topimage

2017-08

フラワーアレンジメント(Mille-Fleur) - 2010.10.19 Tue

好きな香りに包まれてほっと一息・・・リラックスできる一時を見つける事が、とっても大事ですね。

私には、チョッとだけ花粉アレルギーがあります。
いま盛りの甘くてしっかりとした香りの金木犀は、大丈夫ですが、春の入学式の頃咲く
沈丁花は(もっともその頃スギ花粉も沢山飛散しているのですが)アレルゲンの一つのようです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ M i l l e - F l e u r  
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フランス語のミリ(milli)は、ラテン語の milleからくる「千」の意味です。

Mille-Fleur 【花材】
  丸い花・・・バラ、カーネーション、菊(グリーン)
  線の花・・・ミズヒキ、紫式部、マトリカリア、
        ベアグラス、雪柳、孔雀草、ハニカム
  埋める花・・ホトトギス、千日紅、ソリダスター

 【mille-fleur (ミル・フルール)】とは、
 「千の花」と言う事で、千の色(ミル・フィオーレ)の
 小さな花、大きな花、丸い花、細長い花を使って、
 凸凹を付けたラウンドタイプのクラシックなアレンジメントです。

 ゆったり纏められたアレンジメントの形で、
 花やグリーンは、違った長さで使われ
 与えられた形の中に奥行きとリズムを持って配置します

大きな花は、中心近くに用いられ、小さな花は中心から離れた所に長く出来るだけ沢山の色を混ぜて
トン・シェル・トン(隣の色がだんだん薄くなって行く)のカラー構成が良い場合もあるそうです。

一般的に、ミルフルールのデザインは、まったく球の形はしておらず、頂点がとんがっていたり
ピラミッド型、トライアンギュラー型などの形の構成も可能だそうです。
ミルフルールは、ナチュラルな雰囲気のアレンジメントだから花やグリーン以外に、木の実や草も良いようです。
<<<<

同じアレンジメントでも、置く場所によって、随分雰囲気が変わるものですね。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

ブロ友 My Rivendell~プリムラの谷~に、神代植物園の立派なダリアがUPされていました。

下の2つのアレンジメントは、先月アレンジメントしたコチョウランのダリアバージョンで、友人の作品です。
                                                                 マウスオン
<

ダリアも、薔薇やコチョウランに匹敵する存在感のある花ですね。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ 日 比 谷「 松 本 楼 」に て 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フラワーアレンジメントも、ただ習っているだけでは・・・と先生は、発表会を奨められるのですが
今年は、あるご縁から「ジュエリーショーの時に、お花を飾ってください」・・・とのK百貨店の依頼から、
先生監修のもとで我々も、お手伝いする機会を得ました。

春のジュエリーショーのお手伝いは、4月中旬。日比谷公園では、チューリップが満開に咲いている頃でした。

お客様を出迎える受付の傍には、八重桜の投げ入れが、またジュエリー展示コーナーには、
バラやダリヤ、アナベル、カーネーション、また先生の大好きなキフジのアレンジメントを飾りました。
                                                                 マウスオン
<


日比谷の「松本楼」は、【10円カレー】で有名です。
10円カレーの歴史は、1971年に放火により松本楼は炎上したものの全国からの励ましにこたえて
1973年9月25日に再オープンして、そのときの感謝の気持ちを込めて始めたのが
「10円カレーチャリティー」だそうで回を重ねるうちに、秋の風物詩とも呼ばれているようです。
カレーは、募金にご協力いただいたお客様、先着1,500名様にふるまわれます。
毎年、このカレーを楽しみにされている方も多いそうで、今年は、因みに38回目です。
1997年から一部の年を除き、当日のお客様からの募金に、日比谷松本楼からの寄付金を加えて
「世界の子どもたちの活動のために」・・・とユニセフに寄贈されています。
<<<<<

お手伝いのご褒美に、K百貨店のおもてなしで松本楼のランチをご馳走になりました。
こんな機会は、滅多にない・・・と思っていたら、「次回のベルギー大使館も、よろしく」と依頼がありました。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ ベルギー大使館にて 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベルギー大使館は、大きなビルの中に存在していて、セキュリティーが、とても、しっかりしています。
エントランスには、秋に相応しいザクロとグロリオーサの投げ入れです。
belgium 
 柘榴
(ザクロ)は、毀誉褒貶のある植物で、
 割れる・・・と言って忌む人もいれば、
 ザクロを植えた家は火事になる・・・
 という迷信も昔はあったようですが、
 最近は、子宝に恵まれる・・・とか
 一家が繁栄する・・・といって喜ぶ人が多いそうです。

 広い空間を、思いっきり生き生きと
 素敵な花瓶に投げ入れられたアレンジメントは、
 秋の収穫の喜びにも繋がる、話題性のある
 アレンジメントですね。
 belgium

大使館の奥には、接客用テーブルが置かれていて、メインにどっしりと置かれた花瓶の花は、
雲龍柳、ススキ、ピラミッドアジサイ、トルコキキョウ、ケイトウ、ナナカマドなど、
やはり秋を代表する草花が活けられており、先生のお花選びに対する造詣の深さが伺われます。四方見です。

ベルギー大使館は、2007年にリニューアルされました。 
ポルトガル産ライムストーンの色合いとコーナーをアールにしたデザインがやさしい印象を与えています。
内部までこの雰囲気でディテールやカラーが統一され、非常にクオリティ高くまとめられています。
普段は見ることができない大使館の内側を見ることができた貴重な体験でした。
<<<<<<

宝石展のメインは、勿論≪ベルギーダイアモンド≫です。お客様には、デリバリーサービスで
ベルギービール≪CHIMY≫や料理の接待があるようですが、花材の片付けに車で行ったので、飲めません。
イケメン兄さんが、「残りもので良かったら、チョッとした料理を召し上がりますか?」と
オレンジジュースとムール貝やポテトの入った皿を持ってきてくれました。
メニューらしいプリントには、「美食の王国 ベルギー 秋の味覚」Champ de Soleil (シャン ドゥ ソレイユ)・・・と
belgium belgium
セキュリティーの関係上、大使館での生け込みは、当日仕事となりました。
仕事の都合で、私は、参加できなくて残念でしたが、終了後の片づけを頼まれ、ラッキーなことに、
花材を沢山頂戴して、我が家に飾る事が出来ました。
先生、皆さん・・・お食事にも与かって、チャッカリ者で申し訳ない!! 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさんは、いろんなこと、ものに造詣が深くて熱心にやっていらっしゃると思っていましたが、依頼されてのお仕事も素晴らしいです。わたしなんかとは違いすぎます。
もうちょっと修行しないといけないなと痛感しています。どこから始めればいいかもまだ
雲の中状態でいますが・・・。

私は、天邪鬼・・・なのです。

りょうこさん、誤解されています。表現が、イケなかったですね。
依頼されたのは、私個人ではなくて、先生とその仲間に・・・です。

> monalisaさんは、いろんなこと、ものに造詣が深くて熱心にやっていらっしゃる
  一芸に秀でなくって、気が多くて・・・
  本業仲間からは、『本業を極めてくれ』と、お叱りを受けるので、
  ブログの事は、内緒です。

> もうちょっと修行しないといけないなと痛感しています。
  りょうこさんのお仕事は、なにかしら?

  アメリカの軍医の事やCMEの事も、詳しかったりしますから、
  医療関係かな???と、思ったり・・・もう少ししたら判るかしら?

ブログもいろいろな表現の仕方がありますね。
実は、私はとてもさっぱりとした性格で、褒め言葉もたくさん知りません。
同じ場面にいても、気軽に感嘆の声をあげられる人が、羨ましいです。
根が『天邪鬼』のようです。
  

素晴らしい季節のアレンジメント

こんばんは!
monalisaさんの解説付きのアレンジメントを、回を重ねるごとになんだか自分でもできそうな気になってくる感化されやすい私です。
ミルフルールのデザインは、一番オーソドックスなアレンジの形なのかと思いますが、私はこの形が好きなのだと思います。
ナチュラルな雰囲気のアレンジ、でも華やかさがあるからなのでしょうか。

ジュエリーショーのアレンジも豪華に、大胆に?・・・素敵ですね。
こんな風に活けてみたいですね。
生徒さん皆さんも緊張なさって・・・よい勉強になったでしょうね。
「松本楼」のカレー食べてみたいです! もちろん寄付をしてです!!

ベルギー大使館のアレンジも素晴らしいですね (゚∇^*)
ザクロとグロリオーサの投げ入れは、花材も素晴らしいですが、花器とそれをダブルで並べるのが素敵に思いました。
接客用テーブルに活けられたアレンジはどこから見ても立派です。
詳しいことは全くわかりませんが、季節の花や色づいた木を中心にバランスよく活けられているんでしょうね。
monalisaさんも素敵な生け花を飾ることができたりで、良い勉強になりましたね。
これらの花材を集めるのも大変でしょうから、ラッキーでしたね (゚▽゚*)♪

ちゃっかり・・・

mammyさん、素晴らしいコメント有難うございます。
自分でもできそうな気になってくる・・・これは、企てとしては成功です!!
ミルフルール・・・花材さえ、揃えば、楽しめる形ですよね。

大胆に活けたピンクと赤の薔薇は、私の作品です。
アレンジした事のある作品の再現なんですが、
以前に活けた時の閃きの方が 、新鮮でうまく行ったように思えます。

> 「松本楼」のカレー食べてみたいです! もちろん寄付をしてです!!
   私も、そう思います。
   このブログを読んだ人は、是非、行って食べてみて欲しいですね。
   来年の9月25日は、「松本楼」で、オフ会・・・なんちゃってね。
   
花器の存在は、大きいですね。
ザクロは、大きくてバランスを取るのが難しく、どっしりとした花瓶が、ツイで、存在感をより強調し
また、安定感も表わしていますね。
我が家で、花瓶に挿しても、木全体が重いので、暖炉の空気口にワイヤーでくくりつけてあります。

沢山の花材を、頂いてしまい、ちゃっかり者です。
しばらく、我が家を彩りました。ザクロは、まだ暖炉の前にあります。
ザクロは、dryの花材として、今後、復活するでしょう。

ん~、すんばらすイー!

今回も素晴らしいアートフラワーですね。ベルギー大使館ではパワフルさをセーブされたのでしょうか?
個人的な願望は、いつものパワフルさで、世界を圧倒して頂きたいと思っています(笑)

いつも思うのですが、アートフラワーと書のコラボってなんかできないですかね??

イイケ~?

のぶぱぱさん、一昨日は、御苦労さま。
楽しい会でした。甲州とりモツ煮は、ゲットして帰りましたか?

> ベルギー大使館ではパワフルさをセーブされたのでしょうか?
   お手伝いした仲間の話を伺うと
   皆さん、商品の展示準備の中での
   行動なので、朝も早くから参加して、大変だったようです。
   こんなちゃっかり者で、申し訳ない・・・ケセラセラ

> 世界を圧倒して頂きたいと思っています(笑)
   世界を圧倒・・・は、大変ですね。
   なんたって、引き出しが多すぎて・・・
   自分でも、整理が行き届かなくって・・・

   一芸に秀でないと、無理でしょう。
   
「アートフラワーと書のコラボ」ですか?
のぶぱぱさんのコンサルですね。
そのうちに、古屋さんの個展でもある時には、
ちょこっと隅に、飾らしていただく程度で充分です。ハイ~~!!

こんにちは♪

初めまして。
とても素敵なブログですね、拝見した瞬間溜息が出てしまいました^^
ミル・フルールというのですか、一つ一つは野に咲いていそうな素朴な花なのに生け方でこんなに豪華になるんですね~、目にされる方は喜びますね♪

ザクロのアレンジは落ち着いた雰囲気で好きです。
これからも素敵な記事を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは♪

るおやんさん、ようこそ。v-436

ブログの事、褒めてくださって有難うございます。
そうなんですよ。
バラ、カーネーション、菊(グリーン)ミズヒキ、紫式部、マトリカリア、ベアグラス、
雪柳、孔雀草、ハニカム、ホトトギス、千日紅、ソリダスター・・・みんな身近な花ですね。
結構、大きなアレンジメントなので、置き場所に困ります。
床の間は、不似合いですが・・・そこに置いてます。

柘榴は、そのままにしておくと、実が絞まり、dryの花材としても、利用できます。

最近は、ガーデニングに力が入りません。
身内に言わせると、文が長すぎる・・・とか。

るおやんさん、コメント有難うございます。

こんにちは~

今回も素敵なアレンジを堪能させて頂きました。

最初のミルフルールはナチュラル感がありますけど、花材によっては豪華さを醸し出すことも出来るような素敵なアレンジですね。

ジュエリーショーの薔薇はmonalisaさんの作品だったんですか。
“和”の雰囲気もあったので、じっくりと見たら薔薇のお花...
大胆なようで‥スタイリッシュな‥とっても素晴らしいです。
お正月、実家の母が葉蘭を用いた活け花を床の間に飾りますが、和花だけではなく薔薇を組み合わせてみるのも面白いですね。

柘榴とグロリオサのアレンジは、実物、そして色合いと、秋を感じさせてくれますね。
家で生花を飾ることが出来ないので、monalisaさんのブログで楽しんでます。

ホンマデッカな、今日この頃

パンくんママさん、貴女に褒められると非常に嬉しいです。
ミルフルールは、オープンハートの雰囲気。
季節のそこここにある花を、いっぱい埋め込んで・・・
まるで、明るく自信たっぷりに、前向きに、光を浴びているような雰囲気でしょう?

丸い花、線の花、埋め込む花・・・・これさえ揃えれば、
パンくんママさんなら、もっと素敵にアレンジできるのではないでしょうか。

池坊では、「ハランにはじまりハランに終わる」と言うくらい、
一種盛りは、陰陽の勉強に欠かせないようですね。
私は、日本古来の生花を習う時期を逸しました。

heart-papaの実家にお邪魔した折に、
床の間に、ハラン?オモト?の一種盛が活けてあった時には、
「田舎の母」などと謙遜していたheart-papaですが
どうしてどうして、こちらをカルチャーショックに陥らせる所なんかは敬服してしまいました。
貴女のお母様も、その流儀を心得ていらっしゃって・・・そして「パンくんママさん」アリなんですね。

パンくんママさん、heartは、先日、自分でスプーンをすくって、離乳食を食べましたよ。
みっともない位に、食い意地が張っていて、上手に食べるんですよ・・・それが。

そのうちに、ブログUPしますね。
「ゲンコツ山のたぬきさん」もやって見せました。
おならをした後の仕草が、また可愛い!!

自分の子供と比べたら、ぐ~~んと、なんでも早いんではないかと思いました。

昨夜のさんまの「ほんまでっかTV」では、6~7歳までに、脳を鍛えれば・・・というような
報道がありました。

孫世代の行く末までお手伝いする身としては、とっても興味のある報道でした。

「パンくんママさん、ほんまですよ」ではなくて・・・「見ていましたか?」

monalisaさん おはようございます(*'-'*)"
(*'▽'*)わぁ♪ 文中でリンクしていただき
・:*☆ありがとうございます~♪
ダリアバージョン、色合いも秋らしくって素敵ですネ^-^v

いつもながら、たくさんの素敵なアレンジメントに
(*゜-゜)うっとり。。。♪
ミルフルールは ナチュラルな雰囲気だけど、すごく多種のお花を
贅沢にたっぷり使って、実は豪華なアレンジなんですね~♪

ジュエリーショーや大使館でのお手伝いの、素晴らしい機会を得られて
ほんとによかったですネ^-^v
ダイナミックな投げ入れや、こういう大きな作品って
見るだけでも勉強になりそう。
花器もそれぞれに素晴らしくて、選ぶ方のセンスが見えますね♪(*'-^)-☆

miyaさん、やっと来てくださった。
下書きでは、友のアレンジはUPする予定がなかったですが
miyaさんの所で、素敵なダリアを見たので
文中に、ダリアのアレンジも挟んだので・・・
miyaさん待ちしていました。
また、miyaさん繋がりで、りょうこさんやるおやんさんとも、ブロ友になりました。
miyaさん、感謝です。

アレンジメントは、花材の色、とり合わせ、鮮度、花器の選択、トレンド感がものを言いますね。
やはり、先生は、先生だけの事があります。

ベルギー大使館での花器は、今回「第一園芸」からのリース・・・ということです。
ニューサイランと蘭のシンプルアレンジメントは、同じ花器と花が、所々に飾られていて
これも、話題性のあるアレンジでした。

miyaさん、コメント有難うございます。




> ジュエリーショーや大使館でのお手伝いの、素晴らしい機会を得られて
> ほんとによかったですネ^-^v
> ダイナミックな投げ入れや、こういう大きな作品って
> 見るだけでも勉強になりそう。
> 花器もそれぞれに素晴らしくて、選ぶ方のセンスが見えますね♪(*'-^)-☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/184-90392a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三姉妹 «  | BLOG TOP |  » 書は、人なり(四十九日忌 ・ 歴代首相の書)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。