凛とmonalisa

2017-04

blog 1000 flowers (  忙中閑? ) - 2011.06.14 Tue

横浜で行われている「山手西洋館フェスタJUNE~花と器のハーモニー~【横濱Style】に行きました。

中華街を散策しながら、おかゆ専門店、チャーシューの美味しい店などと先生に説明してもらい
ランチには、やはり「聘珍樓」で飲茶を頂くことに・・・。
110608_113241.jpg  
 先生お薦めの「大紅袍(だいこうほう)」は、
 福建省の武夷岩茶の中でも伝説的な銘柄で、
 皇后の病を治したその時から、皇帝、あるいはそのクラスに
 君臨する人への献上茶となって、国級として守り育てられている
 特別なお茶なのだそうです。

 大紅袍は、写真左の器に注がれて来て、右の茶碗に移してから
 左の空の茶碗の香りを嗅ぐように、店員さんに言われましたが
 果物のような花のような??ちょっと、表現し難く
 兎に角とても良い香りで、こんなふうに中国茶を美味しく
 いただく作法を習得したいものです。
 

「貴女は、今日は、忙中閑じゃあないの?」と先生に言われましたが、横浜まで来たのは、
12月の作品展でのテーマを探しに~~~あれもこれも目的の為・・・『忙中忙』です。


2011 山手西洋館フェスタJUNE~花と器のハーモニー~

      「横濱Style」横浜市イギリス館 「温故知新」です 


元町口の急な階段を上って港の見える丘公園に行く途中には、旧フランス領事館公邸遺構があり
フランス山と呼ばれているようで、1977年に米軍飛行機墜落で亡くなった母子の像がありました。
山手西洋館
持って行ったデジカメに電池が入っていなくて、がっかり。ザ~ンネンな自分・・・この頃、多い。注意注意!!
先生のデジカメで、撮影班を仰せつかりましたが、他人のものは、ちょっと要領が分からず、ピンも甘いね。

7つある会場ですが、イギリス館から回って、山手111番館、山手234番館、エリスマン館、ベーシック・ホール
外交官の家、ブラフ18番館の順に回って、石川町駅の方に下りて行こう・・・という予定なんです。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ 横浜市イギリス館 「温故知新」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜市イギリス館の入口には、この会のポスターを飾って、寄せ植えのダリヤが綺麗。植木鉢も大切なオブジェ
IMG_2127_4.jpgIMG_2142_4.jpg

写真発祥の地と薔薇を国花とする『イギリス』と写真術発祥の地で薔薇を市花とする『横浜』
1930年代の写真館を再現してテーマ「温故知新」
IMG_2128_4.jpg
IMG_2140_4.jpg

窓辺のアレンジメントと外の風景も一緒に入れて、遠近感を出して、撮るといいわよ~と、先生。
<<<<<

光と鏡を使って・・・白い紫陽花が印象に残ってますが、上から下がっているオブジェの意味が不明です。
IMG_2133_4.jpg
IMG_2134_4.jpg


「横浜市イギリス館」の前は、イングリッシュリーズが綺麗に咲いていました。
イングリッシュローズとは、・・・
クラシカルなオールドローズ風の花形と香りなどの魅力を残し、オールドローズになかった
四季咲き性と豊かな色彩を持ち、オールドローズと現代バラの交配を何世代も繰り返し、生み出した
まったく新しいバラの事で、デビットオースチン社が有名。

最後は、華があったけど数奇な運命だったダイアナ妃の薔薇【ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ】かな
<<<<<<


☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ ブルームーン  Blue Moon
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
系統:HT  1964年 ドイツ ダンタウ作出
花径:中輪
花期:四季咲き
花形:半剣弁高芯咲き
花色:藤色
花弁:25~30枚
花径:15cm
樹高:1.5m
香り:強香
耐病性があり、樹形は直立性が強く、青バラ独特の甘い香り(ブルー香)
バラらしいバラ、花持ちもよく、育てやすく世界中で最も愛されている品種だそうです。
この地に居を構えたのは、約30年前。家の西側に地植えしたブルームーン。大好きなかおり。
一時は、消えかけましたが、やはり肥料や消毒など管理をしっかりしたので、見事に蘇りました。
DSC_0126_619.jpgDSC_0085_578.jpg
DSC_0024_655.jpgDSC_0130_623.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ ダイナスティ Dynasty 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
系統:HT  1989年 アメリカ  William A. Warriner.
花色:輝橙色と黄色の複色。
花径:12~15cm。半剣弁高芯咲き。
香り:無香
大きさ立ち姿:高さ 150cm 交配親
「ダイナスティ」のネームタックが付いているので、この名前で良いと思いますが、ネット検索すると
全く違う色だったりして???
ブルームーンと一緒に、西側に地植えしています。もう20年も我が家の薔薇ですが、環境が良くないのか
地植えなのに、あまり樹形が充実していません。来年は、移動しようかな・・・?         
DSC_0081_574.jpgDSC_0015_474.jpg
DSC_0079_572.jpgDSC_0128_621.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ Crystal Bouquet 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鬱陶しい季節に爽やかさを呼び込むブーケ、花以外の物を加えることによって(例えば、チョコレートなどで
スィートブーケなども)テーマにあった作品にする事が出来るのです。
このアレンジメントの場合は、加えたものの重みで自然にキャスケードスタイルの美しい線を出しました。
ステムを短めにカットしてガラスの器に入れると更に透明感が増します。
ステムもクロスせずに上に重ねていきました。
【 花材 】カラー(フリーンゴッデ)、バラ(イリオス)、オニソガラム(シルソイデス)、コデマリ(イワデマリ)
      イキシャ(イキシャ)、リキュウソウの葉 、ドラセナ 、カールした籐 、リボン
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


      
          P1000679ka.jpg


               人生とは おのれとの 戦いである。

                      ヌレエフ

                



 




         blogram投票ボタン




スポンサーサイト

● COMMENT ●

(*'▽'*)わぁ♪ お庭の緑を背景にした 窓辺のアレンジが素敵ですネ^-^v
上から下がってるオブジェは ほんと、意味不明な感じですが
何でしょうね?^-^;
忙中忙の撮影班 お疲れ様でした~^m^
私も、メモリーカードを入れ忘れて行ったことがありますよ(´▽`;)ゝあはは
薔薇が見ごろで良かったですね~~(^^♪

イングリッシュローズ

miyaさん、情けなるほど、最近ポカが多いです。
自分のカメラなら・・・な思いいっぱい。
気を引き締めなきゃあ~ね。
白いオブジェ、気になるんですが~ね、皆さん、なんだろう?で終わっているのかな。

忙中閑でいられれば嬉しいですが、結局 撮影班は、その後の整理もありますものね~
12月に向けての、アイデアひねりもあって、なかなかボ~~っとしていられません。

イングリッシュローズがあれば、フレンチローズもあり・・・。
バラの世界は知れば知るほど、奥が深いです。
綺麗な薔薇を追い求める気持ちは、どの人も同じですね。

両親もバカよね、カメラ持っていけばよかったのに・・・と言いながら、実はわたしも
こういう場所にはほとんどカメラを持っていかない主義なの。どちらかというと、その雰囲気にどっぷり浸っちゃう(笑)あとで、あ~、カメラ・・・と思うことも時々あるけど。それにしても、やっぱり自分のカメラの方がいいわ。
monaちゃんにしては大ドジだったのね。

横浜、サラリーマン時代出張でに行ったことがあります。
何となくこちらに似ているので・・好きです。
異人館の使い方は横浜の方が上手ですね。
また機会を見つけて行ってみたいです。

ドジジョです

みいちゃん、大変な時にコメありがとう。
皆さん、一度や二度は経験しているのね・・・安心。
> こういう場所にはほとんどカメラを持っていかない主義なの。
  お父様と同じね、主義が・・・。
  前の日に行ったことをブログで知りましたが、
  カメラを持って行かなかったことを知り、
  それでは、私が・・・って張り切って、前の日に充電して・・・忘れちゃって
  本当に、がっかりです。
  先生のカメラは、もうインストールした画像も入っていたので
  「メモリーが足りません」なんて、表示が出ちゃって・・・。
  必要最低限にしました。
  それって、却ってストレスですよね。

私は、晴れ女だけど、結構ドジな女。愛嬌で誤魔化しです・・・。

異国の風

hotterさん、みなとみらい線なども出来て、 横浜は随分変わったと思いますよ。
中華街も、閉店している店もチラホラ。
中華街で、回転すし?な世の中になっていますよ。
そうね。神戸と横浜は、貿易港。
元町には、ハイカラなインテリアを置いているお店もあり刺激になりました。
イギリス館では、貸しホールのような感じで、コンサートも開かれているようです。
イギリス館の次に行った山手111館で、先生は過去に花展をやった事があるそうで
「来年は、ここで花展をやりましょう」なんて意気込んでいました。

hotterさんも、神戸とは違った刺激を受けに来てみてください。

ヌレエフて
ダンサーのヌレエフですか。
もうお亡くなりになってしまったんですよね。
バレエ好きな知り合いがいて、
名前はよく聞きました。

ヌレエフ?

清貧おやじさん、 ヌレエフって?
 
知らなかった。 バレエダンサーなんですね。

ちょっと検索。

http://www.youtube.com/watch?v=cDQPWcp5ZGM

最近、気落ちしているようですが、

ヌレエフさんの言葉、タイムリーなお言葉では?

中国茶は一度だけオフ会に参加して触れた経験があります♪
なんか、スノコのようなお盆の上でダ~ッと熱湯をかけて温めたり長い方の茶碗に小さい茶碗をかぶせて『エィッ!』とひっくり返した記憶があります。どれもこれも初体験で『エライすごい経験をしたな~』というのが本音でした(笑)

これもまた手間暇、中国茶の世界に魅せられた方は奥までとことん極めるのでしょうね^^

横浜は聞いただけで憧れです。
港町って古来から新進気鋭の風が吹いているようで、常に外の世界に目を向けている感じで、住んでみたい地域です♪そして当時の新しい物が『古き良き物』として大切にされているのも良いですね、まさに『温故知新』ですねv
水無月・水の流れる様と水滴を表現したアレンジメント、カラ~の色の変化は『光と陰』を表していますか^^


タダものじゃあない~ね。

るおやんさんも、中国茶の作法、体験済み?
私は、どうも紅茶も日本茶も美味しく入れる事が出来なくって~ね、
専ら、「私、飲む人」ですが、温度とか間とか、そうそう中国茶は、茶葉を入れて蓋をしてから
> スノコのようなお盆の上でダ~ッと熱湯をかけて温めたり長い方の茶碗に小さい茶碗をかぶせて
『エィッ!』とひっくり返した記憶があります。
   そうなんですよね。
   その『エィッ』です。そして、空になった長い茶碗の香りも頂く・・・っちゅう事なんです。
   紅茶もそうですが、作法を身につけ、ゲストにご馳走・・・そんな優雅な時間を持ちたいな~ァ。

見学の後、元町を歩いてみましたが東京では、お目にかからないような
素敵なローソク立てや、風見鶏の付いたオベリスク・・・欲しくなっちゃいましたよ~
チャンスの神様は、後ろ髪がない・・・って
でも、ちょっと考える事にしました。
どうしても欲しかったら、近いうちに横浜に・・・と余韻を残してね。

> 水無月・水の流れる様と水滴を表現したアレンジメント、カラ~の色の変化は『光と陰』を表していますか^
  (*☆_☆*)うわぁ~! るおやんさんて、とっても表現が豊かで、・・・・ううう~ゥ。
  流石です、(*人'-')。o○(ステキ☆彡)
  タダものじゃあない~るおやんさん。毎回、アレンジのコメント、お願いしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

その気になったら・・・

鍵コメさん、今日は、仕事帰りに知人のコンサートに行ってきましたので、遅くなってしまいました。

先生のデジカメは、要らない画像がいっぱい入っていたようで、時々現われる「メモリー不足」の表示。
要らないのを、捨ててくださいましたが、限りがあって~ね、
途中から、携帯に代えたりして・・・本当に残念です。
翌日も仕事がなかったので、ワザワザ、デジカメを持って、もう一度出かけようかとも思いましたが、
heartのお守を引き受けていたので、諦めました。

そうですよねェ。なにもブログの為でなくても、
美しいものを自分なりの感性で切り取って思い出にする・・・なんの悪い事がありますものか!!
あら?ご主人に忠実なんですね。自立しましょう~~♪(≧∇≦)~~~♪

私は、元々歴史に弱いので、生麦事件ってなに?・・・みたいな族なんです。
~とは言え、いつの日かゆっくり日本史、世界史 
じっくり史実を読み調べたいと・・・気持ちだけはあります。

「一人で行く」その気になれば、大丈夫ですよ。
男脳、女脳・・・感性が違うのは当たり前なんだから、
訝しがる顔なんて気にせずに、一人でも行動してみましょう。女友達でも良いじゃあない?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/261-d18d44eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog 1000 flowers ( ダリア )  «  | BLOG TOP |  » blog 1000 flowers ( ジージの誕生日 )

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。