topimage

2017-06

至福の時 (菊の井) - 2011.01.19 Wed

世界の美食家に最高の料理ガイドブックを尋ねると、真っ先に挙げるのがフランスのミシュランガイドだそうで、
ミシュランガイドが、2007年には日本で東京版ができ、2009年には京都・大阪版も出来て拡大しつつあります。

星の評価の☆: その分野で特に美味しい料理
      ☆☆:極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理
     ☆☆☆:それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理

ミシュランガイド☆☆☆を頂きながら、お店を畳まざるを得ない状況に陥ったレストランもあるようです。
このご時世です。リーマンショックなどによる不景気の風。真っ先に、影響を受けるのが、接待などの経費節減。
家庭内でも、一番先に切り詰める所が、食費になりますもの。

家族とは、物日でないと来れないけど、友人たちとなら~~と、フラワーアレンジメントの新年会は
日常と少し違う空間で、ちょっとした贅沢を楽しもう~と、 赤坂「菊の井」にて行われました。

店の佇まい、しつらえの贅沢さや風情、店のもてなしなどが、複合的に楽しめ、「料亭の基本は、飯屋だけど
『大人のアミューズメントパーク』だと・・・言われるのは、京都「菊の井」のご主人、村田吉弘さん。

ミシュランガイド2011評価は、☆☆(極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理)でした。

<<<<<<


京都には、シーズンに一度は行き、必ず京都の本店「菊の井」でお食事をする・・・というstellaさんは、
「『菊の井』さんなら、着物で行くヮ~」と小紋姿で・・。cherryさんも、お母さんが織ったと言う紬で・・・。
                                                                 マウスオン
<

お母様の長襦袢の一部で作られたという手下げは、刺繍やビーズ加工がされ、とてもお洒落。
染匠「よしおか」で買われた手下げも、着物にピッタリな色合いで・・・先輩のセンスと気配りに脱帽です。
                                                                 マウスオン
<

また、お母様が、白の絹糸を染めて、自ら手織り機で織られた紬・・・というcherryさんの着物。

紬の名産地米沢の女性達は、丹念に織り上げた布を出荷する夜には別れを惜しみ「米沢の女は紬を抱いて寝る」と
言われているそうですが、手間暇をかけて織り上げた温もりのある紬に対する作り手の気持ちが伝わります。
菊の井
cherryさんのお母様は、自宅に機織り機を置いて、機織りの緯糸、3尺(約9m)を張って、
それから、一気に織る。そうしないと、布にムラが出来てしまうので、大変な手仕事だったようです。
丹精込めて織り上げたお母様の作品は、趣味の域を越えていて、数代に渡って使える貴重なお召し物です。
母親が生きてきた時と思いを織りこんだ着物を着て思い出を語る・・・羨ましい家庭環境です。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

「日本料理はオードブルばかりで、メインディツシュがない」と言った外国人がいたそうですが、
一品ずつ作ってタイミングよく仲居さんが届けてくれる形式で、量よりも質、味覚に主眼を置き、
器を吟味し、食空間であるお部屋も吟味し、床の問の花・軸・置物や調度、美人の仲居さんなどを全部揃えて、
量の少ない旨いもので酒を飲みたい・・・料亭とはそういう所なんでしょう。

<赤坂『菊の井』2011年昼懐石 1月献立>
<>
<>
<>
<>
<>
<><>
<>
<>
<>
<>
<><><><><><>


フランス料理は『土の料理』中華料理は『火の料理』そして 日本料理は『水の料理』と呼ばれる・・・
水で育ったお米を水で炊き、水に生かされた野菜を出汁で煮含め、お米と水で造ったお酒で調味する・・・
それが、日本料理が、『水の料理』という所以とのことですが、
猪口の鼈甲あんの中に埋もれる雲丹、湯葉。蓋物のトリュフあんには、百合根饅頭や鶉のつみれ。
雪鍋では甘鯛のほど良い塩加減。穴子の出しをたっぷり含んだご飯や留椀に、素晴らしい水の料理を味わいました

お正月の花びら餅をイメージした聖護院大根に包まれた人参と牛蒡とサーモン花弁寿司、松葉に刺された黒豆
イカで巻かれたカラスミ、子持ち昆布、豆慈姑(まめくわい)、ちしゃとうの粕漬けの八寸は、最高の酒の肴。
菊の井 菊の井 菊の井

お客が主役。「凛とした美しいサービス」と「気遣いすれどもおかまいせず」を心がけている・・・という女将。
「気遣いすれどもおかまいせず」の精神は、随所に見られ、雪鍋の最後の一滴までも頂きたい・・・と
思っていると、いただき終わるころ合いを見計らって仲居さんが、器に移し替えてくださる心配りや
お腹がいっぱいになって、お代わりまでは出来なかった穴子ご飯は、折り詰のお土産にしてくださりました。
美味しい料理や極上のサービス、板前さんの見事な包丁さばきを見ながら、ミシュラン☆☆の「菊の井」で
はんなりとした時間を過ごし、素晴らしい新年会でした。

今年こそ、今までの集大成として、満足のいく発表会を開きましょう・・・というのは、先生。
会期は、12月。まだまだ、時間がある・・・と思っていても~~~1年は、早いものです。

今年は、どんな花材に出会って、素敵な世界を表現出来るかしら・・・と、心が弾みます。


blogram投票ボタン


スポンサーサイト

● COMMENT ●

今日近くまで行ってました。

が、今日ではないですよね?monalisaさんが、何と言って数々の写真を撮っていたか・・・
想像できるような・・・。板さんタジタジではなかったですか?

いいですね。こういうお食事も。流石です!

お仕事がんばりましょう。

のぶぱぱさん、おはようございます。

> が、今日ではないですよね?
  ハイ、先週の出来事です。
  私は、どちらかと言うとモクモク~~~と、写真を撮ります。
  カウンターで、パホーマンスを見るのも良いですね。
  あの日は、氷見鰤のほかホンマグロもさばいていて・・・
  
  みなさん、1月5日の東京・築地市場でマグロの初競りで、史上最高値が飛び出した話題でもちきり。

  初競りには、世界中から集まったマグロが約500本並び、
  威勢のいい掛け声とともに次々と競り落とされ、
  最高値をつけたのは、北海道・戸井産のクロマグロ(342キロ)で、
  1キロあたり9万5000円、一本3249万円という史上最高値だったそうですよ。

  最高値でせり落としたのは香港の「板前寿司」リッキー・チェン(銀座久兵衛と共同購入)だそうです。
  海外もマグロを求めるようになったのが高値が付いた背景にあるそうです。
  
  「久兵衛」もいいけど「すきやばし 次郎」に行きたい・・・と言ってたな~あの人は。

  動くとお金がでる事ばかり・・・。
  でも、使わないと入ってこない・・・という諺もあるし
  お仕事、頑張りましょう。

  のぶぱぱ、コメ、ありがと~さん。

美味しそう!というか、美味しいのですよね~。和食といえどもトリュフを使うって発想が、お店の進化の証みたいに感じます。一目で分る使い方であってもそれはそれだと・・・。なにより吟味された器が魅力的ですね。
気遣いすれどもおかまいなし これが客には一番うれしいおもてなしだと思います。

いいな~i-237
仕事してるから、できる贅沢?かねi-228
お着物を着て、料亭へ・・・なんて、素敵だね。
自分で、着物が着れるようになりたいものです。

たまには良いよね。

りょうこさん、今晩は。
> 和食といえどもトリュフを使うって発想が~
  そうですよね。今や、日本料理の素晴らしい事は、フレンチのシェフも認める所とか。
  どの場面で、トリュフを使うか~と言ったら、やはり『トリュフあん』なんでしょうね。
  小細工をするより、「一目で分る使い方」・・・これも、アリ。
  世界三大珍味の一つを頂けるチャンスが、幸せ感を増幅します。

>気遣いすれどもおかまいなし これが客には一番うれしいおもてなし
  黒子に徹し、されど気働きは、怠りなく・・・
  受けた極上のサービスを、あだやおろそかにできない・・・至福の時を過ごしました。

たまには良いよね。こんな機会があっても~。

着物を着て、お食事に・・・いつかやってみよう。

ビックちゃん、何言ってるの。
仕事しているから・・・って、主婦だって立派な仕事だよ。
贅沢・・・? そうね、贅沢って思う人もいるでしょうね。
たまに~~だから、良いのよ。
心の洗濯にもなるし、おうちご飯にも反映するでしょうね。
料理教室もいいけど、味わって、目で愛でて・・・こんな一時も人生には大切なことです。

こういう至福の時は、願っていれば、いつか訪れるでしょう。

次回は、私も着物で~~~と思いました。
自分で着物を着る・・・これも訓練で、『為せば為る』なり~~~。

ちょっと、いつかやってみようか。

素敵な一年になりますように ♪

フラワーアレンジメントの新年会、新年に相応しい素晴らしい食事会になりましたね o(^0^)o
「気遣いすれどもおかまいせず」を心がけているというおかみさんの粋なおもてなしも素敵です!

stellaさんとcherryさんのお着物姿、着こなしている!
自然な着こなしが粋です。
とてもきれいに着付けされているし、着物に馴染んでいる着方ですね。

私の知り合いも、自ら機織りをして、今は兼ねてから作りたかったという“綿入れの袢纏”の制作に入っています。
そんな拘った手仕事に魅力を感じています。

そんな皆さんの意気込み通り、年末の発表会が素晴らしいものになると思います。
お花の方でも素敵な一年になりそうですね 。o@(^-^)@o。

今年も、忙しい~~。

mammyさんは、着物を着る機会がありますか?
私の母は、着物が大好きな人でしたので、結婚時に色々持たせてくれました。
今は、羽織など着ないですのに、道行より羽織の方が多いです。

着物を着こなす・・・やはり、慣れ親しめば、自ずと~~ですね。
そして、着物ならではの、所作も自然に・・・。

あらあら、今年の目標がもうひとつ「着物を着こなす」・・・が増えちゃった。
素敵な仲間がいると、刺激を受けますね。

お友達の“綿入れの袢纏”、満足のいくものになるといいですね。

お花の展示会には、是非,mammyさんに来て頂きたいな 。o@(^-^)@o。

モナちゃ~~ん

┏━━━━━━━━★┃    
G(o`'o)d morning~
『和』一色ですねー
和はまさに芸術だと思います!
一月献立の写真がアップにならない?
一つ一つ大きくして見たい 器もね(^^ゞ 

菊の井さん ☆☆2つ メモしました(*・∀・*) なかなか東京まで行けないのが残念だけど、、
ミシュランガイドブックは有料でしたよね 買ってでも欲しい方がいるってことね 審査員ってどんな方たちなんでしょね
名古屋には無いのよ 名古屋メシってかなり美味しいもののあるんだけど 大都会には負けてるねぇ(*∀*)笑
優雅な気分になれましたThanks(v^-^v)♪~~
モナちゃんの着物姿 きっと素敵!!
私は、、ゴルフに着れないしアハハ(*∀*)笑
       ┃★━━━━━━━━┛

コマちゃ~~ん

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ☆┃    
G(o`'o)d afternoon~
> 一月献立の写真がアップにならない?
  あらあら、こまちゃんのパソは、容量不足ですか?
  マウスをUPしたい画像の上に置くと、大きい画面になります

> 名古屋には無いのよ 名古屋メシってかなり美味しいもののあるんだけど 大都会には負けてるねぇ(*∀*)笑
  名古屋と言えば、ミッドランドスクエアに、エノテーカ・ピンキオーリがありますよ。
  http://umaiumai.blog59.fc2.com/blog-entry-200.html
  イタリアの本店は、☆☆☆。

  また、4年ほど前の事になりますが、
  古くからある名古屋のお弁当やさんの息子さんが、神楽坂の『小室』で修行していましたよ。
  http://michelintokyo.blog84.fc2.com/blog-entry-69.html
  
  「小室」で友人とお食事をしている時にカウンターの隣の席には、その方のご家族さんが
  息子の腕前を見に来ていました。
  そのうちに、名古屋にもミシュラン店が、出没するようになるかも・・・よ。
  
  でも、自分の舌で、評価が一番・・・です。

       ┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

ステキですね。

お着物でお食事へお出かけだなんてステキすぎです!
実家の母が何枚か用意してくれた着物は
振袖が活躍したくらいで
残念ながら訪問着等々はお宮参りなどで数回しか袖を通していません。

ご友人に米沢紬の方がいらっしゃるなんて!
母の実家が米沢なので米沢紬は身近な存在です。
最近は男性向けの紬に力を入れているとのこと。
去年亡くなられた大沢親分が愛用されていたそうですね。
手織りの紬は長く着れるので愛着もより一層ですね~

いつの日か。
カッコよく着物を着こなして名だたる料亭で
目にも美味しい料理を堪能したいものです。

嗚呼、憧れますぅ~

Ю゙(^∀^ )ただいま!

┏━━━━━━━━★┃  
今日のボラは午後のみ
名古屋インター越えてエッチラオッチラ^^;

ミッドランドスクエアの『エノテーカ・ピンキオーリ』
早々に行ったのよ 連れが高所恐怖症なので せっかくの42Fなのに窓際じゃなく 中央で(-"-)
味は、、ダメだった 2度と行ってないのよ
友達のご主人はワインが美味しいと言ってたけど わたしゃ呑めんし、、
同じフロアーに『オーベルジュ・ドリル・ナゴヤ』日本初上陸ってーので2回ほど行ったけど でもねー お水がワンボトル1200円なのよ!!
『エビアン』だけど ダメでしょー水に1200円は!!
あれ以来行ってません(゚m゚*)プッ

そこの4Fの『キッチン雅木』 この本店・支店が家の近所にあるので時々行くの それが あーた めちゃΣ(´θ`)うめぇ~のよ 一昨年のX’マスディナーもそこで わざわざミッドランドスクエア(名古屋駅)まで出かけなくても充分

ミッドランドスクエアの斜め前のマリオットアソシアホテルの52Fの『ミクニナゴヤ』
ここはお気に入りでリピーターです

『小室』って新宿なの?
昨年11月の東京行きは新宿だったのよ 懐石もいいよねぇ
これもメモメモ
その時の帰りに 帝国ホテルにお茶しに寄ったら 茂木健一郎氏に出会って写真も一緒にどーぞって気さくに言ってくださって、、
何だか 晩御飯の仕度の時間だけど めちゃ喋ってしまったわぁアハハ(*∀*)笑
モナちゃんマタネッ(*^-゚)/~Bye♪
   ┃★━━━━━━━━┛

いつの日か

riomanさんは、お母様は、米沢出身ですか?
私の知人には、山形の人が多いですので、なんだか近親感が湧きますね。
そう言えば、妹の義父母は、山形の出身です。

最近、テレビで「着物が一人で着れるなんて素敵じゃあない~」という宣伝が目に付きますね。

> 残念ながら訪問着等々はお宮参りなどで数回しか袖を通していません。
  私の母は、振り袖は、結婚したら着れなくなるから・・・と言って
  付け下げを何枚か用意してくれました。
  着物も、TPOがあるので、着ればいい訳ではない・・・知れば知るほどの世界ですね。

  やはり、紬は、お洒落着として、ちょっとしたお食事やお芝居でも大丈夫ですね。
  だから、着易い。
  
  そう言えば、息子の小学校の入学式には、着物を着ました。
  どうしたかしら?その時は、自分で着た?・・・覚えていません。
  多分、本を見ながら自分で着た・・・と思います。

riomanさん、子供に手がかからなくなったら・・・是非、実現しましょう。
その時は、お付き合いしてもいいですよ。
あら、何時?って・・・。
その時まで、monalisaは、美貌を保って・・・頑張ろう!!

ボランティア、ご苦労様

┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━☆┃  
こまちゃん、ご苦労様。
今日のボラは午後のみ

こまちゃんは、お酒が呑めない・・・残念ですね。
そうそう、お水にお金がかかるのは~~~ね。

ほう、『キッチン雅木』は、・・・メモメモですね。

> 『小室』って新宿なの?
   新宿といえども、広うござんす。
   母校のある神楽坂の奥まった所にあります。
   やはり、「☆☆」だったそうです。
   
茂木健一郎さん、脱税の汚名返上で、サービスサービス・・・かな。
東京に来て、有名人に会えると、ちょっと嬉しいでしょ。

私は、スペインに行った時、ベッカムと同じホテル。
しかも、訳ありで、変えてもらった部屋がベッカムと同じフロア。
ミーティングルームでは、奥さんとあのミッキーマウスのようなベッカムの声を聞いてしまいました。
ちょうど、ベッカムがレアル・マドリッドを離れて、アメリカに移籍する最後の試合の日。

同じツアーの人に羨ましがられました。
ラッキー~~~なmonalisaでしょ。
┃☆━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛

こんばんは♪

『大人のアミューズメントパーク』、良い言葉ですね~。
単なる味覚だけでなく、五感を重視しより楽しめる雰囲気を作る・・・最高のおもてなしだと思います^^

このような刺激はmonalisaさんの創作意欲にも大きな影響が有るのでしょうね、どんな世界が出来るか楽しみにしています♪

ありがとうございます。

るおやんさん、こんばんは。
> 単なる味覚だけでなく、五感を重視しより楽しめる
   これぞ、日本料理の真骨頂~~かしら。
   五感が満たされれば、スピリチュアな六感まで磨かれるような気がします。
   だから、素敵な雰囲気を味わえる機会は、大切にしたいと思っています。

> このような刺激はmonalisaさんの創作意欲にも大きな影響が有るのでしょうね、
   あらあら、るおやんさん、宿題ですか?
   そうありたい・・・と思って、甘んじて、そんな機会に参加しています。

るおやんさん、素敵なコメントだね。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん、

鍵コメさん、ありがとうございます。

あのねのね~・・・ちょっと、楽しみが増えました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

鍵コメさん、お疲れ様。

時間があったら、エステでもして、気分転換・・・お薦めです。

美味しそう。最高ですね。Sさんに話したら行きたがるだろうな。Y・K

たまには、・・・どう?

Y・Kさん、お久しぶりです。
Sさんも、着物好きですか?
1年に1度でいいから、主人から「行って見ようか?」なんて誘われたいですね。

Y・Kさん、Sさんと行って見てください。
きっと、その後の人生に上向きの変化が起こるでしょう。

たまには、・・・どう?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/215-3ff8f422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コラーゲンたっぷりな「あんこう鍋」 «  | BLOG TOP |  » 家族旅行(軽井沢プリンスホテルスキー場)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。