topimage

2017-06

フカヒレ(赤坂離宮とおうちご飯) - 2010.10.03 Sun

potikoさんが、「『赤坂離宮』というレストランのフカヒレの姿煮が美味しそうだったのよ。
フカヒレの姿煮なんて、食べた事がない」と、情けない事を言うのです。
potikoさんが、教えてくれた『赤坂離宮』を早速 調べ、お料理教室のメンバーと一緒に行きました。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ 広 東 名 菜『 赤 坂 離 宮 』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
場所は、千代田線「赤坂駅」徒歩0分、赤坂Bizタワー2F・・・って、凄くない!!
雨にも濡れず、改札口を出て、そのまま2Fまで・・・
メンバー総勢7名、先生を囲んで、上げ膳据え膳の久しぶりのランチです。
皆さん、フカヒレの姿煮なんて食べるの初めて!!  興味深々です。

実は、もうひとつ候補がありました。
yagiさんは、イケメン揃いのイタリアンが良い!!・・と。それは、「ベルガモ」というお店。
なんでも、イケメン揃いだそうです。「イケメンも、ご馳走のうちよ!!」と言うのですが・・・

ここは、我々世代は、落ち着いて、中華でしょう。しかも、皆さん余り食べた事のないフカヒレです。

書道を習い始め、漢字文化に触れていると、案内された個室の李白の書が気になります。
akas  風吹柳花満店香呉姫圧
  酒喚客嘗金陵子弟来相
  送欲行不行各尽觴請君
  試問東流水別意与之誰
  短長    李伯金陵酒肆留別

  
   風 柳花を吹きて 満店 香(かん)ばし
    客を喚(よ)びて嘗(な)めしむ
    呉姫 酒を圧して
    金陵の子弟 来たり相送り
    行かんと欲して行かず
    各(おのおの) 觴(さかずき)を尽くす
    請う 君 試みに問え 東流の水に
    別意は之(これ)と 誰か短長なると
    李白 金陵の酒肆(しゅし)にて留別す
   
       
  (訳)風は柳花を吹き散らし 
  酒場は香ばしい匂いで満ちる
  呉の美女が酒をしぼって客を呼び 
  味見をさせる
  金陵の若者たちは 
  集まって別れの宴を開いてくれ
  行こうとするが立ち去りがたく 
  心ゆくまで杯を重ね合う
  どうか諸君  東に流れる水に尋ねてくれ
  別れのつらさとこの水は  どちらが深く長いかと

李白は、生涯 旅して歩いて、各地で友と出会い、多くの若者を惹きつけたようです。
でも、そうした新たな出会いは 同時に新たな別れの始まりにもなり、
李白に送別や留別の詩が多いのはそのためだろう・・・と言われているようです。

李白が25歳のころの詩だということです。
留別は旅立つ側が見送る人に詩を贈ること。
逆に送別は、見送る側が旅立つ人に詩を贈ることだそうです。(『李白』角川ソフィア文庫)

会食の場に、相応しい書ですね。字体は、隷書のようですが、上手いのかどうか?妙に気になりました。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

『赤坂離宮』は焼き物、海鮮、フカヒレに代表される芳醇にして軽やかな本場の広東料理のお店です。
オーダーは、勿論「ふかひれの姿煮コース」です。      
                                                             マウスオン
<

皆、一人や二人の孫がいる年頃です。五月に、娘に赤ちゃんの出来たyagiちゃんは、写真を持ってきました。
育児方法が、我々の頃とは、全然違うので、ちょっとしたアドバイスも空振り状態に・・・。
マーヤという孫の名前も、バーヤに聞こえてしまうとか・・・。
今まで嫁の立場だった我々も、姑の立場になって、頭に白いものが増えるのも無理は有りません。

<焼き物前菜盛り合わせ>
<>
<>
<>
<
<>
<><>
<>
<>
<
<>

フカヒレの姿煮、好評でした。1日20食のフカヒレ丼は、フカヒレの姿煮が2個あるそうです。また、
ふかひれの姿煮コースは、女性のみ、流行りの「食べるラー油」付きです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃医 食 同 源  美 味 礼 讃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フカヒレには美容と健康に効果的なムコ多糖類「コンドロチン硫酸」と「コラーゲン」が、豊富に含まれています。

ムコ多糖類「コンドロチン硫酸」は、体のあらゆる組織の働きを円滑に進める潤滑油として働いています。
元々私たちの体の中に多量に存在し、新陳代謝を繰り返している物質で、
コンドロイチンを合成する力は20-30歳で最高になり、加齢とともに少しずつ失われていきます。
コンドロイチンの不足は皮膚の老化の原因になります。
皮膚の本体をなしている真皮の約70%はコラーゲン線維で、その隙間をコンドロイチンが埋めています。
真皮中のコンドロイチン硫酸は、多量の水分を抱え込んで皮膚の水分量を保持します。

また、コンドロイチンは「軟骨のもと」とも呼ばれるように、身体の結合組織の重要な構成成分でもあります。
結合組織とは、細胞と細胞の間にあって細胞同士をつなぎあう役割をもっています。
すなわち粘着物質として真皮の骨組みを形成するコラーゲン線維を互いに強固に結びつけ、
結合織本来の作用を営みます。そのため、コンドロイチン硫酸が不足してくると関節痛や肩こりが出たりします。

薬剤として臨床的には1930年代以来、世界各国の医療施設で、治療に応用され、
中には、ガンや動脈硬化、リウマチ、腎炎といった難治の病気に高い効果を示した例も多数あるそうです。  

美容に効果的と有名な「コラーゲン」も豊富に含まれています。
コラーゲンは、コンドロイチン硫酸の働きと共に、肌が本来持っている機能を活性化し、円滑にします。
さらにコラーゲン特有の免疫機能を高める作用で、アレルギーの改善も期待できるそうです。

加齢とともにコンドロイチンなどの合成能力が落ちていくのは避けられないことですが、
体の外側からそれを補うことで体内の含量は、年をとってからでも十分に保持できると考えられているそうです。
                                       フカヒレ専門店『鹿鳴春』フカヒレの効用より

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃我 が 家 で、フ カ ヒ レ の 姿 煮 を・・・
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
fuh  我が家では、主人の先輩からの
  中元歳暮のギフトとして
  三越の「旬味まんさい便」を頂くのです。
  美味しそうな品物が沢山載っていて、
  選ぶのに困ります。
  いろいろ悩んだ末に、
  お金を出してまで買わない
  「フカヒレの姿煮」を毎回、選んでいます。
  
  古樹軒は、日本最大のフカヒレ専門店です。
  真空パックのフカヒレを袋から取り出して、
  同封されている紅焼醤で8分位煮るだけで、
  美味しくいただけます。

  また、毎回、このような姿煮は
  頂けないので、日常は気休めですが、
  ニチレイのフカヒレスープ
  玉子一個で美味しい「三絲魚翅」を
  中華の料理の時には添えます


友人potikoさんは、17年育てた柴犬のポチコが亡くなり、ペットロス状態です。御慰めとして
「フカヒレの姿煮なんて食べた事がない」などと言っているので、我が家で忌明けの会食をしました。

<<<<<<

メニューは、フカヒレの姿煮がメインです。赤坂離宮で食べたフカヒレの4~5倍の大きさです。

前菜(サザエのツボ焼、クラゲの酢の物、イベリコ豚のサラミソーセージ、ホタルイカの干物)

オニオンスライスの玉葱には、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄分が含まれ、せきやたんを鎮め、
尿の出を良くし、血中の脂質を低下させる効用があり、発汗作用や解熱作用もあるそうです。

東京でも練馬は畑が多いです。知人から、採れたての空芯菜と間引いた人参の葉を頂きました。
人参の葉は、ちょっと癖があって、かき揚げが美味しいそうですが、天麩羅は不得意ですので、
油で炒め甘辛く味付け。空芯菜は、おひたしに・・・『地産地消』です。

ゴーヤとツナのチャンプルは、旅先の八百屋さんで、お客さんから聞いた料理法です。
スライスしたゴーヤに塩を振り、しんなりしたらオリーブ油漬けのツナ缶を、油ごと炒めるだけのシンプルレシピです。

最後は、エビチリです。レトルト使用、簡単で美味しい、ラクラク。おもてなしの1品には、打って付です。

海鮮中心のヘルシーメニューでしたが、お酒もいけるpotikoさんに、菊姫の大吟醸も奮発して、元気付け!!
「フカヒレって、初めて食べた(*人'-')。o○(ステキ☆彡) 」・・・と、満足して、いただけました。
ポチコ存命中は、温泉旅行も儘ならなかった(犬が、可愛そうで、ペットホテルに預けられない・・・と)けど、
最近は、一泊のゴルフ旅行など、遠出を楽しんでいらっしゃいます。
これも、『時間が薬』と言う事で、代替が見つかるまで、気長に見守る事にしました。

さて、皆さんにとって、至福の食べ物 は、なんですか?
スポンサーサイト

● COMMENT ●

イタリアンより中華の方が好きですね。
我が家でフカヒレの姿煮、赤坂離宮の4~5倍の大きさ
これは良いですね、同じ値段を出してもこの大きさは凄い!

至福の時 ♪

こんばんは!
皆さんとご一緒に、羨ましいです (゚▽゚*)♪
食事は雰囲気も大事ですね。
赤坂離宮、私は一度も行ったことがないのですが、いつか行って“フカヒレの姿煮コース”をぜひ頂きたいと思います。

おうちご飯のフカヒレが4~5倍の大きさというのも納得しつつ、どうしてそんなに高価なものなのかと・・・
うちでもニチレイですよ!
春雨ではないですよね!美味しいですよね (゚○゚)!
大きなフカヒレをいつかほおばってみたいものです。

温かいお気持ちで作られた膳を前にpotikoさんもうれしかったでしょうね =^-^=
私の至福の食べ物は“本マグロの中トロ・大トロ”ですo(^0^)o

同感です。

hotterさん、コメmmトありがとうございます。
イタリアンより中華の方が、会食メニューとしては
相応しい様な気がします。
このお取り寄せフカヒレは、厚みがって、
4~5人で食べても、話題性があって満足できます。

至福の時 ♪は、本マグロの・・・

mammyさん、こんちは(゚▽゚*)♪
yagiさんお薦めのイケメンのいるイタリアンは、( http://r.gnavi.co.jp/g860106/ )
ランチは、リーズナブルなお値段で、お野菜をふんだんに頂けるのですが、対象が、
OL達のランチタイム狙いですので、お部屋でゆっくりと・・・とはいかない様子でした。
友人との気軽な食事には、是非、行ってみたい所です。
また、ディナーも、パーテイーコースは、フリードリンクでも税込で設定されたお値段が
魅力的で、興味が湧きます。

赤坂離宮の、“フカヒレの姿煮コース”お薦めですよ。
ただ、お取り寄せのフカヒレは、便利な紅焼醤で、ちょっと煮込むだけですので
hotterさんの仰るように同じお金を出すならお取り寄せの方が楽しめますね。

近年、フカヒレの乱獲が話題になっていますね。
( http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=33955505 )
ヒレだけを切り取られたサメは海へ投げ捨てられ、そのまま死んでしまう・・・などの
情報を見聞きすると、酷く思いますが、そんな事を言っていたら、
ベジタリアンになるしかないでしょうね。

mammyさん、ニチレイの 「三絲魚翅」知ってましたか?
簡単に、玉子一個で、豪華なスープが出来るので便利ですね。

mammyさんの至福の食べ物は“本マグロの中トロ・大トロ”ですか?
先日、クイーンズ伊勢丹で、大間のマグロの中トロが、
一サク 2000円でした。こんな時は、沢山買い占めて
冷凍もアリかもしれませんね。

mammyさん、コメントありがとうございました。

はじめまして

ビックリ!お孫さんがいらっしゃる年代? そういうわたしも、ほんとなら小学生くらいの子供がいて普通なんですが・・・。
イケメンもご馳走のうちとは、言いえて妙ですが、やっぱり、お味と健康食に拘りたいと思います。欲張りなんです。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

Re: はじめまして

りょうこさん、ようこそ(/*^^)/ハッロ-!!

> ビックリ!お孫さんがいらっしゃる年代?
  見た目は、10歳位若く見える・・・と同僚は、行ってくれますがね・・・?
  また、イケメンは、我が家におりますので,yagiちゃんみたいに、飛びつく必要ないんです。(笑
 
  やはり空売りは、私向きではないらしいです。
  とは言え、ず~~っと、気になっていたソニーと三菱UFJは、早速処分しましたが、
  5分と待たないうちに 日銀の金融政策決定会合で、事実上のゼロ金利政策を導入の報道があって
  指値処分が、3日と待たないうちに売れちゃいました。
  こんなことなら、もうちょっと高く設定すればよかった・・・・と。

  もう一度来る波を、待ちます。

  コメント、ありがとうございました。
  これからもよろしくお願いします。
  
★☆。.:*:・"゜★('-^v)Thanks(v^-')★。.:*:・"☆★ 

コメント有難うございます。

お母さんの有り難く、温かいお言葉有難うございます。
仰るとおりですね。先日はまさしく書にしたためましたので、タイムリーです。
18日お願いします。

Re: コメント有難うございます。

のぶぱぱさん、朝の目覚めの良い勢いで書いたので
読み返したら、≪温かいお言葉≫どころが、
ちょっと、突き放したような、まァ、私らしい、憎たらしいコメントでした。

お母さん世代です。叱咤激励・・・と言う事で、なんとかなるさ!!なんとかしよう!!為せば為る・・・です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/179-d0b756d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夢を形に(書道ウーマンになって) «  | BLOG TOP |  » 秋色をアレンジする(フラワーアレンジメント)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。