と共に多様な海外での習慣や言葉、
 それら全てが織り交ぜられて浮かび上がり、不思議にも思える
 横浜での洋館の暮らしを想像して・・・
 その一方で生きた花や植物の存在や、
 人が食事をとる素行は普遍的で変わらずに繰り返される
 風景であるはず。
 時間、空間、人をキーワードに表現・・・これがコンセプト

暖炉のある部屋のテーブルの上の、「切り株のランチョンマット」は、意表を突いていました。
エアープランツやモスを使ったアレンジは、「エコ」な世情に合っています。
先生が興味を持ったのはカーテンのドレープ、ただピンで止めただけ・・・という事ですが、アイデアですね。
プロジェクターが設置されている部屋では、時々現われる蝶々と植物の影でサプライズな演出。
このアイデアは、面白い、写る自分の影にも驚きました。
<<<<<

暖炉の上のアレンジメント
山手234番館2
2Fのテーブル上のアレンジも素敵
山手234番館6山手234番館5

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ エリスマン邸 「 足元から変革した横濱オリエンタル 」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれの
フリッツ・エリスマン氏の邸宅として、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に
建てられました。設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドです。
エリスマン邸 煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった異人館的
 要素をもちながら、軒の水平線の強調など、設計者レーモンドの
 師匠である世界的建築家F.L.ライトの影響も見られます。
 平成2(1990)年元町公園内に再現されました。 
 1Fには、暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺める
 サンルームなどがあり、簡潔なデザインを再現しています。
山手234番館7 
 椅子やテーブルなどの家具は、
 レーモンドが設計したものだそうで
 如何にも・・・な椅子に感動です

東の果ての島国に、西より流れ着いた様々な文化。それらに憧れ、またある時は翻弄され、全てを受け入れて来た日本。
そんな中で育まれた日本特有の『間』と言うもの。およそ全ての物事や生活は『間』の中にある。
今、日本人が見失ってしまった足元から『間』と言うものを見直してみたい・・・というのが、ここのコンセプト
エリスマン邸2エリスマン邸1

7つの会場で、一番地味な感じのエリスマン邸。
入口に入ると、真っ黒にして組み立てた流木と苔玉とランのオブジェが目に入る。
墨を塗ってあるのか、真っ黒焦げの墨にしたのか?
キングプロテアの大きなお花に、床には斬新は TATAMIが・・・窓枠にはめ込まれた組み木細工
足元には、ランプシェードが・・・。バナナの繊維で作られていたランプシェードの発想が、面白かったです。。


☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

山手234番館にあった【 air plant 】
air plant エアープランツは、パイナップル(アナナス)科チランジア属の
 植物の総称です。樹木の枝や岩石にくっついて生活し、
 さながら空中で生育しているように見えるのでこの名前が
 あります。原産地は、アメリカ南部からアルゼンチンに
 かけてで2400品種以上が存在します。
 表面に銀白色の細かい毛の生えた固い葉を持つ物が多く 
 葉の形や形態などにはさまざまな物があり、バラエティーに
 富んでいます。
 【置き場所】
 置き場所は明るい日陰(半日陰)が適しています。
 室内ならレースのカーテン越しの柔らかい日がはいる場所。
 日陰ではよく育ちません。戸外で育てる場合も同様で
 直射日光の当たらない明るい日陰で育てます。
 風通しをよくすることも非常に大切なポイントで、
 風のない場所では、育ちません。
 明るい日陰で風通しのよい所で育てます。
 【水遣り】
 やや高めの湿度を好み、こまめな水やりがポイント・・・。
 葉水は3~4日に1回。洗面器などに水を張ってそこに
 株ごと浸して水を吸わせる(ソーキング)を2週間に1回を
 目安に行います。夏と冬は生育が鈍るので水やりの回数を
 減らしてやや乾かし気味にするとよいようです。


これは、3年前に「流木とエアープランツ、蘭の根」を使ってアレンジメントした作品です。
水遣りを上手くしていれば、今頃は、エアープランツから花が咲いたりしたかもしれません。
行きつけのフラワーガーデンには、とっても高価な値段がついていました。
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


      
     air plant


                行き詰りは展開の一歩である。

                  
                     吉川 英治



 





         blogram投票ボタン








スポンサーサイト

● COMMENT ●

暖炉の上のアレンジメントと、組み木に目が行って・・・特に組み木に釘ずけ!
恥ずかしながら、エアープランツって、水遣り不要かと思ってた・・・。
やっぱり生きものの管理って難しいし、面倒なものなのね。薔薇だけでも四苦八苦中。

みいちゃん、私も~よ

組み木細工・・・といえば、
父が箱根のお土産に買ってきてくれた秘密箱を思い出します。
 http://www.youtube.com/watch?v=U1G6Cl_DNPo
また、田舎の我が家の雪見の窓や欄間がこんな感じの組み木細工なのよ!!
こんな手の込んだ仕事をする職人さんて、もういないでしょうね。

私も、エアープランツって、水やり不要で、霧を時々掛けてやれば良いだけかと思いました。
チランジア・ウスネオイデスは、花材でよく用意され、先生は上手に育てているようですが
私は、何時も水遣りを忘れてしまいます。

そうそう、生き物って難しい~ね。
自分と呼吸の合うものしか傍に置けない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん、今晩は。

今日は、とっても暑い一日でしたね。エアコンの設定温度28度は、辛いです。
私達は、次回のフラワーアレンジメント展をどう演出しようか・・・という観点で
この会をたのしんだので、こうして編集してみいると、
「現代建築の父」といわれる建築家アントニン・レーモンドさんの拘りの
家具、調度品への関心は薄かったように思えます。
次回は、是非そんな所にも目を向けたいですね。
ブログの為・・・というより自分の記憶の整理の為に、コンデジは必須です。
帰ってから「この画像は、何のために~」と思う事もシバシバです。

私も、 組み木細工と苔玉が印象に残っています。
苔玉に関しては、一生懸命説明して頂きましたが・・・とんと覚えていません。
でも、想像とは違っていた・・・という事だけは覚えています。

暑くなりましたね。昨夜は、寝苦しかったです。
お互いに、風邪など召さぬようにいたしましょう。

ご無沙汰しました

何度もご訪問いただきまして、ありがとうございました。
完全なる再開とはならないと思いますが、よろしくお願いします。

山手西洋館フェスタ&花も器も素晴らしいですね。
横浜の地に素敵な洋館、私も一度だけ行きました。
いつになるかわかりませんが、行って見たくなりました。

(*☆_☆*)うわぁ~! mammyさん

何回も目をこすって、確かめました~
mammyさん・・・mammyさんだヮ (*☆_☆*)うわぁ~! 
心配していました。
メルアド知っているから~と、思っていましたが
時期が来たら・・・と、待ち望んでいました。

妹ともmammyさんの事、心配していました。

とっても大変な毎日を迎えている事と思いますが
少しでもmammyさんの気晴らしになるような、時間になると良いですね。

もしよろしかったら、いつの日か、横浜の一日、ご一緒させてください。

山手西洋館フェスタなんてものがあるんですねー。
歴史を感じるなー。
凄く良い雰囲気です。

それぞれに歴史・・・ですね。

清貧おやじさん、おはようございます。

山手西洋館では、クリスマスの時期に、また不定期に各館で催事が行われているようです。
憧れの横浜、「舶来」という言葉は死語?

建物それぞれに、歴史があるんですね。
異国情緒をあじわえる横浜・・・また、行ってみたい、もっと、身近に横浜を感じたい・・・
そんな気持ちにさせてくれた一日でした。



 

 ̄(〃゜o ゜〃) ̄わぉ! 切り株のランチョンマットとは、ほんとに驚きですね~~!
斬新なアイデアいっぱいで、見ごたえのある展示だったんですネ^-^v
真ん丸の苔玉もユーモラス♪^m^pupu

山手西洋館、いつもお花が綺麗に飾ってありますが
イベントのときは、格別豪華ですね♪'-'*
ハロウィンやクリスマスの時期に行ってみたいと思うのですが
主婦には忙しい季節だから、まだ実現してません~^-^;

monalisaさんも最近、じょうずに顔文字を使ってらっしゃって
☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!ですね♪
若い人は携帯で慣れてるから絵文字が多いけど、私はいちいち探すのが面倒で
絵文字が苦手なんです~^-^;
その点、顔文字は辞書登録しておけば 勝手に出てくるから
使いやすくて楽だし、
文字だけで表現しきれない気持ちをカバーしてくれて便利なんですよね♪(*'-^)‐☆

習うより慣れろ・・・ですね

miyaさん、(/*⌒-⌒)o ありがとう!
お陰さまで、カタコトですが、顔文字のいくつかをメモって、使わせていただいています。

切り株のランチョンマット・・・考えつく~その新鮮なアイデアに驚きですね。
miyaさんは、既に山手西洋館のイベントは、去年経験すみですね。
ハロウィンやクリスマス時期ですか?
(。'-')(。,_,)ウンウン、これを機会に、其々の会場の常設の家具、調度もじっくり見させて頂いて
是非、また行ってみたいと思いますよ。

miyaさん、 ☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!・・・ですか?
メモって、保存・・・これを覚えたら、なんとかmiyaさんにマネでも近づけます。
「習うより慣れろ」ですかね。
お陰さまで~です。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お心遣いありがとうございます。

鍵コメさん、ご心配かけました。
今朝、あなたの所に行ったら、アレ~~ェ?
いつも控え目なあの方が・・・と、読んだら、なんと書いたコメは私じゃん!!ビックラクコです。

昨日は、ママとジ~ジとheartと一緒だったけど
だんだんヤンチャになっていくheartは、ベビーカーを嫌がるので抱きかかえて・・・疲れました。
娘は、親と一緒だと楽…と言っていました。
夕食は,heart-papaの釣ってきたお魚で、一杯・・・いやいや数杯。
これが、効いたのね。
でも、あんな間違い いまだに不思議です。

やっぱり・・・だとは思いますが、heartは、「ママがいい」を時々言います。
でもね、お風呂でシャワーを浴びさせる時に、いい子にしていたので、嬉しかった。

ババ馬鹿で、申し訳ありません。

昨日は、やっと取れたお休みです。相変わらず、八面六臂です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

不思議?

鍵コメさん、いろいろお手数かけ、またお優しいお心遣い有難うございます。

朝から、不思議な気持ちで、右往左往しています。

これからも、宜しくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/263-24160d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog 1000 flowers  ( 紫陽花 ) «  | BLOG TOP |  » blog 1000 flowers ( ダリア ) 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。