凛とmonalisa

2017-05

重陽の節句 - 2010.09.14 Tue

9月9日は、『重陽の節句』又は『菊の節句』です。
奇数は陽の数で、陽数の極である9が重なることから『重陽』と呼ばれ、 陽の極が2つ重なることから
大変めでたい日とされ、 中国古来の行事では、邪気を払い、寿命をのばすため菊を浮かべた酒を飲み、
登高といって付近の山に登ったり、凧を高くあげて災いを遠くへ追いやるという風習もあったそうです。
                                                                 マウスオン
<

菊の花は奈良時代に中国から渡ってきたもので、菊のことを別名「重陽花」ともいうのもこんな意味からとか。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ 赤坂四川飯店で、ランチ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
義母見送りの労いと一ヶ月遅れのバースデイプレゼントに、日本における四川料理の祖 陳建民さん
創設した赤坂四川飯店でariasさんにランチをご馳走になりました。
この店は、時間帯によっては、なかなかお席に着けないそうです。
予約と常連さんならではのサービスで、招待客をも良い気分にして、接客の極意、彼女の凄さを感じた所です。
久しぶりの会食で、話に夢中で、写真は撮らなかったのですが、中華定番料理が、とても美味しく頂けるのです。

四川料理は、唐辛子の辛さや山椒のしびれるような刺激、酸味や香味などの調味料や香辛料で深みが真骨頂。
中でも、陳さんの絶品は、【麻婆豆腐】だそうです。

【陳麻婆豆腐タレ】
  豚挽き肉 80g
  豆鼓(みじん切り) 大さじ1
  にんにく 小さじ1
  サラダ油 大さじ1
  四川豆板醤 大さじ1
  甜面醤 大さじ1
  四川辣椒粉(一味唐辛子) 小さじ1
  ラー油 大さじ1
【材料】
  木綿豆腐 1丁
  お湯 適量
  塩 適量
  長ねぎ(みじん切り) 1/3本
  葉にんにく(サンミャオ) 1本
【仕上げ】
 鶏がらスープ 150ml
  四川花椒粉 適宜
  紹興酒 大さじ1
  塩 少々
  しょうゆ 大さじ1弱
  こしょう 少々
  水溶き片栗粉 大さじ2

創業者・陳建民さんの一番弟子に師事しているariasさんは、「今日は、何時も程ではない」・・・と。
いつもを批評できない私にとっては、心地よいおもてなしを受けて、至福の時間でした。

我が家の麻婆豆腐は、新宿中村屋のレトルト利用ですが、【陳麻婆豆腐タレ】で作ってみようと思いました。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ ニューオータニ「ガーデンラウンジ」でお茶
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤坂四川飯店から歩いて15分ほどの、ニューオータニの「ガーデンラウンジ」でお茶。

「ガーデンラウンジ」の一押しのスイーツは、3層のフワフワクリームたっぷりのショートケーキだそうです。
台風一過の澄んだ空気、美しい一万坪の美しい日本庭園、今にも落ちそうな夕日を見ながら、頂きました。
ギャラリーには、妹達と観に行った「ルーシー・リー」のツボが、展示されていて、思い出深いです。
<<<<


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ ホテルニューオータニの日本庭園散策
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暫し都会の喧騒から離れ、心なごむ美しい日本庭園を眺めながらの友とのお喋りで、パワーアップ。
400年余りの歴史を有し、江戸城外堀に囲まれた約4万㎡のホテルニューオータニの庭園散策に出かけました

池泉廻遊式の日本庭園は、 ホテルニューオータニのシンボルですが、
400年前この地には、 朝鮮で虎退治をしたという伝説で知られる武将、加藤清正の下屋敷があたそうですが、
豊臣秀吉の忠実な家臣であった清正が、関ヶ原の役を境に次第に勢力を失ってからは、
屋敷は井伊家中屋敷へと引き継がれたのだそうです。

井伊家は江戸幕府にあって強大な勢力を持った家柄で、中でも大老職をつとめた井伊直弼は、
1858年、日本の鎖国を解いて米国のハリスと日米通商条約を結び、
これを恨んだ攘夷派により 桜田門外で暗殺されたことで知られております。

紀尾井町の由来は、江戸時代この地に屋敷を構えていた紀伊徳川家、尾張徳川家、井伊家の頭文字をとって、
後に名付けられたものだそうです。

この土地はその後、伏見宮邸宅となり、松樹、楠の木に包まれた美しい庭園として知られるようになり、
そして第2次大戦後、伏見宮家がここを手放すにあたり、外国人の手に渡ろうとしたのを、
ホテルニューオータニ創業者である故大谷米太郎が、”この由緒ある土地を外国に売り渡すのは惜しい”として
買い取り、荒れ果てた庭を大谷米太郎自ら陣頭指揮して改修し、今日のニューオータニ庭園を作り上げたそうです

                                                   日本庭園 より
<佐渡島の金山より運ばれた重量22tの赤玉石は、砕くと金が出てくるという>
<>
<>
<>
<>
<>
<><>
<>
<>
<>
<>
<><><><><><>

以前訪れた時と比べ、ガーデンコート、ガーデンタワーそして、メインのホテルの内層が変わっていました。

「ザ・メイン」を環境にやさしいリニューアルにて、耐震性能の強化をはかり、CO2の削減など環境負荷を減らし
大切な客への「おもてなし」に、「満足」を超えた「感動」のサービスをする事に取り組んでいるそうで、
ニューオータニの環境への取り組みには、日本を代表するホテルニューオータニの意気込みを感じます。
清貧おやじさんご指摘の清泉池と大滝の水源は、循環式で行っているそうです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ 贈り上手は貰い上手
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
毎年、気心の知れた友人と、バースデイプレゼント交換をしています。
Graceさんからは、箱を開くと「今一番大切な人に黙ってこの味を贈ってください」というカードが一番初めに目に入って、
そのメッセージが嬉しさUP。日本料理「京香」の「豚肉の女将漬け」と阿武隈の紅葉漬とサケのこうじ漬けを頂きました。
keisaさんは、自家製のビスコッテイとゼリーと「自分の大事な人にしかあげない」・・・という非常用ランプ。
知人の小説、ツナオイル漬けなどなど「今年は、何をプレゼント」しようかと折に触れて、買い集めたそうです。
                                                                 マウスオン
<

母が、よく言っていました。「贈り上手は、貰い上手」・・・と。
プレゼントを贈ったり 受け取ったりしながら、気持ちの交換をしているのですね。

9月9日に蔵出し【玄蕃蔵】、山梨からの【贈り葡萄】は、中元時期を外した我が家の定番の贈りものです。

みなさんの定番の品物はありますか?お薦めの贈り物は、なんですか? 

スポンサーサイト

● COMMENT ●

素晴らしい庭園

ホテルニューオータニなんて
もちろん一度も行ったことがありませんが、
見事な庭園があるんですねー。
大きな滝まであるではないですか。
素晴らしい景観ですね。
この池の水源は、いったいどこなんでしょう?
歴史のあるホテルだから、
近くの川から水を引いているのかな?
それともポンプアップして循環させているのかな?
と、つまらない事をつい考えてしまうのでした。

Re: 素晴らしい庭園

清貧おじさん、こんにちは。

ご指摘の大滝、池の水源?

そう、ここに男脳と女脳の違いが出てしまいました。
折角、美しい庭園を散策したのに、写真UPも怠ってしまい、
清貧おじさんが背中を押してくださりましたね。
ありがとうございます。

> ホテルニューオータニなんて
> もちろん一度も行ったことがありませんが、
> 見事な庭園があるんですねー。
  推理小説フリークの清貧おじさんなら、小説・映画『人間の証明』は、知っていると思いますが、
  作中において、ホテルニューオータニ建物(回転展望台)の外見と被害者混血青年の死に際のメッセージ
  「ストウハ(=ストローハット)」が重要な意味を持っていて、当時、皆さん一度は、このホテルに
  行ってみたいと思われていたようです。

> 大きな滝まであるではないですか。素晴らしい景観ですね。
> この池の水源は、いったいどこなんでしょう?
> 歴史のあるホテルだから、 近くの川から水を引いているのかな?
> それともポンプアップして循環させているのかな?
  ホテルニューオータニは、高台の紀尾井町と外掘りに囲まれているので、
  近くの水が集まって、滝を作っているのかな・・・と単純に考えていました。
  ホテルに電話して、聞いてみました。
  滝も池もポンプアップの循環方式だそうです。・・・・すっきりですか?

清貧おじさん、久しぶりのコメント。ありがとうございました。

京香の「豚肉の女将漬け」私も好きです。
お酒が好きな人が多いので
サントリーウイスキー山崎12年もの贈ります。
それとハモンイベリコ豚のパレタセラーナ
これおすすめ美味しいですよ(*^_^*)

陳さんのお店で麻婆豆腐いただきましたが
あの山椒が唇に作用して、ジーンとしびれる感覚
は癖になります。このレシビで作ってみたいですね。

お誕生日、おめでとうございます!!

こんばんは!
ariasさんのプレゼント、最高ですね!
赤坂四川飯店がそんなに入れないところだということも知りませんでした。
それでも陳建民さんが「中華の神様」「麻婆大使」と呼ばれていたことは知っていました。
一度食べてみたいとも・・・(゚∇^*)
以前、coopで息子さんの健一さんのデトルトの麻婆豆腐の素を買ったことがありました。
こちらのレシピで私も作ってみたいです @(^-^)@
さらに・・・「ガーデンラウンジ」でのお茶タイムも素晴らしい!
ニューオータニというと、若い時にそこの展示会で着物を買ったのを思い出しました。
素晴らしい庭園も全然覚えていません。
いちどゆっくり行ってみたいです。

贈り上手でも貰い上手でもない私は、ただただ羨ましく思います。
それでも単純な私は、美味しいものを発見すると配りまくります。
素敵な贈り物ではありませんが、手土産は必ずといっていいほど持っていくものがあります。
浦和に本店がある“白露宝”です。
ご存知ですか?

アルバム作りコメントにも書いていますが、エクセルで編集しています。
1.画を決め、「縮専」(ソフトです)を使って640x640に全て縮小します。
2.エクセルの「挿入」-「図」-「ファイルから」より画を入れ編集します。
エクセルだと画や文字の大きさや位置も調整できて便利です。
コツは先に構図を決めてからすることかなぁ。

京香はワタクシが福島県に嫁いできてから 贔屓にしていたお店でした。 
でした。・・と過去形なのは、今は、かつての輝きがなく、行くたびに残念な思いが
有り、ここ5~6年はお店に行ってません。
娘が通っていた高校の前に在り、建物も素敵で、友人・知人と沢山の方をお連れしました。
そのころから、女将がお土産用として作っていた、おまけのような女将漬けがメインのように
なってしまっているようです。
牛肉が売りのお店だったけど、リーズナブルな豚肉が好まれる時代なんでしょうねv-236
福島県のお勧めがないので、女将漬けを送ってみましたが、味はまあまあとして、
v-238今、一番大切な人に黙ってこの味を送って下さい。v-238
メッセージは粋ですね。

やっと、涼しくなり、食欲・芸術の秋になりますね。
monalisaからの刺激を受けて、いっぱい楽しみたいと思っています。

Re: タイトルなし

lavandreさん、こんばんは。
> 京香の「豚肉の女将漬け」私も好きです。
   ご存知でしたか。
   私にとっては、”初物”美味しく、嬉しく頂きましたよ。
> それとハモンイベリコ豚のパレタセラーナ
   私も、大好きです。
   スペインに行ってからは、ワインはスペインのリオハワインを好んで買います。
   
lavandreさん、山椒のあのピリピリ感大好きですか?
私は、大丈夫ですが主人は、苦手なようです。
さん志ょうや本家の青実さんしょう(青実山椒)を食べた事ありますか?
  http://3408.jp/product/yama/misozuke.html
これでご飯が何杯でも食べれちゃうんです。

コメントありがとうございました。 

Re: お誕生日、おめでとうございます!!

mammyさん、こんばんは。

> 赤坂四川飯店がそんなに入れないところだということも知りませんでした。
  待ち合わせて行った時に、こんな所にあるの?と思ったくらい
  四川飯店 赤坂店は、ビジネスマンの集まる≪平河町の全国旅館会館5F・6F≫という
  目立たない、知る人ぞ知るお店です。
  ・・・なのに、時間帯(11時30分~13時)によっては、列を作って待たなければいけないそうです。

ガーデンラウンジでは、ショートケーキの他に
≪ピエール・エルメ・パリ オリジナルアフタヌーンティーセット≫も美味しそうでしたよ。
ホテルでのお茶は、ちょっとリッチですが、過ごす時間もご馳走の一つ、癒しのひとつです。
窓越しに見える日本庭園と滝は、東京に居ながら何故か異空間。素敵です。
外に出て散策したい気分に駆られました。
mammyさんなりの散策報告、期待してます

> 贈り上手でも貰い上手でもない私は、ただただ羨ましく思います。
   貰い上手は兎も角、贈り上手と言われたいです。
   折角の好意です。喜んでいただけたら使ったお金は、生き金になります。

> 浦和に本店がある“白露宝”です。
   確か、姪のお土産で頂いた事があります。
   上品なお味で、お茶受けにぴったりです。
   私は、きっと1個だけ・・・なんて言わずに、2~3個食べちゃうでしょう。
   ・・・だから、痩せないのね!!

mammyさん、“白露宝” 忘れていました。
こんどそちらに行く時は、浦和経由で行く事に決めました。

ありがとうございます。

まだまだ・・・ですね。

hotterさん、こんばんは。

私は、まだエクセルを上手に使いこなせない・・・というより
写真の編集は、キャノンのプリンターにあるソフト利用でなんとかなると思いましたが
hotterさんの方法の方が、1ページの収納枚数の多さと、
コメントの書き込みに魅力を感じました。
PCは、奥が深い!!覚える事も多く、使いこなしきるようになりたいものです。

> アルバム作りコメントにも書いていますが、エクセルで編集しています。
> 1.画を決め、「縮専」(ソフトです)を使って640x640に全て縮小します。
> 2.エクセルの「挿入」-「図」-「ファイルから」より画を入れ編集します。
> エクセルだと画や文字の大きさや位置も調整できて便利です。
> コツは先に構図を決めてからすることかなぁ。

やってみます。ありがとうございます。

ありがとう

Graceさん、こんばんは。

> v-238今、一番大切な人に黙ってこの味を送って下さい。v-238
> メッセージは粋ですね。
 このメッセージは、殺し文句ですね。
 不況で、接待が少なくなって、割烹稼業は、たいへんなようですね。
  とても美味しく頂きました。
  焼いた豚肉と汁をかけた、豚丼・・・・アリです。

Graceさんお気に入りの明太子も忘れられない味ですよ。
いつもありがとうございます。
 
芸術の秋、貴女は早々、英国ロイヤル・オペラ「マノン」を鑑賞してきたんですね。
私は、18日「メサイヤ」20日オペラ「マノン」です。
オペラ『椿姫』のチケット≪お得感倍増のプレミアム・エコノミー券≫の発売が
近頃ありましたが、ゲオルギューが出ないのなら・・・と言う感じかな?

また、機会があったらご一緒してください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/174-48d65925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

逞しい!!(heartと秋祭り) «  | BLOG TOP |  » 諸行無常なり

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。